スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MLB ALL STAR GAME HRダービーの追記
2005年07月10日 (日) 12:54 | 編集
昨日のMLBホームランダービーの話の追記的内容です。

イチロー、球宴本塁打競争に出ません

この話で書きたいのはタイトルにあるイチロー選手の話ではなく(タイトル的に書くのをためらったのですが(笑))、下の方にある新たにホームランダービーだけに出ることになったチョイ選手についてです。イチロー選手について思うことは、昨日自分としての気持ちを書いたので、それ以上はご本人の意志ですし、仕方ないかなぁと。ただ私の思いはイチロー選手の発言を聞いても変わってはないのですけどね(笑)。

さて、記事を抜粋すると

崔は6月に4試合で7本塁打の固め打ちでブレーク。大リーグ選手会から本塁打競争出場の要請があったが、球宴出場メンバーから漏れたため、立ち消えになっていた。しかし、イチロー、ヤンキース・松井ら日本人選手の不出場で、再びチャンスが巡ってきた。選手会の要請直後、「(球宴の本塁打競争は)メジャーのスラッガーにとっては最高の夢舞台。アジア人で最初に出場するのはとても名誉なこと。ベストを尽くすことだけを考えている」と話していた。

このコメント、上手だなぁと思いました。そして日本人としても一番足りない部分かなと。これは野球に限ったことではなく…です。
自分が出るに値するかどうか…というのは自分で決めることではなく、要請があったのだから名誉として受けますというスタンス。アジア人初というコメントを入れているのがまたニクイですね(笑)。もう日本人が今後出ても日本人初ではあるのですが、アジア人初ではないですし。韓国ではどのように取り上げられているのか…気になりますね。

日本人的には美徳というのがあって、スラッガーじゃないのにホームランダービーに出るなんてとんでもない…とか、選ばれてないのにホームランダービーに出るなんてとんでもないとか…、このいわんとすることも、私も日本人だからすんなり受け入れられますし、納得しちゃう部分もありますよね。まして同じ状況が日本人選手で起こりえたとき、本当の試合に出ないのにそれだけ出るなんて…と逆に日本だとよしとされないかもしれないですし。

ただ、これからもそれでいいのかどうか…というのを考えるとまたちょっと違ってくるような。相手から要請があったのだから気楽に乗って自分というものをアピールしようじゃないかという日本的にはちょっと図々しいとも思われるような考え方…これが日本人には足りないのかも知れないなと思いました。どっちかというと、その考え方そのものが良いとか悪いとか言う前にないような気がします。

野球を越えた考え方の差とでも言う感じでしょうか。日本にハングリーがないといわれていることとだぶらせるには今回の問題というものがあまりにも最初から無理がある企画だったので仕方ないことなのですが(苦笑)コメントを読みながらちょっと考えてしまいました。ホントに勝手な独り言ですみません~(苦笑)。


<おまけ>
この記事にはイチロー選手はめちゃめちゃ今回のことで聞かれるのがストレスだったということを書いていましたが、別記事には…自らの動向が想像以上に話題を集めたことに「驚きです」と話すほど、真剣に困惑していた…ということも書いてありました。企画が出たからにはのってほしかったのは確かですが、この企画ににストレスを与えられたところは気の毒といえば気の毒な気がします。

この企画(ホームランダービーとW杯を結びつける)というもの自体がかなり無理ある企画なのでどうしようもないことなのですが、まじめな選手を納得させるだけのものがなかったというのも確かなのでしょうね。今回やってみてどんな感じになるのか…なのでしょうが、私は来年から通常通りに戻した方がいいような気がしています。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/07/10(日) 23:42 | | #[編集]
そうですねー。
マーボーさん

こんばんはー。確かにこの競技とW杯を絡めること自体は難しすぎだと思うので、ホント出来ればこのシーズンだけでこのやり方を終えてほしいなぁ…と個人的には思っています。

オールスターに選出されたもともとのスラッガー同士の対決の方がおもしろいですよ。みんなホームランかっ飛ばすのが見たいわけですし。スラッガー同士のほうがハラハラドキドキ感もありますものね。

ロドリゲス選手はおっしゃるとおり、プエルトリコ代表で出ていますが、本当にもともとのタイプを考えると気の毒…だったりしますものね。

ホームラン…確かに野球の華ですが、おっしゃるとおり多様化してもおもしろいですよね。これからまたそういうところをつめてみてほしいなぁー。でもこのやり方を続けるのはどうやっても難しいかも。アジアから来ているスラッガーってすごく限られていますし(笑)。

良い形になってくれることを願うばかりです。
2005/07/11(月) 21:30 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。