スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:残すはクリーディ選手&トレード話続報
2006年01月05日 (木) 15:35 | 編集
昨日書いたばかりの年報調停者リストの話。ホワイトソックスはそのうちひとりのMackowiak選手との2年契約をまとめ、年俸調停に行かず契約完了となりました。

Wソックス加入の万能野手、2年6億円で契約更新

具体的には2006年に$2.25Mで2007年に$2.75Mという形になるようですね。2008年に関してはクラブオプションで$3.25M、バイアウトは$300,000ということも決まっているようです。

さぁ、これでロースター枠で年俸調停組…残すはクリーディ選手のみになりました。
地元紙によるとクリーディ選手の代理人ボラス氏とホワイトソックスは何度か話し合いはしているようですが、先には進んでないとのことで(やっぱり(汗)))、年俸調停までにうまくまとまらないのではないかという見方が多そうです。個人的には、ボラス氏…あまり高値にこだわらなくてもいいんじゃない、十分稼いだでしょう?って感じですが(笑)←このオフはやたらめったら名前を見る機会が多いですよね。どういう形になるのか、こればかりは決定しない限りは…というところでしょうか。

そしてもう一つ、ホワイトソックスで出てきていた話として、コントレラス投手のトレードですが、こちらは少し可能性が低くなってきたようです。もちろん話があれば…というのは変わってないようですが、交換相手としてテハダ選手を含め野手というのは考えてないというウィリアムスGMの意向が地元紙に出ていました。交換するにしてもピッチャーと…という形に…というのがあるようです。

特にテハダ選手の獲得についてはほぼなくなったような感じのようです。彼を獲得するにあたっては、それなりの代償は覚悟しなければならないということもあり(コントレラス投手+プロスペクトピッチャーorマッカーシー投手+ウリベ選手というパックだったようですね)、うまみよりも痛いというのが大きいと判断されたようです。ウィリアムスGMもすでにオリオールズサイドに興味対象外として連絡を入れたようですし、これでテハダ選手がホワイトソックスへといううわさ話はほぼ消えた形になったことは確かかもしれないのかなーという感じですね。個人的にはどうしても獲得しなければならないという時期ではないような気がしますし、無理してまで…とは思うのでこれでよかったのかなと思ったりしています。あ、それにしても、GOサインにしても断るにしてもウィリアムスGM…動き早いですね(笑)。私的にはわかりやすくていいんですけど。

また、大筋では、ウィリアムスGMのストーブリーグでの動きは大方終わったと信じられているようで、そのままコントレラス投手をトレードせず6人の先発ピッチャーを抱えたままの状態でスプリングトレーニングに突入するのではないかという見方も多かったです。これに対して、テハダ選手を取るために先発をトレードに使ってもいいのではないか?先発を6人抱える必要があるのか?ということを疑問に思われるかもしれないということを前置きした上で、先発6人という体勢は、決して多すぎることはないとコメントされていました。

The answer: You never have enough starting pitching.
"The thing we relied on the most last year was pitching," Williams said. "And one of the reasons why [repeating] next year will be difficult is that we pushed ourselves to the limit [on innings] with pitching last year.
"I want the luxury that if we come out of spring training where if we have a guy who's not quite right, we don't have to push him. And I also want to ease McCarthy into the rotation. That will give us some insurance."

やはり昨年のホワイトソックスの優勝への原動力としては、ピッチャーというのが切っても切れないものがあるのはもちろんのことですが、来年全員が良い状態であるとは限らないわけで、このあたりウィリアムスGMも重々承知という感じのようです。特にホワイトソックスとしてはWBCに3人の先発を出すということもありますしね。5人しかいない場合、絶対的に調子を上げてもらわないと…とチーム自体に余裕がなくなることも考えられるわけですが、6人いることでスプリングトレーニングなどでの調子をしっかり見て余裕を持てるということが大きそう。もちろん、最終的にはマッカーシー投手をブルペンに保険として下げ、バーリー投手、ガーランド投手、コントレラス投手、バスケス投手、フレディの5人でローテを回していくことがベストという風に考えているというのは相変わらずのようです。この形がうまく行くことを願っています。

ホワイトソックスとしては後はプロスペクトの台頭(このあたりはスプリングトレーニングの競争でしょうね)をオンしてほぼ25人ロースターが決まってくるのではないかなという感じですね。後はとにもかくにも、クリーディ選手との年俸調停のみという感じになりそうです。お手柔らかに…となるといいんですけど(笑)。
コメント
この記事へのコメント
BORA$
どうもこの代理人は困りますね。ホワイトソックスはあまり彼と関わりたくないようですが、何とかして欲しいです。でも、マコーウィアックとの契約を見ているとクリーディ放出は想定しといたほうが良いかもしれませんね。

テハダ獲得がなくなったのはほっとしています。でも、個人的には40人枠に余裕もあることだし、FAで契約の進まない選手の中から控えに使えそうな人を補充(補強ではなくあくまで補充です)したほうが良いと思います。特に左のリリーフ投手とスピード型の内野手あたりを獲って欲しいと思います。

2006/01/05(木) 23:05 | URL | kazztetsukuzu #-[編集]
ダメーッ!
ジョー放出、それはダメーッ!許さーん!
ホント、お手柔らかに・・・お願いするしかないのかな?

ブランドン君についてはTVのニュースでも
「ローングリリーフ」という事ですっかりまとまってますよー。

早く球春到来してくれー。
ストーブリーグのゴニョゴニョは嫌いだー!
2006/01/06(金) 01:55 | URL | Para-suke #-[編集]
スッキリ契約まとまってほしいですが…
>kazztetsukuzuさん
あはは、タイトル上手すぎですー。ホント$マーク沢山付けたい気分ですね(笑)。このオフ至る所で名前を見ましたし。ホワイトソックスは彼が代理人の選手とはあまり…という気持ちが元々あるみたいですね。確かにマコーウィアック選手との契約…2年はともかくとして内容が結構いいですよね(個人的には高めかなーと若干思いました)。そういうことを見ていても、今すぐに放出というのではなくともある程度計算に入れているのかなーと思ったり…もありますね。なるほど~。

ウィリアムスGMは早速断りの電話を入れたみたいですし、とりあえずホワイトソックスとしては一旦終了という感じになりそうですね。今年はまだまだ結構FA市場にあふれていますし、ドカーンとレギュラーを3人抜かれるよりはその方が私もいいように思います。左のリリーフめっちゃ気になっているんですよー。マコーウィアック選手との交換になったマルテ投手がいなくなっちゃいましたし。これからの細かな補強は気にしておきたいですよね。もちろん下から上がってくる選手も楽しみです。


>Para-sukeさん
こんにちはー。おおおおお!切実な叫びが!
ボラス氏というのがなんといってもネックですよねぇ、ホント。お手柔らかに…というしかないのが辛いところですー。でも、ホワイトソックスのイケメン要因ですから、彼は(笑)。私的にもどっかにいったら寂しいぞーと思っちゃいます←ミーハー。ウィリアムスGMって動き早いのでいろんな計算をされているのかもしれないなぁーと思ったりしていますし、ひたすら祈ることにします(笑)。

そうなんですかー。やっぱり地元テレビでもマッカーシー投手はすでにリリーフ計算されているのですね。未来の先発候補ですし、ぜひ飛躍の一年にしてほしいですねー。

あはは、確かに。MLBは特にストーブリーグ激しすぎますものね。私も毎年の事ながら追いかけるだけでもめいっぱいです。しかも取りこぼしまくりでシーズン始まって試合を見ていてあれ?この選手ここに?ってこと大ありなんですけど(爆)。1月終わりまでは落ち着かないのかなぁー。早くスッキリシーズンが始まって欲しいですね~。あ、その前にWBCですよー、Para-sukeさん♪
2006/01/06(金) 10:56 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
RE:BORA$
コメントありがとうございます。タイトルの$は誰かが使ってたのを見てパクって見ました。でも、納得の使い方だなと思います。

クリーディについてはトレードがあっても、みたいなことを書きましたが、もちろん私はそれを望んでませんよ。彼の9月以降のクラッチヒッターぶりはすごかったですからね。インディアンズ戦でのサヨナラHR観た時泣きそうになりましたもの。

あと、左のリリーフですが、40人枠を見る限りでは、3Aでチーム最多勝のムニョスか
2Aでプレーしたレイノーソのいずれかを争わせるみたいです。ムニョスは一昨年メジャーで11試合ほど投げてますがパッとしなかった印象です。そういう意味ではホワイトソックスのエリートコースである2Aからの2階級特進に期待するしかないのかなと思います。誰か補充しないかなぁ。
2006/01/06(金) 23:09 | URL | kazztetsukuzu #-[編集]
ありがとうございます。
kazztetsukuzuさん

こんばんはー。コメントこちらこそありがとうございます。ホントに絶妙ですよね、$の使い方(笑)。

クリーディ選手、本当にラッキーガイというか、その勝負強さはぜひとも離したくないですよねー。そういうものって持ってるもので身につけるものではないだけに、すごいなぁと思いました。インディアンズ戦でのサヨナラHR…私もキャーキャー言っていました(笑)←ミーハー。来季もぜひともこの勝負強さを発揮して欲しいですよね。

その前に契約…ですが(頼むよ~ボラス氏)←切実。彼にフィットしたチームでながーくプレー出来るようにしてあげてくださいとお願いしたいです。

左のリリーフについてのインフォもありがとうございます。そうですか。ムニョス投手…化けてくれるといいですね。でも一人は誰か補充してくれると良いかもという感じはしますよね。後半不安定だったといえども、マルテ投手の代わり…となると。

ホワイトソックスは2階級特進がお得意なのですね!それはすごい♪…これからゾクゾクと下からも若手が伸びてくるとうれしいなーと思います。

これからもいろいろ教えてくださいね♪
2006/01/07(土) 00:51 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ピーター・ギャモンズ(ESPN)のレッドソックスチャット・スクリプト2006年1月4日水曜日Chris_2:アレックス・コーラと松井稼のトレードは嘘っぽいです。この噂に対する信憑性やロジックはありますか?PeterGammons:メッツはこのトレードを好んでますが、レッドソックスはコ
2006/01/05(木) 22:24 | 青いblog
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。