スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:完敗で負け越しの首位決戦
2005年09月22日 (木) 23:58 | 編集
はぁ~~~。昨日あれほどここから勢いが!なんて書いたんですけどねー。なんだか2回の中途半端な攻撃で先制のチャンスを逃してからあっという間にインディアンズに先制され、あれよあれよでどんどん点差が広がり、最終的には0-8!なんじゃこれ?って感じのゲームになってしまった今日の対戦。結局スイープされなくて良かったという結果で負け越してしまいました>ホワイトソックス(泣)。かなりヤバイですねー。

井口、自己最長の9戦連続安打 Wソックスは完敗

ちなみに、BSではヤンキースの放送をした後に、この3連戦は録画のホワイトソックス戦が入るようになっていたので、ヤンキース戦も併せて見る癖がついていたのですが、その際絶対にやるレッドソックスインフォでリードしていたので、このまま0.5ゲーム差かな?と思っていたらビックリするような負け方をしたようで…。ここに来て、首位のソックス2チームがそろいにそろってヤバイ状態とは…(汗)なんだかなぁーと思いながら見ていました。もちろん日本的にはヤンキースが勝った方がプレーオフが盛り上がるのは間違いないのですが、なんだかソックスというネーミングがあるもの同士がこんなに調子が悪いとどことなくひいき目で見てしまうのは変な協調性なんでしょうか(爆)。チームとしてはホワイトソックス(ピッチャーが押さえないと話にならないチーム)とレッドソックス(打ち勝つヒッターズがそろっているチーム)ってホント真逆なんですけどねー。

早速余談でずれてしまいましたが(すみません~)、今日のゲーム、インディアンズの良いところがぎゅぎゅっと凝縮されていたなぁーと思いながら見てしまいました。あ…とはいっても、ひいきを替えるわけではないのですが←言い訳(爆)。
いや~理想的でした!決定的なスリーランホームランを放ったハフナー選手(その後もまたホームランを放っていましたが)はもちろん、送るべき時はキッチリ送るし、何よりもランナーを進めてくるいやらしい粘りがあるんですよね←必須ですよねー。特に今日のゲーム0-2の状態で8回にガーランド投手がスリーランを打たれて0-5と決定的な展開になってしまったのですが、その裏のピンチを切り抜けるとさらに3得点で0-8。攻撃はゆるめず、無駄な失点をしない…何と言っても理想的です。敵ながらあっぱれというか、今の状態を見ていると格段にホワイトソックスの上を行っているかもしれないなーと正直思ったのでした。ふーむ。だてに運と勢いだけではここまで来れないですよね。やっぱりなぁー…と思わされました。良いチームだと思います。

ホワイトソックスにはこの試合身にしみて勉強になったのではないかなーと思います(というか感じてほしかったりしていますが(勝手な意見))。なんといっても一方的な試合の時に無駄な失点(2-3点)を与えてしまうというのはありがちですし(汗)。このスキのなさは正直プレーオフにはかなり活かせる点だと思うんですよ。1試合を逃せない、1点を大事にしないといけないリーグ戦ではない戦い方をしていくことが必要ですしね(仮にプレーオフにこのまま出れたとしても)←かなり弱気。

今日のホワイトソックスの辛かったところは、先制のチャンスがキッチリ来たのに逃してしまったことだと思います。あそこで昨日から来ていた流れがまた変わってしまったような気がするんですよ。2回の攻撃でノーアウト1.2塁の状態からランナーを釘付けで全く動かせなかった…ランナーも動かせないというのはかなり痛すぎですよね。…というかこのあたりが正直かなり大味に感じるというか、実際にスモールベースボールを目指しているはずなんだけどな…というか。まぁあの打席ダイ選手からだったのでバントは厳しかったんですが(汗)、サイズモア選手の守備が良くかったとはいえ、判断に迷いが生じて、ランナーが飛び出していたために3塁に進めなかったというのは痛すぎ。結局次にライトフライがあったのでもし3塁に進めていたらあっさり1点先制だったんですけどね。たらればはもちろんナシなんですが、この攻撃が結局ピンチへとつながり、その裏定石通りあっさりホームランでインディアンズに先制を許す形になってしまったのはあちゃ~って感じでした。まさに教科書通りですよね(笑)。

ここでガーランド投手が踏ん張ってくれている間に、得点できたら良かったのですが、なんとまったく得点が出来ない状態が続き、0-2のまま8回へ。8回にガーランド投手がランナーを溜めてスリーランを打たれ0-5となってしまい、一方的な流れに変わってしまうのですが、これはガーランド投手も押さえよう!と頑張った結果だとは思います。ただ面白いなぁーと思うのは、ギーエン監督ってブルペンピッチャーは比較的ころころ代えるんですが、先発の勝ち星にはすごく理解があるというかこだわりがあるというか、先発を結構引っ張るときがありますよね。先発ピッチャーとしては嬉しい限りなんでしょうが、今日はこれがうまく行かなかった形になってしまいました。痛かったですが、本人的には勝負をした結果だったので納得というところでしょうか。ガーランド投手も本当によく頑張ったんですけどねー。

それにしても、ハフナー選手はカットが上手かったです。そして自分が打てるベストピッチを待ちキッチリここぞの場面でのホームラン!さすが得点圏打率が3割を越えている選手だけありますね。ホワイトソックスを応援する身からするとあちゃ~って感じでしたが、ホントすごいなーと。

…でもいくら一方的…とはいえ、ブルペンも引き続き打たれる必要はなかったんですけどねー。やっぱり疲れもあるのかなーという気がします。ちょっと休ませる時間があったらいいなぁと個人的には思っていますが…この残りの連戦…乗り切れるのか??やっぱり勝負どころかもしれないですね。

この後、インディアンズはロイヤルズと対戦、そしてホワイトソックスはツインズと対戦です。しかも明日は相手のピッチャーはホワイトソックスが一番苦手意識バリバリ(前回12Kですから)のサンタナ投手が出てきます。ホワイトソックスは本来ヘルナンデス投手が先発ですが、1回飛ばしてここにマッカーシー投手を入れるようです。

…まぁ打てないとどうしようもないのですが大丈夫かなぁ?…正直かなり不安。どちらかというとサンタナ投手の豪快ピッチングを見てメジャーレベルのすごさを満喫する結果になってしまいそうですよね…←弱気。でも正直、ここまで良いピッチャーと対戦する方が、本当に1点を大事にするライブな間隔のゲームが出来るんですけどね。早打ちではなく、打てなくともとにかく球数を増やす努力をしてピッチャーを早めの回で交代できるように(いつも8回は確実に投げられていますので(汗))してほしいなぁーとは思っています。

後がないホワイトソックス。さぁ明日の試合どう出るか…。
かなりドキドキです。
コメント
この記事へのコメント
ともともさん・・・
BSで録画中継があった事だけでも感謝するべきでしょうか・・・。
ううぅぅぅ~。ガクリ。
2005/09/23(金) 12:02 | URL | Para-suke #-[編集]
「かるくヤバイ」ならぬカナリヤバイ…
どうもです。
てゆーかピンチですね(汗)。
ここへきてホ軍の打線に磨きがかかっています。
貧打の(汗)。
個人を槍玉にあげるつもりはありませんけど
カール・エベレット選手やA・J・ピルジンスキー選手が
不調にもかかわらずクリーンアップに定着してしまうあたりが如何にも苦しい。
このままだと勢いはもちろん、投打のバランスからしてインディアンス優(略)

話は変わって(汗)
打率.300、35本塁打クリアで「見事復活した」はずのケン・グリフィーJr.選手
手術ですか。
何やら7月くらいから「ヒザが腫れて」きたとのことで
こちらはホ軍は取らなくて正解だったようで。

マー軍ネタです。
37歳にしてキャリア最高の成績を収めつつあるトッド・ジョーンズ投手。
かつてセーブ王のタイトルを獲得した時とは異なり
まんべんなく抑えています(笑)。
ただ、それ以外のブルペンでは…
中でも「左打者キラー」として途中シアトルから獲得した
ロン・ビローン(←読み怪しい)投手の打たれっぷりが凄いんですけど(汗)。
2005/09/24(土) 05:36 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
めっちゃヤバイですよねぇ。
>Para-sukeさん
こんばんは~。シカゴから帰ってきているときに…このゲーム差は不安になりますよねぇ。でもなぜかBSで放送があるときって勝ちが少ないんですよ。不思議と…(汗)。いえ、もちろんBSのせいにしているわけではないんですが。

今日は勝ったようでなによりですー。コントレラス投手様々の後半戦ですよねぇ。

>ぱっくん!さん
いつもぴりっときいたコメントありがとうございます。週末楽しみで~す♪

そうそう、ホントこのタイトルを見た途端、思わずあのCMソングが流れて来ちゃいましたよ(笑)。軽くなんてもんじゃないですよねー。私もバランスや勢いを考えてもインディアンズ有利って感じがしちゃいますー。うーん、なんとかしてくれーって思っていたら今日はコントレラス投手が踏ん張ってくれて…それでもインディアンズは負けませんね。強さを感じちゃいますよ。明日のフレディも踏ん張りが必要ですが…不安(こら!)

ホントですか?やっぱり故障がついて回る選手なのかしら?今年は良い感じで来ていたので久々にそのままシーズンを終えてほしかったんですが…あらら。ホワイトソックス的にはとらなくてよかったですね。

マー軍ネタ♪うーん、ジョーンズ投手ベテランの貫禄ってところでしょうか。まんべんなくって意外と難しそうですよね。

あ、ビローン投手やっぱり…そんな感じなんですか(汗)。マリナーズ時代から荒っぽい感じではありましたが…打たれるときは激しいですよねぇ。しかもランナーを残してビローン投手に交代するときれいにさらってくれていたのですが、今もそうなのかなぁーと思わず…思っちゃいました(苦笑)←自分のランナー以上にきれいにさらえてくれるので、防御率は(略)…です。
2005/09/24(土) 22:19 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。