スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年のキーワードは『新』
2004年12月29日 (水) 21:25 | 編集
急激に寒くなりましたね。関東では初雪だというニュースを見ました。こちらは雪は降ってないですが、車のタイヤを冬用のタイヤに履き替えしてきました。大阪や神戸にいるころは、冬用のスタットレスタイヤなんてまったく縁がなかったのですが、この度神楽関連で県北や島根にちょくちょくおじゃますることになる…というわけで、この履き替えが絶対条件に。なんだか今までなかったことなのでちょっとワクワク←単純。実は、中学生の頃、1年半岩手県に住んだことがあるのですが、そのころはスパイクタイヤがOKだったので(…なんていうと年齢が(笑))この冬用のスタットレスタイヤというものは初めてじっくり見ました(笑)。年末年始でやることがいっぱいで一日終わるとあれもこれも…と出てくるのであせりまくりです(笑)。

…と話がそれちゃいましたが、新庄選手またまた楽しい発言を…。

新庄、来季のテーマは「新」

新庄「来年はちょっと、みんな1つでもいいから新しいことに挑戦してほしい。ファンの皆に感動を与えるような、何かをしてほしいなと思う」。
球界再編で揺れた1年。プロ野球、そして選手の意義や価値をあらためて問われたシーズンだった。肌で感じた危機感を、新庄は「新」という1字に込め、プロ野球選手たちに来季の意識改革を要望した。

先日の金村投手が自腹で自分たちのグッズを作る!と発言したり日ハムも選手が動き出していますね。まさに『新』という言葉が日ハムにマッチしそうです。

もちろん新庄選手も自分で動くことは公言したようで、本格的なかぶり物をなんと自腹で考えているとか(笑)。本格的っていうことは完全に着ぐるみなんでしょうか?ちょっと楽しみです。しかもいつやるかはお楽しみなのだそうです。球場に行く楽しみがもう一つ増えそうですね。

チーム自体もいろんなことを考えるというのはもちろんですが、選手も自分たちでもなんとかできることをしようというこの姿勢がすばらしいですね。今年の状況から何かしなくては!という気運が高まっているのは凄く良いことだと思います。札幌の地元のファンと大いに盛り上がって欲しいですね♪
コメント
この記事へのコメント
楽しいですね~
ともともさん~。

今日は雪の中、会社に行ってきましたよ~。ほんとに寒くて最近は背中にホカロン貼ってます(笑)。心なしか暖かい感じがしますよ。

さてさて、さすがに新庄ですね~。
ていうか新庄って昔からこんなにファン想いだったのですか?私は阪神ファンではないのであんまりわからないのですが、阪神時代も人気があったのでこういうところも評価されていたのかな~なんて思ったりしました。来年も引き続き、パリーグに明るい光をもたらして欲しいですね!期待してます。

あ、あと今年はほんとにお世話になりました!明日から実家に帰りますのでしばらくお邪魔できません・・・・。でも年明けには1番にお邪魔させていただきますよ!来年もどうぞ宜しくお願いいたしますね!ともともさんと知り合えて本当に良かったです。ではでは、良いお年を~。
2004/12/30(木) 03:01 | URL | みろり #-[編集]
きゃ~さみしい
みろりさん

おはようございます~。寒いときは背中か腰にホカロン効きますよね!

新庄選手はホントつぎつぎいろんなことを考えてますよね。阪神時代も彼の発言はかなり楽しいものがありました(笑)。寮で暮らしていた頃、タイミングがあえば、きっちりサインはするから寮の前で待つのは10時までにしてあとはプライベートにさせてくれとか決まりをつくってファンサービスをしていたと聞いたことがあります。メディアやファンをつかむのが上手ですよね。著書のドリーミングベイビーの中でも書いてありましたが、野球だけが出来るのではダメ!という彼の論理?がそのあたり効いているのかもしれませんねぇ。

みろりさん実家に帰られるのですね~ぜひゆっくりしてきてくださいませ。毎日みろりさんのブログもとっても楽しみにさせて頂いているので寂しいですが、オフのあとの復活を楽しみにしています♪こちらこそありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。m(_ _)m
2004/12/30(木) 10:57 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 パッと見た感じ、危機感がないように見える。どうも いつ見ても緊張感がないというか、そんなイメージがある。 ときには、コトの重大さがわかってるのか、とさえ言い たくもなる。  だが、実際にはこの男ほど、今の窮状を理解している 者はいないようだ。だからこそ、懸命
2004/12/30(木) 22:17 | よろずおしゃべり堂
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。