スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/11 NBA ヒート vs セルティックスを見に行って…
2009年03月20日 (金) 06:33 | 編集
WBCのための渡米の予定を組んでいたとき、そういえばバスケはどういう日程なのかなぁ~とチェックしました。すると、なんと昨年王者のボストンセルティックスが丁度マイアミに来るじゃないですか!(^o^)/


ミーハーな私は思わずチケットマスターで購入(笑)。ぽちっとな。
行けるかどうかは旦那さんのお仕事次第だったんですけどねσ( ̄∇ ̄)。

実はマイアミに渡ってからそうとうあれこれやることが急激に増えてしまい(ありがたいことなんですが)なかなかスプリングトレーニングも見に行けませんでした{{ (>_<;) }}。その分ホテルカンヅメ…になってというパターン。とはいえ、私がやるのはサポート的お手伝いなんですけどね。

なのでこれもちょっとどうなるかなと思っていたんですが、夜ってこともあって無事見に行けました。久しぶりにMLB以外のアメリカンスポーツをライブで見れました。スッゴク楽しかったです。

CIMG1634.jpg
↑アリーナの中でパチリ
ヒートのスタジアム、アメリカンエアラインアリーナは街の中心にあるのですね~。以前シカゴのユナイテッドセンターに行ったとき、アリーナのあるところはさながら道中があまりにも怖くて信号も停まりたくないほどの雰囲気だったので、チキンな私は今回ドキドキしてたんですが、電車で来て歩く人もいるし行きやすそうでした。

NBAやNFLに行くと、アメリカがいかにエンターティナーかという演出があっておもしろかったりします。盛り上げ方は本当に上手ですよね~。ゴールポストの真下だったので思いっきりはしゃいで盛り上がりまくってました(笑)←単純。


ただ、持ち込みカメラはドンドン厳しくなってるみたいですね。
以前ヒューストンでロケッツを見に行ったとき、望遠レンズの制限が結構厳しそうだなーと思っていたのですが、ここでは「Professional Camera」が持ち込み禁止ものになっていて、Professionalというのがどういう規定なのかなぁと思ったので聞いてみると、いわゆる一眼レフみたいです。EOS Kissなんてあきらかに大衆向けなんですが、それでもダメなのかなぁと思ったらダメっぽいみたいですね。コンパクトかコンデジはOKでした。

私が持って行っているのは(球場にも持って行ってますが)コンデジで光学20倍/デジタル4倍の望遠つきなんですが、これは見てくれ的にOKみたいです(笑)。コンデジも一眼レフなみに望遠がいいのが結構あるのになぁ~と思ったんですが、持ち込めなくなるほうがいやなので「教えて貰ってありがとう」といって持って入りました(笑)。もちろんこれで試合中ばしばし撮影していても問題ナシ。

NFLは元々アメリカでやっぱり特別なスポーツ的なステイタスがあるので、そういうカメラ持ち込みはすごく厳しかったのですが、NBAはアリーナが狭いので、前の方の座席を押さえて、少々の望遠があればある程度の写真が撮れてしまうということが大きいのかな?と思ったりします。

実際私のコンデジでも最大の望遠にせず、これくらいの大きさ↓は撮れますしね。

CIMG1900.jpg CIMG1662.jpg

大きさ的にOKっていわれてるんだから気にしなくていいんですが、チキンな私は後ろのスクリーンにドデカに選手が写ってるのを見て注意されたらやだなーと思ったりして(笑)、思わずスクリーンを消してのぞき込みながら撮影してました(もともとスクリーン見ながら撮影は苦手なのでどのみちその方がいいんですけどね)σ( ̄∇ ̄)。あはは。

この日はヒートがセルティックスを破り、地元ファンは大喜び!
でもさすがチャンピオンチームだけあって、セルティックスファンも多く詰めかけてました。バスケットは野球と違って時間制でドンドン試合が進んでいくので、ある種間延びがないというか、わくわく感が持続するところはありますね。それ以前に応援チームが勝てるか緊張して…なんてことがないだけにお気楽っていうのもありましたけどね。アハハ。2時間ほどがあっという間に過ぎていきました。



余談ですが、カメラ…という意味ではゴルフ(PGAチャンピオンシップ)はさすがにもっとキビシイですね-。同じときにタイガー・ウッズ選手の復帰戦となるDoral Championshipが行われてたんですが、これ、実はなんと宿泊してるホテルから歩いていけるような距離だったんです(笑)。ゴルフ場に歩いていける…ってなかなかないことなのですごいなぁと思ったし、チケットもまだネットで購入できるから行って見ようかなと思ったりしたんですが(雰囲気だけでも)、持ち込める物は本当に限られていて、もちろんカメラも禁止されていました。

もちろん賞金がかかってるラウンドなので選手がラウンドしているところに関して撮影したいとは思ってなかったんですが(ただでさえチキンなのでそんなの無理(笑))、全然関係ない場所でグッズ売り場とかお客さんの雰囲気とかそういうところを撮影したいなぁというのがあったりしたんです。でもやっぱりお客さんのモラルに任せるといってもて難しいですからね。全体で禁止して…ってことだったんでしょうね。

そのため看板だけ撮影してきました(笑)。

SX10_090314_G1_0001.jpg
↑ホテルの近くはかなり多く方がいわゆる襟付き&ハーフパンツ姿で歩いていらっしゃったので、これを見に行かれてたんじゃないでしょうか…と思います。


しかしこんなイベントとWBCが重なってるとは…。
マイアミゼータクですねぇ~。


いずれにしても、ベースボールのカメラ制限がまだ緩いのは個人的にはありがたい限りだったりします( ̄人 ̄)。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。