スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC 宮本選手が代表入り、そしてイチロー選手の発言が…他
2006年01月13日 (金) 11:06 | 編集
昨日深夜に大阪から戻ってきました。帰りに寄った旦那の妹のおうちで、甥っ子&姪っ子と遊んであげ遊んでもらってエネルギーすっかり使い切った感じに(笑)。帰ってきたらバタンキューでした。

ローングドライブで帰ってくる途中に、携帯に送られてきたメルマガで井口選手の代わりに出場するのがヤクルトの宮本選手ということを知りました。再び30人揃ったという感じになりましたね。とりあえず一段落になるといいなー。

ヤクルト宮本がWBC代表 辞退の井口に代わり
WBC日本代表メンバー30人の顔ぶれ
主将頼んだ宮本頼んだ

この日午後2時過ぎ、井口の代替選手として出場要請していた中日・荒木が球団を通じて辞退。これを受けて、コミッショナー事務局・長谷川一雄事務局長は王監督、コーチ陣と連絡を取り、宮本に白羽の矢を立てた。
電光石火だった。宮本は愛媛・松山で自主トレ中だったが、球団を通じて打診を受けると、WBC出場をその場で快諾。

速攻での出場快諾だったのですねー。宮本選手といえばアテネオリンピックのチームキャプテン。ぜひいぶし銀の活躍で頑張ってほしいです。

さらにこの記事の最後には王監督のコメントも載っていました。今後の辞退者に対して期限を設ける考えを示されたとか。

また、ポスティング(入札制度)の適用を巡り、球団との交渉が長期化し、WBC出場に態度を保留しているヤクルト・石井弘寿投手(28)についても言及。「こちらが関知できることじゃないので見守るしかない」と一応の理解は示しながら、「いつまでに(出場、辞退を決める)というのを明確にしないと、イチロー君とか率先して戦おうという選手にも失礼になる。明日(13日)、そういったことも話し合います」とコミッショナー事務局と相談の上で、辞退のタイムリミットを設ける考えを示した。

おっしゃるとおりだと思います。個人の都合もあるとは思いますが、チームとしての士気を高める意味でも期限を切っていくというのは必要かもしれないですよね。さらに王監督にとっても他のメンバーにとってもその方がスッキリするのは確かでしょうし。いずれにしても良い形になりますように。

王監督が『イチロー君とか率先して戦おうという選手にも失礼になる』と話せば、イチロー選手は『米国の選手からは王監督のサイン(の要望)が多くなる。これを見て日本人の誇りを強く感じるし、(王監督に)恥をかかすことはできない』と王監督をたてるコメントをされたりしていい感じだなーなんて思ったりしました。

イチロー古巣で自主トレ WBCへの思い熱く

毎年恒例になっている神戸古巣での公開練習も、今年はどうなるのかなーと気になっていたのですが(今年はWBCもあるし東京で?…なんて記事も目にしていたりしたので)、キッチリ戻ってこられたのですねー。なんだかうれしいです。そして常に一貫してのWBCに向けた御自身の意志を持った熱いコメント!これまたファンにとっては本当に嬉しい限りだったりしますねー。

ところで、このまずはWBCに集中したいというコメント…日本だけのみならずベネズエラでもババーンと記事になっていたりします(笑)←ビックリ!

050113IchiroVene.jpg
Suzuki concentrado en el Clasico Mundial

記事の最後にAPとあるのでAPの元記事を参考に作られたんですね(元のAPの記事はYahoo!Sportsで確認できずわかりませんでしたが)。もちろん今までもWBC関連の日本のことについて、つまり辞退した松井選手や井口選手についても記事になってはいましたが、トップに写真入りでババーンと出たのは今回のイチロー選手が初めてだったような気がします←ベネズエラ人とかラテン出身じゃないのに…(笑)。そして記事の中でさらりとながらも上述の2人がすでにシーズン優先で辞退したということまでご丁寧に今一度絡めてありましたが(苦笑)、国代表で戦うことを栄誉としてとらえるパッションの高いラテンのお国柄では、今回のイチロー選手の発言が高く評価されているのかな~と個人的には思ったりしました。これでまた私がフレディを応援しているのと逆バージョンで、ラテンから熱いイチロー選手への声援が増えるとおもしろいなぁなんてちょこっと思ったりも…(笑)。


あ、ちょっと日本代表の話からずれてしまうのですが(いつも脱線ばかりですみません~)、ベネズエラの記事に触れたついでに少しパッション絡みの話を←長い上に毒されてますが(爆)。

Bob Abreu promete volver a jugar en Venezuela

昨日付で出ていたこの記事、ベネズエラ代表として名前が挙がっているフィリーズのアブレイユ選手のものです。アブレイユ選手といえば、昨年のオールスターで初の国別対抗ホームランダービーで優勝したことでも記憶に新しいですが、彼はこの度自分が出身のウィンターリーグユニフォームを身につけてプレーしていないことを、参加したイベントで謝って理解を求めていたそうです。『今季のウィンターリーグでLeneosのユニフォームを着てプレーをすることを断念しました。怪我の回復を考えると今試合に出て無理をしたくないからです。しかしこのことはベネズエラ代表として戦わないということではなく、むしろそのことに対して準備するためだと言うことを理解して欲しいと思います。現段階で50%-60%というところまで準備が出来ています。』と…(涙)。さらに続けて『だいたいこういう代表チームになると私は3番という風に思われるかもしれない。でもこのチームにはミゲル&アレックス両カブレラ、オルドニェスといったプレーヤーもいるので彼らとも役割を上手く分担できると思う。なんといっても大事なのは優勝することなのだからこれにはこだわりはない』とも…熱い(笑)。

正直、この発言には個人的にはビックリでした。ラテン諸国で行われているウィンターリーグ、もちろん若手の育成というところも大きいと思うのですが、こうしたメジャーで定着した選手にもエキシビジョン的にでもいいから古巣のユニでプレーしてほしい…ということは淡い希望というよりもむしろ、出てくれるものだという期待感ですでに見られているということなんだなぁーと改めて思いました。確かにベネズエラに限ったことではなく、ドミニカでもオルティーズ選手クラスでも参加していたりしますものね。私自身はあくまでも選手主体のファンサービスの一環であり、やってくれたらラッキーくらいのことなのかなーと思っていましたが、熱い地元ファンはそれを恒例行事のごとくものすごく楽しみにしているというところもあり、また選手サイドからしても、トッププレーヤークラスになろうともその声に答えようとする姿勢をもっていると言うことはすごいなぁーと思いました。野手に比べると投手は比較的登場する選手も限られていたりしますが(チームとの契約でウィンターリーグでのプレーが出来ない選手もいますし)、とはいえ、ベネズエラではK-Rodことエンジェルスのロドリゲス選手なども昨日登場していましたし、結構なメンバーが試合によっては登場することも…あるのは確かなようです。

でも今回のWBC参加組からすると、シーズンを終えて、ウィンターリーグや各種イベントをこなし、その上で調整をしながらWBC、さらにシーズンへ…と行くわけなので、日本人的感覚からすると、怪我のないヘルシーな選手であっても、ウィンターリーグ参加は省いてくれてもいいよーってな感じなのですが、そうはいかないのかなーやっぱりキッチリと説明が必要?…熱い(笑)。でも怪我を治してシーズンにも備えたいとあれば、まぁWBC辞退ということすらアリだろうなと日本人感覚からすると思ったりしますけどね。これまた大丈夫?とむしろこちらのほうが心配になるほどやる気をアピールしていて(笑)…。いや~国やファンへの還元を大事にする基盤というかそういう根本的なところというのはすごいですね。ホント。

長々と書きましたが、ベネズエラに限ったことではなく、グループCやDからスタートするラテンチームと日本が戦うためにはトーナメントの形式上決勝しかあり得ないので、ぜひ日本も頑張って決勝の舞台まで駆け上がってこれらの国と熱い戦いを繰り広げて欲しいな~と今一度思いました。なにはともあれ、王ジャパンにはぜひとも頑張ってほしいと思います。日本人ならではのプレーで他チームをビックリさせて欲しいです。
コメント
この記事へのコメント
ホント…
ビックリですね!
僕もウィンターリーグってなんか日本のマスターズリーグみたいに大スターになった選手たちが、「おう、帰ってきてやったぞ!」みたいな感じでプレーしているのかなぁと思っていたんですが、「帰って来させていただいていた」んですね(笑)
大スターなのに謙虚なアブレイユ選手の姿に好感を持ちました。
あと、西武ファンとしては、メジャーでの実績では天と地ほどの差があるミゲルとアレックス・カブレラがアブレイユに「両カブレラ」と並び称されていたのが嬉しかったです。
「このチームにはミゲル&アレックス両カブレラ、オルドニェスといったプレーヤーもいるので…」って、うちのカブレラにはそこまで謙虚にならなくていいですよ、アブレイユさん(笑)
2006/01/14(土) 19:56 | URL | urszene #-[編集]
そうなんですよ。
urszeneさん

私もそう思ってました。あくまでもファンサービスの一環として出ている感じだろうかなーと思ってたんですが、律儀…(笑)。大スターなのにファンを大事にしている感じですね、アブレイユ選手。こういうことがあるとミーハー的にはかなり注目度がググーンとアップしちゃうんですよね(笑)。

西武ファンでいらっしゃるんですねー。ではもちろんベネズエラも注目選手としてはカブ砲のカブレラ選手も♪これ、コメントそのまま日本語に書いたのでそう思ってるんだと思いますよ~(しかも一番最初に名前があったし)。ぜひとも個人的にはメジャーの選手に日本の良さも話してきて欲しいなーなんて思ったりして(笑)。
2006/01/15(日) 00:17 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。