スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
余り動きがなかったデッドライン
2005年08月01日 (月) 22:38 | 編集
MLBのトレードデッドライン7/31が終わりました。今回噂では大物の話があちこちでちらほら聞こえていたのですが、結局大きなものってほとんどなかったような感じですね。マーリンズのバーネット投手も、レンジャースのソリアーノ選手も、そしてイキナリトレード志願をしたレッドソックスのラミレス選手も動かず←ラミレス選手は事情が事情だっただけにうまく納得すればいいのだけど…と思っていました。なので動かずよかったです(残留決まったらイキナリ活躍してましたけど(笑))。

いろいろそれなりにはあったのですが、…うーん、一番大きかったのが、パドレスのネビン選手とレンジャースのパク・チャンホー投手のトレードになるのかなー。
それにしても細かいトレードにしてももっともっと動きがあるかなぁと思っていたのですが、今年はまだプレーオフを狙えるチームが結構あるためかなかなか動き自体も少なかったように思います。しかしそんな中積極的に動きまくっていたのがヤンキース。リリース選手を中心にトレードも絡めてピッチャーをかなり積極的に補強していましたね。

積極補強のヤンキース、もはや手詰まりか?

リリース選手を獲得するのはともかく、トレードでは当然見返り選手も必要ですから、かなりプロスペクトを使用しての絶対的プレーオフ出るぞ作戦なんでしょうか。

個人的にはとりあえず取るだけ取っておいて、ダメならポイ的な感じにするのかなぁー…と思いながら見ていたのですが(なんだかバーゲンのときにとりあえず手持ちかごに入れておいて後から返す…みたいな感じ(汗))、吉とでるか凶とでるかそれは今後のお楽しみになりそうです。

野茂投手がヤンキースとマイナー契約をしたときは、早くメジャーで見たいなぁ…とワクワクモード炸裂!だったのですが、なんだかその後もゆるめずぼんぼんと投手を補強している姿を見て、野茂投手がメジャーで試して貰えるのかどうか(チャンス自体が来るのか…)の方がかなり不安になってきました(汗)。

野茂、3Aで2度登板へ 調整のため

メジャーからのお達しで2度の先発登板になるようですが、ここでピシっとした野茂投手らしいピッチングの結果を残してほしいです。これだけの補強メンバーの中でそれこそ競争というのは明らかなのでしょうし。調整のためといいつつ、内容はシビアに見られていそうですし。ぜひぜひナイスピッチングを願ってます。

後半戦デッドラインも終わっていよいよ8月9月を残すのみになってきました。最後の戦いどういう展開になるのか楽しみですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。