スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリナーズ:イチロー選手猛打賞、後半追い上げるも…
2005年06月01日 (水) 22:07 | 編集
マリナーズはブルージェイズとの2戦目です。今日は野茂投手の試合と重なったこともあってBS hiのみの放送になっておりました。この試合…うーん、語りどころはたくさんあるけど語りだすとあれこれ出てきちゃう…そんな感じ←勝てれば全然違ったかなぁ(笑)。

イチロー、「猛打賞」で通算1000安打まであと8本

ブルージェイズサイドからみていると、ブルージェイズとしてももなんかスッキリ勝てなかった試合だったと言えるでしょうね。7-0から7-2になってさらに9-2としたところまではよかったのでしょうが、ここから一気に9-7までマリナーズに得点させてしまったのは痛いところでしょう。この試合自軍が9点とっていたから勝てたようなものでいつもそんな試合できるわけもないですし。そういう意味から言うと、レンジャース(ただ今西地区首位)はホントに強いですね。
レンジャース、今日も8-2で勝って9連勝なのですが、8点とっても8-6とかではなく2失点で抑えているところがいいんですよね。そして全て先発に勝ちをつけていれているというのがなんともすごいなぁーと。ホント理想的です。

ホワイトソックスが今エンジェルスと戦っていて、ギーエン監督は『エンジェルスほど今年対戦していいと思ったチームはない。できれば早く街から出て行って欲しい(爆)』なんて語ってますが、タイトな試合をしてくる(抜け目なし)という意味ではエンジェルスもものすごくコワイ良いチームだと思いますが、今の勢い的なものでは圧倒的にレンジャースがコワイような気がします。爆発力があり、ピッチャーが抑えるのですから言うことナシというか(いいですねー)。

ただ、幸か不幸か今同地区との対戦をやってないんですよね。つまりどんなに連勝しても他の同地区も勝っていれば差が広がらないわけで(ただ同地区でここまで勢いづいたかどうかはわかりませんけどね。すべてたらればになっちゃいますが)。ただ、どっちにしても同地区で戦ってないことが、マリナーズやアスレチックスにしてみればホント助かっているところはあるのではないかと思います。個人的には、同地区で今の形になっていると20ゲームくらい差が開いていたかもしれないなぁということを考えると、4月の同地区対戦のスタートダッシュでこの形にならなかったのはまだまだ下位チームにも運があるのかなと思ったりもします。

マリナーズも打撃力は下位打線が弱いとはいえ、昨年と大いに違ってきていると思います。後半にあれだけ猛攻が出来るわけですから。その力があるとないとでは大違いだと思うんですよね(少なくともホワイトソックスなんかにはその力はないですし)そしてイチロー選手も久々に待望のマルチヒットを放ちましたね!5月最後にこの形が出来てよかったです。

個人的には…ただ気になっているのはやっぱり何度も書いていますがブーン選手です。ものすごくクラッチが打てなさすぎ(本来そういう役割なのに)。また一層力が入ってるんでしょうか。今日もチャンスにバッチリ打てず(泣)、7回には代打を送られてしまう始末。このところ動きの激しくなりつつあるマリナーズフロント陣もそろそろ彼にキレてきたのかも知れません。ブーン選手にとっても今年キッチリやっておくことが自分を高く売るためにも大きいんですけどね。何かぷっつりきれてしまったような。ここからでも奮起できるといいのですが…。

先発のフランクリン投手イキナリ5失点さらに2失点プラス退場処分とまぁ派手(苦笑)でしたが、マテオ投手が途中3回は締めて(その後ホームラン打たれたときはあちゃ~と思いましたが)、長谷川投手もきちんと締めてくれたので試合になったように思います。これが後続のピッチャーがだめ押しちゃうと試合の形がぼろぼろになっていたと思いますし、ブルペンの力も今日は大きかったかなぁ~と。フランクリン投手、2A時代にマウンドで思うようにならず頭に来たとき、クラブハウスでエアコンか何かの機械をぼこぼこにしたことがあるらしいのですが(当時2Aでコーチをしていたプライスピッチングコーチが止めにはいったらしい(笑))、今日も降りた後荒れていたのかなぁ~(やさしそうな顔してるんですけど意外と熱いですよね?)。うまく気分転換が出来て次のローテーションにすかっと登場できるといいのですが。

個人的にはまぁ7点差で選手を休ませたいという監督の思いもあったのでしょうが、この試合で調子のあがらないブーン選手だけではなく、早々とセクソン選手やベルトレ選手に代打を送り休ませる形にしてしまったのが後半アダになったような感じがします。解説の大島氏も言われていましたが、あれれ?もう諦めモード?という感じもしましたし、またちゃんと3.4番にチャンスが回ってきていたのに(今日はベルトレ選手も当たっていたんですけどね)なんか弱いなぁーというか(汗)。このあたり地元紙もつっこんで聞けるか(ともすると監督をキレさせる発言にもなりかねないので聞き方が難しそう)というのは気になっていますが、どうなんでしょうね。ちょっと変えてなかったら相手ピッチャーへの威圧感や与えるプレッシャーも違ったからどうだったのかなぁ?とも思いますし、なんか勝ててそうだからもったいないような感じもします(もちろんわかりませんが)。

そもそも、ハーグローブ監督って休みを与えないなぁとは思っていたのですが(以前も書いたのですがホワイトソックスのギーエン監督は結構各選手順番にお休みを取っているところからするとマリナーズの面々って出ずっぱりな気がします)、以前お休みが少ないのでは?という質問に対して、今のスケジュールでは休みが必要ではないというような趣旨の(結構合間合間にオフがあるということらしい)コメントを返されていたんですけどね。今日は大量失点だから休ませようと思われたのかな。どうせ休ませないのならここで休ませなくても…というような感じもしますが…うーん、このあたり難しいですね(あくまでも個人的な感想です)。もちろん普通は7点差がひっくり返せるとは安易に考えにくいですけどね。

ただ、今日の試合打って追いついていく形だっただけに(大量失点&得点でゲームの形としては理想的ではないですが)、勝っていればすごい勢いがついたような。だからこそもったいなかったかなー…と。ふ~。

新たにマイナーからあがってきたモース選手もフレディのトレードに絡んでホワイトソックスからやってきた選手ですが、やっぱりせっかくあがってきたのですから、活躍してくれたらいいなーと思います。

今日はドタバタの末勝てず…でしたが、マリナーズらしい形が作って行ければと思います。マリナーズがどういう形にしていきたいか(勝ちに行く)というのが見えれば、もっともっと面白いゲームもたくさん出来る力のあるチームだと思っています。明日大いに期待をしたいです。
コメント
この記事へのコメント
ちょっとは気合が届いたかな?
こんばんわ。今日も試合は見れませんでした。携帯で初回の5失点をみた時点でひっくり返りそうになりましたが、最後は7-9まで頑張ったのですね!途中で3、4番が居なくなったおかげで、最後のあともう二振り?が出せなかったのですか~旨くいかないもんですね~。
今日も試合は見られなかったので、ブルペンのことだけ少し・・(試合見た時でもコレだけなんですが・笑)
今日のブルペンはマテオ→シギィのロング要員のみで、マテオは4.1回を15人に49球。7回の最後は疲れのせいか一発病で2失点でしたが、この回数をこの球数だとなかなか良しです!案外、7点も差があったので、ロングリリーフとして少しは気楽に投げられたのかも~と思っちゃいました。状況がどうであれ、調子を戻す機会に恵まれたようで良かったです♪次に期待です←お気楽(笑)
シギィも四球が無くて良かったかな?死球はありましたが←メネキーノさんゴメンね。そういえば今日のシアトルの投手陣、四球が一つもありませんね。なのに9失点というのは、純粋に相手の打撃だけで負けたということなのねぇ( ̄▽ ̄;;)良いのか悪いのか・・。
明日の試合はライブで観られるので楽しみです。試合観られない日はGameDayやともともさんのレポで済ましちゃってますが、ともともさんの・自称『ジコチュー』とおっしゃるレポは大変ありがたいんですよ♪ジコチューなところも楽しいですが、GameDayの数字だけではわかりにくい、細かな試合の雰囲気を感じられるのが良いのです(^0^)これからもお世話になります。
そうそう、明日もブルペンに気合送っておきますね!明日はネルソン・ソーントン・ビローン・プッツあたり・・・(全員ね)。むむん!( ̄人 ̄)
2005/06/02(木) 00:05 | URL | いく #Ek7OTocY[編集]
いやほんとに
いくさん

こんにちは~。いくさんの気合いは重要ですよ。また送ってもらったので届いているといいな~(笑)。

とんでもないですー。私好き勝手書いているので(笑)まともなマリナーズファンからすると怒られるような内容かも(レンジャースのことなんかも書いてるし)。応援の中にもいろんなチームのことも含めて見れたらおもしろいかなーとついつい書いちゃうので(爆)これからも見逃してやってくださいませ~。

Gamedayだと文字面でわかりにくいときってありますよね。確かに。とくにエラーにならないエラーとか(爆)。

この試合はクラッチが欠乏していたのは確かですが、何せ監督が諦めてしまったかのように見えたのが少なくとも…○×△※~~でした。もったいなかったなぁ。

おお!気付いてませんでした(すみません~)。ファーボールがない投球が出来ているというのはすごいことですよ。ファーボールって鬼門だと思うのでいいことですよね。結果負けましたが相性や配球・調子などのこともあってだとは思います。ある種明るいニュースだと思いますよー(脳天気?)ありがとうございます。

この完全負け試合パターンがあったことで調子を落としつつあったブルペンにはリハビリとして調子を取り戻すには確かに最適だったかなと思ったりします。次に期待ですね。
2005/06/02(木) 10:10 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。