スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【White Sox】ツーソンへ…そして愕然
2005年03月02日 (水) 09:29 | 編集
2/27はホワイトソックスの練習を見に行きました。

シカゴホワイトソックスの練習は2002年の3月に見ようと思って見れなかったという思い出があるため、かなり不安になりながら(一応はオープン戦が始まるまではOKと書いているものを見てはいたのですが(汗))ツーソンまでロングドライブ。フロリダにいるときは、毎日ロングドライブだったので慣れというか習慣になっていて体もロングドライブモードになっていたのですが、アリゾナに入ってからはわりと近場(それでも30-50キロくらいは離れてたりしますが)が多かったので結構きつかったです。

P2278674s.jpg
↑久々片道130マイル(約208キロ)の旅です。
P2278676s.jpg
↑フェニックス市内からひたすら南へ…ツーソンまでのドライブです。

P2278678s.jpg
↑途中でTempeにあるエンジェルスの本拠地Diablo Stadiumが高速沿いに見えます。

P2278696s.jpg P2278686s.jpg
↑徐々に道路の横に何もなくなっていき…そして山にでっかいサボテンが…たくさん!!アリゾナチックです。

ホワイトソックスは、Tucson Electric Parkというスタジアムを本拠地としていて、ダイヤモンドバックスと一緒にホームとして使用しています。そしてスタジアムをはさんで練習場がそれぞれに展開しています。以前ダイヤモンドバックスの練習は見たことがあるので同じような感じかなと思いつつも、今年2月に体験しているマーリンズとカーディナルスの違い(マーリンズは選手が身近、カーディナルスは選手との接点が厳しい)なんてこともあるし…まだわからないなぁーと思いつつ、それでも期待に胸をふくらませて練習場へ。

この日到着時刻が9時半と遅かったにもかかわらず、この車…日曜なのにどうしたものか?と思いました。

P2278713s.jpg
↑日曜でこれ?というのはびっくりです。

でもまぁ隣で地元のダイヤモンドバックスがやってるからかなと思いつつ、練習場内へ。練習場に入るとき簡単な荷物チェックがありました。

P2278714s.jpg
↑練習場へのプロムナード。

ところが、サードベースが近くなった頃からフェンスが…。

P2278716s.jpg
↑気になるフェンス。

ホワイトソックスの練習場はこの管制塔をぐるっと囲むように4面ありました。

P2270804s.jpg
↑管制塔です。ただし上るのは禁止になっていました(メディア以外)。

ぐるっと練習場があるのはいいのですが、気になるのは同じくぐるっとあるフェンス。これひょっとしてここからでれない…とか…といやな予感。

P2270809s.jpg P2278719s.jpg
↑左:ぐるっとフェンスでかこってある先にそれぞれ右のような練習場が広がっています。

P2270803s.jpg
↑そしてなんとフェンスのところにはセキュリティが!

やっぱりここから出ることは許されないのでした。ガーン!つまりファンは真ん中だけにいることがゆるされて、選手がそこに近づかない限り接点はなく、練習はもちろんこの日の紅白戦も金網にはりついて(笑)見ることは許されず、その真ん中から遠目にみるだけなのでした。

これ、一度来たら多分ファンは来ないですよね。だってスタジアムの方が金網なくてみれますもん(苦笑)。カーディナルスの時は練習自体が見れない!という感じだったのですが、ここの場合は見れるのは見れるけど、まるで動物園状態(汗)。檻の中にいる選手を遠目で見てるそんな感じです。ふれあいなんてどこに行ったの?状態で、しかも全体練習をする場所もブルペンもファンが行ける場所からすると一番遠く、小さく見えるのみ。双眼鏡がいるかもです(泣)。

この前日マリナーズのファンフェスタや練習で間近に選手をみていただけに、なんなんだーこの隔離状態は?という感じでした。しかも日曜というのに来ているファンは20人くらいですよ?そんなにセキュリティしなくても…って感じです。感じ悪いなぁと個人的には思っちゃいました。大物スラッガーが多かったからその名残なのかはわかりませんが、スタジアムをはさんで練習しているダイヤモンドバックスは通路をファンも通ることが出来るし、金網にはりついて練習をみることももちろん可能でしたから、ちょっとねぇ…って感じです。(すみません~不満爆発で)

つまり網なしで写真を撮れるのはメディアのみ!ファンはカメラの設定をマニュアルにして網を消しながら苦労して撮らないと無理です。…というわけでメディアさんに頑張って配信してもらわないとダメですね。

IMG_9746s.jpg
↑日本のメディアさんすごくたくさんいましたよ。ホントビックリ!

P2270827s.jpg
↑真ん中からブルペンを撮ると通常のカメラだとこんな感じ(一番奥の金網の向こうです)。スーパーズームが必要ですね。

そんな中全体練習がはじまりました。うー、遠い。

P2278726s.jpg
↑全体練習開始。今日はフォトディ(公式の8×10の写真を撮影する日)だったので開始が少し遅れたそうです。

ストレッチをやってるようでしたが、具体的にどんなことをするのかまではわからず(泣)です。そしてその後はピッチャーと野手にわかれての守備練習へ。このとき真ん中のファンが入れるスペースの横を通過するのですが、そのスペースも結構広いので、ファン寄りに歩かなければ接することなく、移動も出来ます。

P2270828s.jpg
↑終盤になってくるとこのように真ん中によってきてくれた選手にサインを頼むことはできますが、可能性は低いです。(名前を呼ばないとなかなか…)

ちなみに、この日はウリベ選手が中抜きしてファンのいるスペースを通ったため(レギュラーでは一人のみ)、みんなサインをしてもらったりしていました。

P2270823s.jpg P2270824s.jpg
↑ウリベ選手。私は写真を撮ってもらいました。でもこの後誰もここを通らなかったですから珍しいことだと思います。

ちなみに、私はフレディをおっかけているのでフレディの組をメインに回りましたが、本当に写真を撮るのはかなり大変でした。これまた別記事で書きたいと思います。フレディ、近くて遠かったですー。はぁ。

練習中はギーエン監督があちこちに回っていましたよ。声が大きいので居所がわかりやすかったです(笑)。

P2270834s.jpg
↑オジー・ギーエン監督。

紅白戦は11時から開始。この試合打者より投手を見たいと監督がコメントしていたように13人ものピッチャーを使った試合です。打者は若手が中心でした。ピッチャーはレギュラーがほとんど出るのでかなり豪華でした。フレディとヤンキースから移籍したコントレラスが先発。そして高津投手も1イニング登板。

ところが、試合が始まってみると、コーチとメディアが金網に張り付き状態になってしまい、めちゃめちゃファンは試合が見にくかったです。というよりほとんど見えませんでした。ただでさえ遠くから見ているのに、真ん前にどどーんと座られたら見ようがないのです。私は隙間をぬって見ていましたが、中には怒っているファンも(笑)。

P2270835s.jpg
↑試合が始まると監督コーチが網の前に張り付き状態。

P2270837s.jpg
↑途中でピッチャーが準備をしにいくのにカートを使用していました。(ブルペンまで移動するとき)バーリー投手は2番手で登板。

ファンがホワイトソックスの選手と練習で接点を持つのは運のみといえるかもしれません。かなりがっかりの練習でした。今後、ロープをはるなどしてうまく通路も通れるようにしてくれるといいのになぁ…無理かな?


<おまけ1>
クラブハウスはスタジアムの駐車場から正面に見ることが出来ます。せめても…と撮影してきました(苦笑)。

P2270853s.jpg
←ホワイトソックスのクラブハウス

<おまけ2>
今回ホワイトソックスの練習を間近で見れずにへこんでいた私だったのですが、帰り道旦那にPicacho Peak State Parkにつれていってもらいました。すべてのサボテンがそろっている州立公園で、見るだけではなく、車をとめてトレッキングも出来るようになっています。しばしここで休息して気分すっきり!また明日からがんばるぞーと思いました←単純。

IMG_0134s.jpg
↑以前一度行ったときのこの看板の写真を旧ブログのタイトルにも使っていたので覚えのある方もいらっしゃるかな?

IMG_0176s.jpg IMG_0180s.jpg
↑サボテン大好きです~。心が大きくなれます。
コメント
この記事へのコメント
ドライブ気分も味わえます
サボテン見ながらドライブ!いいですねえ。
天気も良さそうだし、選手が遠くても満足できます。

ウリベ選手やさしいね!
2005/03/03(木) 01:23 | URL | einichi #-[編集]
簡単な人間なので(笑)
einichiさん

こんにちは~。本当に単純なミーハー人間なので(笑)簡単にホワイトソックスのキャンプではへこみモードだったのですが、行き帰りの景色にはこころ和ませてもらいました。

この日は本当にきれいな青空でまたこれが最高だったんですよ。感謝!

ウリベ選手やさしかったです。いかつそうでしたが(笑)すご~く丁寧な方でした。

アメリカではいろんな道を通りますが、このフェニックスからツーソンへ向かう道が一番好きです。
2005/03/03(木) 14:00 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。