スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/7 プールD 第1試合 ドミニカ対オランダ
2009年03月14日 (土) 02:59 | 編集
すでにこの時点でプールAは始まっていたわけですが、思えば私にとっては記念すべき2009年WBCナマ観戦初めてのゲームがこれでした…。

いや~…まぁ、こうなってくるとセカンドラウンドも何かあるかも…と思わざるを得ないところがありますがどうなってくるでしょうね~。マイアミのラウンド2はサンディエゴよりも1日早いスタートになるのでいよいよ明日からです。


FH20_090307_0107.jpg

…σ( ̄∇ ̄)。ホント誰もがノープロブレムで2次へ行くと思ってましたよね…きっと。


S3_090307_0062.jpg S3_090307_0064.jpg
↑ドミニカファンも最初はゆる~く余裕を持って応援してました

このゲーム、デーゲームってこともあって会場とともに入った人はかなり少なめ。でも実際試合が始まってからも結構空席が目立ってました。しかし、後日の第3試合も夕方に絡むのに入った人数が少なめ(でも良席はすでにソールド)…ということは、6試合の連チケットを購入されているのに、チケットを買ってても来てないと考える方がいいのかもしれません。

後で第2試合(プエルトリコ対パナマ)のときの客席の様子を乗せようと思いますが、ホントぎっちりですごかったです。プエルトリコのファンからしても、確かにドミニカはすごい選手がいるということは解っているし、ラテンプレーヤーというくくりで応援していることもありますが、WBCは国対国の戦い。なので興味があるのはプエルトリコが勝つところなのよっ!ってなところでしょうか。すごくハッキリした愛国心だなーと思いました(≧▽≦)。

仮にアジアラウンドにドミニカやアメリカが来たとして、6連チケットを持っていたら多分行っちゃうな~、私σ( ̄∇ ̄)。だってチケット買わなくてももう持ってるんだもの~。このあたりが単なるミーハーってことなんでしょうかね。あはは。


S3_090307_0049.jpg S3_090307_0051.jpg
090307_G1_5_0246.jpg
↑ドミニカの選手たち、試合前はファンとおしゃべりしながらサインをしてくれていました(下は旦那撮影)。


090307_G1_4_0037.jpg
↑試合前練習のテハダ選手(旦那撮影)

090307_G1_5_0065.jpg
↑レイエス選手はランニング後にカメラにスマイルしてくれたそうです(旦那撮影)

あ、そうそう、このレイエス選手のキャップのかぶり方。
私トレンドにまったくもってうといので解ってないんですが、これってはやってるんでしょうか。写真を撮る前にわざわざこのようにかぶりなおしたそうなんです。実はサンファンのモールでも同じようにキャップを浮かせてかぶっている少年たちを結構見たんですよね。ご存じの方いらっしゃったらぜひ教えてください~。


090307_G1_5_0015.jpg
↑この試合の前はまだかなり緊張気味だったオランダの選手たち(旦那撮影)。戦ううちに徐々にポジティブになってこれたという感じなのかな。


FH20_090307_0006.jpg
↑練習中のパピ。やはりドミニカファンの人気は絶大でした~。


FH20_090307_0019.jpg
↑始まる前には国旗が出てきてちょっとしたセレモニーが

そこに選手が整列しました。

FH20_090307_0028.jpg FH20_090307_0032.jpg
↑ドミニカチーム、ノリノリの選手整列♪


試合の方はご存じの通り、初回、ドミニカの先発ボルケス投手の立ち上がり不安定なところをオランダがうまく攻撃した格好に。

FH20_090307_0037.jpg

FH20_090307_0038.jpg
↑オランダ1番のキングセール選手。
マリナーズやパドレスに在籍していたこともありますね。

FH20_090307_0086.jpg
↑長い名前の選手も。最後のdtのつづりがなんともヨーロッパっぽい感じがしますね。

エラーも誘ってあれよあれよであっという間に一挙3点をあげました。

FH20_090307_0050.jpg
↑初回から沸くオランダベンチ


しかし、ドミニカチームはスラッガー揃い。
3点なんてあっという間にとるだろう…という雰囲気だったんですが(ファンも)…。実際にはかなり先発のポンソン投手をなかなか打ち崩せず、そのまま淡々と回を進めていくことに。

FH20_090307_0075.jpg
↑ポンソン投手

FH20_090307_0097.jpg
↑オランダチームはよくマウンドへ集まっていました。
全員でしのぐぞ!!って感じだったかもしれません。


なんかもちゃもちゃっとしたドミニカサイドの雰囲気を払拭してくれたのは2番手で登場したペドロ・マルティネス投手。

いや~これはすごかったです。
オランダ打線がまさに手も足も出ない感じで。WBCをアピールの場にしたいと語っていたマルティネス投手だけに相手が誰であろうとも気合いは十分だったとは思います。それにしても彼が出てきてくれたお陰でタイトな試合展開になったような気がします…。やっぱり大きいですね。

FH20_090307_0090.jpg FH20_090307_0091.jpg FH20_090307_0095.jpg
↑久々に見ましたが、圧巻でした~。


FH20_090307_0082.jpg
↑テハダ選手のホームランで1点をかえすものの…ソロなのが痛かったですね。

ホント打線がなかなかつながらないというか、つながせなかったオランダがよかったということになると思います。

FH20_090307_0111.jpg
↑2敬遠のオルティス選手

打線的にどうしても勝負所がわかりやすいというのはあったかもしれません。オルティス選手はホントに仕事をさせてもらえてませんでした。

090307_G1_4_0723.jpg 090307_G1_4_1964.jpg
↑ハンリー・ラミレス選手とマルテ投手
マルテ投手ホワイトソックス時代がなつかしいなー。


だんだんと回が進むに従って、だんだんと雰囲気が「そろそろ点をとってくれよ~」って状態になってきたわけですが、選手の方に焦りが出てきたのはまだまだ先だったような気がします。なんとな~く重たいな~と思ったのは7回終わってからだったような。ジャパンだと5回くらいから不穏な空気が出てくると思うんですが、このあたりがラティーノ的なのかも。

090307_G1_4_1907.jpg
↑ドミニカベンチの様子(旦那撮影)。


FH20_090307_0119.jpg
↑代打で出たキャプテンアルー選手。
お父様と一緒に最後に花を飾りたかったでしょうけどね。

アメリカのオープン戦の話のとき、ジーター選手が根っからのキャプテン気質で…ということを書きましたが、ドミニカの場合はCマークをつけているアルー選手が対外的にメディアへ対応したりというキャプテン的役目を果たしていて、実際選手への声かけなどはテハダ選手がやってる感じでした。


FH20_090307_0116.jpg
↑代走で出てきたレイエス選手には大声援。
彼も人気がすごかったです。


そしてまさかまさか…のまま最終回へ。
最終回1点差でランナーが出たときはすごい盛り上がりだったんですが、3盗失敗で球場は一気にボルテージダウン。ワンアウトだったし、かなりもったいなかったようなギャンブルだった気がしたんですが(オランダのキャッチャーの肩もよかったですね)、記者会見では恐らくそのあたり(三塁盗塁は指示か個人でやったのか…など)をメインで聞かれていたのではないかと思われます。


FH20_090307_0130_20090314014900.jpg
↑速報番でも載せましたが、最後はオランダの爆発的な喜びシーンでこの試合をしめました。


野球は点を取りに行くスポーツですが、短期決戦の場合、本当にいかに点をやらないかがものすごくキーになるんだなぁとつくづく思った初戦でした。
コメント
この記事へのコメント
本当誰もドミニカが敗退するなんて思わなかったですよね・・・必ず2次ラウンド、準決勝にはくるだろうと思ってました・・・
プホルスやゲレーロ、AROD、マニー、彼らがスターティングラインアップに名を連ねる打線を一度見たかったです。
短期決戦の怖さがでましたよね。
2009/03/14(土) 14:05 | URL | ま~ROD #-[編集]
思わなかったですね~
ま~RODさん

ファンももちろんですが、選手たちもまさか…だったでしょうね。マニーやゲレーロ、A-ROD…今回あれだけの選手たちが不在でもドミニカチームは大丈夫!と掲げていたバナーもこうなってしまうと…涙です。

短期決戦の怖さはもちろんですが、オランダが2度ドミニカに勝ったということはまぐれではないですよね。やっぱり短期決戦へ向けての気合いだったり戦い方だったりいろんなことが要素になってくるんだろうなぁと改めて思ったりしました。

ドミニカの選手たちにはこの悔しさをバネに今シーズン各チームで頑張ってほしいですね。そしてまた次のWBCで元気な姿を見せて欲しいです。
2009/03/16(月) 02:27 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。