スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:エンジェルスの手堅さに感心
2005年06月02日 (木) 13:30 | 編集
ホワイトソックスはエンジェルスとの3戦目。インターネットで観戦していました。…このゲーム、出だしは良い感じ!と思ったのに途中に自分から自爆したような内容でした(泣)。コントレラス投手がエラーからもちくずしたところを打者が逆転してくれたのになぁ。なんかもったいないような。

井口、高津ともに出番なし Wソックス3連勝ならず

ホワイトソックスの面々の打率を考えると(汗)、今日は井口選手もコネルコ選手もお休みでしたし…逆転して御の字だったと思うのに、やっぱりこのゲームを大事に行って欲しかったです。

もちろん今チームが中地区トップを走っている余裕があるから、最近使えてなかったウォーカー投手を使ってみたというのがあるのかもしれないのですが、それはわかるのですが、出してみてワンランゲームにもかかわらず連打につぐ連打を浴びて同点になったらせめて変えて欲しかったかな~と(シロウト意見ですが)。貯金もあるしリードを走れてるしチームも良い雰囲気だし…というのがあるのかもしれませんが、まだまだ個人的には余裕を見せてる場合じゃないと思っていますし、勝てるゲームもそういう変な余裕を見せていると間違いなくきっとツインズにあっという間に抜かれてしまっているような気がします(そして一旦抜かれると相手は連覇を成し遂げている勝ってきているチームだけにやっかいだとも思います)。
また、個人的には相手がエンジェルスだからこそ手堅く勝ちにいってほしかったというのもありました。仮にプレーオフに行ったとして、エンジェルスはプレーオフに残る可能性のあるチームですから、シーズン中のイメージもスイープされたイメージだと勝手な苦手意識が残っていると思うんですよね。若干ですがこういうのも精神的にじわじわ効いてくるような気がしますし。なんだか今日の試合展開というか監督の采配にはガッカリしちゃいました。ギーエン監督も昨日はあれだけエンジェルスのことをあんな強いチームは見たことないなんて言ってたのに、だからこそきちっと勝ってほしかったですね。

それに比べて、ソーシア監督は手堅さをきっちりと発揮していました。逆転に成功して9回に得点チャンスを作るとリードがあるからと安心せず、ぬかりなく攻めていました。おかげで9回表にさらに2得点のだめ押し。結果その裏に攻撃チャンスをゲットしたホワイトソックスですが、この2点がかなり重く効いていました。改めてさすがだなぁ~と感心しきりです。ギーエン監督もすごく選手の気持ちを考えるすばらしい監督さんなのですが、このあたりぜひ吸収してくれるとうれしいんですけど←ゼイタク。

…でも私がコントレラス投手だったら今日はすねてるかも。だってフレディよりも防御率いいのに(今日もQS投げて防御率3.27)2勝しか出来てないんですよね~(泣)。負けてもないですが勝ち運が…トホホ。

さてさて話がイキナリ長くなっちゃいましたが、ゲームの方は、1回表ワンアウトのあと、アースタッド選手にフルカウントの末ファーボールで出塁を許しさらにフィンリー選手がライト前ヒット。これで1.2塁となりましたが、アンダーソン選手をセカンドフライ、マクファーソン選手が三振でチェンジ。

1回裏、今日のエンジェルスの先発はバード投手。ポドセドニック選手が初球バントヒットで出塁し、さらにウリベ選手が犠牲フライでこれを送りワンアウト2塁にすると、ローワンド選手がホームランで2-0。揺さぶりが効いたようです。コネルコ選手がお休みで4番に入っているエベレット選手ですが、ここはセカンドフライ、さらにピアジンスキー選手は三振でチェンジ。初回に点を入れれたのは大きいなぁと思っていました。

2回表、この回はきちっと締めてほしいところ。モリーナ選手を三振、コッチマン選手はセカンドゴロ、カブレラ選手はセンターフライで三者凡退!コントレラス投手良い感じです。

2回裏、ワンアウトの後、ペレス選手がセンター前ヒットで出塁しましたが、クリーディ選手がダブルプレーでチェンジ(泣)。

3回表、ケネディ選手をショートゴロ、フィギンス選手をファーストゴロ、アースタッド選手もファーストゴロでこの回も三者凡退。コントレラス投手テンポ良くゴロで打ち取れている感じです♪

3回裏、ホワイトソックスの攻撃。こちらも三者凡退でした。ハリス選手、ポドセドニック選手が三振、ウリベ選手がショートフライでチェンジ。あっさりでした。

4回表、ワンアウトの後、アンダーソン選手にライト前ヒットを打たれると、新人マクファーソン選手にセンターへのホームランを打たれて同点に2-2に。それにしてもマクファーソン選手ホワイトソックス戦ですっかり良い感じになってきています。言い新人がいるというのは心強いでしょうね。

ここでメンタル面でキレなかったらいいなーと思っていたのですが、キレたのは野手の守備でした(泣)。モリーナ選手のあたりをファーストに入っているペレス選手がキャッチングエラー(汗)。これでワンアウト1塁となると、コッチマン選手のファーストゴロの間にモリーナ選手は2塁へ。ここでカブレラ選手がツーベースを放ち2-3と逆転。さらにケネディ選手のヒットの間にカブレラ選手ももどり2-4と2点差に。ここからフィギンス選手を歩かせツーアウト1.2塁の状態でワイルドピッチ(泣)。これで1.3塁となると、フィギンス選手も盗塁を決めて2.3塁になり完全イケイケの揺さぶり攻撃です。やば~~と思っていたのですがここはアースタッド選手を三振にしとめてチェンジ。ふぅ~、ビッグイニングでした。

4回裏、ビッグイニングのあと、すぐに1点でも返しておきたいところ。ワンアウトの後、エベレット選手がホームランを放ち3-4とまた1点差に!ホームランですがこれはうれしい。しかしその後は続かず、ピアジンスキー選手はレフトフライ、大選手は三振でチェンジ。

5回表、せっかく1点差になったのでこれはかちっとしてほしいところですが、ワンアウトの後、アンダーソン選手にフルカウントの末ファーボール。さらにワイルドピッチの間に2塁に進まれてしまいましたが、ここはマクファーソン選手をセンターフライ、モリーナ選手をショートライナーにしとめてチェンジ。ふ~よかった!

5回裏、早く追いつきたいところですがこの回はあっさりでした。ペレス選手がセカンドゴロ、クリーディ選手がサードゴロ、ハリス選手が三振でチェンジ。う~ん。

6回表、この回はキチッと三者凡退に。コッチマン選手をピッチャーゴロ、カブレラ選手をショートゴロ、ケネディ選手を三振でチェンジ。この回を終えて102球。もう1回どうするかなーと思っていたのですが…。

6回裏、ホワイトソックスが火を噴きました♪ポドセドニック選手がヒットで出塁すると、盗塁をしかけてノーアウト2塁。ここでウリベ選手がバントで3塁に進めてワンアウト3塁。さらにローワンド選手がデッドボールで出塁すると、エベレット選手がツーベースヒットで一挙2得点!これで5-4と逆転!おお。続くピアジンスキー選手がライトライナー、ダイ選手がセカンドライナーでチェンジになりましたが逆転に成功出来てよかったです。

7回表、ウォーカー投手に交代。好調とは言い切れないコントレラス投手ですし102球ということもあってなんでしょうが、このワンランゲーム(しかもやっと逆転したかたち)でなんでウォーカー投手なのかなぁと思っていました(間隔が空いたから出しておかなくちゃというところなのかな?)。1番からの攻撃だし…ウォーカー投手って結構あぶなーい終わり方することが多かったですし(点は取られずともピンチを招く感じ)。

Gamedayのボールの位置はあまり信用してないのですが、とにかくあちこちバラバラという感じのボールで先頭バッターのフィギンス選手を歩かせると、アースタッド選手にヒットを打たれて1.3塁。さらにフィンリー選手にタイムリーヒットを打たれて同点に(泣)。苦しんで取ったのにあっさりですー。まだノーアウト1.2塁。続くアンダーソン選手をライトフライに打ち取りましたがタッチアップをして1.3塁とすると、マクファーソン選手がツーベースヒットでさらにもう一点追加。これで5-6。あちゃ~という感じです。しかも!ここでピッチャー交代はいいのですが、このところ絶不調のビスカイーノ投手(泣)。嫌な予感…と思ったらやっぱりモリーナ選手にキッチリとタイムリーヒットを打たれてさらに2点献上。これで5-8。きっちり(苦笑)ウォーカー投手が残したランナーを総ざらえしてしまいました。これでウォーカー投手の防御率は12.00(汗)。続くコッチマン選手はダブルプレーに打ち取りチェンジになりましたが、痛い痛い失点です(泣)。

7回裏、この回ドネリー投手が登場。ワンアウトの後、クリーディ選手がソロホームランで6-8。こんなに打線が打ってるのってめずらしいのにもったいないですよねぇ。しかしハリス選手はファーストライナー、ポドセドニック選手はフルカウントまで粘りましたが三振でチェンジ。うーん。

8回表、ワンアウトの後、ケネディ選手のレフトフライをポドセドニック選手が落としたのかフィールディングエラーでワンアウト1塁のあと、フィギンス選手がヒットで続き1.2塁。ここでさらにアースタッド選手が進めるバッティングで(このあたりが攻めるプレーでいいですよね)ツーアウトながら2.3塁とすると、フィンリー選手には敬遠でツーアウト満塁。バッターはアンダーソン選手…と緊張の場面でしたがここはうまくファーストゴロに打ち取りチェンジ。ふ~。ヒヤヒヤでした。

8回裏、エンジェルスのピッチャーはシールズ投手に交代。この交代がうまくいって、ウリベ選手がサードゴロ、ローワンド選手がセカンドフライ、エベレット選手がレフトフライでチェンジ。うーん、リズム良く球数少なく打たされたという感じ。うまくやられてしまいました。残すは1回。なんとしても9回表はピシっとしめてほしい…と思っていたのですが。

9回表、この回からなんとハーマンソン投手が登場。ピンチの場面で良いピッチャーを使わずこの場面で(完全負けてる状態)ハーマンソンを使うのはよくわからないなぁーと思っていたら…イキナリファーボール(泣)。やっぱりタイトなゲームじゃないとアドレナリンが出ないのか、続くモリーナ選手にもヒットを打たれて1.2塁。ここでコッチマン選手がキッチリバントでワンアウト2.3塁にすると(さすがです。まだまだ得点差を開こうとする細やかな野球。強いですよねー)、カブレラ選手とケネディ選手が連続でタイムリーヒット!(泣)これで2点追加。重たすぎる~~~。これで6-10。あと1回しか残ってないのに2点差を4点差に広げられたのは痛すぎます。この後ダバノン選手をレフトフライ、アースタッド選手をセカンドフライに打ち取りチェンジとなりましたが…うーんこれはきちっとした野球にしてやられたりです。

9回裏、ここで4点差にもかかわらずDLから復活のK-Rodことロドリゲス投手が登場。もうこの回しかないのでなんとしてでも負けようとも簡単に終わることだけはやめて欲しいと思っていたのですが、ワンアウトの後、ダイ選手がツーベースヒット!ペレス選手は三振でツーアウトでしたがなんと続くクリーディ選手にはストレートのファーボールで1.2塁。さらにハリス選手もフルカウントからきちんと選んでファーボール!これでツーアウト満塁。

…ここで代打、フランク・トーマス選手。さすがの威圧感で押し出しの1点。このあたりさすがの貫禄ですね。これで7-10。ツーアウトながら満塁状態。さらにトーマス選手のところにピンチランナーでオスーナ選手を投入。押せ押せです。

…ここで続くバッターはウリベ選手。…うーん、井口選手に替えませんか?コネルコ選手でもいいですけど…と思ったんですがそのまま変えず、三振(泣)。7-10で負けてしまいました。明日はお休みなのでゆっくり休んで同地区インディアンズとの戦いに備えて欲しいです。エル・デュケことヘルナンデス投手もDLから戻ってきて先発するこの試合、これは負けられません!←私が気合いをいれてもしょうがないのですが(笑)。

ところで井口選手はお休みが多い…と思っているようですね。確かにギーエン監督は大事に選手を使いたいという意向があって休みを取る傾向がありますが、前回5/27にお休みをとっていることを考えると…うーん確かに多いですよね。

先発落ちに肩透かし 休養の多さに戸惑う井口

休養のための先発落ちは、これまでも約1週間に1度のペースであったが、前回は5月27日のレンジャーズ戦にあったばかり。連戦と遠征が続いた5月と違い、6月は地元での試合が多く「体調も整えられる」と意気込んでいただけに、なおさら拍子抜けしたようだ。

井口選手、今日のゲームにはものすごく欲しかったです。お休みとらないとしんどそうな状態ではなく、本人も出たかったみたいなのでなおさら残念でした。この当たり難しいところなんでしょうけど、今日は残念でした。
コメント
この記事へのコメント
4日(土曜)の紙面は、さすがに「ジーコ・ジャパン」一色ですね。
どうもです。
先日、地味ながらあらゆる予想を一貫してハズしながら
(?)気取った姿勢を崩さないことで有名な(?)
スポーツライターの小林信也さんという方が
サッカーと野球を置き換えることを前提に
「ジーコは雰囲気の暗い長島(=茂雄)さん」と言っていましたが
確かに暗いという点に異議も無さそう(笑)。
それはともかく
F・トーマス選手の復帰は嬉しい限りなんですが
当面は代打稼業に専念でしょうか。
強引にラインアップに組み込むよりも…
というより「地区優勝を花道に」風展開の
悪寒がするのは気のせいでしょうか(謎)。

ともともさんも言われるように確かに「休養」が目立つ井口資仁選手。
評価も高まるばかりで確かに長打を捨てる意識を前面に出しているところは好印象。
周囲でも「打率.300、20本塁打で30盗塁も可能」との声も少なくないようで。
ここで白状(笑)しておきますと
あまのじゃくなワタシは打率.270で10本塁打、10盗塁がノルマ
とシーズン開幕前に予想していましたが
好成績の現在を踏まえて…も頑なに変わりはなく(笑)。
それにしても
スタメン落ち→代打出場も無し、と良くも悪くもギーエン采配は徹底しているので
同氏の言う「対戦投手との兼ね合い」とも言い切れないような。

ひそかにもう一方のナ・リーグで贔屓にしている
フロリダ・マーリンズに重心が傾きがちなぱっくん!でした(謎)。
2005/06/04(土) 09:16 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
おっしゃるとおりですー。
ぱっくんさん

こんにちはー。そうですよね、世の中はジーコジャパン!一色でおかしくないです。そんな中野球を見て熱狂している私(爆)。あ、でもジャパネスクミーハー魂だけはあるので夜中見ちゃいましたけど←どこまでもオバカ。おもしろいたとえですね。うーん、確かに…。

トーマス選手復帰後すぐに痛めたところは大丈夫なのでしょうか?なんかバカーンと打ってくれる人が帰ってくるのを楽しみにしていたのであれれ?という感じ。代打専念しちゃうのかなー。地区優勝…そうですね、そういう感じもしますね。これで現役時代オジーとトーマス選手がイマイチ仲良くなかったというのに関係するんでしょうか?(ぼそ)。

そうなんですよねー。井口選手もっと出してみてもいいような気がするんですけど。オジーかたくなに休ませそう(爆)。お!そう予想されます?ぜひいい意味で期待を裏切って欲しいですー♪フレディもこれ以上崩れないでほしいですが(爆)。

あ、ナリーグはマーリンズを押していらっしゃるのですね。良いチームですものね。どちらも今年ピッチャーが安定していますし。ナリーグ東地区はまだまだ動きが解りませんが楽しみにしたいです。ちなみに、ベケット投手追っかけてましたーキャンプの時←どこまでもミーハー。ウィリス投手も好きですけど(爆)←タイプ違うやん!
2005/06/04(土) 15:56 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。