スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:打線がバーリー投手の我慢に応える
2005年05月14日 (土) 21:59 | 編集
今日は朝9時からインターネットでホワイトソックスのゲームを…そして11時からBSでアスレチックス対ヤンキースを、スカパー!でマリナーズ対レッドソックスを見ました。

その後午後からコンピュータの調子がおかしくなり、また仕事も入っていたのでそういうことをしていたら書くのがすっかり遅くなってしまいました。体調を崩しているわけではないので(メールなどでご心配いただきありがとうございます~)ご安心を…(ミーハーがある限り不滅です←コワイ(爆))。

これらの試合を全部見て思ったのは…ひいき目なしでも今はホワイトソックスがやっぱり強いなぁ…ということです。確かに今日の試合マリナーズは大爆発をしたのですが、マリナーズにしてもアスレチックスにしても先発ピッチャーが試合を作れてないということがやはり課題的には大きな問題だと思います。思うことはたくさんありますので、それについては後ほど書いてみようと思います。

さてそのホワイトソックスですが、東地区首位のオリオールズとの4連戦の2戦目になります。
井口、タイムリー二塁打で3試合ぶりの打点

今日も逆転勝利で連勝ですー♪今日の試合、なんといってもバーリー投手が3点先取されつつも、見方の打線が打つまで我慢強く待ち続け、またそれに応えるようにチームも逆転し、チームは勝利!そして見事にバーリー投手は勝ち投手になりました。最高の形だと思います。さすがバーリー投手です。私個人的には、バーリー投手が投げていると最初に点を取られても責任回は必ず投げてくれる心強さがあるんですよね。それは私が感じるだけではなくもちろん野手にもすごく心強いことであり、それが信頼関係でも大きいような気がします。バーリー投手は今日も8回を投げきり107球。5ヒット、3失点、1ファーボール、5三振でした。

さて、ゲームの方ですが、1回表、オリオールズの攻撃。ロバーツ選手にいきなりヒットを打たれますが、モーラ選手を三振、そしてテハダ選手の打席の時にランナーのロバーツ選手を牽制アウト、テハダ選手をセカンドフライでチェンジ。立ち上がりいい感じでした。

1回裏、ホワイトソックスの攻撃。ポドセドニック選手がレフトフライ、井口選手がショートゴロの後、今日も3番に入っているローワンド選手がツーベースヒットを放ちますが、コネルコ選手はショートゴロでチェンジ。残念。

2回表、ここもワンアウトの後、サーホフ選手にヒットを打たれますが、続くゴメス選手をダブルプレーでチェンジ。きっちり3人ずつでチェンジできてます。

2回裏、先頭バッターのダイ選手がヒットで出塁しノーアウト1塁。ピアジンスキー選手は三振でワンアウトの後、クリーディ選手の打席でなんとダイ選手が盗塁!ダイ選手今季初盗塁ですが、いかにも盗塁しなさそうな選手だけにビックリ。打率がよくないダイ選手、せっかくランナーとして出たからには何かしたいと思ったのでしょうね。本当に勝つ、チームが強いということはFor the TEAMになっていくのだなぁーとつくづく実感。ちょっとうれしかったです。ところが、クリーディ選手は三振、ハリス選手もショートゴロでチェンジ。チャンスがつながりませんー。

3回表、この回も三者凡退。パルメイロ選手を3球三振、ギボンス選手をショートフライ、リード選手をサードゴロでチェンジ。淡々と回を終えていくバーリー投手、いい感じです♪

3回裏、ワンアウトの後、ポドセドニック選手がヒットで出塁し、ワンアウト1塁とすると、今度こそチャンスを広げたいところだったのですが井口選手がダブルプレーでチェンジ。ランナーは出すのですが…。

4回表、この回もロバーツ選手をショートゴロ、モーラ選手を三振に打ち取り、ツーアウトまであっさりととれたのですが、テハダ選手に今日チーム初ヒットを打たれると、続くロペス選手にファーボール…。これでワンアウト1,2塁。ファーボールを滅多に出さない投手だけにちょっとどっきり…なんて思っていたら、続くサーホフ選手がレフト前ヒット。これでテハダ選手がホームに帰り、0-1。さらに1.2塁でゴメス選手。さらにゴメス選手にタイムリーツーベースを打たれて2点追加で0-3。これ以上はなんとかしのいでほしいと思っていたら、続くパルメイロ選手はレフトフライでチェンジ。ふ~~。今日は先制されてしまいました。

4回裏、ホワイトソックスの攻撃。ワンアウトの後、コネルコ選手はストレートのファーボールで出塁。このチャンスを生かしたいところですが、ダイ選手のサードゴロでセカンドフォースアウトになりツーアウト1塁。しかしピアジンスキー選手がヒットを放ち1.3塁とチャンスだったのですが、クリーディ選手はレフトフライでチェンジ。うーん、すぐに追いつきたかっただけに残念。クラッチヒットがなかなかでません。しかしこれで勝ってきているのでなんだかあまり不安ではなくなってきました(もっちゃりに慣れただけだったりして(汗))。

5回表、バーリー投手4回とうってかわってあっさりと三者凡退に。ギボンス選手を初球でライトフライ。リード選手をサードゴロ、ロバーツ選手をセカンドフライでチェンジ。さすが切り替えが早いですね。このあたりが安心感を感じるところです。

5回裏、早く追いつきたいホワイトソックス。ツーアウトの後、ポドセドニック選手がセンターへの痛烈な当たりでツーアウト1塁とすると、井口選手の打席ですかさず盗塁で2塁へ。今季18個目の盗塁です。そして井口選手がここでタイムリーツーベースでまず1点。1-3となりました。さらに…といきたかったのですが、ローワンド選手はショートゴロでチェンジでした。うーん、残念。

6回表、この回もモーラ選手をセンターフライ、テハダ選手を三振、ロペス選手をセカンドゴロにうちとりあっさり三者凡退。ホント4回以外はすばらしい安定感です。頑張って追いついてほしいー。

6回裏、ホワイトソックス、じわじわと点を取り出します。やっぱり先取点をとられてもリズムよく投げていれば流れがよくなってくるのですね。コネルコ選手がヒットで出塁の後、ダイ選手は三振で倒れましたが、ピアジンスキー選手が今日2本目のヒットで続きワンアウト1,2塁。ここでクリーディ選手はファーストフライ(泣)。しかしハリス選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、コネルコ選手がホームまで戻ってきて2-3。1点差まで詰め寄りました。ツーアウト1,2塁とまだチャンスになっているので同点に追いついてほしかったのですが、ウリベ選手はセカンドゴロ出アウト。あと1点、がんばれ~~。

7回表、この回もバーリー投手は三者凡退。うーん、完全にリズム保っています。先頭バッターのサーホフ選手をセンターフライ、ゴメス選手をレフトフライに、さらにパルメイロ選手をセカンドゴロに打ち取りチェンジ。フライは増えてきましたが、それでも安定感あるかたち。しかも粘られず早撃ちを誘っている感じです。完全バーリーワールドが作れている感じがします。

7回裏、ホワイトソックスの攻撃。連続で点を取れているのでこの回も得点したいところだなーと思っていたら、ポドセドニック選手が客席に飛び込むグランドルールダブルでノーアウト2塁になると、オリオールズはピッチャーを交替。ウィリアムス投手を投入しました。そして井口選手はなんとファーストのパルメイロ選手のエラーで1塁セーフとなり、その間ポドセドニック選手は3塁へ。ノーアウト1.3塁。さらにr-わんどせんしゅに派ストレートのファーボールでノーアウト満塁!この回ビッグイニングに。なんとか逆転してほしいところ…でコネルコ選手。祈るような思いで見守る中、ツーストライクと追い込まれてからセンターへの強烈なヒットでポドセドニック選手と井口選手がホームへ。これで4-3と逆転成功です♪やったー。しかもノーアウトでまだランナーも1.3塁とチャンスが続いているので一気に点を取ってほしい中、ダイ選手はサードゴロでホームでアウトを取られてワンアウト1.2塁に。オリオールズは再びここでクライン投手に交替し、ピアジンスキー選手をセカンドフライに打ち取りツーアウト1,2塁。しかしクリーディ選手はファーボールを選び、これで満塁!またチャンスが到来です。ここでハリス選手に替えてエベレット選手。ドキドキ…。エベレット選手やってくれました!ここでヒットを放ち一人ホームへ…そして二人目も…といきたかったのですが、ダイ選手はホームでアウト(泣)。これでチェンジですが、一挙に3点をとり、この回5-3と逆転に成功です。これもバーリー投手が辛抱強く投げ続けているからこその流れだと思います。

8回表、この回もバーリー投手は三者凡退に。ギボンス選手をファーストゴロ、リード選手を三振、そしてロバーツ選手をセカンドゴロ…と完璧な内容。本当に4回以外はすべて三人で抑えるというナイスなピッチングでした。お疲れさまー。

8回裏、この回またオリオールズはピッチャーをリード投手に交代し、今度は追加点を許してくれませんでした。ウリベ選手はセカンドゴロ、ポドセドニック選手も初球をたたいてセカンドゴロ、そして井口選手はライトファールフライでチェンジ。三者凡退で終わったのは8回が初めてです。うーん、追加点とはいかなかったのであとは9回を締めるのみ…ですが。

9回表、出てきたのは昨日に続きハーマンソン投手でした。今日もハーマンソン投手完璧な内容でオリオールズ打線を抑え三者凡退。モーラ選手を三振、テハダ選手をサードゴロ、ロペス選手をファーストフライでゲームセット!

5-3でホワイトソックスの勝ちです♪これでバーリー投手は6勝目!ホワイトソックス、タイトなゲームをとれているのは調子がいい証拠ですね。昨日井口選手も1点差のゲームを取れるチームの強さを語っていましたが、バカ勝ちはもちろんできるに超したことないのですが、タイトなゲームを取れるかどうか…というのは本当に大事だと思うのでうれしいです。そしてバーリー投手さすがですね。先取点をとられてもあわてることなく自分のピッチングを続けて見方の援護を待つ…フレディも見習ってほしいところです~あの精神力(笑)。

明日フレディですが…今度はぱりっとしたピッチングを魅せてほしいです。テレビはないのですが、インターネット観戦を楽しもうと思います。頼むよー(祈)。

高津投手、今日もこのシチュエーションででれなかったのは残念ですが、オフィシャルサイトに高津投手はクローザーにこだわらないからもっと登板機会がほしい、たくさん機会があったほうがよりいい感じで投げれるようになると思うということを話されていました。

高津、不振脱出へ向け中継ぎで「修行」か?

オジーはその時々でいいと思った選手をクロージングに使うと話していましたが、チームのためにも自分のためにも機会を増やして安定感あるピッチングをしていきたいと思われたのでしょうね。私も中継ぎででも機会をたくさん持つのは大事かもしれないなと思います。やはりチームの一員として勝ちに貢献したい…そういう思いだと思いますが、ぜひその思いを胸に頑張ってほしいです。今後どういう形でギーエン監督が使われるかわかりませんが、ぜひいい形になりますように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
5-3でホワイトソックス勝ちました井口さん5打数1安打1打点、3試合ぶりの打点でーすん~…ゲッツーマシン(するほう)になってませんでした??先発はバーリー!!ということで安心してみていたのですが…まさかの4回表、四球でヒットでタイムリー、先制さ
2005/05/16(月) 00:50 | 白い靴下と私。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。