スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:逃げ切りで60勝一番乗り!
2005年07月17日 (日) 22:54 | 編集
ホワイトソックスはインディアンズとの3戦目。5点差で楽勝ムードだったのですが、最後に高津投手がヒヤリのピッチングでちょっとハラハラしちゃいました。でもなんとか逃げ切れて7-5で勝ち、よかったです。これで60勝一番乗り!そしてバーリー投手、ずっと勝てない試合が続いていたのですが、7回3安打2失点で切り抜けて、見事11勝目をあげました♪

今季初マウンドの多田野が好リリーフ 高津は3失点

↑ニュースタイトルになっているとおり、実はこのゲーム、マイナーから昇格している多田野投手が6回からマウンドに立ち、4イニングを4安打、無四球、1奪三振、1失点と好投しました。今シーズン2度目のメジャー昇格なのですが、前回はアピールする間もなく一度もマウンドに立たないまま、マイナー行きになっているだけに今回のこのピッチングはかなりのアピール内容だったと思います。8回を終えて30分の雨天中断を越えて、9回も引き続いてのピッチングだったので、多田野投手はものすごくやりにくかったとは思うのですが、9回ツーアウト2.3塁とされるも無失点で切り抜けられたあたり自信にもつながったのではないでしょうか。ホワイトソックス戦では思わずホワイトソックスを応援していますが(笑)、多田野投手にも、今後もぜひチームの戦力となるべく頑張ってほしいですね。
一方、高津投手は9回に登板。ツーアウトまではとれたのですが、ここから2者連続ファーボール。さらにブーン選手にヒットを打たれて1点を失ったところで降板。続くビスカイーノ投手がまたぱりっとせず、ファーボール(汗)。これで満塁になったところでマルテ投手が登場するも、サイズモア選手にタイムリーヒットを打たれて高津投手が残したランナーをきれいにさらってくれ(泣)、高津投手は3失点に。その後ショートゴロでなんとかしとめて終わりました。この試合、楽勝ムードだっただけに9回に3人もピッチャーを使う羽目になったのはちょっともったいなかったなぁ…というところ。明日もすかっと勝ちたかっただけにこれは勝ったにしてもちょっと変な終わり方でした←後をひかないといいのですが…。

それにしても先発バーリー投手だけあって雨天中断があっても2時間46分(30分中断)の試合時間(笑)。やっぱり終わる時間は早いですねー。いやぁバーリーマジックはやっぱり健在。ちょっとこういうデーターを見ると安心します←変な安心ですが、いつも通りというのが一番かなーと(笑)。

ちなみに打撃の方では井口選手とトーマス選手はお休み。なんだか核となる二人が一気に休みってちょっとドキっとするのですが、そんなことお構いなしで、先取点、中押し、だめ押しとキッチリの展開(すばらしー)。特に2回のダイ選手のデッドボールから盗塁、そしてクリーディ選手のタイムリーツーベースで1点を取るあの点の取り方はこすっからくて結構ホワイトソックスらしいなーと思っちゃいました(笑)。これからもとれるところからはガツンととにかくどん欲に攻めてほしいです。

明日負けても勝ち越しは決定していますが、スイープするつもりで攻めてほしいです。ガーランド投手も後半戦初戦で勝ちをがっちりゲット出来ますように。


<おまけ>
高津投手のトレード話がチラホラ出てきていますが、監督は否定しながらも、西海岸のチームから…という話をぽろり(こわー)。西海岸でブルペンピッチャーがほしい…というと、以前ほしがっていた話があったということではパドレスかな~と思ったり。ホントはエンジェルスも補強したいところでしょうが(ヤン投手とか危ういし…)、ただ、ホワイトソックスからエンジェルスへのトレードはどう考えても怖すぎ。プレーオフに当たることを考えると嫌なトレードになりそうだし、もしそうだとしたら断ってほしいかもー(汗)。

…というよりもこの話どこまでホントかわかりませんが、フレディも2003年絶対トレード!とメディアも騒いでいたのに結果決まらず…ということを考えると、まだまだわかりませんが…うーん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。