スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSox vs Rays:トーマス選手の逆転HRでフレディの負けが♪
2005年07月06日 (水) 22:17 | 編集
ホワイトソックスはデビルレイズとの2戦目!今日はフレディの登板だったのですが、気合いを入れてHD録画もバッチリ!そしてなんとスカパー!とBS放送のサラウンド(どちらでもホワイトソックスの試合があるなんてあり得ないことなので思わず(笑))。なんてゼイタクなんだー(笑)…なんて思っていたらフレディが…○×▼※□。やはり生涯成績的には対デビルレイズはいいのですが、ピネラ監督率いる状態になってからはダメダメですねー。打たれては追いついてもらって…でもまた打たれて追いついてもらって…またまた打たれて…というゲーム展開に思わず、はぁ~とため息モードだったのですが、今日ホワイトソックスが打てなかった(笑)ヘンドリクソン投手が交代になったとき、ひょっとして…と思わず期待しちゃいました。
そうそう、打てないときはピッチャーを代える、これ鉄則ですよね?とくにメジャーリーグは球数制限が日本の野球よりもはるかに正確なのでこのあたり狙ってカットにいってもいいくらいじゃないかなと思うこともあります。

で、トーマス選手がスリーランホームランで逆転をしてくれたとき(フレディは負けの状態で降りてるのでこれでノーディシジョンになったんです♪)もう大喜びでした。フレディ、トーマス選手にしっかりお礼をしておいてね!なーんて思ったりして←オバカすぎ。

井口、逆転呼び込む技ありのヒット Wソックス貯金30

この試合、負けても仕方ない展開だったのに、負けがつくのとつかないのでは大違いですし、今その運をもっているのですからしっかり大事にしてほしいです。

それにしてもホワイトソックスは、どうやらマッカーシー投手を飛ばしてオールスター前までは4人で回す計画みたいですね。…となると、フレディは対アスレチックスとなり前半戦最終戦に投げることになります。

…相手はアスレチックス。
そう、恐るべき自体が(オーバー)。
フレディ vs バリー(ジト投手) in Chicago!!です。

はぁ~~~個人的にかなーり胃が一番痛くなりそうなゲームですね。旦那は間違いなくバリーを応援するでしょうけど(笑)。私はどっちつかずです←どこまでもミーハー。かなり辛いゲームになってしまいそう(爆)。

さて思いっきり余談から入ってしまいましたが、ゲームの方は初回イキナリクロフォード選手に先頭打者ホームランを打たれて幕開けです(おーい!)。これで0-1。しかも続いてルーゴ選手にもヒットを打たれてノーアウト1塁。しかし続くカントゥ選手をダブルプレイに打ち取りこれでランナーなしの状態にできたと思いきや、ハフ選手(やっぱり相性悪いですらねぇ…)にファーボール(泣)。しかしリー選手をレフトフライにしとめてチェンジ。1回表から長かったです~。

その裏、ポドセドニック選手がヒットで出塁しこちらもノーアウト1塁となったのですが、井口選手の痛烈な当たりはサードライナー(汗)。これでダブルプレーとなりツーアウトランナーなし(泣)。運も悪いです。ここでトーマス選手がレフト前ヒット(ああ、もったいない~)。しかしコネルコ選手三振でチェンジ。

2回表は三者凡退で終わりました。ホリンズ選手はセンターフライ、グリーン選手は強いあたりもセカンドゴロ、そしてホール選手はレフトフライでチェンジ。うーん。ボールとストライクがハッキリしているし、ゴロアウトがとれてないところは気になるけど…と思いながらも三者凡退は一安心。

2回裏、ワンアウトのあと、ダイ選手がソロホームランで1-1の同点!おお3試合連続のホームランです♪しかしその後は続かずチェンジ。

3回表、この回は得点をもらった後だけにさらりと終えたいところですが、ワンアウトのあと、クロフォード選手にレフト前ヒットを打たれると足で揺さぶりをかけてきます。盗塁成功でワンアウト2塁とすると、ルーゴ選手はセンターフライでアウトをとりましたが、続くカントゥ選手の打席の時にワイルドピッチ(泣)。これでツーアウト3塁(ワンヒットで3塁に進ませてはダメダメ~~)。しかしこの回はなんとかカントゥ選手を三振にしとめてチェンジ。ふ~。

3回裏、ホワイトソックスは三者凡退でした。ウリベ選手はレフトフライ、ポドセドニック選手はセンターライナー。井口選手はライトフライでチェンジ。打てそうなんですけど打てない…そんな感じです。

4回表、この回苦手のハフ選手から。スリーボールまでいくと、スルドイライト線へのあたりでツーベースヒットを打たれると、その後ツーアウトまではとるのですが、グリーン選手のレフトへのヒットで一気にホームへ。これでまた1-2と勝ち越されます。そしてその送球を見てグリーン選手はすかさず2塁へ。この当たりはデビルレイズとしては良い感じだったと思います。私的にはあちゃ~でしたけど(笑)。ポドセドニック選手投げるときに整体してからではないと投げれないのか…送球があまり上手ではないのでこういう場面ではしてやられちゃうんですよね。しかしこの回はこの1点でなんとか攻撃を止めました。

4回裏、なかなか攻撃をさせてもらえません。トーマス選手、コネルコ選手が連続で三振。ローワンド選手はショートゴロであっさりチェンジでした。

5回表、この回は三者凡退!ガスライト選手をファーストゴロに、そしてクロフォード選手をレフトフライに、さらにルーゴ選手を初球でショートゴロにしとめてチェンジ!良い感じでした。

5回裏、今日好調のダイ選手が先頭バッターでレフトへのツーベースを放つと、ピアジンスキー選手のセカンドゴロの間にダイ選手が3塁に進み、ワンアウト3塁。しかし続くオスーナ選手がセカンドゴロで進めず…ありゃりゃと思っていたのですが、ウリベ選手のヒットで2-2またまた同点!この回はウリベ選手が盗塁を試みて失敗して終わりでした。でも同点!こんどこそ…。

6回表…そう思っていたんですけどねー(汗)。ワンアウトの後、苦手のハフ選手にキッチリとライト前ヒットを打たれると、これが気になったのかワイルドピッチで2塁へ進まれてしまい、さらにリー選手ファーボールでワンアウト1.2塁(泣)。得点の後だけにきちっと抑えてほしかったんですけどねー。ここでホリンズ選手に痛烈なレフト線への当たりをうたれたのですが、これをファンがさわってしまい、グランドルールダブルになりました。これ、正直助かったんです。もしさわってなかったらこの段階で2人きっちりかえってるでしょうし。しかし2-3でワンアウトランナー2.3類とまだまだピンチが続きます。ここでグリーン選手はショートゴロだったのですが、ホームに投げたらこれがセーフになってしまい(泣)2-4。このときホームに投げた後どこにも投げなかったのは気になったんですけどね。それにしてもせっかく追いついてもらったのに…フレディ~~~だめじゃん!もー。ただ続くホール選手をダブルプレーに打ち取り何とかチェンジ。ああ~またビハインドの展開です。

6回裏、取られたら取りかえす!というところですが、1番からの攻撃であっさり三人で終わってしまいました(泣)。ポドセドニック選手はセカンドゴロ、井口選手思いっきり振って三振。トーマス選手はライトフライでチェンジ。あちゃ~ヤバイ流れだなぁー。

7回表、しかしこんな展開でも7回を投げれるというのはまだいいことなんですけどねー。フレディ続投です。先頭バッターのガスライト選手を三振、クロフォード選手をセカンドゴロにしとめてツーアウト。ルーゴ選手にはライト前ヒットを打たれましたが、カントゥ選手を三振にしとめてチェンジ。フレディはこの回で終了のようです。7回を投げて107球。8ヒット、4失点、ファーボール2、三振4という内容でした。これでメジャー1000奪三振を達成。う~~ん、これは嬉しいけどゲーム的には残念だったなぁ…あとは逆転をしてもらうのを待つのみ!

7回裏、ワンアウトの後、ローワンド選手がレフト前ヒットで出塁すると、監督がマウンドへ。ダイ選手の前に交代するのかな?と思ったのですが、どうも苦手のダイ選手の前に作戦タイムだったようでした(まぁ今日はダイ選手以外はそんな打ててないですしその方が良いように思いましたが)。ここでダイ選手をセカンドゴロ!明らかにゲッツーコースだったのですが、セカンドのグリーン選手がお手玉!これでアウトひとつしかとれずツーアウト2塁。ヘンドリクソン投手的には今日当たっているダイ選手をしとめてよっしゃ!というところだったのでしょうが、まさか!だったでしょうね。しかしこれがキープレーとなってしまうとは…ビックリ。

この後、ピアジンスキー選手がレフトへのヒットで続き、1.3塁とすると、オスーナ選手もセンター前ヒット!これで3-4と1点差に詰め寄ったところで、連打を浴びたことも合ってか、ハーパー投手に交代ということになりました。

ホワイトソックス的にはこれは流れとしてはよかったと思います。ヘンドリクソン投手にあってなかった選手が多かった中、彼が降りてくれるというのはすごく好材料で気分的にも違ったと思いますし。そしてホワイトソックスもここでエベレット選手が登場!もちろん、スタジアムも盛り上がりまくり!だったのですが、セカンドへたかーく打ち上げてしまい(泣)この回は同点には出来ずでした。エベレット選手も悔しかったのでしょう、思いっきりバットを投げつけていました。

8回からはフレディに変わってコッツ投手が登場。ハフ選手からだったのでまさに良い感じです。ハフ選手をショートゴロ、リー選手もショートゴロに手堅く打ち取ると、今度はポリート投手が登場。そしてホリンズ選手をセカンドフライに打ち取り流れをつかみかけた?と言う感じでした。

8回裏、この回からカーター投手が登場。8回が鬼門となっているデビルレイズ…ホワイトソックス的にはチャンス?と思っていましたが…、先頭バッターのポドセドニック選手が楽々ツーベース(必死に走れば3つ行けたかも~)でノーアウト2塁となると、井口選手が右方向へのナイスバッティングで1.3塁。ここでトーマス選手がワンボールの後、たかーくあがった文句なしの逆転スリーランホームラン!6-4です。わーい!この瞬間フレディの負けも消えHappy!まだまだ運がよさそうです。この回ゆるめずにまだまだ行って欲しかったのですが、この後は得点できず。しかしあとはハーマンソン投手が締めるのみ!

9回表、ハーマンソン投手が登場。グリーン選手をサードゴロ。代打のコルテス選手をセカンドゴロ、そしてガスライト選手を初球でセカンドゴロにしとめて試合終了!ホワイトソックス今回はデビルレイズに勝ち越し決定!明日も勝ってぜひスイープしてほしいところです(その後またアスレチックスだし)。

しかし運が良かったです、フレディ。この負けゲームをひっくり返して貰えたのは本当に感謝感謝!フレディも次はバリーとの投げ合い。ぜひナイスゲームにしてほしいです。かなり複雑なゲームなんですけどねー。今のところ放送はないのでインターネットでドキドキハラハラしながら見ていると思います…(汗)。


<おまけ>
ホワイトソックスのエース、バーリー投手が6月のPlayer of the Monthに選ばれました。

バーリー投手は3勝0敗ですが、月間防御率が0.96。1完封のおまけつき!ということもあって選ばれたようです。フレディも2003年絶不調の年になぜか6月だけ5勝してPlayer of the Monthに選ばれたことがあるのですが、それ以来ないですねー。ぜひゲットしてほしいです。前半で10勝はこれで出来なくなりましたが、次回果敢にストライクを投げてほしいと思います。
コメント
この記事へのコメント
いいなぁー
Masaさん

レポありがとうございます。バーリー投手の表彰式ですか?ライブで見たかったなー。うらやましい!ってフレディゲームを見た方がもっとうらやましいんですけど(爆)。

いえいえ、フレディレポよりもホントご案内などいろんなことでお忙しかったでしょう。そんななかかえってすみません~。でもみなさま楽しまれたのではないかな~と思います♪

トーマス選手は大きいですよね。1.2番が出て3番も打つかファーボールかみたいな感じでかなりクラッチが多いですし。ダイ選手の復活は個人的にはかなりうれしいです。

フレディ…ああよかった!ファンがいたのですねぇ~♪なんだか人気面ではいつもそこまでではなかったので(オイオイ)ファンがいると嬉しくなります。マリナーズ時代もラテン系のファンが多く、私がブルペンで一生懸命写真を撮っていると、ラテン系のおじさんがこっちにきて撮れば良いよ!みたいな感じで場所を確保してくれたりしてました。(言葉はスペイン語なまりでわかりにくかったんですけど(汗))。

Masaさんがブルペンまで見に行ってくれていたのにこの日はぱりっとしてなくてすみません~。ブルペンで気合い入れ過ぎちゃったのかしら?(笑)次はアスレチックス戦、これがバリー(ジト投手)との投げ合いになるのでかなりひぇ~~~~です。ミーハーの辛いサガ。

城島選手、勉強はじめてそうな予感はしています。なんとなく頭の良い選手だけに行きたいぞ~だけ言わないタイプだと思うんですよね。ギーエン監督は日本人にも理解あると思いますし、いいと思います。入ってほしいなぁ…。ただAJがいるしなぁ…(マジで考えてる)。マリナーズの方が捕手かなり困っているのであり得るのかなぁ?うーん。

日本人キャッチャーは最後になるかな~と思っていただけにこの発言はかなりドキドキ。オフは見逃せないことになりそうです。
2005/07/08(金) 22:04 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。