スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンプ地の考え方
2005年02月08日 (火) 13:39 | 編集
昨日の晩(というか午前様でした)に帰ってからネットニュースを見たときに気になったのですが、書く余力はなく、さすがにバタンキューでした(笑)。

松坂メジャー狙い不況呼ぶ…キャンプ地のあてはずれ

西武そのものが南郷を離れてしまう可能性も大きい。というのも、西武の南郷キャンプは、94年にオープンした西武系列の「南郷プリンスホテル」の存在抜きには語れない。西武も同ホテルを宿舎として使用しているが、一連の不祥事の余波で球団が売却されると、新球団には西武系列のホテルを使う義理はなくなる。つまり、南郷でキャンプを行う意味もなくなる-というワケなのだ。


タイトルには松坂投手の名前が入っているのですが、それよりはむしろ西武の球団売却問題の方が大きいというか根底にあると思います。もちろん松坂投手のようなスターがメジャーに参戦して西武からいなくなると…というのもあるとは思いますが…。
記事によると南郷町は誘致にあわせ、計22億円を投入して雨天練習が可能な「南郷くろしおドーム」の建設と、メーン球場周辺の整備を行ったそうですね。しかも、ドームの維持には年間3000万円もかかるというのですから、ホント仮に球団が売却され、その上でキャンプ地も変わってしまう…とすると、年間3000万もかかるドームの維持費の支払いは正直厳しいのではないかと思いますし、町が危惧するのもわかります。ただキャンプ地になぜそこまで大きな金額をかけてしまったのか…というのは個人的にはありますが(要求する方もうける方も不思議です)。

こういう話を見ていると、個人的には、日本ではもともと地域密着のスポーツが成り立っていなかったので、各地方や必要な場所にその都度、急造したが故の結果であるような気がします。2002年サッカーのワールドカップ開催の時にも、スタジアムの規模ないし、条件に合わせて新しくいくつものスタジアムを建設しましたが、あれも果たしてペイ出来ているのかなぁとも今更ながら思いますし。誘致するために実行したはいいが、残った産物には現場の責任だけが残るというのはいたたまれないですが、現状はそうなのでしょうね。

余談ですが、大リーグで使われるスプリングトレーニングの施設はすべて自分の傘下のマイナーチームのファシリティで、中でも1Aのチームの設備を使っているところが多いと思います。ですから本来はマイナーリーグで使っている施設です。ですからある種、キャンプ地としてわざわざ造ったものではないので、無駄がないという感じもします。わざわざそこに市や町が作るというわけではないので、もちろん町自体が損害を被ることもないのではないかなぁとも思いますし。例えば、マリナーズなどが使っている場所は通常1Aのピオリア・マリナーズが使う施設です。そこを利用してキャンプを行っている…というわけです。

個人的には大リーグでもたとえヤンキースでも1Aの設備ですから…日本のキャンプ地で新しく造っているところような見るからにすごいなぁというところは少ないと思います。もちろん、中においているトレーニングマシーンなどはお金をかけてその時においているかもしれませんが、基本的に外から見える設備はあくまでも1Aなりという感じです。あるものを最大限に利用して、その上で、通常1Aがある場所にお金を落として貰えたらいいのでは?という考えであると思います。

ところが、日本の場合は、例えキャンプのためだけといえど、チームもプロ野球仕様に作ることを要求し、町もごっつい設備をお金をかけてつくるわけで、それも後々アメリカの場合と違って二軍が使うわけでもなく、2-3月のみキャンプでしか使用しない…とすれば、どう考えてもよほどの金持ちな町ではない限り、維持費を考えてもつらくなるのは目に見えている話ではあります。それを要求するチームも、またその要求を来て欲しいがために受けてしまう町も問題があるのかもしれませんよね。

とはいえ、日本の場合は、一軍の下は二軍しかないですし、二軍も別に温かいところにメインであるわけではないですから、大リーグのような考え方をスポッと当てはめることも厳しいですよね。また、二軍や社会人野球でももっとその地元のチームとして取り上げて貰えるような、地元密着型の基盤として考え方にあるといいのでしょうが、これもまた難しいところでもありますね。

でも、今後何かしら考えていかないと、町もかなりのリスクを背負うことになるのではないかなぁとは思っています。いい形になっていくといいのですが…。
コメント
この記事へのコメント
久米島も
こんにちは♪

このニュースは、こちらで始めて知ったのですが、昨年楽天が久米島に行った時の事が私はとても気になっていたんですよ。
田尾監督が久米島の球場を見て、いろいろ注文を出していた時に、ふとこれはお金を出すのは楽天ではなく、久米島なの?と思ったんです。
久米島にとって、これがおいしい話なのかどうかは知りませんが、今度はドーム建設も考えているようですね。
西武の話を読んでいると、町の人達から徴収した大事な税金が、簡単に使われている事が気になります。
何を作っても構わないけれど、その時の状況だけで判断せずに、将来的な計画もあわせて考えて欲しいなと思います。
そしてまるでおねだりするように、簡単に考えている球団側ももう一度考えて欲しいですよね。
2005/02/08(火) 16:12 | URL | ベル #-[編集]
有効に使えるようにしてほしいですね!
TBありがとうございました。地域にスポーツ施設ができることはいことだと思いますが、ぜひ住民や観光客などが有効に活用できるようにしてほしいと思っています。プロ野球のためだけに無駄な施設にならないように。(南郷町のドームなどは完全に無駄ですよね。田舎に全天候型練習施設までは不要ではないかと)。Jリーグ100チーム構想にあるように地域とスポーツチームがうまく機能するような発想が全くないプロ野球はどうすれば目覚めるのか難しいですね。南郷町も久米島もそんなにお金があるわけではないので相当分を国民の税金で支払っているはずです。南郷町のドームの7億円のうち町が支払ったのは2千万円強だったのではないかと。たぶん久米島に今後作られる新球場も同じでしょう。(国の補助金だから2年後のはず)そう考えるとなおさらプロ野球の一球団のためだけでなく全国民のために有効に使えるような方策を考えてほしいものだと思っています。またよろしくお願いします。
2005/02/08(火) 17:10 | URL | SEABLOG #L8Z52uj2[編集]
うーん…
>ベルさん
こんばんは~。楽天の久米島の話…確かにおっしゃるとおりですね。私もキャンプのみに使う球場、土地を貸してくださいというだけのみならず、実際建設物について完璧なモノを造らせるというのは正直どうかな~と思います。後々のことで責任ってとってもらえないでしょうし。

西武の話を見ていると久米島も何年かあとに維持するだけでも大変だなどという話が出てくるとやっぱりちょっとつらいですよね。そのために大量の税金を使って維持するだけでもひーひーいってるなんて、その地域の人のために本当になっているのかなぁ?と。

やっぱりうける町側も注文を出す球団側もそういうことまでしっかり加味して考えていかないとなぁと思いますよね。

>SEABLOGさん
おっしゃるとおりだと思います。おそらくはかなりの税金投入…しているでしょうね。地域との密着は口で言うのは簡単ですが、こういう細かいところ…しかしながら金額の絡む大事なところまで浸透するのが難しいですね。

南郷町のドームは私も今の段階でそこまでかける必要性があったのかというのはかなり疑問です。キャンプだけでその後どう使っていくかがないとどうしても負債だけが残りそう…(泣)。今こそかんがえた方がいいですよね。もし移転なんてことになったら…コワイですねぇ。
2005/02/08(火) 22:42 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 西武のキャンプ地は昨年から宮崎県南郷町で行なわれている。日南海岸の美しい小さな町だが、交通は不便だ。 南郷町には西武系列のプリンスホテルがある。しかしこの小さい何もない町への観光需要は少なくホテルの年間稼働率は35%程度(2003年度)とのことだ。町にはこ
2005/02/08(火) 16:54 | SEABLOGスポーツ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。