スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレーブス:チッパー・ジョーンズ選手の年俸条件見直し
2005年11月19日 (土) 00:13 | 編集
実は、MLBで今日一番気になったのはこのニュースでした。

最大18億円の減給受け入れへ ブレーブスの主力http://major.jp/news/news20051118-11325.html

これは、チームの地元紙アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション(電子版)が17日付で伝えたもの。同紙によると、ジョーンズは来季からの3年で総額5200万ドル(約62億円)が入ってくる予定だったが、来季年俸を1700万ドル(約20億2000万円)から1100万ドル(約13億0000万円)に下げるなど、球団と条件を見直したという。

昨年、日本でもロッテの黒木投手が年俸返上の申し出をされたという話がありましたが、今回の場合は返上というよりは来季からの契約を見直していくという感じですね。でもすごい。ちょっとビックリしました。
記事によると、ジョーンズはここ数年、高騰した自身の年俸がチームの足かせになっていると感じていたということだそうですが、彼自身ブレーブスで毎年優勝しながらもWSリングまでなかなか到達できないというジレンマもあったりするのかもしれませんよね。この辺り、個人的には勝ちたいから自分の年俸を下げてでも他の選手へという希望を出したNBAのジョーダン選手とダブるものがありました(NBAの場合サラリーキャップ制があるので余計に金額のやりくりが厳しいというのはありますが)。

確かに個人的にここ数年の年俸の上昇ってすごいですよね。金額を毎日聞いているとだんだん麻痺してきて(笑)しまうときもありますが、見たこともないすごい金額が毎日話の中で飛び交っていて、本当にチームも正直大変だろうなとは思うことはあります。余談ですが、D-Backs時代のランディ・ジョンソン投手との契約なんて本当に赤字球団でまかなえるのかな?と思っていましたが、1年分の年俸を5年に分けて分割して払っていくという形にさせてもらっているというからくりだということを聞いたことがあります。トレードでヤンキースのメンバーになった今も、きっとこの契約が生きているとすれば、まだD-Backsは当時の年俸の分割分を払っているということになりますが(きゃ~)、ホント引き留めるのに球団も必死というか、ファンやチームのためには大型選手が欲しい…でもお金がかかる…でもそこまでお金がない…というなんとも涙ぐましいものがあるなぁーと思っちゃいました(もちろん球団によるとは思います。余裕がある球団もいっぱいあるでしょうしね)。

この動き、少しいろんなところで正直波紋を呼んだらいいのに…なんて思ってる部分もありますね。このままの上昇率では将来MLBは経営出来なくなるところも実はふたを開けてみると意外にあったりして…という不安が小市民的には(笑)あったりします。

…というわけで早速地元紙をチェーック!(笑)
チッパー・ジョーンズ選手は2006年で6年契約が切れるという形になっているらしく、2007.2008とチームオプション付きだそうです。総額は$90Mだったそうです。

 
 2006年 $17M
 2007年 チームオプションで$15M バイアウトなら$5M
 2008年 チームオプションで$15M バイアウトなら$5M
    ↓↓↓↓
 
 2006年 $7M(契約金$4M)
 2007年 $11M
 2008年 $11M
2009年 $8-11M ここは08年までの活躍により決まるような感じ

これを見ていると、ジョーンズ選手サイドも年俸を$4-6M毎年減らす形にするかわりに、チームオプションという不安定なものをとりはらってもらい、契約がほぼ決まっている状態を作ってブレーブスで野球を続ける環境を作ったという感じでしょうか。いやぁ~確かにこれでそれなりの選手をピックアップしてこれますから、大きいかもしれないですよね。

選手とチームが一緒になって勝てる環境作り。…来年のブレーブスまたまた強敵になってくるのでしょうか?ブレーブスに関しては一番気になるのはピッチングコーチが変わってどうなるのかと言うところだったりしますが(笑)。楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
個人的に思い入れもあります<C・ジョーンズ選手
どうもです。
いや、その思い入れというか
単純に選球眼(三振数<四球数)が優れているので気に入っているだけなんですけどね(笑)。
でもってスレ違いで申し訳ありませんけど
ホ軍のポール・コネルコ選手についての地元紙の論調の件は
可愛さ余って思わずダメ出し、みたいな状態ですね。
その一方で「一塁手ならいつでも獲れる」的発想だったりして。
もちろん、チームの公式コメントではないので真に受ける必要もないんでしょうけど
指名打者候補にも事欠く現状とのギャップが…。

定番化して久しいマー軍ネタ。
来季はレギュラー外野手として期待されているジェレミー・ハーミダ選手について。
これから延々ついて回る「初打席満塁本塁打」のレッテルはともかく
個人的には多少の脚力と守備面での貢献も期待して右翼手としての活躍を期待しています。
今のところ、年齢的にそろそろ…の(?)ジェフ・コーナイン選手の後釜左翼手となりそうな雲行きですが
シーズン中から放出が噂され故障がちながら評価の高いホアン・エンカーナシオン選手の処遇次第ということにもなりそうです。
2005/11/19(土) 05:58 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
わ~い
ぱっくん!さん

こんばんはー。レスが遅れましてすみません(汗)。チッパー・ジョーンズ選手思い入れありですか。理由もぱっくん!さんらしくておお!と思っちゃいました。ホントなんだか安心して見ていられる選手ですよね。キャンプでも本当にマジメに練習をされる選手だなぁという印象でした。そう言えば、今ほどミズノの製品がMLBにあふれてない頃からミズノシンパでしたよね。そう言う意味でも印象があります(笑)。

いえいえ、レス違いでもコメント大歓迎ですー。ありがとうございます。そうですよね。コネルコ選手、愛の鞭じゃないですが、結構厳しい言葉をいいつつも最終的には『だからココが一番なのですよ』という感じの論調なのかなぁーという気がします。え?一塁手はいつでも取れる?ですか…うーん、ないともいえないですよね。意外と強気発言バンバン出してる感じなのでどういう形で収まるのかは楽しみに待とうと思っています。まだ大きな動きはないみたいですね。

マー軍ネタもありがとうございますー。今年は大きくマー軍は動きそうですね。来季のメンバーかなり変わっちゃうのでしょうか?ドキドキ。

ハーミダ選手…私もその印象が強すぎ(汗)なのですが、うまくここから成長をしてくれるといいなぁーと思っています。それにしてもコーナイン選手って2回のマー軍のワールドチャンピオンにからんでるんですよね?すごい運を持っている人だなぁと思っちゃいました。

エンカルナシオン選手…ホント彼がシーズンを通して働けたら…というのはありますが…果たしてどうなるかマー軍かなりドキドキですね。
2005/11/21(月) 00:21 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。