スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドルフィンスタジアムの電光掲示板
2009年03月20日 (金) 07:21 | 編集
球場についての前の記事の中にそのまま載せても良かったんですが、あまりにも個人的に感動したので別記事で書いておくことに←簡単&単純σ( ̄∇ ̄)。

ドルフィンスタジアムには電光掲示板が2カ所あります。
ライトスタンドサイドと三塁側内野席の頭上。メインとなるのがライトスタンドサイドの電光掲示板なんですが、これがとにかく情報が詰め込まれてるんです。なんだかこんな電光掲示板を野球で見たことがなかったのでちょっと感動しちゃいました。

SX10_090314_G1_0231_20090320072340.jpg

↑クリックで大きくなります
左に今打席に入っている選手の名前とその選手のスタッツが(3/14の第1試合のときはベネもオランダの選手も1次のときの成績が入ってなく全員0.00でしたが、第2試合のプエルトリコ対アメリカのときは全員反映されてました)。

そしてその下に右打ちだの左投げだの背の高さだの…というプレーヤーバイオが。

さらにその下は各チームの投手の球数(ストライク・ボールも)と防御率が書かれています。


真ん中の写真の下はその選手のこれまでの今日の打席結果。
そして投手のスピードガン表示もここにあります。


右サイドは、Last 3 Playsとしてこの選手より前の3人の打順の選手がどのような打席だったのかということが見てわかるようになっており、さらにその下には守備についている選手の名前がポジションでわかりやすく一発でわかるような形で書かれています。

さらにその下に次の相手(この場合ベネズエラ)の攻撃が誰から始まるのかということがわかりやすく表示されており、一番右下にはボール、ストライクカウントがわかるようになってます。



そしてLEDだからなのかすごくキレイな電光掲示板でしたね~。
ロゴマークなどもそのままプリントされてるかのように表示されていてすごいなぁと思ったりしたんですが、何よりも一発でいろんなことを表示されてるのがビックリ。これもこのスタジアムならではなのかな~と思いながら見ていました。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。