スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリナーズ:苦しみに耐えきれた価値ある1勝
2005年06月02日 (木) 16:33 | 編集
マリナーズはブルージェイズとの3戦目です。BSでのライブ中継を見ていました。3-0でマリナーズが勝ちましたが、今日の勝ちはホントよく踏ん張って勝ったなぁ…という意味ある勝ちだと思います。本来、状態の悪いチームだとこういったゲームはあっさり流れが相手にもっていかれそうなものですが、ホントに良く耐えましたよね。この勝ち方ができるようになるとマリナーズ強くなりそう。もちろん打線がかなりしんどい試合でしたが、打てない日もあることを考えると流れをやらず耐えてなんとか踏ん張った、こういう勝ちって本当に大きいと私自身は思っています(もちろんあっさり満塁から怒濤のように攻めて点を取れるに越したことはないですが(爆))。

イチロー3の1に貴重な犠打、1000本安打までM7
地味なプレーと確実性 イチロー、小技光る

時期を同じくしておとといの逆転勝利から3連勝している同地区のアスレチックスですが、西地区で今最下位を争う形になってしまっているこの2チームがまだまだ!という形を見せてくれるようになると面白くなってきますね。この両チームどんぞこの5月を過ごしてきましたが、大きな違いがあるならば、アスレチックスはピッチャーは頑張っていたんだけどあまりにも打線が打ってくれずそのうちピッチャーが崩れてぼろぼろになったという感じで、マリナーズは打線はある程度打ってきているのに先発ピッチャーが試合を作れず、打てない日は勝てないという暗示のもとにくら~い雰囲気になっていたという感じ…ということになるでしょうか。
そこにアスレチックスは昨年の新人王も獲得したクロスビー選手が2ヶ月のDLから戻ってきて雰囲気が一新し、マリナーズはパット・ボーダース捕手の加入により先発陣のQSが期待できるようになってきた…。欲しかったものが手に入ると、もともと自力はあるチームだけに期待できそうです。もちろん一人の加入でどうにかなるものではないかもしれませんが、雰囲気が変わり、それぞれのメンバーのモチベーションが変わってくると大いに変化を遂げそうな気がします。

このあたりは、以前も書いたのですが、ホワイトソックスのオジーギーエン監督の言葉『たった20日で状況は変わる。』という言葉を両チームには贈りたいです(関連記事:たった20日で状況は変わる。)。この言葉、ホワイトソックスの調子良い状態にいい気になるなよ…と気を引き締めるために言われているのですが、2003年5月を終わって決して状態がよくなかったところからワールドチャンピオンに輝いたフロリダマーリンズのサードベースコーチをしているときに実感された言葉だそうです。まさに今どちらのチームにもぴったりかも。

話が大いに余談だらけになっちゃいましたが(すみません~)、いずれにしても、まだまだ面白いゲームを見せてくれそうな両チームに期待をしたいところですね。

アスレチックスの話はまた別記事にするにして、マリナーズ、今日はなんといっても先発メッシュ投手とボーダース捕手のバッテリーがピンチに良く耐えたというところでしょうか。もちろん野手の守備にも助けられていましたが、正直1回裏にマリナーズが満塁からダブルプレーで無得点、さらには3回にもワンアウト1.3塁のチャンスでダブルプレーとものすごく流れが悪かった中(ホントクラッチがでないどころか最悪の結果になってました)、ピンチを切り抜けて得点を許さなかったというのがこの試合の一番のポイントになりそうな気がします。もちろん、先取点に貢献したこのところ良いところナシだったブーン選手も(BSでも今年はことごとく良いとこなしだったということを強調していましたが(爆))もちろん今日は頑張っていましたが、なんといってもピッチャー陣が締めて流れを向こうにもっていかれなかったのが一番かな~と。

そしてそれに対して8回に中押し的な点の取り方で打線もしんどいながら応えたというところでしょうね。あの場面の2点は私も見ていてすごく気分が楽になりましたし選手にとってはもっと大きかったと思います。もちろん、このチームは当たれば打てるチームですから、本来もっと楽に勝てたかも知れないですから、当然全てが良かったわけではないのですが、流れが今日みたいに悪いゲームも今後も出てくると思います。それでもふんばれるかどうか…まぁ今までは先発が踏ん張れるところが少なかったのでこういう形が望めず(泣)でした。なので、打ち勝つ形にしないといけないという思いが打線にもあまりいい影響を与えてなかったかも知れないなぁと思いますし、この勝ちが出来たことで今後につながるといいなと思います。

…しかし、ピッチャーは何も変わってないのにこの結果…とすると、やはり今まではキャッチャーがやっぱりイマイチな部分が大きかったのでは?というクエスチョンに対しての答えも出てきたような。…となるとボーダース捕手をいかに大事に使うかと言うことにもなってくるような気もしますね。なにはどうあれ、彼は42歳ですし、やっぱりキャッチャーってフォローに動く場所や範囲がとても広いのでかなり体力を消耗するポジションではありますし。キャッチングして打席にたっていればいいというものではないわけですから、今後は疲労との戦いになってきそうな気がします。メジャーではしばらくメインで使われてなかったわけですしね。もうチーム総出でボーダース捕手のメンテナンスに力を入れてもいいのでは?(笑)…というのは冗談も込みですがちょっと本気で思いました。

今日はブルペンもしっかり抑えて(ちょっとネルソン投手はドキドキしましたが)良い形になったと思います。ハーグローブ監督は割と細かい継投が好きなので、今日みたいなゲームでどんどん使っていくと、仮に8回表終わった段階では1-0の状態でしたし、延長になったら昨日もロングで投げているマテオ投手や長谷川投手を使う気なんだろうか?と個人的にはちょっとドキドキしていました(良い投球でもソロホームランで同点になる展開だったので)。まぁそんな心配はよそに、むしろこのままリードを広げて終わることが出来てなによりでしたけど(笑)。

イチロー選手は今日はマルチヒットならずでしたが、8回の犠牲バント(一瞬セーフティバントかと思うような感じでもあったのですが、きわど~いという感じでもなかったので犠打にとってもらえてよかったです(笑))がキッチリ活きて後続で点を取れたので、イチロー選手も良い形の攻撃になったことはヨシと思っているのではないかと思います。ホントここで点が取れたのはすごく大きかったですし、見ていてうれしくなりました。このバントについては一応ベンチの指示ということですが、イチロー選手は自分でも考えていたようですね。

試合後、マイク・ハーグローブ監督は「私がサインを出した」と認めている。ただイチローは「(サインが)微妙だった」と話し、はっきりしたサインだったかどうか分からなかったと言うも「どちらにしても送るつもりだった。サインを確認するのも嫌だったし」と、試合のターニングポイントを振り返った。確かにあそこで打席を外していれば「何かある」と相手に教えるようなものである。

イチロー選手なら臨機応変に考えるでしょうから微妙なサインでもよかったんでしょうけど(爆)。

あ、最後に余談ですが、ブルージェイズの先発チャシーン投手の背中があまりにも悲しかったです。どちらのピッチャーも踏ん張ったんですが(打者がチャンスをつかめない中)最後の最後に点差を広げられてホントがっくり…という感じでしたね(泣)←見ていてかなり気の毒に思えましたが…。こればっかりは仕方ないですね。ただここから勝ち運を手放すかたちにならないといいのですが…←そういう選手って結構いるだけに。ちょっと気になってみておこう(爆)。

とにかくしんどい中良く耐えたマリナーズ。明日一日リフレッシュして今度はデビルレイズとの対戦に備えて欲しいです。ここのところデビルレイズは復活したアスレチックスにぼろ負けして打てないまま終わっているので、その分一気にマリナーズ戦で鬱憤を出してくる可能性があります。負けが混んでいるとはいえ、爆発力があるので強敵にもなり得ますし。ここはしっかり先発のバッテリーでかちっとゲームを作って締めてほしいと思います。
コメント
この記事へのコメント
念届きました?
こんばんわ。今日はなんといってもメッシュの好投&ブルペン陣の好リリーフですね。ワンランゲームだったので最後まで気が抜けない展開でしたが、辛抱の甲斐あって8回に見事2点追加!そして最後のエディも今日は安心して観ていられました。
ただ、どうもネルソンがフラフラするのですよね~その日の調子に左右されまくりなので、今日の展開で出てこられると、まるでギャンブルです(こういっては失礼ですが^^;;)。でもソーントンでうまくフォローできたので、ブルペンとしては仕事がきっちりできたと思います。この試合も、念がちょっとは届いたかな?(笑)
監督のブルペン采配は私もイマイチつかめてませんが、今日の試合、追加点は期待せず9回表のエディで1点を守りきる!というつもりで観ていたので、ネルソン→ソーントンはちょっと余計でしたが、ワタシ的にはこれでよかったと思います(^-^)本当はネルソンのところはプッツを出したかったんだけど、プッツでピンチを広げたら誰が火消しするのかが迷うところです。解説の小早川さん(だったかしら?)が8回2アウトで『もうエディを出してもいいのに・・』とおっしゃってましたが、確かに出しちゃってもよかったかな?とも思いました。なかなか采配も難しいですね(笑)
投手が良かったシアトルなんですが、かたやTORのチャシーン投手、出来は良かったのに味方の援護が無いばっかりに、敵ながらお気の毒でした。あの風体の彼が、がっくりと肩を落としてベンチに戻る姿・・・哀愁が漂ってましたね~(∥-∥)7回まで95球1失点だったんだから、内容は良かったんですよね。味方の援護が無かったのもありますが、今思うと、どうしてもっと早くにブルペンが動かなかったのか?これは疑問です。シアトルみたいに継投すればよかったのでは?・・と、あんまりチャシーンの後姿が可哀想だったので、ちょっとフォローをしてみました(笑)この借りはもちろん、別のカードで返してもらいましょう!
今日はともともさんからも、価値のある1勝とコメントをいただけて嬉しいことです♪
ボーダーズのメンテナンス大作戦(笑)なかなか良い考えです~賛成ぃ!想像するとなかなか可笑しいんですが、こういうトコロに気をまわすのって、今のシアトルには大事かも知れません。これをきっかけに、チームがまとまってくれたらいいですね(笑)
2005/06/02(木) 23:10 | URL | いく #Ek7OTocY[編集]
ボーダース効果で守り勝ち
5月中はあまりにふがいない投手陣にフラストレーションがたまっていたのですが、このような形で勝ててよかったです。
Borders 効果で先発投手陣が安定しつつあるのが好材料だと思います。
やっぱり、野球は投手力・バッテリーですね。打線は水物だけど、投手力が安定していれば大負けすることはありませんからね。
そういえば、日本のプロ野球の順位も投手成績に比例しているような感じがします。

ボーダースですが、いい投球の時には返球時にミットを投手の方につきだして何か言っていますが、 "good pitch!" とか何とか言っているんでしょうか。投手もいい気分で投げられそうですね。
やっぱり亀の甲より年の功、でしょうか。

2005/06/03(金) 04:17 | URL | なむぞう #-[編集]
6月は違ったマリナーズを!
>いくさん
こんにちはー。念届いたようですよー。さすがです!これからも見れない試合も朝に念だけは送ってください(笑)。ピッチャー陣ホントに良く踏ん張りましたね(ネルソン投手はホントヒヤリですが(爆))。

ホント采配ってむつかしそうですよね。端から見ているとなんでこうすればいいのにーって思いますが、契約内容やいろんなことを考えるともっともっと難しいものなんでしょうね。私なんて無駄な継投やりそう←その前に監督できませんが(爆)。

もちろん昨日の形だと1点守りきれたと思いますよー。ただ、それをさせなかった打線もうれしかったです。あの勝ち方は昨年からシアトルが出来なかったパターンですので、出来るようになってくると大きいでしょうね♪今後期待できそうです。ワクワク。

あ~チャシーン投手、やっぱり気になりました?あの映像でマリナーズファンの目には相当焼き付いたのではないでしょうか?マリナーズ戦以外で名前を見かけても気にしてどうだったのかなーという風に見る人が増えたりして(爆)。日本にファンが急増?…というのは冗談ですが、ホント調子がよかっただけにショックだったんでしょうね。トロントもピッチングスタッフが良くないのでなかなか変えられなかったというところもあったんでしょうが、あの背中…かわいそすぎました…。

ボーダース捕手のメンテ作戦気に入って頂けました?(笑)いやー、空いているとき森本トレーナーにも活躍してもらってほぐしてもらいたいくらいですよ。でもホントボーダース捕手をうまく使うのって大きそうですものね。マジでかんがえてくれないかなー(爆)。いやほんとムードメーカーっているんですよね。ボーダース捕手は、ほら、フレディも操れた人ですから(爆)期待したいです。

>なむぞうさん
こんにちはー。シアトルにいらっしゃるなむぞうさんからすると地元だけにイライラ度を体感されていたことと思います。ふがいないといういい方がまさにぴったりという感じでしたものね。これを機に6月は違うぜ!というところをぜひ見せて欲しいと思っています。ピッチャーを代えなくても…これできるんですから…。

ホントにおっしゃるとおり、投手力とバッテリーはすごく重要ですよね。打つことに任せているとやっぱり山谷がすごくありますし、最終的に3割バッターがヨシとされる世界ですから、7割不成功がある…ということを考えても確率論的にもそうなんでしょうね。日本もまさにそのとおりです。

ボーダース捕手、ホント細やかな指示やアドバイス、イニング間のコミュニケーションなどすごいみたいですね。かつてフレディのためにもスペイン語をかなり覚えてくれてコミュニケーションを円滑に取ろうと努力されていたみたいですし、実際回を終えてベンチに戻るときにはピッチャーとコミュニケーションを取る姿をみているとやっぱりすごいなぁー年の功やなぁと思っちゃいます(爆)。うーん、返球時なんていってるんでしょうね。気になる…。今度気をつけて口を見たいです(でもデカうつししてくれないだろうなー(爆))。わかったらまたぜひ教えてくださいね♪
2005/06/03(金) 17:59 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。