スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:フレディのときと似ている出来事…?!
2007年06月19日 (火) 01:41 | 編集
今日作業をしながらヤンキース戦を流し見してたんですが、最後の最後に8-2で勝っていてしかもツーアウト。ランナーも出してない状態なのにトーリ監督が王投手を替えているのを見て、確かに113球だったものの、ナゼニ???と思いました。解説の梨田さんもこれは理解できない…という感じで相当言われていましたが、あとワンアウトでコンプリートゲームになるのに…ホント個人的にはちょっと不思議でした…。

確かに勝ち負けにはあそこで替えてももう関係ないところだと思うんです。6点差でワンアウトを取れば試合終了ですからほぼ勝てるでしょう。

でも、投手の記録を考えたときCGのところにもうひとつ数字が入るんですよ。メジャーリーグにおいて完投ってなかなかチャンスすらないと思うんです。で、あとひとつでその権利が来る…。無理しなくてもいいところにそれがあるのに…、ここまで投げさせたのに…って、個人的にはちょっと不思議でした。これって自信にも記録にもなるので大きいと思うんだけどなぁ…というのは投手びいきの見方をしているからなんでしょうか。でもこういうところが細かいところで監督の先発への信頼度につながっているような気がしますが…そんなことないのかな。


そしてフィリーズ。
常々、マニュエル監督はトーリ監督と采配的に似てるところあるなぁと思うわけですが…。
Phillies:フレディ、手術を受けず回復させていくことに
2007年06月15日 (金) 18:26 | 編集
070611letter1.jpgKC戦を見終わってこれはヤバイと急ピッチで作成し、6/11の夜8時ごろに中央郵便局に走り込んで出したフレディへの手紙…。

なんと現地6/14の午前(今日ですね)に到着してました。わわわ!早い!!クラブハウスにどれだけの頻度でやってくるのかは解らないのですが、早く読んでくれたらうれしいなー♪と思ったりしています。うーん、DL入りしている間どうなるのかなぁ…ポドセドニック選手が3Aリハブを始まる前のような感じだったらホームだけ帯同して、アウェイはお留守番って形になるのかな~という感じもしますが…でも完全にチームと離れてクリアウォーターとかにいるのも有り得るような…どうなんでしょうね。


ところで…。
いろんな憶測が飛ぶ中…セカンドオピニオンを聞きに行っていたフレディですが、結局手術をしないことになったようです。
Phillies:フレディ、セカンドオピニオンを聞きにアラバマへ
2007年06月13日 (水) 23:50 | 編集
フレディの続報です。

フレディは今日チームを離れてアラバマのアンドリュー医師の元へセカンドオピニオンを聞きに行くようです。昨日の段階ではいつ行くか解らないって感じだったのですが、さっさと行くようでよかったと思います。どっちみち早く動かないともし手術ってことになればなおのこと回復までの日数がかかるのでもったいないですからね。

昨日の話をちょっとおさらいして…
症状が重たいんだか、軽いんだか…なんだか正反対?と思うような記事が出ていてどっちがホントなの?という状態だということを書きました。なんだか不思議な状態だったわけですが、やっぱり依然として現時点では憶測が飛んでいて不透明な部分が多い状態になってます。

うーむ……σ( ̄∇ ̄)。

Phillies:フレディのMRIの結果&チームとのいろいろ
2007年06月12日 (火) 23:34 | 編集
フレディのMRI検査の結果が出たんですが、
some fraying in the rotator cuff and possible problems with the labrum

右肩の関節唇損傷とルーズショルダーってことになるんでしょうか。

…となるとこの間書いた内容で見れば…(こちら参照

肩の前側・深部,胸(肩に近い部位)
[上腕二頭筋腱炎,関節唇損傷,胸郭出口症候群など]
・ 肘が下がった状態で体が開いている.
・ テイクバックが肩甲骨面より後ろで、肩の前側を支点とした、いわゆる"かつぎ投げ"をしている.
・ 肘のしなりや肩の外旋がうまく使えていない.
上腕の前側,肘の後ろ側,肩の深部
[上腕二頭筋肉離れ,関節ネズミ,ルーズショルダー,腕を上げたときの肩峰下でのクリック音など]
・ フォロースルーが中途半端で、鞭を打つような腕の止め方をしている.
・ 肩甲骨と腕をペアで動かしていない.
・ 前脚に体重がのっていない.

やっぱりそういうことなのね…。手投げ系が蓄積されての結果ってことになるんだろうな、これは。たまたま出たのが今年ってことになるんじゃないかなぁと思うんですけどね。やっぱり下半身鍛えて貰わなくちゃ~~!

…なんて個人的な思いはどうでもいいとして(笑)←オバカ。
Phillies:ボコボコ試合で17失点…&フレディへの手紙
2007年06月12日 (火) 02:12 | 編集
フィリーズ…派手にやられました( ノ ̄∇ ̄)ノ。5-17。

Royals crush Phillies
↑クラッシュって単語が確かにぴったりですね…ヨヨヨ。

出る投手全員に自責点がついている状態です。ひょえええ。
モイヤー投手の先発だったんですが4回途中で降板…。その後、マドソン投手、メサ投手(デビュー)、ギアリー投手、ロザリオ投手とつながっていくのですが、誰も三者凡退がなかったという…なんともヘビーな形でした…。

“It's definitely disappointing,” said Victorino, whose homer to start the Phillies' third made it a 2-2 game. “Coming off a good series like we had in New York, to come here somewhat overconfident, feeling good ... there's no pushover team. Obviously (the Royals') record doesn't show it, but, hey, they came out and did things they needed to do and got two Ws off of us.”

…とメッツ戦を3タテしてここに来ただけにロイヤルズに1勝2敗という状態にショックを隠しきれないビクトリーノ選手。

気持ちわかりますけどね。でも結構打つとき打つんですよね、ロイヤルズ。あれだけ負け越しているチームですが油断するとボコボコになるというのは、ホワイトソックスで何度となく実証済みだったりします(大汗)…←ホワイトソックスは結構苦手なんですよね(>_<)。
Phillies:リーバー投手の好投とフレディのDL入り
2007年06月11日 (月) 01:57 | 編集
フィリーズ、今日はリーバー投手の好投でゼロ封!
4-0でロイヤルズに勝ちました。おおっ!すごいすごい。

スパっと気分を変えて前に進めたような気がします。それにしてもベテランが決めるときっていうのはやっぱりカッコイイですね(カオは好みじゃないですがσ( ̄∇ ̄)←失礼な!!)。そして頼れるなぁと思いました。このところリーバー投手は一気に炎上するパターンが多かったのですが、この試合始終安定感があって球も低めに決まってました。アーカイブで後から見たんですが気持ちよかったです。

打線も初回にチャンスを潰してしまったのでわわ!って感じだったんですが、2回にダブス選手のタイムリーで先制。そして4回はローワンド選手のヒットの後、バール選手、ダブス選手、バラハス選手がみーんなツーベースヒット(笑)で3得点。4-0と良い形にしていってくれました。

個人的には4点差ある状態で9回にダブス選手がフォアボールで出塁した後、ボーン選手が代走で登場したのですが、彼が盗塁を決めたりしてアグレッシブネスを出していたのはうれしかったです。こういう試合でも抜かりあれば攻めるところは最後まで攻めるというのは見ていて気持ちいいですね。頑張ってほしいなー。


…と試合は良い形だったんですが。
フレディのドタバタ劇から1日…。
Phillies:フレディ、2003年以来の1回2/3降板…そして
2007年06月10日 (日) 02:54 | 編集
間に合わなかったです…資料( ▽|||)。
今回だけはなんとか頑張ってしのいで欲しかったんですけどね~~。

Garcia is routed by Royals

フィリーズは今日からロイヤルズとの3連戦。
せっかくメッツをスイープして良い形でやってきたのですが、フレディがボッコボコにやられました。ヒョオオオオオオ{{ (>_<;) }}。結局この試合4-8で負けたんですが、一時期4-6まで来ていて、ブルペンも2失点しかせずによく頑張ってくれたなと思ってます。どうであれ、このゲームを壊したのは先発のフレディですし、気分的にブルーで試合を進めていったことでしょうから、野手だって気分が乗らなくても仕方ないと思ってます。

元々フレディはかなり手投げのフォームなんですが、それが今日はまた一層手投げになっていて、初回こそ1.3塁のピンチをしのいだものの、2回を終えることが出来ず1回2/3で6失点。防御率も今日は4点台にしてほしいなぁと思っていたのに終わってみたら5.90。おそろしや~~щ( ̄∀ ̄)ш。

まぁ、アリーグ時代から元々ロイヤルズは苦手なんですが…それでもあまりにもひどかったですね。落ちてきたカーブを狙って打たれてましたから、恐らくファーストボールとの落差がない…というかファーストボールが走ってなかったんでしょう。で、カーブも落ちてなかったと。

これがね~。
また、2回表を終わったところで、3点のリードを貰っていた形だったので、本当に流れとしても最悪中の最悪でした(-_-;) 。
Phillies:再び延長戦を制してメッツをスイープ!
2007年06月09日 (土) 01:37 | 編集
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!

フィリーズはメッツとの3連戦。延長戦の末勝利。
スイープですよ、スイープ!!

Burrell's bat carries Phils to sweep

延長戦→4-2とタイトに→延長戦…という形で苦しみながらも頑張りました…このメッツ戦。これは大きいです。同地区首位との差を3ゲーム縮めたわけですからね(8.0ゲーム差→5.0ゲーム差)。かなりツライ展開でメッツ戦へ突入しただけにこの形になったのはホントによかったです。

しかも日替わりヒーローというのがまたいいんですよー。
誰かに頼りまくりだとその選手が打てないとダメってことになるんですが、こうやって日替わりで誰かが打っていればバイオリズム的にも良い形でまわっていくことになると思うんですよ。さらにさらに、ブルペンが炎上してないのもうれしい…(≧▽≦)。やっぱりブルペン…メンバー云々以上にバランスとメンタルだと思うんですけどね。この調子で頑張ってほしいなー。
Phillies:ロリンズ選手、大活躍で逆転勝利!
2007年06月08日 (金) 01:30 | 編集
ロリンズ選手がシェイスタジアムで逆転スリーラン…。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!これ以外にもこの日2本のヒットが出て盗塁も出て…大暴れ状態でした。4打数3安打3打点。

Smiling Rollins sinks the Mets

でもこれ、本人が一番気持ちよかったでしょうね(笑)。
オフやキャンプ期間中に、メッツに対して士気を高める意味でも口撃していたので彼へのブーイングはすごいんですが、前回の遠征ではタイムリーエラーが出ちゃったりしてやじられたりしたんですよね(4月)。今度は逆にその中でパカーンと打てたのだから気分はいいこと間違いなしでしょう。

それにしても6回に良く逆転出来ましたよ~。
イートン投手とエル・デュケ投手のマッチアップ。久しぶりに見たなぁ…エル・デュケ投手のピッチング。2005年が懐かしいな…ってホワイトソックスの状況が状況だけに変にノスタルジーになってもダメなんですが(笑)←現実逃避σ( ̄∇ ̄)。
Phillies:投手が踏ん張り、延長戦でメッツに勝利!
2007年06月07日 (木) 01:47 | 編集
勝ちました~~フィリーズ!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!

またもやおじさま対決だったんですが(モイ様…グラビン投手とも2回目のマッチアップですね…)、この対戦、先発はどちらも7回被安打8、2失点同士の引き分けという内容でした。やっぱりすばらしいですね~~どちらの投手も。長くプレーが出来るというのは…というものを見せてくれた感じがします。打たれても…ランナーを出しても簡単に得点を許さない展開。そこがやっぱり安定感になるんですよね…。

で…2-2のまま延長戦に突入しました。
11回で決着。アウェイが不利な中よく勝てましたよ。
うれしい~~~~~~~~~!!!!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。