スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:イッツ・ミラクル!
2005年06月16日 (木) 23:20 | 編集
今日のホワイトソックス、まさにミラクルな勝ちでした。こういうことってあるのねーみたいな感じです(笑)。

井口はスリーベースで1安打、Wソックス大勝

実はホワイトソックス今日負けると初スイープだったんです。本来なら気合いを入れて応援しなくちゃ…なんですが、今日は野茂投手のゲームが1時間前から行われていて、あまり気合いを入れてホワイトソックスのゲーム見てなかったんですよね~(Gamedayだし(笑))。思いっきりテレビをメインで見ていました←ミーハーなダメファン。
ゲームの方はそんな中、ホワイトソックスが先制するもすぐに追いつかれて1-1。1そして5回、ダイヤモンドバックスに一挙5点を入れられて1-6。その裏にウリベ選手が入れ替えしたので2-6となったものの…なんかやばいなぁーという雰囲気。このパターンいかにもここのところのホワイトソックスなら負けちゃいそう…みたいな感じがしてしまったんです。しかも好調ガーランド投手で打たれたらもうハッキリ言ってやばい?みたいな感じで(爆)。

勝ち運を持っているピッチャーというのはすごいです。クラッチヒットに悩むことの多いホワイトソックスが6回裏になんと10得点!一挙10得点ですよー。ビックリ。これで12-6とダブルスコアに大逆転。はぁ~こういうことってあるんですね。それで、ガーランド投手は6回6失点ながら11勝目をマーク。やっぱり勝ち運ってすごいものなんだなぁ~なんてしみじみ思っちゃいました。

あ、記念に、6回の攻撃だけ書いておきます(笑)。
井口選手からの攻撃、井口選手はショートゴロでワンアウトランナーなし。続くトーマス選手が、復帰後なんと4本目(ハイペースですね)となるソロで1点を返して3-6。さらに、コネルコ選手はファーボールを選びワンアウト1塁。ローワンド選手もライト前ヒットで続き、1.2塁としたところで、ダイ選手もレフト前ヒット。これでコネルコ選手がホームに戻り4-6。まだまだワンアウト1.2塁とチャンスは続きます。

ここでピアジンスキー選手がショートのクレイトン選手のスローイングエラーで1塁セーフの間に、ローワンド選手が戻り5-6。しかもまだワンアウト満塁。ここでクリーディ選手の球はショートゴロ。しかしフィルダーズチョイスで投げたのがセーフとなり、その間にダイ選手がホームを踏み6-6の同点に!ここで先ほどもホームランを打っているウリベ選手。なんと絶好調なウリベ選手、スリーランホームランで一挙に9-6とすると、ここで先発のオルティーズ投手が降板。バーガス投手に交代しました。

ポドセドニック選手はピッチャーゴロでアウトになりましたが、井口選手はラッキーなスリーベースヒットで出塁、続くトーマス選手はフルカウントの末ファーボールを選ぶとツーアウト1.3塁。ここで4番コネルコ選手がセンターへのホームランでさらに3点追加。これで12-6。信じられません。ローワンド選手がライトフライでチェンジになりましたが、打者13人の猛攻で一挙10得点でした。もう…今後あまりみれないでしょうが(爆)、ホワイトソックスとしては記念的な勝ちになった感じはします。

正直な話、Go Go SOXとはいかず、大砲ゲームみたいになっちゃったのですが(これはしょっちゅう出来る勝ち方ではなさそうです)、ホワイトソックスにとってはおしりに火がついた状態だっただけに勝ちそのものを有り難く頂きたい感じかなぁーと思います。でも個人的には、勝ち方は忘れてねーみたいな…(爆)。

でもお陰でスイープは免れたので、負け越したもののホワイトソックスにとって明日は良い形の休養になりそうです。ゆっくり休んでまたあさってからドジャースとの戦いに備えて欲しいです。
コメント
この記事へのコメント
少なくとも3、4番はジグザグに…。
打線のつながり(というかオーダー)に難癖をつけた矢先
この試合は鬱憤晴らしの逆転勝ちだったようですね。
しかし、ともともさん言うところの「(今回みたいな)勝ち方は忘れてねー」
にワタシも一票(笑)。
てゆーか
ガーランド投手の打たれっぷりが凄まじいんですけど(笑汗)。
それはともかく
「本拠地球場が右打者有利」と言われる以前から、左打ちの選手を
冷遇してきたホワイトソックス。
背番号3を永久欠番にしてから放出された経歴を持つハロルド・ベインズさんに
かのノーラン・ライアンさんとマウンド上で殴り合ったロビン・ベンチュラさんなんて典型。
特に後者の移籍以来、三塁手に恵まれていないのが現状だったりします。
また、近年でも打率.300、20本塁打をクリアして来年が楽しみ…と思った途端
トレードされてしまったクリス・シングルトン外野手なんていたんですけどね。
ちなみに
同様に長年右打者偏重路線を走ってきたマーリンズは今季ようやく
カルロス・デルガードを4番(3番はミゲール・カブレラに譲るべき)に迎えて
同選手も好成績を収めている現状なので、ホ軍もそろそろ(謎)。

およびでないマーリンズネタを微妙に絡ませてみたぱっくん!でした。
2005/06/18(土) 05:26 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
ジグザグのためには…誰かなぁ?
ぱっくん!さん

きゃ~清き1票ありがとうございます(爆)。正直この試合途中まで負けたわーと思うゲームでしたよね。それが鬱憤を晴らすとはまさにこのこと?みたいな感じで(爆)何が起こったの?ホワイトソックス~と思いましたもんね←オイオイ。

ガーランド投手ガツーンと打たれちゃいましたね。これでもかてるところが彼の持ち運なんだろうなー。

そうなんですかー。右打者優遇で左打者冷遇(汗)。うーむ。シングルトン選手って今年途中までデビルレイズにいましたね。解雇されちゃったんですが、ホワイトソックスでそんな好成績だったのなら…もったいなかったなぁーと思ったりもします。

うーん、ノーラン・ライアン投手の時代とかまったくわかってないのでそういうことがあったのかぁ~と妙に感心したりしていますが←着眼点がちがうやろ~(笑)。

デルガド選手はめちゃめちゃ好きな選手です。ホワイトソックスもそろそろって??そっちが気になりますー。良い選手いるかなぁ…ドキドキ。なんかこの間3塁手を狙ってるとかなんとかいう記事が出てましたが何処までホントなのかなぁ…と思いながら読んでました。クリーディ選手も愛着あるんですけどねー。やっぱり波が激しいということなんでしょうか。
2005/06/18(土) 15:27 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。