スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:契約の裏に…仕掛けるウィリアムスGM
2005年12月30日 (金) 22:37 | 編集
昨日、ガーランド投手の3年契約が決定し、一段落かなぁと思いつつも、コントレラス投手とのエクステンションの話はどうなるんでしょうか…と書いていたら、すでにトレードの可能性の示唆が地元紙では出てました。はやっ!

「コントレラス放出の可能性も」とWソックス地元紙

↑この記事はシカゴ・サンタイムズ紙のもので、新人マッカーシー投手を含めて6人いる先発陣…さらにこの中で来季契約がきれてしまう先発投手はコントレラス投手のみということを踏まえて、好条件ならトレードもアリという可能性も…というものですが、シカゴ・トリビューン紙の内容も結構へぇと思うものだったのでこちらについても書いてみたいと思います。
シカゴ・トリビューン紙の中でウィリアムスGMはいろんなことにコメントをされていましたが、一番おもしろいなぁと思ったのが、バスケス投手のトレードが完全完了したとき、来季契約が切れる2人の先発投手:ガーランド投手とコントレラス投手に同時に電話をしたということでした。

なんでも、'We love you and we want you back.' …という言葉に続けて、『ウチには壮大な計画があり、核となる先発投手の補償なしに先にすすむつもりはない。君がウチの一員として頑張ってくれるというのであれば、遠回りな言い方をせずにズバっと条件などを言ってくれ。そうでないというのであれば、個人的にその決断をリスペクトしビジネスへ展開させていくことにする。』というようなことを言われたのだそうです。おお!

つまりここで契約延長を計らないのであれば、来季FAという形になってしまう前にトレードをすることも示唆していたということになるんでしょう。そして…この電話に対して応えてきたのがガーランド投手だったそうなのです。同時にしかけ、そして応えてきたガーランド投手と契約を結んだ…ということだったんですね。それにしても、この記事を見ていると、ウィリアムスGM…アメリカ人に向けて言うには変かもしれないですが、竹を割ったような性格だなぁーと思っちゃいました(笑)。

コントレラス投手の代理人の話によると、コントレラス投手はシカゴにいたいようなのですが(Jose is interested in staying in Chicago)、代理人としてはビジネスとして良い契約を取り付けることのほうが先決のようです(it's a business, and we have to make sure his next contract is a good one)(汗)。希望額としては具体的に記事に出ていたのは$11M~$12Mというところだそうで、ちょっとこれは厳しいかも…。先日の話でもあったようにすでに昨年のペイロールから$20Mアップしている状態ですから…(これでもすごいんですが)。

…ということもあって、ウィリアムスGMとしても、もちろん彼を含めた5人で2006年は先発を回し、新人ブラントン投手にはもっとスキルアップする時間を与える形にするという事の方がベストと思いつつも、2007年も見越したことを考えると、やはり続いてくる若手(ブラントン投手)のめどもあって、コントレラス投手に好条件のトレードの話が来るとするならば断る事は出来ないし、話は聞くつもりだということをコメントされていました。確かに、WBCに先発3人を出す形になるホワイトソックスとしては、コントレラス投手を置いておき6人体勢にしたいところもありますが、今後長いスパンで考えると解るような気もします。この辺り難しいところですね。


また昨日オリオールズがテハダ選手をトレードしないことを話していたところへ、テハダ選手の爆弾発言で再びトレード話があちこちからも出てきそうな感じですが、これについて興味を持っている球団のひとつとしてホワイトソックスも登場していました。

地元紙の見解としては、ウィリアムスGMにとって昨日の発言でもシカゴのセカンドチームに甘んじていたくないということをコメントされていただけに、テハダ選手のビックネームは魅力的というのはあるだろうと予測しつつも、一番の問題点はやはりペイロールだろうということ。そしてこれ以上ワールドチャンピオンになった布陣を崩すつもりがあるのかということについての疑問も投げかけていました(テハダ選手をトレードで獲得する場合、ホワイトソックスからは確実に同じショートのウリベ選手が巻き込まれる形になるのは間違いないと予測しているため)。確かにFAでもなんでもないのにあまりにも良い雰囲気で着ているものをぶちこわしていく必要性はないような気もしますね。うーん、チームづくりって難しいー。いずれにしても、地元紙的にはホワイトソックスとしては可能性は今のところあまり高くないということのようですね。

この件については、個人的には具体的なうわさのトレードの内容以上に、テハダ選手がものすごーく怒ってコメントをされていたのがビックリでした。堪忍袋の緒も切れた!という感じで(汗)。

"I don't want to say anything bad that can hurt my teammates, but look at Toronto, they have strengthened themselves and we haven't done anything,"

コメントを見ている限りでは、同じ東地区のブルージェイズの今季の補強などと比べて…動きがイマイチだということがものすごく気になっているようですね。

"I am not asking for a team of superstars, I only want a good group that helps me to win,"

スーパースターの称号ではなく勝てるチームでプレーがしたいだけなんだ!というコメント。あまりにも長期の契約は、チームにとっても怪我などが有り得ることからしても賭けですが、選手も低迷チームに長く所属する可能性という意味では賭けなのかもしれないですね。ただ、どちらもそのリスクを負う代わりにハイリターン契約があるような気がしますし、そのことは織り込み済みなのでしょうが、ここまで強いコメントがあるということは、逆に当初の契約で優勝できるチームづくりをするということを言われていたのかなぁとふと思ってしまいました。テハダ選手どうなるのでしょうか。今後も気になるところです。
コメント
この記事へのコメント
噂どおりの情報網
改めてともともさんの情報の詳しさに感心してしまいました。始めて聞く話が多くてすごい!とうなっちゃいます。

それにしてもテハーダ問題がWソックスにまで飛び火しているとは。私もこれに絡むのは大反対です。ウリーベ好きだし、あまり大物獲得しすぎるとヤンキースみたいなチームになりそうで嫌です。比較的下部組織がしっかりしているのでこれ以上の大物補強は不要と考えます。

右の先発についてはマッカーシーのあとにもトレーシー(2Aバーミンガムの勝ち頭)やブロードウェイ(今年のドラ1)など有望株がいますが、左はトーミ獲得で2人出したようなのでちょっと薄くなったみたいなので少し心配しています。
2005/12/30(金) 23:43 | URL | kazztetsukuzu #-[編集]
テハダが怒るのも分かる気が…
ピッチャーを補強しないで、バーニッツなんて獲ってたら、ボクがテハダの立場でも怒りたくなりますね…
2005/12/31(土) 00:25 | URL | Ryu #UOEUO6G2[編集]
ウィリアムスGM
彼のやり方は本当にアクティブですね。
そして本当に名門としてボストンやニューヨークに対抗しようという野望がかんじられます。

テハーダ⇔コントレラス+ユリベですか。

ファンとして心情的にはコントレラスもユリベも愛着がある大好きな選手ですが、
個人的には非常に合理的なトレードに思えます。

テハーダはA-Rodと同じくらい総合力に優れて、しかもタフで勝負強い、クラブハウスの評判も良い素晴らしい選手ですよね。
テハーダの来季年俸はいくら位でしょう。
$13Mくらいかな?
このくらいだとペイロールの増加もあまりないですね。

実現したらトーミー、コネルコ、テハーダの中軸って凄いパワフル・・・

しかしロースターを大胆にいじるのがいいことか悪いことか・・・ともともさんの仰るとおり全く難しいところですよね。
スター不在ということが良いケミストリーの素だったような気もしますしね。

実現性は薄そうとのことですが大変面白い記事の紹介ありがとうございました。。
トリビューンはいつも結構大胆なこと書きますよね。
2005/12/31(土) 07:18 | URL | ろびん #-[編集]
いろんな視点で
>kazztetsukuzuさん

そんなそんなとんでもないですー。拾い読みから思ったことを書いている感じになるので、逆に知識的なことなどはぜひ教えて頂きたいくらいです(ぺこり)。

ウリベ選手良い味だしてますよね(^^)。私もテハダ選手に関して、いい選手だし魅力的だし、確かにあまりにも沢山のビッグネームというのは人気面で充実しそうな気もしますが、もともとのフランチャイズからの人気者を排出して欲しいというのもあるので、今たちまちショートがいないならともかく別に焦らなくても…という感じがしています。ヤンキース(今はメッツもすごいですよねー)化は個人的にはイマイチ…かなーと思ってます。

そうですか!さらにマッカーシー投手の下にもまだまだ有望株が眠っているのですね。そういうことを考えてコントレラス投手のトレードも話があれば…というスタンスということなんでしょうか。今年左腕のプロスペクトを結構出していましたよね?私も気になっていたのですが、ぜひ今いるプロスペクトは大事に育ててメジャーに上げてこれるくらいになるといいなーと思ってます。

いずれにしても良い形になるといいですねー。

今年あとわずかになりましたね。ホント楽しい話題いろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。良いお年を☆


>Ryuさん
こんばんはー。確かにオリオールズとしては、せっかくすばらしいピッチングコーチをブレーブスからひっぱってるだけにもったいないなぁと思います。ピッチャーの補強は急務ですしね。やっぱりそう言う意味から補強というものに対しての取り組みかたに疑問を感じられても仕方ないかなと思います。テハダ選手もよほど思うところがあるという感じですよね、覚悟を決めて言っているような気がします。

今年いろんな楽しいコメントを頂いてありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。良いお年を☆


>ろびんさん
こんばんはー。ホントウィリアムスGMはアクティブですね。以前ろびんさんのところでいろんなことを教えて頂いてウィリアムスGMにもすごく期待を持って見ていましたが、このオフは本当に動きますね。野心というのはすごくありそうですし。

ろびんさん的にはありなのですね。その見解もとっても勉強になります。確かに勝負強さもすばらしいですしね。人間性という意味でも暖かみある選手だなぁと私自身個人的に思っていて、私自身はアスレチックス時代しか接触したことがないのですが、それでもファンに対してもすごくやさしくて、MVPになる前もなった後も態度が変わらず…だったのでものすごく印象に残ってます。なんだか華がある選手だなーと思ってみていました。

ろびんさんのおっしゃるとおり、ケミストリーこれが一番の問題点で。本当に現時点ではコネルコ選手のソフトなキャプテン資質とバーリー投手の投手を率いていく力が上手く作用しているところから考えるとスタータイプの選手を新たに入れてくるというのは良かれ悪かれ雰囲気が変わるのは確かかもしれないですし。難しいですよねー。ああ、私にはGMは出来ません←誰からも誘いはないですが(笑)。

ホント話題という意味ではトリビューン紙おもしろいですよね。こちらこそいつもいろんなお話をお聞かせくださってありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年を☆
2005/12/31(土) 18:38 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。