スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドミニカが1点を取りにいった日
2009年03月10日 (火) 01:51 | 編集
日本タイトに負けてしまいましたね~、残念。
こちらESPN deportesで見ているので、試合の紹介がすべてスペイン語です。なんだかすごく不思議な感じでした(笑)。

うーん、キューバが1位であがってくるだろうことを考えるとで1位抜けしておいてほしかったんですけど、番狂わせも多い今大会、こちらも何があるかわかりませんので、対戦カードはいよいよにならなければ決まりませんしこれからも目の前に来る対戦ひとつひとつを大事に戦って欲しいなと思います。

前回韓国に大勝した日本ですが、正直、プレッシャーがかかるゲームでタイトなゲーム展開になるとかなり弱い気がするので(例えば2000年、2008年オリンピックでメダルをかけて3位決定戦で負けちゃうところとか、WBCでも前回アナハイムで韓国には勝てずメキシコに助けられたので自力ではないですしね)、選手もそういうときに妙に重く日本を背負ってしまって…ってことになるのかもしれませんが、もうここまで来たのだから気負わず頑張ってほしいかなと思います。ぜひそしてロスへ来てほしいですね(^o^)/。


さてさて、プレッシャーのかかるゲームといえば、こちらもまさかの敗戦を喫したドミニカですが…。「負け対負け」のドミニカ対パナマ。全然レポが追いついてないのでとりあえず感じたことだけ載せておきます。
IMG_0022.jpg
↑9-0でドミニカ勝利。次の戦いに臨みます。
パナマはこれで終わりになっちゃいました。


さてさて、あの信じられない~といった雰囲気の敗戦後、どんな感じになっていることだろうと思ったわけですが、選手たちも試合前練習ではかなり相変わらずのリラックスした雰囲気でした。気軽にファンとのチャットにもサインにも応じていましたし、ぎすぎすした雰囲気をこちらにはまったく出してなかったです。

このあたりが、ある意味ラテンの選手のすごいところだなぁと思ったりします。あの敗戦後、周囲やメディアのプレッシャーはすごかったと思いますし、それを思うと普通今日はファンを寄せ付けない雰囲気があってもいいかもしれません。でも表向き、グランドでファンと接するときにはそれはまったく感じられず…でした。確かに根本的に神経質な日本人とはまた違うのかもしれません。でも、試合中や試合後の様子を見ていたら、何も考えてないかといえばそんなことはないかなと思うので、やっぱりそこは奮いたたすつもりでいつも通りにファンとは接してくれてるのかもしれないなぁと思ったり。


試合後の会見に居合わせた旦那曰く、ドミニカの選手も涙ぐむところもあったとのことでしたから、やっぱり今日の勝ちはホッとしたところがあったんでしょうね。パナマ相手にドミニカが勝って泣いちゃうなんてこと今までだったらなかったかなと思いますしね。

CIMG1514.jpg
↑オリーボ選手のホームランには選手がみんなで出てお出迎え。

090308_4_1922.jpg
↑そのオリーボ選手の会見(旦那撮影)


昨日の試合、ドミニカの選手たちも大リーガーばかりですから、負けたら終わりの勝ち上がり方式の短期決戦というものに余り慣れていないところはあったかと思います。前回のWBCで準決勝のときにキューバと戦って、そのときは点差がぐんぐん広げられていく中でも、自分スタイルで打っていく形は変わりませんでした。確かにそれ以上に投手も打たれてはいたんですが、なんとかして点を取りに行くということはやらなかったんですよね。今大会でもベネズエラはまだこの段階から抜けられてはないんじゃないかなぁと思います(それが痛いところなんじゃないかなぁと思いますが(涙))。


この試合でドミニカは1.2塁にランナーを置いて序盤にバントをしかけてきたりしておおっ!って感じでした。結果、それが最初の1点目につながったわけですが、これが出来るとなるとドミニカかなりおもしろいことになるんじゃないかなぁと思ったりします。もちろんホームラン攻勢があって大量リードにつながったわけですが。最初のきっかけはちょっと違ったような。

まだまだ、初戦に投げたペドロ・マルチネス投手以外、もちろんドミニカの投手陣にはやっぱり不安はちょこっとあると思いますが、踏ん張ってくれればタイトなゲームでもこの形をつくれるオプションを持っているというのはドミニカが新たな一歩を踏み出した形になるのかもしれませんね。

いずれにしても、ピンチを招けば頻繁にみんながマウンドへ集まり気合いを入れ直し、そして攻撃も迫力の中にちょこっと細かさを入れたりして、ホントに今日は負けられない…というのはあったのかなぁと個人的には思います。


もちろんこれに勝ったからといってもまだまだ続く試合…。ドミニカがここからどういう形で試合を運んでいくのか楽しみではありますね。



さて、負けてしまったパナマですが…。
結局プエルトリコに0-9、ドミニカに0-9と大差で負け、さらに1点もとれずで終わってしまったこともあり、最後しんみりした感じでした。

恐らく2次ラウンドへ行けるというよりも元々胸を借りるつもりで戦うスタイルであったとは思うんですけど、それでもやっぱり国旗をつけて戦いどうであれ負けた悔しさというのはあるものなんだろうなーと思ったり。

090308_4_1847.jpg 090308_4_1827.jpg
↑カルロス・リー選手とルイス選手(旦那撮影)

ルイス選手はフィリーズの所属選手で、ワールドチャンピオンを体験したあとの大会で、これだけ投手が打たれたこともすごく自分として悔しかったのかもしれませんね(自分のリードも含めてということもあるんでしょうか…といっても具体的に何を話されていたのかはもちろん私はわかりませんのであくまでも想像ですが)。若い彼ですから、これからまたこのひとつの経験が大きくつながっていくといいなと思います(ただ前日にケガしたようなのでちょっと心配ですが…)。そのフィラデルフィアの地元紙から質問をされたとき、思わず涙だったようです。よくわかっている記者だけに何か感情がぶわっと出てしまったのかもしれないですね。



確かにワールドベースボールクラシックの大会そのものの運営がまだまだだし、よく言われるお金的なところがものすごく大きい大会かもしれません。

でも出ている選手たちは本当に純粋に戦っているというところもあるかと思います。これから育っていくこの大会がこういう選手たちの思いを乗せて大きくなっていくといいなと思います。またそれぞれの選手たちの糧になっていってほしいですよね。


なにより私自身は乗せられて大いに楽しもうと思っています(^o^)/←単なるミーハー。


あ、練習と試合のときに撮った写真は別途また載せようかと思います…すみません~遅れまくりでσ( ̄∇ ̄)。
コメント
この記事へのコメント
フロリダだと何時間時差があるんだろう?
モーテルのテレビもESPNなら入ってるんだ。
韓国のピッチャーがよかったことはよかったんだけど、プレッシャーをかけられなかった日本の攻撃の淡泊さに問題あるなあ。
おかげでサンディエゴ第1戦はキューバとになるでしょう。
今朝方(東京で)、原稿書きをしながらキューバと南アフリカの試合を見ましたが、南アフリカの投手陣相手とはいえ、HR乱れ飛びました。それも、右打者はライトに左打者はレフトに、流し打ちじゃなくて踏み込んで叩き込むバッティング。
あんなに振れているチームとはやりたくないよ。いまの時期であそこまで振れているチームはほかにないでしょう。
ドミニカは心配しないでもいいよ。オランダと再試合になるから。さすがにオランダも2試合、同じようなピッチングをできる投手陣がいない。
ドミニカも負けられなくなるし、4試合になるから投手総動員になるので、プエルトリコには追いつけないかもしてないけど、まあ2位にはなるでしょうと思いたい。
2009/03/10(火) 02:59 | URL | とら #-[編集]
WBC をどう捉えるか。
東京ラウンド決勝、日本、負けてしまいました。ここで日本が負けたことが、僕は良かったと捉えています。

勝敗の差はわずかなようで大きい、そう感じた一戦でした。

個人的には、やっぱり岩隈選手に 「心の隙」 があったのだと感じています。

僕が社会人1~2年目の頃だったか、サッカーWC で、日本戦を NHKで見ておりました。試合終了後、解説者のラモスが 「試合中に笑っているとはどういうことだ!」という主旨のコメントを述べて、あきらかに激怒しておりました。「WCカップは遊びじゃないんだ!真剣勝負なんだ! 戦いなんだ!」 と。

今回の岩隈選手、打たれて笑っているんですよねえ・・・。苦笑いなんだろうけど、やっぱりそれは・・・と感じるものが。そして、すぐにあの時のラモスを思い出したんです。これは7日(土)のキム・ガンヒョン選手にも言えることかなと。

例えると、戦争中に苦笑いするかな・・・ってこと。味方が、同胞がやられているのに。厳しい見方かもしれないけど、WBC はオリンピックとは違う、世界1を目指す戦いなんだと思うんだけど(僕みたいなミーハー・ファンにとってはお祭りなんだけど。ここが微妙)、僕の感覚はおかしいのかなぁ・・・。

この韓国に負けた一戦で、日本代表がまたひとつ強くなったであろうことを祈っています。

海外観戦、楽しそうですね! ともともさんならではのリポート、楽しみにしています!

2009/03/10(火) 20:22 | URL | コロラド #8gfOIHpU[編集]
びっくり!
ドミニカ、オランダに連敗で第1ラウンド敗退しちゃいましたね!
う~ん、こんなことってあるんだ(◎_◎)

2009/03/11(水) 11:57 | URL | buinosuke #xRS1q4qQ[編集]
ショック!
ドミニカ負けって悲しすぎますー(゚ーÅ)
日本との夢の対戦、またしてもお預けですね…

ともともさん、凄い環境で日本戦観てますね~
でも外国で日本の野球観るのって楽しいよね。
アメリカのスポーツ中継って狭苦しさがなくていいと思うな。
日本の中継は余計なものがいっぱい入り込んできて息苦しくなる時が…。

パナマの選手かわいそうですね。
彼ら頑張りましたよ。
試合に負けて泣いてる姿、日本では報道されませんね~

最近ではWBCの存在意義をどうこう言う向きもありますが、設立の段階から見てれば一応形になっただけでもそこそこよくやったと言いたいところです。
大会批判の根底には好きな選手が出ないからとか、野球そのものが好きじゃないとかいつも別の理由が底に見えるので、もう少し冷静な意見が聞いてみたいと思ってます。
現地の記者も鋭いこと書かないですし。

ラテンの選手の気持ちの切り替えの早さ、うらやましいですね~
冬も野球やってる元気さとか(笑)
ドミニカは細かい野球と華麗な守備を毎回続けられたら最強ではないでしょうか(≧∇≦)
2009/03/12(木) 15:08 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
ビックリですね。
>とらさん
返信が遅くなってすみません~。今はメキシコですね?私たちはマイアミです(^o^)/。

メキシコはどんな感じでしょうか?今日はキューバとメキシコの試合、テレビであれば楽しみたいです♪

ええっとプエルトリコは日本と13時間の時差ですね。
プエルトリコ滞在中にアメリカはサマータイムになっちゃったので戻ってきたらフロリダとプエルトリコの時差はなくなってましたがσ( ̄∇ ̄)。

キューバそんなに仕上がりがいいんですね。
…というかオーストラリアが強いんだか弱いんだかわからない…という感じがするんですけど実際に生で見られてどうでしたか?最初メキシコにコールド勝ちして、キューバとも良い試合をしたときはなかなか…と思ったら、結果的にメキシコとの再試合では逆にコールド負けだったようですし。うーん、やっぱり野球はやってみないとわからないってことですかね。

ドミニカ、まさかの敗退でビックリです。
私も2度は負けないだろうと思いつつフロリダにやってきたらなんともサプライズなニュースが飛び込んできてもうビックリ!!こんなことってあるんですね~。プエルトリコはオランダに勝ってトップ通過したみたいですが、とにかくオランダの結束はすごいものがありそうです。2次ラウンドも引き続き楽しみたいです~。

サンディエゴでジャパンと再会されるんですね。
試合が良い形で進みますように。おっしゃるとおり淡泊な攻撃がどうなってくるのか…楽しみですね。


>コロラドさん
こんにちは(^o^)/
コメントありがとうございます。勝敗の差はわずかでありそうで大きい…その通りだと思います。ちょっとのことで大きく試合は動きそうですね。そして流れを掴んだらその動きが完全にそっち方向へ行ってしまう…みたいな。

私も今回韓国との最初の試合でのコールド勝ち…これはうれしいことではありますが、隙を作りそうな気がして(気楽モードに入るというか)それが心配ではありました。まだまだ何が起こるか解らない…というのはプールDでオランダがおこした風を見ているとホントそう思っちゃいます。ジャパンチームにもしっかりと手堅い1点を取りに行く野球をしてほしいですね。

ラモス選手の言われること、よくわかります。
素敵なエピソードありがとうございます。
このあたり勝ちに行くものであるというところの認識やワールドカップ(今回はワールドベースボールクラシック)の価値観というものの差なんだろうなと思ったりしますね。ファンやマスコミはついついお祭りモードなんですけど(私もですσ( ̄∇ ̄))、そのあたり確かに違いますよね。

今回の記事にも書いてますが、どう考えてもパナマはこのディビジョン1次で破れても仕方ないという下馬評でした。実際に0-9, 0-9で負け1次敗退しましたが、本当に悔しがってるわけです。戦っている選手たちの気持ちが伝わってくると何かすごくぐっと来る物がありました。

たとえWBCそのものがどういう形で現時点あろうとも、ディフェンディングチャンピオンを狙うのであればやはりどこまでも厳しく、そしてそのどの国も成しえることが出来ないディフェンディングチャンピオンの座をとりにいってほしいなと思っています。そしてそれを期待しています。おっしゃるように負けから学ぶことはたくさんあると思いますのでそれがひとつ強さに変わっていけばいいですね。

いえいえ~~私のレポなんぞ大変ミーハーばかりで…おはずかしいのですが、楽しんで頂ければ幸いです。



>buinosukeさん
こんにちは(^o^)/
オランダやりますね~~~。ドミニカに1勝してからやはり自信はひとつついていたような気がします。それにしても同じチームに2度負けるってことはなかなか屈辱的だったでしょうね。

ESPNでもオランダとドミニカのラインナップを比較して(オールスターに出場した選手は○人とかMVPは○人とか)散々差を言ってましたが、いやはや短期決戦の恐ろしさですね~。2次ラウンドでオランダはまた風となるのか…楽しみであるとともにドキドキです。



>aoiさん
こんにちは(^o^)/
コメントありがとうございますー。
多分恐らく日本の多くのファンはドミニカの打者対日本の投手というのを楽しみにしていた人も多いと思いますからガックリされた方も多いのではないかと思います。

ん?余計なものがというのは例えばタレントさんの感想とかですか?
私もあれは余りいいとは思わないんですけどね-。スポーツそのものにドップリはまりたいときになんか…( ▽|||)って感じですよね。プエルトリコで日本のゲームを見てたときはホント地球の真裏にいるんだなぁってすごくおもしろかったですよ(^o^)/。ホントに変な時間にやってるのにすごいのは、プエルトリコのファンはしっかりと日本の動向をみてるってことでしょうか。球場で「日本勝ったね~」「日本負けたね~」という話は何度もされました。みんなよく見てるなぁって感心しきりです。

パナマって恐らくディビジョン的に負けると思われてるチームだったと思いますが、それでも勝負は勝負、やって負けたら素直に悔しい!!それはすごい素敵なことだと思います。負けてもしょうがないやん~~って言うのじゃなくホント燃焼したのかなって。なんかホントこの写真を見せてもらったときググッとくるものがありました。

日本でもこういう他のディビジョンの話があったらいいのになーと思いますね。そういえば、サンファンの球場にTBSのクルー(スタッフ3人)が来てたんですがこっちのことって放送されてません?あれはスペシャルのための撮影なのか、それともニュースなのかどっちなんだろう?ってすごく思ってたんですけど。出来ればちょっとでも他のインフォも放送してほしいなー。

ラテンの選手たちはホント野球が好きで好きで仕方ないって感じなんでしょうね~。いつでも野球をやれる環境が幸せみたいな。ドミニカの選手たちはホント元気いっぱいでした。今後の試合で見れないのはとっても残念ですけど、今回のことで悔しさ倍増で次回最強メンバーで臨んでくれたらいうことないです。
2009/03/13(金) 09:32 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
例の動画発見。
例のラモス選手の動画がありました!これがアップされているとは、すごいですね、インターネットは・・・。当時はこれを職場でリアルタイムで観ていました。僕の記憶ではもっとキツイ言葉言っていたような・・・。

今の日本選手、特に岩隈に見せたいです、この動画。がんばれ!チーム日本!

RAMOS
http://www.youtube.com/watch?v=yqXrrifbmxA
2009/03/14(土) 00:57 | URL | コロラド #8gfOIHpU[編集]
ありがとうございます!!!
コロラドさん

すごいっ!ちゃんとYouTubeにあげてる人がいるんですね~。ありがたいです。そしてわざわざそれを調べてくださってありがとうございます。

おっしゃることよくわかります。ラモスさんが怒っているテンションを替えない(テレビだからといって)というところがまた本当に頭に来ているんだなとすごく感じられました。気持ちの上で負けたら、そこから勝つことは出来ないわけで…それが悔しくて仕方ないんでしょうね。

キューバと対戦することが決まった日本ですが、布陣云々を超えた気持ちの部分をどう持ってくるのかが大きいかなと思いますね。頑張ってほしいですね~。
2009/03/14(土) 09:31 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。