スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/8 プールD 第3試合 ドミニカ対パナマ
2009年03月14日 (土) 14:14 | 編集
この「負け対負け」の試合、本来見る予定をしてなかった私。
多分「パナマ対オランダ」になるだろうと勝手に予測し、サンファン(プエルトリコ)なんて滅多に来れない場所だから、この日は観光をしようっ!!って思ってたんです。


しか~し…。
初日にドミニカが負けてしまってこの試合にドミニカが出ることが決定( ▽|||)。…というわけで急遽この日もスタジアムに来ることにしました。ドップリ観光を逃したので、またいつか来いよってことなのかもしれません(…と思うことにします)。いずれにしても前にも書いたように、勝負に絶対はないと肝に銘じて置かなくちゃ…ですね。

S3_090308_0008.jpg
↑ドデカ広告にもなってるバカルディ。
 ラム酒工場見学もお預けです…。

この日の試合はなぜか午後4時半とデーゲームともナイトゲームともつかないような変な時間のセッティングでした。ただこの日の昼間はざっと雨が降っていたし、夜も終わる直前は雨が落ちてきたりと…丁度試合の間だけ良い感じで晴れていたのでかえって結果オーライではあったんですけどね。

S3_090308_0003.jpg
↑野球タイムだけ良い感じで晴れてました♪


初日に感じたようにやっぱりドミニカの試合はそこまで入りません。もちろんこのゲームが中途半端な時間の開始ということもあるかと思いますが、それ以上にビバ!プエルトリ~コ!レッツゴー!リ~コ!なのでしょうね。

S3_090308_0011.jpg
↑開門時はこんなにまばら。
最後までいっぱいになることはありませんでした。


まずは試合前のドミニカの投手練習より。
ドミニカというととかく打のイメージが強いですが、投手練習はかなりキッチリしているように思います。よく走ってましたし。このあたりはペドロ・マルティネス選手がいる分いいのかな?と思ったり(レッドソックス時代、スプリングトレーニングで見た彼は本当にランニングをよくしていました)。

そのペドロ、初戦で良い感じで投げられたのがうれしかったのかなんなのかわかりませんが、とにかく練習中上機嫌♪でした。

090308_5_0004.jpg
↑ファンのサインにもたくさん応えてましたよ~(旦那撮影)

090308_5_0063.jpg
↑ゴムチューブトレーニング中(旦那撮影)

ノリノリのペドロが「写真!写真!(撮って)」とカメラがあることを意識してくれたので他の投手陣もノリノリ(笑)。旦那のカメラにいろんなポージングをしてくれていました♪

090308_4_0037.jpg
↑キメポーズのボルケス投手(旦那撮影)

090308_5_0021.jpg 090308_5_0035.jpg
↑腹筋中も「写真撮られてるからがんばれよ~」とペドロのゲキが飛んでました(笑)。苦しそうなんですけどね~…マルテ投手壊れてました(笑)。(どちらも旦那撮影)


それにしてもしかし…
あなたたち、今日負けたら終わりなのよ~…と思うほど明るいノリでしたが(笑)、逆にそういうピリピリした部分を他に見せずにいつものような雰囲気をファンへ出しているというのはすごいなと思いました。自分たちがやるんだから…ってなところでしょうか。


FH20_090308_0004.jpg FH20_090308_0003.jpg
↑野手でもアルー選手が一緒に写真を撮ったりサインを書いてくれたり。かなりゆっくり時間を割いてくれていました。やさしいですね。

FH20_090308_0013.jpg FH20_090308_0018.jpg
↑練習中のテハダ選手とオルティス選手


FH20_090308_0020.jpg
↑選手紹介&整列



実は試合の方は…
当初ドミニカがなかなか押せず0-0のまま試合を展開していました。

090308_4_0295.jpg
↑ドミニカ先発のクエト投手(旦那撮影)

FH20_090308_0033.jpg
↑パナマ先発はメンドゥーサ投手


実際序盤の立ち上がりはクエト投手の方が不安定でした。
逆に言えば、毎回ランナーを出しているにも関わらず、パナマがそこで押せなかったのがパナマにとって痛かったところでしょうね。流れを掴むことは出来ませんでした。

FH20_090308_0020.jpg
↑序盤のピンチには内野手全員がマウンドへ集まるところもよく見られました。


試合はうごかないまま…どうなるだろう?と思っていたら。
なんとドミニカが1.2塁でバントを仕掛けて先制へつなげると(も~ホントにこれはビックリでしたが)そこからは波に乗ったようにホームラン攻勢で効率よく得点。終わってみれば9-0とドミニカの圧勝でした。

たったひとつの点を取りに行くどん欲さがこの後の明暗を分けたような気がします。



でもおもしろかったのはお客さんの反応でしょうか。
9-0とドミニカ圧勝のこの試合、さぞかしファンも随所で盛り上がったことだろう…と思われるかもしれません。しかし初得点にわ~っ!!っと待ってました♪的盛り上がりを見せて、得点ラッシュになると安心したのか、いよいよ最後の回までは比較的立ち上がったりすることなく静かでした。


FH20_090308_0044.jpg
↑この日のドミニカの選手が1点1点を大喜びするのに対して、ファンがフツーに見てる様子が伝わるでしょうか?


ファンからしたら対パナマで爆発も当然ってところなんでしょうね~。得点できなければ出来ないでやきもきなんですけど、(私も含めて)ファンはワガママですね~、フフフσ( ̄∇ ̄)。個人的にはドミニカファンの大盛り上がりシーンをカメラに納めたいなぁ…と思っていたのでちょっと拍子抜けだったりしました。

S3_090308_0016.jpg S3_090308_0015.jpg
↑序盤(左)と中盤(右)の様子。


選手たちからするとこの喜びとほっとしたところがあの会見の涙につながったりしてるんでしょうけどね。


ただドミニカ、この日まで調子が上がってないホセ・ギーエン選手をラインナップの中軸に入れていましたが、下位打線に入ってるネルソン・クルーズ選手が当たってるだけにちょっともったいなかったかなぁと思いました。

FH20_090308_0041.jpg FH20_090308_0062.jpg
↑ギーエン選手とタベラス選手

第5戦の詳細をチェックできてないのですが、ちょっとは調子が上がって終われたんでしょうかね。この試合でみんなが打ちまくっている中、見ていて気になっていました。

…とはいえ、チーム全体で士気も上がってきていたし、1点を取りに行っていたので良い形になってきたなぁ~と思ってたんですが、移動先のマイアミで再びオランダに負けたというニュースをESPNで見てビックリ。やっぱり短期決戦は何が起きるか解らないなぁ~とつくづく思ったのでした…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。