スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:ダイ選手大活躍!フレディ負傷で不安。
2005年06月01日 (水) 14:25 | 編集
ホワイトソックスは今日もエンジェルスとの対戦。しかもピッチャーはフレディでした。日本時間朝9時からスカパー!で放送があったのでもちろん観戦!しかし今日のメジャーリーグの放送はすごいことになっていましたね。

スカパー! 9:00~ ホワイトソックス対エンジェルス
BS-i 9:00~ ロイヤルズ対ヤンキース
スカパー!&BS 11:00~ アスレチックス対デビルレイズ
BS hi 11:00~ マリナーズ対ブルージェイズ

テレビがたくさんないと間に合いません(爆)。9時からはホワイトソックスを優先したのですが、もしヤンキースのゲームを見れたなら松井選手の久々のホームランをライブで見れたんですねー。でも個人的な(爆)優先順位的に仕方ないですね(笑)←ゼイタクすぎ。

最初から余談になっちゃいましたが、今日はフレディ勝ち負け付かずだったのですが、守備に置いても攻撃に置いてもダイ選手の活躍がめざましく、最後もダイ選手のサヨナラ弾丸ライナーホームランでホワイトソックスが5-4で勝ちました!
井口、フェンス直撃のタイムリー三塁打で1打点

エンジェルスに強いフレディですが、今日のピッチングは正直良くはなく、点を取られてはすぐに打撃陣に取り返してもらって…という展開。確かに4-3でリードした状態で降りたのですが、どっちかというとホント助けてもらってあそこまで来ていたので、残念ではありますがノーディシジョンで大感謝です(あの内容では負けてもおかしくなかったので)m(_ _)m。

それよりもフレディは6回アンダーソン選手にホームランを打たれてしまうのですが(もったいない~)、その後左足を彦洲っているような感じがしたというのでトレーナーと監督が出てきて交代になりました。負傷退場というわけですが、大丈夫かなぁ~~とかなり不安。怪我だけは…なくあってほしいです。

現段階では左足ハムストリングの炎症と診断されており、明日もう一度調べるみたいな感じでさらりとオフィシャルサイトに書いてありました。DL入りなんてことはないように祈るばかりです(気になる~~~~)。無事でありますように。

試合の方は、初回いきなりフィギンス選手にフルカウントの末ファーボールを出すと、早速盗塁で走られてしまい、アースタッド選手にライト線へのヒットを打たれてあっさり1点。0-1になってしまいます。フィンリー選手をショートゴロに打ち取りセカンドフォースアウトにとったあと、アンダーソン選手をダブルプレーに打ち取りチェンジ。ふ~。なんとか1点で終わりました。

その裏、ホワイトソックスの攻撃。今日のエンジェルスのピッチャーはラッキー投手。初回にいかに踏ん張れるかなーと思っていたら、いきなりポドセドニック選手がヒットで出塁すると、井口選手もあわやホームランというような当たり(壁の上の方にあたってもし向こうに行っていたらホームランだったでしょう)でタイムリースリーベースヒット!これで同点!きゃ~~。さらにローワンド選手もヒットで続き逆転成功。2-1です。すごいすごい!ただ続くコネルコ選手はレフトライナー、エベレット選手はダブルプレーでチェンジ。しかし即座に逆転をして貰えたのは大きいです。

2回表、この回ピシっとおさえてほしいところ。フレディはなんとか三者凡退にうちとりました。マクファーソン選手をライトフライ、モリーナ選手をレフトフライ、新人トッププロスペクトのコッチマン選手をレフトフライ…ただフライアウトが多いので心配です。

2回裏、ホワイトソックスもこの回は得点できず。ダイ選手がセンターフライ、ピアジンスキー選手がセカンドフライでツーアウトのあと、ウリベ選手がヒットで出塁しましたが後が続かずチェンジ。

3回表、フレディのテンポが今日はあまりよくなく…です。ワンアウトの後、ケネディ選手にファーボールを許すと、フィギンスセンシュをセカンドフライに打ち取ったものの、盗塁で2塁に進まれてしまいツーアウト2塁。しかしアースタッド選手をなんとか三振に打ち取りチェンジ。ふ~~。

3回裏、ツーアウトの後、ローワンド選手が痛烈なライト方向のヒットだったのですが、2塁へ暴走してアウト(泣)。なんかもったいないというか、相手にラッキーを与えてしまったような感じでした。

4回表、…なんて思っていたらホントに流れがエンジェルスに。こういうのがあるから野球ってコワイですよね。フィンリー選手にツーエースヒットを打たれると、さらにアンダーソン選手にも内野安打。井口選手とれそうだったのですが、捕球体制に入るのが遅く内野安打になってしまいました。うーん、もったいない。これでノーアウト、1.3塁。ここでマクファーソン選手の浅めのフライをダイ選手がキャッチしてホームへストライク!走るのをやめたのでアウトにはできなかったのですが大きかったです。見方の助けもあったので頑張ってほしかったのですが、クラッチヒッターのベンジー・モリーナ選手(今年ツーアウト未満で3塁にランナーがいるときのヒットは6打数5安打というクラッチヒッター。うらやましいです)にデータ通りのヒットを打たれてしまい2-2の同点(泣)。続くコッチマン選手はファーストゴロでその間に2.3塁とチャンスが続いたのですが、カブレラ選手を三振にしとめてチェンジ。もうアブナイ~~。

4回裏、しかし今日はホワイトソックス打線に助けられている感じ。ワンアウトの後、エベレット選手のライトフライ(簡単にとれそう)が風?で流れて(さすがウィンディシティシカゴ!)なんとぽとりと落ち、さらにはねて客席に入るというラッキーでグランドルールダブルになると(ビックリ!)、ダイ選手もヒットで続き、ワンアウト1.3塁。ピアジンスキー選手がここでセンターへの犠牲フライを放ち3-2とまたまた勝ち越しに成功。ありがたや~です。しかしウリベ選手はアウトに取られてチェンジ。この後エンジェルスベンチでライトでぽとりと落としてしまったフィギンス選手にソーシア監督がお説教?をしているところが映っていました。ピッチャーの手前もあるので(ちょっと切れかけだったように思います)みんなの前で怒ったのかなぁという感じでしたが風のいたずらとしたら気の毒かも。

5回表、ここはビシっとしずめたいところですが、ケネディ選手の当たりは井口選手を強襲、思わずぽとりとおとしてしまいこれがヒットに。しかし続くフィギンス選手のライトフライ、浅めだったのですがふらふらーとやっぱり風にあおられて落ちそうになったところをダイ選手がスライディングキャッチ!さらに1塁にボールを送り、1塁から3塁まで走っていたケネディ選手もアウトになりなんとダブルプレーでランナーなし。もうツイてます。ダイ選手先ほどの送球といい今日はノリノリ。今まで守備も危なげな印象も多かったのですが今日は大健闘ですばらしかったです。続くアースタッド選手をセンターフライに打ち取りチェンジ。

5回裏、ツキをものにしておきたいところ、イキナリ先頭バッターのクリーディ選手がホームランで4-2。しかし後が続かずチェンジ。

6回表、ここはピシっと抑えたいところですが、最初のバッターのフィンリー選手に結構苦しみました。でも三振にとれてほっとしましたが…続くアンダーソン選手にホームランを打たれてしまい4-3。あああ~。しかしここでフレディ負傷退場です(泣)。大丈夫かな~~ドキドキ。

このあとコッツ投手がフレディに変わって登板。マクファーソン選手をサードフライ、モリーナ選手をライトフライに打ち取りあっさりチェンジ。助かりました。

6回裏、少しでも点を入れたいところ、ワンアウトの後、エベレット選手がヒット、さらにダイ選手、ピアジンスキー選手がファーボールで続き、ワンアウト満塁と絶好の突き放すチャンスがやってきてワクワク!しか~~~~し、ウリベ選手がダブルプレー(泣)。これでワンアウト満塁も活かせずチェンジ。トホホーです。

7回表、ああいう後は注意しなくちゃと思っていたら、ワンアウトの後、カブレラ選手にファーボールを許してワンアウト1塁。しかしピンチヒッターのキンラン選手、フィギンス選手をアウトに打ち取りチェンジ。ほ~~。フレディも変わったしあとはゲームに勝ってくれたら…という思いでした。

7回裏、ワンアウトの後、ポドセドニック選手がセンター前ヒットで出塁。しかし今日は盗塁失敗でツーアウトランナーなしに(ああもったいない~)。井口選手もショートゴロでチェンジ。ポドセドニック選手、マリナーズ出身なのですがやはりイチロー選手に学んで今があるということをコメントしたと言うことを紹介していました。あのマリナーズの時代が元になって今があるのですから選手もどこで飛躍できるかわかりませんよね。今日は失敗しちゃいましたが、これからもGo Go SOXの腫瘍メンバーとして大いに試合をかき乱してほしいです。

8回表、この回からマルテ投手が登場。イキナリアースタッド選手にグランドルールダブルでノーアウト2塁(泣)となると、フィンリー選手のセカンドゴロの間に3塁へ進み、ワンアウト3塁。しのいで~~という思いもむなしく、アンダーソン選手にもヒットで続かれ同点になってしまいました。4-4。さらにマクファーソン選手にも連打(汗)でワンアウト1.2塁。今日のマルテ投手なんか良いところナシです(泣)。ここでポリート投手が登場。この交代がうまくいき、モリーナ選手をダブルプレーに打ち取ってチェンジ。流れをきれてよかったです。

8回裏、エンジェルスはこの回からドネリー投手が登場。しかし、ドネリー投手の前に、3.4.5番の好打順も全く塁に出れずチェンジ。とにかく終盤ですから9回をなんとしてでも抑えて裏の逆転を狙うのみです。

9回表、ポリート投手続投。先頭バッターのコッチマン選手をピッチャーゴロに打ち取り、カブレラ選手をキャッチャーファールフライ。さらにダバノン選手にはいい当たりのファールを打たれたりしてドキドキでしたが三振にしとめてチェンジ。思わずガッツポーズが飛び出ました!

9回裏、延長前にここでけりをつけて欲しい…祈る思いで先頭バッターのダイ選手ワンボールワンストライクからの3球目!ライナー性の強いあたりがそのままレフトの観客席に吸い込まれて5-4!サヨナラです~~~。見事ホワイトソックスが勝つことができました。フレディは勝てませんでしたが、今日はホワイトソックスが勝ててホントよかったです。なんといってもダイ選手の活躍があらゆるところで光った試合でした。

明日も勝ってスイープしてほしいと思っています。…あとフレディも無事でありますように(祈)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。