スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:エース対決の結果は…
2005年04月11日 (月) 16:47 | 編集
今日はデーゲームが多い中、ホワイトソックスの試合はESPNで放送されると言うこともあってかナイトゲーム。お陰で日本時間朝9時からライブで観戦することができました。ああ、スカパー!万歳(笑)。

朝にmajor.jpでマリナーズの結果を見てしまい(泣)、うわー…今日も6-7で負けてるーと思ったのですが、ホント毎日毎日6点もとってもらっていて勝てないのではいい加減、野手も『何点入れればいいねん!』と精神的にキレそうだと思います(苦笑)←少なくとも私だったらキレてますが。なんだか昨年のオリオールズを見ているような感じがしますね(150打点のテハダがいても勝てないチームでしたもんね)。10:10から昨日のごとく録画放送がBSであることはわかっていたし、実際こちらもつけていたのですが、どっちかというと(いえ、かなり)ホワイトソックスのゲームの方に夢中だったので流して見ているような感じでした。やっぱり負けてるってわかるゲームを見るのはつらいです~。

…というわけで、話を戻してホワイトソックス。今日はツインズとのカードの最終戦でした。これに勝ってスイープ!したいところ。しかも先発もホワイトソックス:バーリー投手、ツインズ:サンタナ投手(昨年サイヤング賞)のエース対決です。すばらしい!この先発だけでかなりわくわくしていました♪
試合が始まっていきなりホワイトソックスの押せ押せムード!この日1番はポドセドニック選手ではなく、オープン戦で超好成績を挙げてマイナーからメジャーの座を勝ち取ったオスーナ選手でした。このオスーナ選手がヒットでさらに井口選手がツーベース!サンタナ投手の初回をイキナリ攻めて良い感じ♪そしてエベレット選手の犠牲フライで1点入れるのですが、この1点のみ。その後が続かず…残念でした。

そして3回、再びホワイトソックス。先頭打者のウリベ選手がヒットで出塁後、盗塁で2塁へ。そしてオスーナ選手が犠牲バントで3塁へ進めてから井口選手の犠牲フライで1点追加!ヒット1本で作戦と足を絡めてもぎ取った点。ホワイトソックスが今シーズン目指している野球だなーと思いつつ、これはサンタナ投手相手でもイケルかも!とほくそ笑んでいました…が!そんなに甘くなかった(泣)。

3回裏今度はツインズの攻撃。初回からファーボールがイキナリ出たりしていつもよりは調子がイマイチかなと思いつつも試合を保ってきていたバーリー投手ですが、一気に攻められてしまいました。リーバス選手に初球をヒットにされた後、ワンアウトでカストロ選手にもヒット。これでワンアウト1.3塁。続くマウアー選手を三振にしとめてツーアウトまで行ったのですが、リクロイ選手のタイムリーでまず1点。そしてハンター選手のスリーランが飛び出してこの回一挙4点を失いました。逆転ですー(泣)。

余談ですが、このときタイムリーを放ったリクロイ選手。左ピッチャー(バーリー投手は左ピッチャーです)にはめっちゃ強いみたいですね。なんかすごく威圧感ありました(私が感じても仕方ないんですけど(笑))。旦那にきいたところ、立ち位置からしてそうなのだとか。このバッター右打者ですが、思いっきりボックスの左端後ろの方に立つんですよ。極端なくらいで私もなんで真ん中に立たないんだろう?と思ったくらいでした。なので、当然右ピッチャーでフレディみたいな外角に落とすカーブを投げたら比較的三振してくれやすいだろうと言っていました…う、当ててあげたい(笑)。

でもすごいなと思ったのは、バーリー投手はこんな場面でもあまり表情に出ないということ。本当にすぱっと切り替えて淡々と試合をすすめて行きました。マウンドで焦りが出やすいフレディからすると、同じチームに若くても精神的にタフなエースがいるというのはすごく勉強になるのでは?と思います(コントレラス投手にしてもそうですが)。5回にもバーリー投手のヒットと2者連続ファーボールでノーアウト満塁になるピンチがあったのですが、ゲッツー崩れ(井口選手の送球が浮いてしまいました(泣))の間に1点を入れられただけで、その後もう一度ゲッツーを取ってチェンジ。本当に落ち着いてゴロをどんどん打たせて取るピッチングを続けていました。本当にすごいです。そしてこのゲーム、確実に調子が良くないにもかかわらず、7回キッチリ投げてゲームをぐちゃぐちゃにはしないところもすごいです。これぞエースなのかもしれないですね。負けはしたものの感心しちゃいました。

そして相手のピッチャーサンタナ投手ですが、徐々に調子を戻していき、こちらも7回2失点で切り抜けました。なんと三振11個ですからねー(井口選手以外の先発メンバー全員から三振をとりました)。はぁ~すごい。それにしても、サンタナ投手ってやっぱりサイヤングを取るピッチャーだけあって、簡単に負けませんね。負けない(ノーディシジョンも含めて)というのは最大の強みですし、最初に点を取られても試合をキープする力も精神的にも優れているのでしょうね。そしてキッチリ2勝目をマーク、いやすごいです。でもやっぱり負かしたかった(笑)。

ホワイトソックスは8本ヒットが出ているのですが、今日は良い形でつながらず…追加点を挙げることは出来ませんでした(三振が多すぎで攻撃がとぎれていた感じがします)。井口選手は3打数2安打1打点でした(三振はゼロ!)。

井口、メジャー屈指の左腕から2安打 初の失策も

また、今日の井口選手、ひとつエラーがついていますが、あのエラーは正直かわいそうでした。ジャンプしてファーストに投げたのですが、コネルコ選手がワンバンウンドの球をはじいてしまったんですよ。解説の人もとれる球だと言われていましたが、私もとれると思います(あとでサードのクリーデ選手が同じようなジャンピングスローをした球は捕っていましたし(汗))。5回に送球がそれたときも最初エラーになっていたのですが、訂正があってエラーにはならなかったようです。こっちは明らかに井口選手が球を浮かしてしまったものだったので、ちょっと焦りの顔をしていましたが(気にしてそう…)。

残念ながらスイープは出来ませんでしたが、最初のインディアンズとの三連戦に続き、2勝1敗ペースで勝ち越してきています。次もまたインディアンズとのカード…と中地区対戦が続いているので勝ちを確実にモノにしていって欲しいと思います。

…というわけで、明日はフレディの先発。前回と同じくインディアンズはミルウッド投手で、まさにBack to Back対戦です。今度はフレディが優勢な試合を進められるように頑張ってほしいです。ちなみにクリーブランドで15:05開始(ET)…ということは…日本時間朝4:05です。がんばりますー(泣)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。