スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WS 第4戦:ホワイトソックス頂点へ!(ミーハーまとめ)
2005年10月27日 (木) 23:16 | 編集
あ~大分落ち着いてきました(笑)。
今日は朝からドキドキで心臓が破裂しそうでしたが、お昼に一気にボルテージが上がりヒートアップしてそのまま…夜まで突入していました。4月の時点ではとてもじゃないですがそんなこと考えられなかったですし、本当に頂点にたどり着くまで本当によく頑張ったんだろうなーと思います。改めておめでとう!

Wソックス悲願の88年ぶり頂点! 井口も歓喜の輪に

単にリーチがかかっているからという緊張だけではなく、私の場合にはフレディが先発だったということはものすごく気になっていて、すごくドキドキしていました。彼からすると娘ちゃんが生まれる時の方がむしろオロオロしていたそうで(笑)、大舞台とはいえ野球に関してはさすがでした。

何にしても、シーズンのセントラルディビジョンのClinch、そしてディビジョンシリーズのClinch、そして今日ワールドシリーズのClinchと3つのClinchゲームの勝ち投手になれたフレディ。運がよかったと思います。そんなチャンスなかなかゲット出来ることってないですし、チャンスが巡ってくるだけでもすごいですが、それをみんなでモノに出来たことを今はかみしめてほしいです。そして、ホワイトソックスファンにも、そしてシカゴのためにも、さらにベネズエラのためにも…多くの笑顔をプレゼントしてくれたと思います。おめでとう&ありがとう!ちなみに、フレディはこのプレーオフでディビジョンシリーズ、ALチャンピオンシップシリーズ、さらにワールドシリーズとそれぞれアウェイで勝ち投手(3-0)となっているのですが、これは1996年のシュモルツ投手以来だそうです。この辺りはむしろ、ギーエン監督の采配というか、フレディはアウェイに強いというところを上手く取り入れてくれたお陰とも言えますね。m(_ _)m
そしてMVPにダイ選手が!ダイ選手もシーズン当初はなかなか上手く打てなくて悩んでいたこともあったのがウソみたいにシーズン後半には上手くフィットして、さらにプレーオフでは3番として活躍をしてくれました。今日の解説野茂投手もキーとして挙げていらっしゃいましたが(ファーストストライクからバンバン振らずじっくり見てくるのが井口選手とダイ選手ということで)今日は本当にダイ選手のクリーンヒットが光っていましたね。派手ではない選手ですが、チームにフィットできたことを喜んでいましたし、これからの活躍をまた一層期待したいです。

さて、今日の試合ですが、本当に胃が痛くなる展開でした。前半から先発投手の安定度からするとハッキリ言って、フレディよりも圧倒的にアストロズの先発バッキー投手の方がありましたし、連続三振を奪われたりしてなかなか展開が動かずガマンの状態が続いていました。この最後の最後に投手戦というのはある意味すごいことなのかもしれませんが(というか昨日の延長戦で打者も疲れていたのかも…ですが(笑))、見ている分には1回終わるごとにふぅ~…という感じでした。

バッキー投手も球が上手く曲がっていたりしてナイスなピッチングをされていたのだと思いますが、野茂投手が褒めていらっしゃったキャッチャーのオースマス選手の配球がまた冴えていたのかもしれないですね。打者に対してもキッチリ1順目.2順目で翻弄するような配球をされていたようですし。キャッチングも上手いと絶賛されていたので結構じっくり見ちゃいました(笑)←ミーハー。本当にアストロズにあってピッチャーがすばらしいのでこちらが脚光を浴びがちですが、ここまで来たことにはバッテリーだった彼も大きかったのかもしれないなぁと思ったりしました。またバッキー投手も自分の役目を終えた後、ベンチから盛んに声を出して声援を送られていて、これもすごくいいなと思いました。あの勝ち気はすごく必要だったと思います。今日のピッチングはもちろんですが、良い選手だなぁと思ってみていました。彼のようなすばらしい投手が相手だったからこそ、フレディにも火が点いたような気がします。

そして今日の試合、ナリーグならではの勝負所が明暗を分けたような感じがします。6回裏、ピンチを招いたフレディがなんとかレーン選手を三振でツーアウト満塁を切り抜けた後(もうこのときは心臓ばくばくでした)、7回に両チームにピッチャーを交代するかどうかの転機が訪れます。

まずは7回表にホワイトソックスがツーアウトからローワンド選手にヒット、クリーディ選手にツーベースヒットを打たれて1.3塁としたのですが、ここで8番のウリベ選手と勝負するか、それともウリベ選手を歩かせて9番と勝負するかという決断がアストロズに。当然もし9番と勝負をすることになれば、ホワイトソックスサイドにフレディをそのまま出すのか、代打を出すのかという選択を迫ることになります。ホワイトソックスはこれに対して、一応ネクストバッターサークルにはエベレット選手を用意。さらにフレディにもヘルメットをかぶらせてベンチで待機させていたホワイトソックスですが、なんとここでアストロズサイドは8番ウリベ選手との勝負を選択。結果はウリベ選手が三振し、得点できず…だったのですが、これにより7回裏にフレディをそのままピッチャーとして残す形になりました。

そして7回裏、オースマス選手、エベレット選手とツーアウトをぽんぽんと取ってランナーを出さなかったので、このままピッチャーのバッキー投手を入れるのかと思いきやここでアストロズは勝負に出ます。バグウェル選手を代打で登場させたのですが、ここはセカンドゴロでチェンジ。個人的にはランナーを出していれば勝負賭けてくるだろうと思っていたのですが、バッキー投手をあまりにも打てなかったのでランナーなしで替えてきたことはラッキーだと思いました。

そして8回表…リッジ投手から虎の子の1点をもぎ取る結果に。ナリーグはピッチャーを交代させるタイミングってすごく大きくて今回もこれが大きかったように思います。もっともフレディは打たれながらもクラッチを最終的に打たれなかったので助かったというところもありますが。いつもアリーグをメインに見ているだけに、好調でも交代の決断を迫られるナリーグ野球の面白さを今回見たような気がしました。こういう投手戦の時が一番交代時って難しそうですよね。

今回のワールドチャンピオンにあたっては、DLで出られなくともチームに帯同していたフランク・トーマス選手がこんなコメントを残していました。
『'It's one of the best teams I've ever seen. No doubt. There was no selfishness, it was all team.』
いわゆるチームケミストリー。今回全米レベルで人気の大物スラッガーが軒並みそろっていたりするわけではないチームですが、このチームを一番象徴しているのはこれかもしれないですね。

とはいっても井口選手が悩んでいたという記事もあるように、ホワイトソックスのベースボールはそれほど徹底したスモールかというと??かもしれませんが(笑)。

チーム打撃に徹した 悩んで、夢つかんだ井口

メジャー移籍1年目。不慣れな2番を任され、試行錯誤の連続だった。「どう試合を運べばいいのか」。監督と話し合っても翌日には違うことを言われる。自分がどんなに犠牲になっても、ほかの選手は自由奔放に打つだけ。精神的に追い詰められた時期もあった。

でも個々の選手がやはり点を取りに行くためには…ということを考えていろんなパターンに対応しようとする姿勢が出てきたこと、これがインディアンズに追いつめられていく中でそれぞれの選手に芽生えたことは大きかったのではないかなと思います。あの追い上げられた時期は個人的にはかなりヒヤヒヤだったのですが、今となってみればあれは必要な時期だったとも思います。簡単にあの時期までに優勝が決まっていたら、今年のワールドチャンピオンもなかったかもしれないなぁーと思ったりもします。

スモールベースボール(ギーエン監督のはラテンミックスで、本人もスマートベースボールと命名していらっしゃいますが)については好き嫌いがあるかもしれません。それでいいとも思います。ただ私としては打席やヒットだけではなくその他の場面でも得点チャンスを広げるというひとつの楽しみがありますし、どんな作戦を見せてくれるのかワクワクするという意味でも、個人的にはシーズン通してハラハラあり、ドキドキありで楽しませてもらったかなーと。盗塁、作戦、進塁打…などなど、こういうプレーには派手さは欠けますけどね。でも実はホームランバッターを切ったわりには、今シーズンホームラン数は200と意外と多かったんですけど(ちなみにソロも多い(汗))。

シーズン中あまりのもっちゃりさにスカッとするようなガンガン打撃を見たい!なんて思うこともありましたが、なんだかんだ言っても、このスモールベースボールにいろんなところで胃がいたーいなんて言いながらもたくさんの可能性を見せてもらったような気がします。確かに野球の見所としては勝ち負け以上の魅力的なプレーもあるかと思いますが、個人的に勝負事では負けることが大嫌いな私としては勝つということもやっぱり大事かなという思いもありますし(個人的に)。

もちろんバンバン打って勝てれば言うことナシなんでしょうけど、いい先発を揃えてこられるとそればかりではいられないわけで。3割バッターがいいバッターなら10回で7回は失敗してもオーライといわれるわけですから、それを連打出来る状況がいつも続くとは限らないわけですし。でも良いピッチャーだから負けちゃった!と言っていたら優勝というものが強打者を揃えない限りは難しくなってくるでしょうし。少なくとも今年のホワイトソックスにはそれはないわけですし(きゃ~)。

それなりでも、そういう前評判がイマイチのホワイトソックスでも(笑)、スモールベースボールでこすっからいと思われようと、勝つことをめざし、勝てるようになってくることで、選手達も自由奔放に打つこと以外も含めていろんな見方が出来るようになったのかもしれないなとも思います。…というか、負け込んでいる中でスモールを提唱しても選手だってあまり付いてこないような気はします(メジャーの場合特に)。メジャーに上がれている選手ということはある程度は打てるわけですから、バンバン打つほうが楽しいのは言うまでもないでしょうし。

いずれにしても、最初は不完全だったこのチームが最後はピアジンスキー選手やエベレット選手まで自分たちでバントをしようと試みたプレーオフ。仮に他のチームに移籍することがこれから先にあったとしても、ここでの野球や経験はまた次のチームでもいろんな野球に対応できる柔軟さになるのかもしれないですよね。そしてそうあってほしいなぁと思います。ピッチャーにしても緊張感やあの雰囲気でのピッチングがこれからの糧になってまたいろんな場面で魅せてくれる機会が多くあることを楽しみにしたいです。

最後にメジャーチャレンジ1年目で見事リングをゲットすることになった井口選手おめでとうございます。またオフにしっかり充電して新たな活躍を楽しみにしたいと思います。あ、リングはひとつで満足しなくてもいいですから(笑)。いくつでも取りに行ってほひしですねー。そして今日のゲスト解説の野茂投手、今回のClinchシーンを見てまた一層来季への闘志を燃やしてくれることをますます期待したいですね。

とにもかくにも、ホワイトソックス、おめでとう!
そしていろんな感動をありがとう☆


<おまけ1>
フレディ余談です。
フレディはシーズン終盤、初めて家族をシカゴに呼んでいたそうです。お父さん(Freddy Garcia Sr.)と妹エリザベスさん(ラテンネームチックじゃないですね、フレディもですが(笑))が紙面には具体的に登場していました。フレディは余り家族のことを話さない人なので(このあたりは地元ベネズエラの治安の悪さによる家族への影響を考えてかもしれませんが)かいま見られたのは嬉しかったです♪

ご家族の方はシーズン最後の方の試合からずっと観戦されているようですが、そう考えるとひょっとしてあのバットボーイ(34 Garciaを身につけている方)はギーエン監督の計らいで、やはり弟クンがさせてもらっているのかもしれないですね←勝手な推測。

それにしても記事に、お父さんは年齢が46と出ていて、フレディが29だから…と計算すると17歳の時の子供なんだぁーとちょっとビックリ!しかもフレディに先日ソフィアちゃんが誕生したので、46でもうおじいちゃんなんですよね。きゃー。


<おまけ2>
ミーハーネタ続きです。
バーリー投手、結婚される日が12/2ということですね。このチャンピオンがさらに結婚に花を添えてくれたことは間違いなさそう!こちらもWおめでとうですねー♪
コメント
この記事へのコメント
Congratulation!Chicago White Sox!
まずはおめでとう、シカゴホワイトソックス!
そしてともともさんもおめでとうございます。

本当に実現してしまいました、88年ぶりの歓喜。
しかし本当にポストシーズンは神に祝福されたかのごとく
すべての流れがCWSに向かってましたね。
まさに勝つべくして勝った、という感じだったのかもしれません。

...うまく言葉にまとめきれないので、話題を変えて、と。

こんな強いチームを同じ地区のライバルとしてこれからも戦わなければならないわがツインズ。
正直もうちょっと打撃にパワーが欲しいですが(誰かFAで来てくんないかなあ)、
来年は2年ぶりのディヴィジョンクリンチを絶対に頂きます...
覚悟!なんつって。

何はともあれ、本当におめでとうございます!
2005/10/28(金) 00:24 | URL | えすけい #-[編集]
おはようございまーす。
一夜明けました。まだ興奮冷めやらぬ、ですよー。
各局のニュースキャスターもSOXのCAPなんか被っちゃって
とってもサワヤカな朝になりました~。
フレディ、ホントに豪腕・強運、素晴らしかったですね。
F・トーマスもSOX一筋16年、出られなくて残念だけど
待ちに待った瞬間だったでしょうね。
やっぱり、今季はチーム内の雰囲気はすごく良かったんじゃないでしょうか?
井口選手がオジー采配に対して不満を言ってたような記事が出た事もありましたけど、「さっきと言ってたことが違う」なんて日常でも良くありますよね。もう日本人には理解できない事がこの国では多々起こります(笑) それでも辛抱して本当に良くアジャストしてくれたと思います。井口選手をはじめ新加入組が見事にフィットできたシーズンだったのかと・・・。
個人的には「GO・GO」、すごく楽しかったです。スコッティ&井口のコンビで序盤にすんなり点を取っちゃってたあたり、本当に痛快でした。何で1ヒットで点が~?!なんて笑いながら観ていたものです。シーズン後半は思いっきり苦しんだけど、ともともさんのおっしゃる通り、あの時期に各々が色々考えて戦えたのは「今となっては」良かったんでしょうね~。その時はヒヤヒヤでしたけど(笑)
うわっ、今日もまた長くなってしまいスマミセン!
そうそう、スコッティの「チュウ」シーンも長かったですよ(汗)
それではまた~♪
2005/10/28(金) 00:56 | URL | Para-suke #-[編集]
おめでとうございますー!
ともともさん、シカゴ在住の皆さん、ホワイトソックス、ワールドチャンピオン、おめでとうございます!それから、フレディ・ガルシア投手の活躍も、おめでとうございます!レッドソックス敗退後は私もホワイトソックスを応援していたので、とてもうれしいです。とはいっても、いつも最後まで試合見てたわけではありませんが。。昨日も途中までしか見なかったのですが、やはり無理してでも最後まで見ればよかったかなーと後悔しています。最初から息詰まる投手戦で、疲れて眠ってしまいました。トホホ。。ホワイトソックスの優勝は、朝のニュースで知りました。

これで、ホワイトソックスに負けたレッドソックスの言い訳が立つわけですね。(ホント?) 昨年はレッドソックス、今年はホワイトソックス、そして来年はまたレッドソックス、になればいいな。。

井口選手は、他の日本人メジャーリーガーにとってはうらやましい限りでしょうね。ご本人もがんばった結果だとは思いますが、メジャー一年目にしてこの栄冠。このまま来年も気を抜かずにがんばって欲しいですね。

この試合、野茂投手が解説されていたんですよね。聞きたかったですー。ご自身のホームページでは「今日は良いゲームを見ることができて良かったですけれども、なかなか話をするのは難しいです。」の一言だけなんですもの。もしなにか印象的なコメントを覚えていらっしゃったら教えてくださいー。たぶん、それどころではなかったでしょうけど。

今年のホワイトソックスにもいろいろ変遷があったのですね。シーズン中はあまりホワイトソックスの試合を見ていなかったので、ともともさんのコメントはいろいろ興味深いです。いろいろ好き嫌いもあるでしょうが、全部同じようなチームばかりでもおもしろくないので、いろんなチームがあったほうが楽しいのではないかと私自身は思います。

楽しかった野球のシーズンが終わり、寒い冬を越すばかりとなりましたが、またちょくちょくお邪魔しますね。よろしくお願いしますー。
2005/10/28(金) 02:12 | URL | ちゃこ #m8FBbZDY[編集]
おめでとうございます!
ホワイトソックスの皆様、応援しているファンの皆様、そしてともともさん、おめでとうございます♪

強かったですね、WSは相手もいい投投手ぞろいなので、接戦になると思っていましたが、ここぞというときにきっちり点を取ったのはCWSでしたねえ。

ガルシア投手、ぜーんぶ優勝決めた試合の勝ち投手なんて、そんなこと望んでもかなえられませんよね。実力+強運ですね。ほんとにおめでとう!
ガルシア投手の活躍はうれしいです。

毎日はじけてるともともさん、うらやましいですよ~。
来期こそ、とここ数年言い続けてるのに。。。
よそに行く選手にやる気を起こさせるより、自分のチームにやる気を起こさせてほしいものです。GMさんたのみますよお



2005/10/28(金) 02:42 | URL | あずさ #9kCLbamA[編集]
ありがとうございますー。
皆様ありがとうございますー。

>えすけいさん
ありがとうございます。ホントに実現しちゃいましたね。正直ビックリというところが本音です。流れを掴めたのは大きかったかなぁ~と。

ストーブリーグ突入ですねー。
きゃ~!いきなりの宣戦布告!でもそうでなくっちゃです。ホントその通り。ワールドシリーズが終わったと言うことは今日からFA選手がファイリングされるのですものね。

ツインズのほうが本来自力はあって、ディビジョンでは一番勝ち慣れているチームですからホワイトソックスとしては胸を借りる思いというのはかわらないと思いますよ~。タイトな試合でも全然あせらないチームですから、コワイです。それにパワーが加わったら…きゃ~~~ですね←壊れてる。

来季もガンガンに対戦がある中地区同士。
ツインズもインディアンズもピッチャーがいいですからまたまたタイトなゲームになりそうですが、楽しみにしたいです。これからもよろしくお願いしますー。


>Para-sukeさん
ふふふふ~~~。いいなぁいいなぁー。テレビを付けたらソックスを感じれるなんて最高な環境ですよねー。やっぱり地元に限る!って思っちゃいますよ。そんなネタを教えて頂けるのは本当に幸せでーす。妄想…いえ想像して楽しんでますよ♪

本当にフレディは運が良かったです。そして自分で打てるのは昨日の試合だけということを考えるとチームが勝ってくれたのはホント感謝感謝でしょうし。来季もチームに貢献してもらいたいですね。

トーマス選手も最初はきっと辛かったのではないかと思います。チーム状態が自分抜きでもいいわけですから。フクザツだったことでしょう。でも彼の喜んでいる顔を見ているとすごくうれしかったです。気持ちが整理できて喜んでいる姿…うるうるでした。

ギーエン監督がこのあたり彼の扱いがうまかったのかなーという感じもしますね。チームに帯同させてあげたり、プレーオフ最初のセレモニーピッチをさせてあげたりとにかくその場にいさせてあげていましたよね。選手時代二人は犬猿の仲だったと言われていたようですが、今回のことがあってトーマス選手はすっかりオジーシンパになっているようなコメントも多々見受けられて(笑)チームケミストリーは一層よさそうです(爆)。

ホントホント、「さっきと言ってたことが違う」ってよくありますよねー。それに苦情言っても、苦情言ってる方だけが熱くなってるみたいで(笑)。私はアメリカに1ヶ月ほど滞在したことはあっても住んだことはないのですが、それでも体験があるということは住んでいたらなおのことたくさん見る機会があるような気がします。いい意味でも悪い意味でもアバウト!というか(笑)。井口選手も苦しんだと思いますが、ホントこれがまた糧になっているような気もしますし、来季もぜひ頑張ってほしいですねー。まさにアジャスト!ですね。

私もGo Goには楽しませてもらいました。ああいう野球を日本人じゃなくてラテン人の監督がやろうとしているというのがまたおもしろくて。それが成功したり失敗したりするとまたベンチで熱くなる監督がおもしろくて(笑)。そうなんですよ。下手するとノーヒットでも1点入ることもありますものね。例えば、ファーボールで出塁、盗塁で2塁へ、さらにファーストゴロで3塁へ。最終的には犠牲フライで1点みたいな感じで。これ、結構相手チームにしてやったりだったりするんですよ~私的には(笑)。そしてホント今となっては…ですが、インディアンズの追い上げはチキンな私にはひやひやものでもうどうにでもしてぇ~状態でした。

ス、スコッティのチュ~…彼女がゴージャスだけに熱烈そう(笑)。

あ、長いのはいつも歓迎していますので気にせずにどうぞ!


>ちゃこさん
ありがとうございますー。いえ、ホントこれでアリーグにも、プレーオフで戦ったレッドソックス、エンジェルスにも、最後の最後まで戦っていたインディアンズにも面目が立ちます。よかったですー。

東海岸時間では昨日の試合でももちろん、おとといなんて最悪な長さでしたから(汗)寝ていらっしゃって当然だとおもいますよー。投手戦って動きないですしね。フレディもバッキー投手がすばらしかったから奮闘できたと思います。

来季の宣言ここでも!ですね♪
もう今日からはどのチームも同じ状況ですから、来季に向けての補強ですよね。レッドソックスは打席ですごみを感じるバッターが多いだけに(ホワイトソックスでは感じれないんですよ、これは)またゾクゾク感が楽しませて貰えそうです。

野茂投手については、ゲスト解説でもお目にかかれて嬉しかったです(笑)←ミーハー。選手だから余計に難しく感じられたんじゃないでしょうか。やっている間は関係ないチームのことってそこまで見る時間ないでしょうし(解説の方と違って)。それでもストレートにいろんなことを応えてくださっていました。

ガーナー監督については、奥さんとバイクで仲良く球場にもやってきたりして、普段はとてもフレンドリーな人ですが、意外と熱くなる人だとか。記事にもあるオースマス捕手についてはキャッチングもうまいし、組み立ても上手っていうことを言われていました。また、このプレーオフについても、見てないことは余り見てないとか、正直にお答えになっていて野茂投手らしいなーと思っちゃいましたよ。そして試合終了後に少しスタジオでお話をされているところが映っていましたが、『新天地を見つけてワールドシリーズに出てリングを…』みたいなことを言われていました。井口選手が初年度からこのチャンスに恵まれて実際にリングをとられたことをたたえていらっしゃいましたが、これで一層自分も今度こそ!という想いがますます強くなられたのではないでしょうか。来季もぜひ期待したいですね。

ホワイトソックスもいろいろありました。ホント私もじっくり見れてないチームがほとんど…ということもあって、きっとそれぞれのチームもそれぞれのことがあって終盤を向かえているとは思います。おっしゃるとおりだと思うんですよー。30チームあったら30通りのことがあっていいと思うんですよ。ホワイトソックスがただ勝つためにはああいう形になったというか(笑)。シーズン中何度となくスラッガーがいるチーム(レッドソックスにしてもしかりですー)を見てはいいなぁ~ってめっちゃ思ってましたもん(選手も影響されているかな?って時期ありましたし)。でもだからこそいろんなチームも面白さをこれからも見れたらいいなって思っています。

ストーブリーグですよねぇ。早い。でもこれからもいろんなお話が出来たらと思っています。選手の動向もきになりますものねー。これからもよろしくお願い致します。


>あずささん
ありがとうございまーす。最後の試合は胃に穴があくかと思いましたが、まさかプレーオフでホワイトソックスがらみの打撃戦?という展開が意外と多いとは思わなかったです(笑)。それでもピッチャーが押さえてくれたのが何よりでした。先発がやっぱり7回持ってくれるだろうという安心感は一番嬉しいです。ゲームになるなぁというのがあって。

フレディがリングを取ったこと本当に嬉しく思っています。運がいいというかチームの選手達のおかげですよー。まったく感謝感謝です。

マリナーズ…ホントにそう思いました。
フレディもずーっとチームメートやファン、街すべてシアトルが好きだと言ってたのに上層部には思うところがあるというのは知っていたのですが、何を言われたんだろうと思ってたら…あれでした(泣)。なるほどって感じです(あれじゃーウチが良くなるためにはおまえは不必要って言われているのと同じだもんなぁ…)。内心はそうでも表向きくらいはウチの事情では残念だがトレードすることになったから新天地で頑張って…くらい言ってやればと思うのですが(フレディに限らず)、今シーズンもウィン選手がホットプレーヤーになっていたり、オリーボ捕手まで移籍後3割バッターになっていることを考えるとちょっとGM発言結構アリ?って思っちゃうんですよね。そうなると先日のマドリッチ投手も…多分新天地で発奮でしょうか。どちらにしてもそういう口の使い方ではなく、自分のところの選手を発奮させる力を使ってほしいですよね。もともとファンが暖かいチームだけに上層部が甘えちゃってるのかなー(泣)。来季奮闘してくれないと…と思いますよー。今年は予想外でしたから。
2005/10/28(金) 10:39 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
おめでとうございます!
遅ればせながら...ともともさん、CWSファンのみなさん、おめでとうございます~♪
ともともさんもパレードに飛んでいきたいことかと....お察しします。

フレディ投手、すべて〆の試合とはすばらしいです。ファンとして最高のシーズンの終わり方ですね。フレディ投手がどんな状態の時にでも応援してきたことを振り返られて、思いも特別だったことと思います。昨夜はちゃんと眠れましたか?

私もなんだかんだ言っておきながら、やはりHOUが負けていくにつれ、徐々に凹んでいきました。阪神ファンのお気持ちよくわかります 笑。きのうはPCも立ち上げず、お祝いの言葉も遅くなってしまいました(凹んだ人間のメッセージですみません 汗)。第2戦のサヨナラHを友人のメールで知ったあたりから胃が悪くなり、オズワルトまさかの負け。昨日はバッキーが好投し続けていくにつれ、画面を直視できなくなってました。(打てないと顔に書いてある)エンズバーグ選手のバッターボックスとリッジが登板してからは、目つぶってました 笑。クレメンス投手、まさかあの第1戦が最後の登板ではないことを願います。

野茂さんの解説、前回の大家投手の時もそうでしたが、さすが実戦でやっていることもあって、とても興味深かったのですね。わたしも野茂さんのオースマス選手の話で、注目してしまいました。
もう少しゆっくり観戦できる時に解説お聞きしたかったです。アナウンサーさんも舞い上がっていますからね、振るタイミングが良くなかったりして 笑。後日録画をじっくり楽しみます。
前に行われたラテンのベスト9の表彰、ペドロのスーツから靴までイエロー...どこでこんなもの売ってるのか、特注かしら?と笑わせてもらいました。

今日からは何時からドコとドコの試合だから、それまでに家事をすましてしまおう!とか張りがなくって寂しいです。
ともともさんとCWSファンのかたには、まだまだ記念グッズやパレードの楽しみがありますね。またそんなお話たくさんお聞かせください。
2005/10/28(金) 11:27 | URL | Yuko #58jhBeeM[編集]
やりましたねぇ
こんにちは、ともともさん。
やってくれましたねぇ。
めちゃめちゃうれしいです。
只今、出張中につき。
家に帰りましたら、熱い思いをつらつら書きますので、たまに遊びに来て下さいね。
2005/10/28(金) 12:16 | URL | Tim #8s1pb4sQ[編集]
苦しかっただけに喜びは倍。
最初の1年で井口も戸惑いと苦しみの中渡米していったと思います。また他の選手も一生で1度もワールドシリーズという夢の大舞台に立てず引退していく人もいる中でCWS面々の喜びはひとしおだったと思います。いい経験をして今までアリーグ中地区は盛り上がりに欠けた地区でもありましたが、いい証明をしてくれました。来季も是非いいプレーに期待します。
2005/10/28(金) 12:31 | URL | オガチャン #XWrFSLjU[編集]
ありがとうございます。
>Yukoさん
こんばんはー。ありがとうございます。昨日はようやくぐっすり眠ることが出来ました。ただ朝起きてものすごく野球が終わってしまったことに寂しさを覚えました。仕方ないことだけどここまで騒げたことをハッピーと思うことにします。パレード飛んでいきたいですね~。どこでもドアあったらいいのにな。

それはそうだと思います。やっぱり応援しているチームが負けるのはどうやっても気分がいいものではないですし。ウチも阪神が負けて行くにしたがって口では平静でもちょっと違ってましたし(笑)。むしろこんなにバリバリホワイトソックス寄りの話をして喜んでいる中にお祝いメッセージを頂けること自体恐縮勝つ有り難いと思います。本当にありがとうございますー。
このプレーオフではリッジ投手にすべて重なってしまったような形ですが、彼が悪いのではなく、それまでの流れというのも大きかったかなと思います。彼には是非奮起して来シーズンまた魅せてもらいたいですね。

野茂投手の解説おもしろかったです。大家投手のときもそうでした!どちらの投手にしてもやはり選手として出ていたい気持ちのほうが強いのはもちろんのことですから、この解説を経て、来季へのモチベーションになるといいな~と思っています。やっぱりオースマス選手注目しちゃいますよねー。私もなるほどーと思って、しっかりチェック。投手がいいけど捕手もいいのなら来季も鬼に金棒のチームではありますね。楽しみです。そしてクレメンス投手の怪我は心配です。ぜひオフにメンテナンスをしてまた登場してほしいです。まだまだ闘志を見たいですものね。

ホントペドロのイエローカラー…あれって特注ですよね?多分。…というかレギュラーに売っても…うーん…という気が(笑)。それがまた変に見えないところもすごいんですけど(日本人だと…無理だーって思っちゃいますモノね)。

もちろんホワイトソックスはまだパレードなどもありますが、今度は横一線のストーブリーグです。これまた楽しみですし、ドキドキです。O'sのピッチャー再建は注目ですね!


>Timさん
きゃ~~~出張先からありがとうございます。本当にうれしかったですよ。感動で泣いちゃいました!熱い思い楽しみにしていますね。後ほど伺いまーす。


>オガチャンさん
こちらでは初めましてー。コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、ワールドシリーズの舞台に立てるだけでもすごいことですものね。それを1年目から味わえてリングまで…すごいです。この経験は何にも代え難いものでしょうね。そしてまた来季の活躍を期待したいです。

アリーグ中地区がまた一層盛り上がることも期待したいです。
2005/10/28(金) 21:33 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
おめでとう御座います
ホワイトソックス優勝おめでとう御座います。井口選手も喜んでシャンパンをかけられていました。ともともさんのエントリも、さすがに読み応えがあります。

春先、ともともさんがメジャーを追いかけて渡米し、それを追いかけていた頃を思い出しました。それから季節もすっかり巡ってもうすぐ冬です。ストーブリーグ中はストーブの側を離れて、農作業を頑張ろうと思います。
2005/10/28(金) 22:27 | URL | liquid7 #-[編集]
ありがとうございますー。
liquid7さん

ありがとうございますー。井口選手本当にうれしそうでしたね。今日のインタビューではパレードの規模にビックリされているようでしたが、貴重な体験ができて本当によかったなぁーと思います。

あ、私の春のミーハーを覚えてくださってありがとうございますー。いやはやお恥ずかしい限りです。来春また行ければと思っています(がんばるぞー)。

そうですねー。もうすぐ冬。 liquid7さんは今冬野菜たくさん育てていらっしゃいますか?

このところ私はあまり手をかけられてないのですが、葉物がゾクゾク収穫できていて嬉しく思っています。後はにんじんがうまく育ってくれれば…なんですけどねー。

これからもよろしくお願い致します。
2005/10/29(土) 23:28 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
やはり冬物は葉モノ
こんばんは。

冬野菜は葉モノ中心です。ニンジンと大根は結構手強いですね。白菜がだいぶ育ってきて、畑がにぎやかになってきました。よろしければ拙blogへお越し下さいませ。週末のみ農業日記をエントリしています。
2005/10/31(月) 22:58 | URL | liquid7 #-[編集]
わーすごい!
liquid7さん

ありがとうございますー。やっぱり葉物中心ですか。畑を作られているなんてすごいなぁーと改めて思っちゃいます(ベランダガーデニングだけでもめいっぱいになっている奴なんですよー私)。

はい!また遊びに行きますねー。いろいろ教えてください。
2005/11/02(水) 00:00 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Don't Stop Believin'♪ Don't Stop Believin'♪・・・TVからは Journey の この曲がずっと流れ続けています。      我らがシカゴホワイトソックスが     見事ワールドチャンピオンに輝きましたーっ☆☆☆☆夢じゃないよね? ホントなんだよね? 彼らはやって
2005/10/28(金) 01:10 | ぱら式。 ~Chicago風味~
米大リーグのワールドシリーズは26日、当地のミニッツメイド・パークで第4戦を行い、井口資仁内野手の所属するホワイトソックス(ア・リーグ)がアストロズ(ナ・リーグ)を1-0で破り、4連勝で1917年以来、88年ぶり3度目の優勝を飾った。無敗での制覇は、昨..
2005/10/28(金) 10:12 | ☆KINGへの険しい道程☆
コラム(10月26日の試合)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!{/kirakira/}{/star/}{/shootingstar/}ついに、ついにこの日が来ました。{/roket/}{/roket/}{/roket/}{/roket/}ホワイトソックス、88年振りの『ワールドチャンピオン』。{/abanzai/}何て言っていいか言葉もでませ
2005/10/28(金) 12:13 | Tim's MLB Cafe
【日刊スポーツ】:2005/10/27 ホ軍88年ぶり世界一!井口無安打8回交代<ワールドシリーズ:ホワイトソックス1-0アストロズ>◇第4戦◇26日◇ミニッツメイドパーク◇ホワイトソックス4勝ホワイトソックスが4連勝で、1917年以来88年ぶり3度目のワールドシリーズ制覇を
2005/10/28(金) 13:10 | Kekachi日記♪ - 今月はアメリカ旅行(^_^)v 編 -
試合終了!★★★祝 ホワイトソックス ワールドチャンピオン★★★88年ぶりの快挙!バーリーおめでとう!!井口よかったねーチームのみなさん & ファンのみなさんおめでとうぉぉぉそしてギーエン、エライ★また来年もいい試合見せてねいまっ井口選手含めみなさん喜んで
2005/10/28(金) 14:13 | 青いblog
井口選手、メジャー移籍元年でのワールドシリーズ制覇
2005/10/28(金) 14:53 | 流れにまかせるコト
by mlbcrazyおめでとう! シカゴ・ホワイトソックス!1917年以来、ワールドシリーズ制覇から遠ざかっていたシカゴ・ホワイトソックスが、アストロズを4連勝で破り、見事、3度目のワールドシリーズ優勝を決めました。2005年10月26日 MLB ワールドシリーズ第4戦シカゴ・ホ..
2005/10/29(土) 13:09 | MLB on MLB ~ for the MLB Crazy only by mlbcrazy
ワールドシリーズ第4戦をカイシャのテレビでチラ見。やはりmomentumは来なかったようで、"ギーエン軍団"のsweepで幕切れ。細かくは今宵のスカパーでじっくり、のつもりだが、ガルシアが悪そうだったのでひょっとして"一刺し"くらいはあるかと思ったが
2005/10/30(日) 04:36 | I LIVE FOR THIS by "j"eter
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。