スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果を出す必要性
2005年03月31日 (木) 16:52 | 編集
アスレチックスのオフィシャルサイトを見ると、アスレチックスはブリュワーズに快勝していました。先発はバリー(ジト投手)。7回投げて7ヒットうたれているものの1失点(しかも初回のソロホームランのみ)といい感じで投げられたようでよかったです。このところバリーは良いと悪いが交互に来ていたのですが、オリオールズ戦の開幕投手にも正式に指名されましたし、いい形でシーズンを迎えて欲しいです♪

で、この試合ですが、バリーとクローザーと言われているDotel投手だけしか投げていませんでした。まさにシーズンモード。ただ今日確か藪投手が投げる予定だったような…と思って気になってニュースをめくっていると…メジャーのオープン戦ではなく、マイナークラスの練習試合で投げていたのですね。

藪結果残せず…1回2失点

米大リーグ、アスレチックスの藪恵壹投手が30日、アリゾナ州フェニックスで行われたマイナークラスの練習試合に登板、1回を3安打2失点だった。

レンジャースの3A相手だったようですが、うーん…。

実は前から少し気になっていたのですが、ここにきて、今までの記事をさーっと見ていて個人的にひとつひっかかることがあります。
今回も「フォークを多めに投げようと思っていた。だいぶ落ちがよくなってきた」と前向きにとらえていた…というコメントを出されていましたが、この言葉も含めて、藪投手に比較的変な(というかうまく言えませんが)余裕を感じるということ…これが少し気になっています。

もちろんマイナーの試合で投げること自体は別にどういうこともないです。調整なのでしょう。ただ、やっぱり、どういう理由であれ、今は首脳陣としてはオープン戦での『結果』が欲しいと思っているのではないかと思います。日本でどれだけ活躍したとかそういうものはバックボーンにはなると思いますが、メジャーでこれからやっていく判断の材料にはならないわけで…。メジャー契約ですし、調子がどんなに悪くてもマイナーに簡単に落とされることはないですが、やはり信頼を得るためにはどうしても『結果』、これがそろそろ必要ではないかなと思います。そういう意味では最初からむしろとばしすぎじゃない?というくらいどっちかというと飛ばしたほうがよかったとは思いますが、いずれにしても、落とすとか残すとかそういう意味では必要ないですが、そういうのではなくチームの一員として信頼されるためのアピールは確実に必要視されている、そんな気がします。

きつい言い方になってしまいますが、メジャー契約とかそういうことでチームにいるのではなく、信頼ある1/25として頑張ってほしい。だからこそあえて書いてみました。本当にそう願っています。次回のピッチングが恐らくシーズン前最後のものになると思いますのでぜひ結果を出して欲しいと思います。

最後に話が違いますが、先日残る3人で最後の先発ローテの戦いになっていましたが、マイヤー投手が今日マイナー行きを命じられてエサートン投手とSaarloos投手の戦いになってきました。どちらが勝ち上がるのかこれまた楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。