スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/5 オープン戦 Team USA vs Philadelphia Phillies
2009年03月14日 (土) 00:42 | 編集
もうラウンド2が始まろうかというときなのにこの遅れっぷり…( ▽|||)。すみません~。

プエルトリコに渡る前日、オープン戦最終日はアメリカチームをチェックしました。

実は前の2試合で、アメリカのファンがたとえ自分の応援チームの選手でもベネチームというくくりなら、今はそんなに彼を応援しないわ~という雰囲気があるのを見ていたので(もちろん口には出しませんが応援の度合いがそんな感じということです)、USAチームと対戦するときは果たしてアメリカのファンはどうなんだろう??ということが個人的には気になっていました。

で…実際見た結果はですね~~
やっぱり応援チーム>Team USAですね(笑)。
ただし、もちろん本戦は違うと思います。
Team USAが対戦するのはすべて他国チームですから、ちゃんと相手は敵になるわけで。…といってもホントにアメ~リカ全体に火がつくのは多分決勝ラウンドへ進んでからじゃないかなぁと思いますけどね。

試合に出るワケじゃないですが、土曜の初戦は監督さんは義理の息子の結婚式でいないみたいですし(私だったら、旦那が日本代表の監督なんてことやってるんだったら、息子に結婚式そのものの日にち替えさせますけど、このあたりがアメ~リカって感じがしますね(;^_^A )。あ、なんてこと書いていますが、もちろん出ている選手たちは負けたくないでしょうから、選手たちは一生懸命だと思います。


…と、話は戻りますが。
オープン戦はあくまでも応援チームの応援をしっかりメインで…ってスタンスでしたね~。日本だったら、侍ジャパン対巨人でも侍ジャパンを応援してる度合いが多かったと思うんですけど、アメリカではそれがなさそうな感じでした。チーム代表のメンバーが派手でもまずは好きなチームありきなんですね~おもしろいです。それだけ日本人がミーハーってことなんでしょうか(いえ、私が…σ( ̄∇ ̄)←ジャパンからすでに外れまくってる人)。

ましてライバルチームの所属選手なら、今はTeam USAでUSAの代表選手だってことがあっても、容赦ないブーイングまであったりして。フィリーズの永遠のライバルメッツのデビット・ライト選手は打席に立つときしっかりフィリーファンからブーイング受けてました(苦笑)。さすがに今回はちょっと気の毒だったんですけど笑ってしまいました(ユニはTeam USAなのに~(笑))。フィリーファンが熱いからですかね?フフフ。…あ、試合中ヤジはしてても、サインをもらうときは別みたいですけど(笑)。アハハ。


どちらにしてもまだ他国のチームは、それぞれの国から来てる応援団がスタンドで応援してくれてるところはありますが、Team USAは本戦が始まらないとなかなか熱い声援を受けにくい状況にあるのかもしれません。


…というわけでこの日の様子ですがまずはスタジアムから。

S3_090305_0018.jpg
Bright House Network Field in Clearwater

2006年のWBCでベネのキャンプ地(当時アブレイユ選手が所属していたんですよね)だったフィリーズのキャンプ地。もうなかなか来ないかも…なんて当時おもってましたが、気付けば毎年来ているようなσ( ̄∇ ̄)。アハハ。

いつもと変わらないスタジアム…ではありますが、一点違っているのはやっぱり昨年ワールドチャンピオンになったチームってことでしょうか。

S3_090305_0020.jpg S3_090305_0022.jpg
↑フラッグや外壁もChampionの文字が!


S3_090305_0021.jpg
↑あと球場の外に出店のようなものが出来てました。

そうそう、上記の出店じゃなくて、大きなチームストアがスタジアムにちゃんとあるんですが、そのストアの中にカバンを持っては入れなくなりました。バックは預けてウロウロするように言われてビックリ。昨年までそんなことはなかったんですが、もしかしたらグッズの盗難とか結構あったんでしょうか。

でもこれね、お店の店員さんが立ってる後ろくらいのフリースペースにちょんと置いていくんですが、それがまた他の人もラクに行ける場所なので、むしろ逆に私のバックがなくならないかのほうが心配で(笑)、なんかおちついて店内をじっくりうろうろすることがが出来ませんでした←チキン。ハハハ。


S3_090305_0019.jpg
↑このスタジアム自身も25周年のようです。


S3_090305_0048.jpg
↑中も誇らしげにワールドチャンピオンの文字!!
ここぞとばかりにアピールです♪


FH20_090305_0039.jpg
↑外野の芝生席はやっぱりピクニックモード。
これがいいんですよね~見ていてなんかなごやかになります。


S3_090305_0027.jpg S3_090305_0043.jpg
↑電光掲示板と本日のラインナップ

やはりフィリーズのスタジアムで…ってことだからでしょうか。この日の先発メンバーにロリンズ選手とビクトリーノ選手の名前がありました。


さて…私が入場したときはアウェイチームとなるアメリカが練習していました。

090305_4_0208.jpg
↑オズワルド投手

S3_090305_0042.jpg
↑バッティングプラクティス

FH20_090305_0033.jpg
↑やはりロリンズ選手は大人気であちこちから声がかかってました。

090305_5_0070.jpg
↑それに応えるべくサイン大会(旦那撮影)


毎度書いていますが、フィリーズの選手たちは本当にやさしくて、ハワード選手やアトリー選手というスーパークラスでも毎日ほぼサインをしてるのをみかける気がします(もちろん数はまちまちですが)。選手たち本当にすごくフレンドリーなんですよー。レフト側のクラブハウスから出てくるとき、また帰っていくときにだだ~っと並んでフィリーズの選手が順番にサインしている様子は毎度見かけます。場合によっては話すこともラクに出来ちゃうと思いますし、なので選手と間近で触れ合ってみたい!というファンにはおススメのスタジアムです。試合も見やすいし(ただ一塁側はちょっと日陰で寒いですけど)。


S3_090305_0031.jpg S3_090305_0040.jpg
↑USAの選手たちもよくサインしていましたよー。
マッキャン選手は呼び止められて戻ってきてわざわざぐるっと一周やってくれました。やさしいですね。


FH20_090305_0005_20090313235527.jpg
↑USAチーム、練習の最後には円陣でしめてました。おおっ!
かなりチーム一丸を心がけてるようです。


練習中も試合でもそうだったんですが、
このチームとにかく自他共に認めるリーダー、ジーター選手が大きいですね。彼は根っからのアメリカのキャプテン気質なんだと思います。

単にキャプテンやってくれ…でやってるわけじゃなくて、本当にいろんなところへ行ってはいろんな選手へ話しかけてるんですよ。選手同士のコミュニケーションを図ろうとしているのかなと思いました。前回ベネではこの役目をビスケール選手がやっていたんですが、今回こういう役回りの選手がいないんですよね。いいなぁ。

090305_4_0112.jpg
↑ポジションが同じロリンズ選手への気遣いは見ていて特にすごかったですね(旦那撮影)。

090305_4_0238.jpg
↑とにかく気付くとあっちこっちへ行ってました(旦那撮影)。

090305_4_1905.jpg
↑試合中も気を吐いていたようです(旦那撮影)。士気アップですね。

やっぱりこういう面をみるとすごいなーと改めて思ってしまいますね。
あれだけのメンバーが揃えば、良くも悪くもまとめるのが本当に結構大変だと思いますが、見ている限りで彼がいなかったらその役回りを誰がするんだろう?とちょっと思ったりします。



試合の方ですが、打線に火がついたというか、投手がちょっとまだ調整イマイチだったというか、打ち合いになりました。ただ、アメリカは前日までのベネと違うなぁと思ったのは、効率がよかったですね。ランナー溜めてドーン!!みたいな感じで一挙に得点をしていく感じで。フィリーズも打撃がいいチームなので逆にやり返されたりしてましたが(笑)、見てる分には楽しいゲームでした。

FH20_090305_0074.jpg
↑アメリカの先発はガスリー投手。
この日は立ち上がりに苦しんでいました(ボールが先行してしまって)。

FH20_090305_0044.jpg
↑フィリーズはケンドリック投手。
初回、2回とぽんぽんと来てたんですが、USA打線に捕まってしまってからはリズムを崩してました。若い彼にはこういう経験もいいものになりそうです。


FH20_090305_0090.jpg
↑ライト選手。ホントブーイングかわいそうでした(苦笑)。

FH20_090305_0094.jpg
↑ユーキリス選手。
こちらはブーイングのように聞こえても言われてるのは「ユー(ク)」です。

FH20_090305_0108.jpg
↑ハワード選手のスリーランも満喫できて大満足でしたよー。

FH20_090305_0121.jpg FH20_090305_0130.jpg
↑ジーター選手とチッパー・ジョーンズ選手。

この日はとても元気でしたが、チッパー・ジョーンズ選手のケガの状態はどんな感じなんでしょうか。気になります。


FH20_090305_0112.jpg FH20_090305_0134.jpg
↑アメリカチームの得点シーン


FH20_090305_0161.jpg
FH20_090305_0173.jpg
↑後半に出てきたマドソン投手(フィリーズ)とブロンクストン投手(USA)

フィリーズは後半試合をしめてきてました。
それがこの試合のテンポアップにつながった気がします。


S3_090305_0049.jpg
↑試合終了~。


この試合を見てプエルトリコへ。
結局この2チームがセカンドラウンドへあがってきたので、再びまた見れるわけなんですが、ファーストラウンドを終えて来てどういう仕上がりになっているのか…楽しみです♪
コメント
この記事へのコメント
USAはハワードやアトリーなどまだまだ最強の布陣ではないとはいえ、やっぱりすごいチームですし、強いですよね。前回のビッグネームよりも若さや勢いがあるチームっていうイメージです!それをジーターやチッパーが引っ張ってってるような感じかなと。ただ投手陣がちょっと心配ですよね・・・特に中継ぎ陣が。でも決勝までのぼりつめてきそうですよね!
2009/03/14(土) 14:02 | URL | ま~ROD #-[編集]
投手が…ですね。
ま~RODさん

こんばんは(^o^)/。
最強じゃないとはいえ布陣をみていると豪華ですよね-。ジーター選手の人気はホントすごいです。

マイアミでの最初の試合、アメリカ、プエルトリコ相手にボコボコでした。プエルトリコの打線が調子が良いというのもありますが、それ以上に○×▼□※…な感じですよね( ▽|||)。気になるのは今までどの試合も(勝ち試合も含めて)4点以下に抑えたことが一度もないということです。ここから今日どうやって立て直してくるか…またオランダの風は吹くのか…楽しみに見てきたいと思います(≧▽≦)。
2009/03/16(月) 02:12 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。