スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:勝てたゲーム・もっちゃり炸裂!
2005年05月27日 (金) 19:39 | 編集
う~~ん、一発に泣いたというかなんというか。ホワイトソックスはエンジェルスとの4連戦の最終戦。昨日最後エンジェルスが押せ押せだっただけに流れを心配していましたが…3-2でタイトに負けちゃいました。これで2勝2敗。コントレラス投手が安定したピッチングを見せていただけに残念です。それにしても、出ました!もっちゃりですよー、もっちゃり。またまたチャンスを生かせずもっちゃりが炸裂しまくっておりました(泣)。これではピッチャーがかわいそう(確かにリード直後の一発は不用意でしたが)な感じもします。

井口が同点タイムリーも実らず、Wソックス逆転負け

このゲーム、11時からインターネット観戦をしていました。ここ3日テレビで見れたので見れないと寂しいですねー←なんちゅうゲンキンな!これからはまた見れない事の方が多いと思いますが、ネット観戦で楽しもうと思っています。
ゲームの方は1回表、ホワイトソックスの攻撃。今日はウリベ選手がお休みで9番にオスーナ選手が入っています。またエンジェルスの先発はラッキー投手。初回は三者凡退にとられました。ポドセドニック選手と井口選手が三振、ローワンド選手はショートゴロでチェンジ。あっさりです。

1回裏、こちらもあっさり行きたいところ…ですが、なんと先頭バッターのフィギンス選手に初球ライト方向へのスリーベースを打たれると(泣)、アースタッド選手のショートゴロの間に1点。稲妻のような(笑)先制攻撃。なんと投げた球は4球。しかしここはこれ以上崩れず、フィンリー選手をセカンドライナー、アンダーソン選手を三振にしとめてチェンジ。1-0。

2回表、ホワイトソックスは昨日からの流れがあっさりモードになっているので早くヒットがほしいところですが、この回もあっさり(泣)。コネルコ選手がライトフライ、ピアジンスキー選手がセカンドゴロ、エベレット選手もセカンドゴロでチェンジ。ラッキー投手の立ち上がりよさそうです。

2回裏、この回はコントレラス投手ピシっと三者凡退に抑えました。ダバノン選手をレフトフライ、モリーナ選手をサードフライ、マクファーソン選手を三振にしとめてチェンジ。それにしても昨日と1.2番は同じですがホント違うラインナップですね。さすが昨日はフレディ用に組み替えたと言っていましたがそれだけあります。恐るべし!ソーシア監督。

3回表、ホワイトソックス相変わらずきっかけつかめずでした。ダイ選手がファーストフライ。クリーディ選手がセンターフライ、オスーナ選手がセーフティバントを狙うもアウト…うーん、初ヒットはいつ?(笑)

3回裏、こうなってくるとこちらも締めてかかりたいところ、コントレラス投手やってくれました。カブレラ選手を三振、ケネディ選手を三振、フィギンス選手をショートフライでチェンジ。

4回表、先頭バッターのポドセドニック選手がレフト線ツーベースを放ち、チーム初ヒット!これに対して井口選手もライト前ヒットで続いてポドセドニック選手がホームに戻り1-1!同点に追いつきました。さらにローワンド選手もセンターフライでノーアウト1.2塁。さらにやっと出た機動力野球!ここでラッキー選手の牽制球がそれて2.3塁になったところから、さらにまた悪送球もあって井口選手は一気にホームを狙ったようですがこれはアウトになったみたいです(泣)。コネルコ選手も三振でツーアウト3塁…。ここでピアジンスキー選手とエベレット選手に連続ファーボールでツーアウトながら満塁のチャンス!でしたが…、ダイ選手が三振でチェンジ。逆転しきれず流れがつかめず…でした。もっちゃり炸裂~~。ああ、ホームがセーフになっていたら流れがぐぐっと引き寄せれたんでしょうがうーん、残念。それにしてもこのもっちゃり感、あっさりよりはいいのですが勝ててるだけにもったいないです~。

4回裏、せっかく同点になったのでピシーっといきたいところですが、ワンアウトの後、フィンリー選手にファーボール(泣)。そしてさらに盗塁で2塁へ。フィンリー選手ってホント40歳とは思えないほどのランニングをしますよね。よほどトレーニングとかされているのでしょうか、なんか年齢を感じさせないなぁと昨日まで見ていて思いました。しかし、アンダーソン選手をレフトフライ、そしてダバノン選手を三振にとってチェンジ。ふー。この回を切り抜けました。

5回表、今度はこちらがリードをとりたいところですが、クリーディ選手がキャッチャーフライ、オスーナ選手がセカンドゴロ、ポドセドニック選手がレフトフライでチェンジ。めちゃめちゃ早打ち!ラッキー投手を思いっきり助けちゃいました(泣)。ダメダメ。

5回裏、この回ツーアウトのあとに、カブレラ選手にレフト線のツーベースを放たれましたが、ケネディ選手をピッチャーゴロにしとめてチェンジ。毎回ランナーは出ていますがリズム悪くはないです。コントレラス投手良い感じ。

6回表、この試合早いです。ぽんぽん回が進んでいく感じ(それだけ打ててないんですが(爆))。この回先頭バッターの井口選手がライトフライで倒れた後、ローワンド選手がデッドボールで出塁。さらにコネルコ選手がツーベースヒットでワンアウト2.3塁とチャンスを広げると…ピアジンスキー選手の当たりはピッチャーゴロでした(泣)。これでホームフォースアウト(はぁ~)。ツーアウト1.3塁でエベレット選手はショートへの痛烈なあたりでしたがカブレラ選手に阻まれてアウト。あ~またもやチャンスが生かせずでした。こういうことをしていると…ヤバイなぁ。

6回裏、イヤ~な流れが出てきていますが、ここはピシっと抑えて欲しいところ。それをやってくれました!フィギンス選手を三振、アースタッド選手も3球三振、フィンリー選手をキャッチャーフライでチェンジ。ピッチャーが踏ん張ってくれています。

7回表、ダイ選手がショートゴロでワンアウト、さらにクリーディ選手が三振でツーアウト…とここまではあっさりしていましたが、オスーナ選手がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁でツーアウト2塁!昨日まで出せなかった機動力が出てきました。失敗してもこれがある限り前に行きそう!Go Go Soxです。…なんて思っていたらポドセドニック選手のヒットで1点。このゲーム初めてリードをしました。1-2。これに続けと井口選手の打席で、ポドセドニック選手が盗塁をしかけましたが、これはアウト。残念~。でもらしい形になってきたかも(もっちゃりも(汗))。

7回裏、やっとリードできたので締めて~と思っていたら、イキナリアンダーソン選手がヒットで出塁(汗)。さらに手堅くダバノン選手が犠牲バント。これでワンアウト1塁。続くモリーナ選手はショートゴロで打ち取りましたが、新人マクファーソン選手に痛い痛いツーランホームランを浴びてしまい(泣)3-2と再び勝ち越されてしまいました。トホホー。クラッチヒットがなかなか出ない中、苦しんで取った直後だけに痛すぎるー。続くカブレラ選手は三振にしとめてチェンジ。いいピッチングをしてきたのにこの一発が~。

8回表、こうなったら逆転しかないホワイトソックスですが、ここでもまたもっちゃりが炸裂!エンジェルスはピッチャー交代。ドネリー投手が登場。井口選手からの打順でしたが、井口選手は3球三振、ローワンド選手はセカンドフライ…これでツーアウト。しかしコネルコ選手とピアジンスキー選手が連続でファーボール出塁し、ツーアウトながら1.2塁。ここでエンジェルスはシールズ投手に交代。さらにホワイトソックスも動いて2塁のコネルコ選手をピンチランナーのウリベ選手に交代(わお!ピンチランナーがウリベ選手ってすごい)。これは一番の山場でしたが、フルカウントの末サンシ~ン(泣)。ダメじゃん!ああ、チャンスがつぶれたのが3回目…もっちゃりもっちゃりです。

8回裏、この回からコッツ投手が登場。ツーアウトの後、アースタッド選手にレフト前ヒットを打たれ、ツーアウト1塁。さらにフィンリー選手にはボール先行でスリーボールになったところから3球ストライクをとり三振、チェンジとなりました。ふー。

9回表、もう時間はありません。この回にとにかく追いついて…と思いましたが、ダイ選手がショートゴロ、ピンチヒッターのハリス選手は三振(泣)、さらにピンチヒッターのペレス選手はセカンドゴロで終了ー。はぁ~勝てたゲームでしたがもったいないなぁー。

コントレラス投手は7回を投げて4ヒット3失点。9三振!それ以上にファーボールが1というのがいいですね。2勝2敗になりましたが、防御率は3.30。フレディよりもいいんですよね。勝ち負けは運もあると思いますが(明らかに今日はクラッチヒットに泣きましたし)この防御率を死守するつもりで頑張ってほしいです。

この次に当たるのはまたまた好調レンジャース。そしてその後はまたエンジェルスとの3連戦。西地区の首位との戦いは続きます。やはりピッチャーが整っていることは確かなのでチャンスをいかに活かせるか…ですね。幸いホワイトソックス、今先発がタイトなゲーム運びを出来ているので、今日のことをしっかり咀嚼して明日から好調のチームにぶつかっていって欲しいですね。
コメント
この記事へのコメント
打線に魅力が(汗)
貧打で負けると「長打力不足」といわれそうですが
機動力を重視するからには確実性の有無こそが問題でしょう。
来月には貴重なフランチャイズ・プレーヤーでもある
フランク・トーマスも復帰するとのことですが
彼は4番以下に座るべき。
個人的には

LF S・ポッセドニック
2B 井口資仁
RF (左打者を補強)
DH F・トーマス
1B P・コナーコ
CF A・ローワンド
C A・J・ピアジンスキー
…と続くけば
現実的理想(?)に近いオーダーに。
2005/05/28(土) 05:40 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
確実性!
ぱっくん!さん

こんにちは~。まさに確実性(というかクラッチヒット!)ほしいですねぇ~~~←切実。

ローワンド選手が6番ですか。3番に今きちっと座らせる人ってホントほしいですよね。これ現実にならないかなー。寝て起きたらこういうものになっているとうれしい←あり得ないー。

補強するときに誰を切っちゃうんでしょう?そこも気になっちゃいました(笑)。
2005/05/28(土) 10:37 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。