スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M's vs Yankees:うーん、うーん。
2005年05月17日 (火) 22:39 | 編集
スカパー!でホワイトソックスのゲームを見ながら、11時からはマリナーズ対ヤンキースのゲームも二元中継(なんてオーバーですが(爆))で見ていました。

今日の試合、ヤンキースが劇的勝利を収めたみたいな形になっちゃいました(泣)。でも正直な話…マリナーズファンの皆様には怒られちゃうかもしれませんが(最初に謝っておきます。ごめんなさいー)、あのメンバーのヤンキースが調子がよかったら、今日のシーリー投手の調子だとヤンキースワンサイドのゲームになっていてもおかしくなかったかもしれないなぁと思います。しかし、そんなヤンキースが攻めきれずもっちゃもっちゃした攻撃になっていたわけですから(もちろんそんな中、最終的なクラッチヒットを打たせてなかったシーリー投手は頑張っていたと思いますが)、なんとかマリナーズが踏ん張って最初にもぎ取ったリードをなんとか守りきりたかった…んですけどね。

ヤンキースとしては打てそうで打てない、攻撃しているのに残塁で点につながらない…という前半はかなりいらいらしていたでしょうし、ストレス的な試合だったのではないかな~と思っています(この間一番頑張っていたのは王投手でしょうね)。でもだからこそ、このゲームをあのままマリナーズがとることができたら、ヤンキースに対してものすごいダメージを与えられる大きなゲームだったと思うんですけどね。スポーツに『たられば』はNGワードなのですが、そういうことが思えるだけに、この試合を落としたことはめちゃめちゃ残念でした(泣)。
イチローと松井秀は1安打ずつ、ヤンキース逆転で9連勝

個人的には7回の長谷川投手--シェリル投手--プッツ投手というリレーはかなりビックリしました。長谷川投手が満塁にしたのはもちろんいいことではないにしても、次に決着を自分でつけたかったところもあったでしょうが、今シーズンメジャー初登板のシェリル投手をもってくるとはそうくるのねーとちょっとどっきり。心臓が強くないと酷な場面ではあったような…(私が小心者なだけですが(爆))。

それでも頑張ってシェリル投手はマルチネス選手を三塁ゴロ(バットが折れた)に打ち取ったのですが、これがゲッツー崩れになってしまいました(泣)。これ、3塁からホーム、ホームからファーストへの送球でセクソン選手が球をうまく捕球できなかったのですが、セクソン選手からするとランナーが迫ってくるので見えにくかったというのはあるのでしょうね。私的にはあれはとれたんじゃないかなーといとも簡単に思いましたが、旦那曰く、あれは1塁への送球の中では一番難しいので、結構見ている以上にやりにくいからなぁ…と言っていました。本来もっとオリーボ捕手が半歩でも外か内に出て、ランナーを視界からはずした位置から投げれたらよかったとも言っていました(私はこのあたりやっぱり野球をやったことがないから細かいところが理解できてないです。旦那は社会人まで野球をやっていたのでそういう細かいところが見れるというのはかなり違いますね。私の場合は、結構見た目で全て判断するので、見た目がすごかったらすごいと思っちゃいますし(爆))。セクソン選手は自分の責任を感じていらっしゃるようですが、旦那曰くキャッチャーの責任が重いと思うと言っていました。うーん。

結局このワンプレーでひとつのアウトしかとれなかったことがその後の満塁弾につながったわけですが、あまりにも大きかったですね。

ちなみに、プッツ選手の満塁弾は今季2回目ですが、どちらもランナー溜めたところで登場しているのでそれぞれ4失点しているけど自責点は1ずつしかつかないんですよね(苦笑)。だから防御率にも記録的にはそんなに悪くならないなぁ…なんて思いながら見ていました。とれそうなところだっただけに残念ですが、バーニー・ウィリアムス選手の満塁ホームランが見れるとは思ってなかっただけに(今シーズンは特に)ちょっとビックリでした。調子が悪くてもここぞで打てるというのは大きいですね。

個人的には松井選手がヒットで2塁まで行こうとしたとき、イチロー選手の送球が戻ってきて、あわてて1塁に逆戻りしてヘッドスライディングしたシーンがありましたが、これはおもしろかったです(笑)。私は松井選手のヘッドスライディングをライブで見たのは初めてなのでちょっとおお!と思っちゃいました。イチロー選手がライトにいるというのは大きいですよね。改めてそう思ったワンシーンでした。

今日登板したシェリル投手は、マイナーに戻り、カンピーヨ投手がロングリリーフ出来ると言うことで明日からあがってくるようですが、このあたりは契約のかねあいもあって落とせる選手は忙しく動いている感じですね。仕方ないですがもったいないような…。うーん、難しい…。ともかくこちらも明日初先発となるマテオ投手のピッチングを楽しみにしたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
うーん・うーんっ( ̄0 ̄;;)←うなされてます
うう~ん・う~んっ。悪夢ですぅ。
今日のブルペン、もちろん弁解の余地なしなのですが・・・・・もうちょっと打撃陣も頑張ってくれよぅ~です(T^T)
ともともさんのレポの通り、5回までよく1-2でもったなぁ~というのが正直な意見です。シーリーなりには頑張ったのと、NYYのもっちゃり打線のおかげで1点リードでぎりぎり来たのでしょうが、シアトル打撃陣、ワンさん相手に、3者凡退のヤマはないでしょうよ~~っ?かたやNYYはもっちゃりだったとは言え、毎回攻撃力ありました・・・シアトルがあんな攻撃で終わっておいて、ブルペンだけを責められても・・・(別に責められてないですか?)うう~っ、でも、言い訳はできないですよねぇ。皆さんスイマセン(泣)
シギィ→左(シェリル)→プッツですが、継投パターン的には悪くなかったのですが・・・心配だったのはシギィもプッツも3連投ということでした。普通は3連投くらいは当然なのでしょうけど・・・マテオが居なくなったおかげで、急に忙しくなってしまって、身体がついていってないんじゃ~?なんて思って見ていました。(←思いっきり・ひいき目)
例のオリーボ→セクソンのワンプレーですが、ワタシ的には、あれは捕りにくかったと思います。送球がランナーと重なって見にくかったんだろうな~と思いました。あのワンプレーに対しては文句ありません。なんにしても満塁にしてしまったブルペンの責任ですから・・・はぁ。
それにしても、ブルペンが今の変化にどう対応していくかは、見守るしかできません。
明日のマテオも、頑張ってもらうしかない!
2005/05/17(火) 23:51 | URL | いく #Ek7OTocY[編集]
ううう勝てない
先制しても、なんか不安
そんで、やっぱ逆転されちゃったかア・・・

会社で見られないから、どうなったかなってそわそわして、ライブ観戦してる人と比べたらいまいち強烈じゃないんだけど、やっぱへこみますよぉ

この試合勝ってれば2戦目からの勢いも違ってただろうに、ってNYでの試合でもそんなのあったなあ・・・

なんとか打ち勝つ試合が見たい!
第2戦猛打爆発して勝ってください
ってねえ神頼みのような・・・はぁ~





2005/05/18(水) 05:29 | URL | あずさ #9kCLbamA[編集]
勝つべきチャンスを…がっちりと
>いくさん
こんにちは~。この試合で勝ちきれなかったのが響いた感じになってきましたね。せっかくだっただけにもったいなかった。ホントブルペンこのところフル稼働過ぎるような感じがします。やっぱりマテオ投手が抜けてのブルペンはかなり不安度がありますし、他の選手の連投も気になりますよね。3連投当然なこともあるとはいえ、やっぱり疲れはたまるような感じはしますね。

ブルペンへの責任感はさすがいくさんという感じがします。私はあの場面確かに打たれたブルペンの結果はいいとはいえないですが、むしろそれまでに勝負つけれたような感じがしますね、やっぱり。うーん、もったいなかったですね。

>あずささん
こんにちは~。先制しても不安というのはやっぱり先発の安定度なんでしょうが、せっかくのQS(しかもシーリー投手(失礼))だっただけにもったいないですね。逆転ということばに『やっぱ』がついちゃうのは悲しすぎる~(泣)。

どんな状況でもやっぱり応援しているチームが変な負け方するとへこんで当然だと思います。今日見事に響いちゃいましたが(泣)。うーん、やっぱり勝つべき時にきっちり勝っておかないとつらいなぁ~としみじみです。
2005/05/18(水) 17:48 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。