スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MLB スカパー!より…
2005年06月28日 (火) 23:34 | 編集
野茂投手の放送がない分、スカパー!でオリオールズvsヤンキースの試合とレンジャースvsエンジェルスのゲームをちら見していました←ホントに仕事になってないー(汗)。

…もちろん、じっくりは見れてないのですが、気になったことを少し覚え書き程度に書いておこうかな~と思います。
まず、オリオールズ vs ヤンキース。

松井秀14試合ぶり守備復帰で2安打、ヤンキース貯金2
↑ヤンキースについてはこちらの記事を参照。

個人的には、あれだけ調子良かったオリオールズがこのところ負けてるのでそっちのほうが気になっていました。オリオールズ、打率が通常モードに戻りつつある選手がいる中、ピッチャーの踏ん張りが効かなくなってきたという感じですよね。そんな中、一番気になったのはキャッチャーFasano捕手でした。正直かなり…○×▼※なキャッチャーだなぁ~と個人的には思ってしまったんですよね。

ボール気味の低めの球など投げようものなら危なっかしい感じがすごくして、しかも簡単に後ろにそらしてしまうので(今日もパスボール2つ)、ピッチャーも安心して投げれないという感じがしました。正キャッチャーが骨折により今の状況になっているのは知っていましたが(マリナーズ戦で骨折したので覚えていました)、それにしてもセカンドキャッチャーがあれではピッチャーが辛いかも知れないなぁ…というのが正直なところです。

ボールに対して体をもっていかないんですよね。手を動かすだけなのでどうしてもキャッチできないと後ろに行ってしまうみたいな感じ。でもこれってキャッチャーにパスボールというものは残る可能性はありますが、それよりもこういうことがイライラを生んだりして見えない部分でピッチャーの防御率にむしろ影響していそうな気がしました。うーん、連敗が続いていますが、イチロー選手の言葉をかりるなら、まさに打線は水物ですからね、ちょっと心配かもしれませんね。このままずるずる…というのもないとは言い切れないみたいなことを感じました。

むしろ、こういうことやソーサ選手のエラーなどもあってヤンキースは勝たせてもらった試合だったように感じました。ある種ラッキーだと思いますが、それを掴んでいくと…もともとの自力があるので勢いを付けるとコワイですね。


そして、レンジャースvsエンジェルス。
大勝しているから…というのではなく、試合を見ていると圧倒されました。エンジェルスすごーく強いですね。回に小刻みに点を入れていき終わってみると13点。もちろん残塁もあってまだまだ得点の余地がありそうだったところがますます不気味。しかも今日はほとんどソーシア監督が動かず、選手の力量だけでここまでやってきたみたいな感じ。これがまた一層不気味だったりします(笑)。

エンゼルス、首位攻防戦の初戦を制して7連勝

この試合アリーグ西地区の1位と2位の決戦のはずなのに、なんだかだんだんと1位と4位の決戦?と思うほどの力量の差を感じました。これだとマリナーズやアスレチックスがこれから頑張っても難しいかも知れない…と思ってしまいそうなくらいの力を感じてしまうほどで正直かなり手強いチームだと実感。すごいです~。レンジャースとしては最悪2勝2敗でドローしておかないと直接対決だけに独走をゆるす結果になってしまうこともあって、この4連戦の最初をそれもこんなぼろ負けで落としてしまったのはちょっと痛いかなーというところですが、明日を勝てるかどうかにかなり掛かっているような気もします。マリナーズやアスレチックスにしても、レンジャースにここで踏ん張ってもらわないと…というところでもあるんですけどね。

明日からはまた全試合始まるMLB。ミーハーチームメインで見ていくと思いますが、改めて安心できる場面ではないなーと思いました。ギーエン監督の言葉通り、20日ですべてが変わってしまうことだってある…確かに~という感じも。でもやっぱりミーハーチーム以外でも、いろんなチームを見れると面白いですねー。はう~時間が足らない…のが辛いところです(ミーハーな私が悪いのですが(汗))。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。