スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:フレディの近況
2005年11月26日 (土) 00:58 | 編集
完全なミーハー記事です(笑)。

先週、フレディはプロモでベネズエラに帰るようだという情報をシカゴの地元紙でちらっと見ていたので、毎日ベネズエラの新聞をチェックしていたのですが(汗)、ギーエン監督のオフの間のコラムもそろそろ始まるようなことが書いてあったので、これからが楽しみです。…しかしスペイン語、もっと勉強しなくては…(汗)。辞書ひきながらうなってますが…、動詞変化しすぎ!←自分の勉強度合いを棚に上げてる人

フレディはギーエン監督が地元ベネズエラで行っているチャリティファンデーション(a Fundacion Oswaldo Guillen)に参加しているのですが、その一貫で明日サイン会を行うという情報をキャッチ♪ささいなことですが思わず喜んでしまいました(笑)。
場所は首都カラカスのTamanacoホテル…って行けるわけでもないんですけど(笑)。フレディ以外にはもちろんギーエン監督、そしてエンジェルスのK-Rodことロドリゲス投手とマーリンズのカブレラ選手のようです。昨年はフィリーズのアブレイユ選手なども参加していたのですが、今年はとりあえず表に名前は出てなかったです。

参加者の中から抽選でギーエン監督直筆サイン入りワールドシリーズの公式球を12個プレゼントの他、1品につき20000ボリーバルで自分で持ち込みのものにサインを入れて貰えるというスタイルだそうです。20000ボリーバルってベネズエラの通貨なんですけど感覚的にわからないので思わず調べてみました(オバカ)。現時点で1110円くらいだそうです。もちろん収益はすべて寄付されるそうです。アメリカでもよく行われるこういったサイン会からするとかなりお得かなと思ったりしますが、ベネズエラの水準がわからないのでどうなんでしょうね。

いずれにしてもファンとの触れあいで楽しんでこれますように。そして多くの地元ファンに夢を与えてきてほしいです。
コメント
この記事へのコメント
スペイン語
読めるんですね。凄いです、ともともさん。
ベネズエラでサイン会ですか。
チャリティーに熱心なMLBの選手たちには
本当に頭が下がります。
ギーエン監督は、WS中にも何度もスペイン語で母国のファンに語りかけてましたね。
2005/11/26(土) 16:11 | URL | すぬ #hPUedOeQ[編集]
いえいえいえいえ…
すぬさん

こんばんはー。ホリディは楽しまれてますか?(^^)なんだか日本は勤労感謝の日だけだったので(笑)ちょっとさみしいですー。…でもお正月ですらここ数年はお店はガンガンに開いているし(笑)連休があっても連休気分にならないところが日本の悪いところかもしれないですね。すぬさんやPara-sukeさんのブログなどを拝見しているとホントそうおもっちゃいます。

そうそう、スペイン語…ダメです。私はフレディに手紙を書くようになって、ちょこちょこチャレンジして手紙にスペイン語を書いていて、いつも全部スペイン語で書けるように勉強しよう!と思っているのですが、勉強するどころかほったらかしになっていて、まだまだ挨拶程度なんです(トホホ)。参考書もドリルも買っているのですが、ほとんど本棚の肥やしに…(もったいなーい)←学生時代からそのまんまの買ったら終わりタイプ。困ったものですー。

なので辞書をひきひき、意味をかいつまんでる状態でして…(汗)。間違っていたらすみませんなんですよぉ~~~。

ちなみにスペイン語の教材、日本でも買ってますが、アメリカに行ったときに大きな本屋さん(Barnes &Noblesなど)で購入しているものも結構あります。やっぱりスペイン語の需要ってアメリカでは大きいためか、すごく参考書や会話本などが多いですよね。

買うときに、旦那に『ホントにやるの?』と半ば白い目で見られつつ大量に買い込んだくせに、折り目もついてない本があるのは…ナイショです(ばれてると思うけど)(笑)。

ホントメジャーの選手のチャリティ精神はすばらしいところですよね。私もホントいつも頭がさがります。ギーエン監督はスペイン語で結構話されていたようですね。記者会見のログを見ていても(以下スペイン語)と省略してあるところが結構あって(笑)直接ファンに語りかけたいんだろうなーと思いました。
2005/11/27(日) 01:12 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
エライっ!
ともともさん。どんどん記事を遡ってコメントさせて頂いてます。
わー、記事が盛りだくさんで追いつかない!(笑)
でも嬉しいです。オフでも話題は尽きませんね♪
アメリカもラテン諸国からの移民が増え続け、このまま行けば
スペイン語人口が英語人口を超えるのだとか。
やはりスペイン語人口は世界一、重要なのは間違いなしですね。
ウチの相方もメキシコ出張の度に新たな本を買ってきてますよ(笑)
でも覚えたのは「ビール○つ下さい」と「会計お願いします」のみ(汗)
ウチも2人して「買って満足」派です・・・。
でもともともさん、エライですよ。
やっぱり愛は人を動かすんだわ!
ともともさんを見習わなくては!
あれ?すっかりフレディネタから逸れちゃってますね、失敬!
ベネズエラメンバー、すごく豪華ですよね。
もし日本人メジャーリーガーで凱旋サイン会開いても大騒ぎになりますね。
「もしもあったらすごい」コーナーだなぁ、これは。
2005/11/29(火) 10:15 | URL | Para-suke #-[編集]
おおっ!
Para-sukeさん

おかえりなさいませ~。そしてミーハー記事をいろいろ見て頂いてありがとうございます。

オフでも話題が尽きないというか…ミーハーなのでしょーもない記事でもパクついちゃう私が(笑)。これからも書いちゃうと思いますがよろしくでーす。

ホントアメリカでのスペイン語人口は本当に年々増えているとか。英語人口を超えるという話は先日日本のテレビでもやっていました。きちんと英語を話せるアメリカ人が少なくなっていく危機みたいな番組だったと思いますが、確かにアナハイムなんかホントピザやさんに行ったらとなりでオーダーしているの全部スペイン語だったもんなぁ(笑)。

私もホント選択間違えたなぁーって今となったら思うんですよ。実は大学の専攻がドイツ語なんです(ボソ)。それもアルプスの少女ハイジが大好きで(すでにばかげた理由)スイス…母国語の60%がドイツ語というそういうしょーもない理由でして(笑)。あのとき国連用語にも入ってないからドイツ語はやめてスペイン語の方へ行くようにという担任の先生のアドバイスをムシした私が悪いんですが(笑)、マジで聞いておくものだったと今となっては後悔しきり(オイ!)。しかも国連用語云々という理由ではなく…だったら今頃フレディとも…というものすごく打算的な理由からなのは言うまでもありませんが(爆)←アホすぎますね。さらにドイツ語なんて日常で使う環境にいない今となっては腐っていく一方…(略)←ぱっくん!さん風。

参考書買って満足症候群は今でも続いています。N○K講座のテキストなんてさるもの(ビデオ撮って見てない回もわんさか)…もっと危機感持たないとだめだろうなー。

それでもここまでやっているのは愛しかないかも(爆)。そして現実逃避現象のオバカ度もあるかもしれませんー←こちらが大。それにしてもこのベネズエラでサイン会行きたかったです(ビックリしてくれたかなぁ?)

あ、日本人メジャーリーガーの凱旋サイン会ですか?もう混乱必至でしょうね。殺気だってて行けないかもー←チキン。
2005/11/29(火) 13:46 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。