スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:もっちゃりからスッキリへ
2005年04月21日 (木) 21:54 | 編集
ホワイトソックスは今日はタイガースとのゲームでした。実は夕方にこの記事をほとんど書き上げていたのですがなんとパソコンがフリーズしてしまい、あえなく消えてしまいました(泣)。My Computerのフレディはご機嫌斜めのようで(汗)←ホワイトソックスにちなんでホワイトカラーのeMacです(一代前はマリナーズカラーインディゴブルーのiMacでした←どこまでミーハーやねん!って感じですが(汗))。えーん、ほとんど出来ていたのに…(泣)。先にホワイトソックスの記事書かなかったからかなぁ~(ウソ)。ちなみに、日常で結構フレディにちなんでるものって多いんですけど(オバカ)、生死がかかわってくるのでペットにはどうしても名前が付けられなくて、このページのこうさぎにつけて満足しています(ああ、どこまでも小心者)。

…としょうもない話はさておき、今日からホワイトソックスはタイガースとの2連戦です。
なんと9-1と快勝!これで11勝4敗と中地区トップで来ています。11勝でここまでくるのは1981年以来ということだそうで(ずいぶん長いことないのねー)、ベスト記録なのだそう。なんとも良い感じですね。今日もテレビ中継はないのでインターネットで観戦です。

余談ですが、タイガースは現在中地区4位ですが、打線がすごく好調で、なんとアリーグの打撃トップ10傑に4人も入っているチームなんですよ(4/19現在)。

5位 イバン・ロドリゲス選手(.385)
6位 ドミトリ・ヤング選手(.375)
8位 ブランドン・インジ選手(.358)
10位 カルロス・ギーエン選手(.353)
(チーム打率.282)

すごすぎるー。これが1番から4番までつながっているからまたまたコワイ。(インジ選手--ギーエン選手--ロドリゲス選手--ヤング選手)ここをどう断ち切るかがポイントになるだろうなとは思っていました。それにしてもフレディのバディ(親友)のカルロス(ギーエン選手)、タイガースに行ってからかなり調子がいいです。昨年はオールスターまで選ばれていましたし、なんかひと皮むけたのかなー。でも記録そのものを見ていると大きな当たりを捨ててる感じで、とってもいいと思います。マリナーズ時代にピネラ監督に、2番に据え置かれたときに、2番でしっかりイチロー選手を見て学ぶように指示をされていたことがありますが、そのころから徐々になにかつかんでいったんでしょうか。もっと盗塁とか出来るようになるとさらにコワイ選手になってくるかなーなんて思ってます。カルロスも本当に人が良くてすっごくやさしかったので密かに応援しています(フレディのお友達だし←ミーハー)。

ちなみにホワイトソックスはこの打撃10傑には入っていません(泣)。一番打率がいいのは井口選手で17位(3.26)、チーム打率は.259。ちなみにピッチャーの防御率は3.38でアリーグナンバーワンですので、これで勝ってきている感じですね。

さてさてゲームの方は、こういう打撃チームとの戦いでしのいでしのいで…という展開になるのかと思いきや、イキナリホワイトソックスにチャンスが訪れました。1回表、ポドセドニック選手がヒットで出塁し、井口選手の三振の後、エベレット選手のショートゴロの間にポドセドニック選手が2塁へ。これで2アウトランナー2塁。今日も点が取れるチャンスを狙ってポドセドニック選手がスチールを決め3塁まで行くと、コネルコ選手も9球粘ってファーボールを選びツーアウトながらも1.3塁のチャンスを作りました。そして、絶不調だったダイ選手が3ランホームランで先制!3-0です。

ダイ選手は今シーズンアスレチックスから移籍してきた選手ですが、なかなか打てない感じでした。今日のオフィシャルサイトを見ていると、どうも今までなかなかリラックスして打てなかったとのこと(新しいチームで緊張もあったそうです)。ぜひこれからはリラックスして良い形でバッティングして欲しいです。

この後もローワンド選手とウリベ選手の連続ヒットで1.2塁とチャンスが広がったのですが、Widger選手がセカンドゴロでチェンジでした。

得点をした裏のタイガースの攻撃、ここはピシっと抑えたいなぁと思っていたらすばらしい立ち上がりで3者凡退でガーランド投手切り抜けてくれました。このまま行きたかったのですが、さすがにそうはいかず、タイガースのチャンスが3回裏に訪れました。まずインファンテ選手のこの試合チーム初ヒットとなるツーベースでノーアウト2塁。続くローガン選手がこれをバントで堅く3塁まで送り、1番からの好打順に回しました(あの打率ですからね)。期待通りインゲ選手がツーベースを放ち3-1。このままのせたくないなぁと思っていたのですが、ここはガーランド選手がギーエン選手、ロドリゲス選手をゴロで打ち取り後続に仕事をさせませんでした。ナイスピッチング!

そして次にどちらが中押しするか…と思っていたら、ホワイトソックスに来ました!チャンス。ワンアウトからポドセドニック選手がヒットで出塁し、またまた盗塁を決めると、井口選手もヒットで続いてワンアウト1.3塁。そしてエベレット選手の犠牲フライで1点追加で4-1。続くコネルコ選手のツーベース(ground-rule doubleと書いてあったので観客席にボールが飛び込んだんでしょうか)でツーアウトながらまたまた1.3塁のチャンスになると、ダイ選手がヒットを放ちさらに2点追加で6-1。今日のダイ選手は5打点の活躍!ただダイ選手2塁まで走ってアウトになっちゃいました。もったいないー(泣)。その裏、津0アウトから連続でヒットを打たれて1.2塁のピンチになりましたが、ガーランド投手落ち着いたピッチングでギーエン選手をファーストゴロにしとめてチェンジ!今日は投打のリズムがすごくいいです。もっちゃりの毎日がうそみたい(笑)。

6回表、タイガースは中継ぎのグッド投手に交代しました。が、流れがいいホワイトソックス、この回も良い感じで攻めてくれました。ワンアウトの後、ウリベ選手とWidger選手が連続ヒットで出塁し、ワンアウト1.2塁。続くクリーディ選手が3ランホームランでさらに3点追加で9-1。効率的です。すごいすごい!そしてその裏のガーランド投手、3番からの攻撃でしたが、ここも早いテンポで3人ぽんぽんと片づけました。今回も絶好調です。

そして9回表、ホワイトソックスの攻撃。クリーディ選手がファーボールで出塁後、ポドセドニックが猛打賞となる3本目のヒットでノーアウト1.2塁のチャンスを作ったのですが、井口選手がレフトフライ、ピンチヒッターのハリス選手が三振、途中から替わっているグロード選手もライトフライと、ここでは残念ながら追加点ならずでした。でもいつもよりももっちゃりしてなくてすごくスッキリした試合でした(笑)。

ホワイトソックスのピッチャーも1点取られていてシャットアウトゲームにならないということもあるからでしょう、完投はせず、コッツ選手に交代。このコッツ選手も3人できっちり締め、流れを完全にタイガースに感じさせないまま終わることができました。今までかつてこんなにスッキリゲームが見れたことないかもしれないです(だいたい接戦が多いので…)。

なんといっても今日はダイ選手のタイムリーと先発ガーランド選手のナイスピッチがすごかったです。ガーランド選手8回を投げて96球。ヒット5、ファーボール2、三振4、失点1…これで3勝0敗負けナシです。このまま好調をキープして欲しいと思います。

明日はデーゲーム!なんとこのゲームは日本でスカパー!生中継があります(朝の2時から)。ホワイトソックスの先発はバーリー投手。このカードも2ゲーム制なのでスイープしちゃいたいところです。そしてタイガースの先発は21歳で開幕投手を務めたボンダーマン投手。こちらもどんなピッチングをみせてくれるのか楽しみです(また投手戦かなー)。
コメント
この記事へのコメント
きゃ~
Masaさん

こんにちは~。私のテレビ観戦レポなんぞでよろしいんですか~。なんか緊張してきました(笑)。アップしていますが…良いゲームでしたよ♪

あはは、井口選手の渋々顔みたかったなぁ~。なんか思いっきり表情に出そうですよね。あ、Wasabi(高津投手)かハラペーニョ(フレディ)かというやつですね。サイトのCMで見たのですが、テレビで見てみたいですねー。でかいと迫力なんでしょうね。今年のホワイトソックスのCMは格好良く仕上げてあるということですが、地元評価はどうなんでしょうね。

ホワイトソックスがカンザスシティに移動したときに行くレストランとかはわからないのですが、泊まるところはオフィシャルでメディア用に発表しているところをメールで送っておきますね♪ホテル名と電話番号しかわからないのですがすみません~(泣)。

フレディ追っかけ隊員…心強いですー。良いピッチングしてくれるといいな。ハッパかけておいてください(笑)。
2005/04/22(金) 15:11 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。