スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:大塚投手にやられちゃいました
2005年06月12日 (日) 23:01 | 編集
ホワイトソックスは今日はパドレスとの2戦目です。良い試合だったんですよー。バーリー投手が自軍の1点を受けてゼロ封して7回2/3まで頑張ったんです。エースの貫禄で…。しかーし、9回に最近すっかりクロージングが板についてきた、ハーマンソン投手が打たれて逆転負け。トホホーです。このところハーマンソン投手ちょっと不安定ですよね。昨日も点差があったからよかったですが9回に失点していますし(泣)。

井口、先制の適時二塁打 大塚との初対決は三振

↑日本人対決があったこともあって記事は8回の大塚投手のことが書いてありますが、この記事の内容がすべて(とまでは言わないにしても)大きかったような気がしています。逆にここをしのいだ大塚投手&パドレスにやられてしまったということでもあります。すべては8回が運の決めどころだったようなそんな気も。
8回表、先頭のウリベ選手がフルカウントの末ファーボールを選び、続くクリーディ選手がライト前ヒットでノーアウト1.3塁。…しかしここからバーリー投手の三振は仕方ないですが(8回で0-1ということを考えるとここでの交代もありかなーと私的には思いますが、ここで交代せずだったので)、ポドセドニック選手、井口選手の三振はもったいない~。もったいなさすぎ。

さらに9回表もツーアウト1塁の状態からピアジンスキー選手がツーベースヒットを放つも1塁ランナーだったコネルコ選手がホームでアウト!レフトのクレスコ選手からショートのグリーン選手そしてキャッチャーのヘルナンデス捕手へのリレーがかなりいいものだったのでしょうが、これも運がない~。

そして9回裏にヘルナンデス捕手にスコーンとソロホームランを打たれて追いつかれると、そこから連打と敬遠で満塁にして…最後タイムリーヒットでサヨナラ…という内容でした。これじゃあまたまた7回2/3を無失点で終わったバーリー投手が浮かばれないー(泣)。ホント勝てないです。しかしこれでバーリー投手の防御率は2.91に。次こそ頑張って勝ちをゲットして欲しいです。

明日はすかっと勝って欲しい…ところですが、フレディ前回のようなナイスピッチをしてほしいです。明日のゲームは放送がないので、Gameday観戦になるかなーと思います。フレディ頼んだよー。


<おまけ>
ホワイトソックス今日は三振ディでした。パドレスのピッチャーはStauffer投手。どっかで見たことある名前だなぁと思ったら、シーリー投手が完封勝ちしたときのピッチャーでした。あのとき4点とってるんですよね…やっぱり打撃力はマリナーズの方が上だなぁと改めて思いました(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。