スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:コントレラス投手の踏ん張りで逆転
2005年05月22日 (日) 20:18 | 編集
昨日はあの記事を書いた後、速攻爆睡でした(笑)。しかし私ってスイッチがオフになるとまーったくダメダメだなぁと改めて思いました(キャンプの時も思いましたが)。お陰で今朝はスッキリ!もう通常モードです←かえってやばい?(笑)

…というわけで、今日もデーゲームだったホワイトソックス対カブスのゲームはライブで(朝3時から)インターネット観戦する余裕などなく(夢の中~でした)、今日は起きたときは全てが終わっていました(爆)。

井口12試合ぶりの欠場、Wソックスは逆転で4連勝

いやー勝ってよかったです♪カブスとのインターリーグもこれで勝ち越し決定。明日も頑張ってスイープしてほしいです。
それも先発のコントレラス投手が踏ん張って踏ん張って逆転を待っての勝ちですから、やっぱり先発ピッチャーの踏ん張りって必要だなぁとつくづく。コントレラス投手7回投げて4ヒットで1失点だったんですよ。それで8回に一挙4点を入れて逆転したので(それまで1-0で負けてたんですが)勝ち投手の権利をゲットしたわけです。よかったよかった!なにしろ、ホワイトソックス、攻撃がうまく行かず、7回まではカブス先発のザンブラーノ投手に7回投げて1ヒット、8三振とやられっぱなし。三塁まで遠い遠い状況だったようですが、これも完投をさせなかったのがよかったと思います。

いつも思うのですが、メジャーリーグの場合、どんな良いピッチャーでも100球というのが区切りになっていて最高でも120球までくらいしか投げない形になっているので(シーズンがタフで次に投げることを考えるから記録でもかかってない限りは無理をさせないですよね)、打てないなりにも粘ってボールをカットしたりしてピッチャーを代えてもらうことも大事な仕事だと思います。ピッチャーが絶好調だとやっぱりとらえるのが厳しい(相性などの問題は置いておいて)ので、攻略できれば一番ですが、それ以上に替わってもらうのが手っ取り早いような気がするんですよね(爆)。というわけで、ザンブラーノ投手を攻撃できなかったのは……ですが、交代させられたのでよかったかなーと思っています…。

そんな中、先発の一人、エル・デュケことヘルナンデス投手のDL入りにニュースがあってガーーーーン(泣)!

Wソックスに痛手 先発右腕ヘルナンデスがDL入りへ

結構ショックですが、3Aからあがってくるマッカーシー投手に頑張ってほしいな~というところ。こうなったらバッチリ治して完璧なピッチングを魅せてくれるのを楽しみにしたいです。

井口選手も高津投手もこの試合は出なかったようですが、セーブポジションで着々とポイントを重ねているハーマンソン投手。これで10セーブ。高津投手の8セーブとあわすとなんと18セーブあるんですよね。もし一人がきちんとクロージング出来ていれば確実にこのチームからセーブ王がねらえただろうに…残念です。でもこれから頑張ってほしいですね。高津投手もどんどん投げてどんどん調子をあげれるといいなぁとは思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
5-3でホワイトソックス勝ちました井口さんは休養日でしたもちろん勝ち試合なので高津も投げてません(涙)カブス先発ザンブラノすげえ!!と思った試合でしたソックス打線は7回までコネルコのヒット1本に抑え込まれてましたからでもソックス先発のコントレ
2005/05/23(月) 10:40 | 白い靴下と私。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。