スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/1 【Tigers vs Indians】白熱の投手戦
2008年03月09日 (日) 21:41 | 編集
3/1の試合編です。

この日の先発はD-Train投手とC.C.サバシア投手のマッチアップ。二人はプライベートでも仲良しらしくそういう視点で書かれた記事も後で出ていましたが、スプリングトレーニングであれども、シーズンでもアリーグ中地区対戦としてはビックカードということもあってか、かなりアメリカの取材は多かったように思います。

実際両投手、試合後のコメントを見ていても投げ合いを楽しんでいたんでしょうけれども、実際試合中は結構気合いも入っていたように見えました。

P3010660.jpg P3010659.jpg P3010752.jpg
↑今年からタイガースのD-Train投手
(すべての写真はクリックで大きくなります)
D-Train投手はホームラン1本による1失点のみ。好守備に助けられたところもあったんですが、オープン戦とは思えないほど、アウトが取れるとあのガッツポーズなどが飛び出して気合いの入り用を感じてしまいました。オープン戦初登板ということもあって、2回しか投げてなかったんですがなんだかその気合いにこちらが押されてしまうほど(笑)。私がD-Train投手を一番最近見たのは実はWBCのときですが、そのときよりも安定感があったような感じでした。

P3010689.jpg
↑ナイスプレーで守ったポランコ投手を待ってハイタッチ。

P3010782.jpg P3010785.jpg
↑ウィリス投手のあとはクローザーのトッド・ジョーンズ投手が1イニング。

ジョーンズ投手がポンポンと軽くアウトを取る…って感じじゃなかったのは気になったんですが、これからってことなのかな…とこのときは思ったりしてました(この話は3/4の試合に続く…ですσ( ̄∇ ̄))。


インディアンズの先発サバシア投手は立ち上がりにタイガース打線に連打で捕まった感じでしたが(初回2失点…ポランコ選手、インジ選手、カブレラ選手…とこれはホント打たれ出すと勢いを鎮火するの大変そう…)2イニング目はそれでも無失点で切り抜けるあたりさすがでした。打たれても落ち着いた風格でしたよ。

P3010690.jpg P3010693.jpg
P3010695.jpg P3010698.jpg
↑サバシア投手

P3010773.jpg
↑途中一度マウンドに集まることはあったんですが、この後はあっさりでした。

体重が乗った重たい球だから打てないのかなーと元々思ってたんですが、結構間近で見てもそういう感じです(風格から余計にそのムードが漂ってますが)。この試合見ていてもほんといかに立ち直るまでに得点をしておくかが、大事なんだろうなぁなんて思ったりも。初回からどんどん調子に乗ってくるタイプなのでしょうから、相手にするには序盤こちらの気合いを十分にしてないとあっさりした試合を作られちゃうのかもしれませんね。


この日の座席…日本を出る直前にたまたま運良くバックネット裏がとれたんですが、投手を見るには真正面に近いんですが、バッターを見るにはお尻…σ( ̄∇ ̄)なんですよねー。…というわけで写真的にはタイガースの方はネクストバッターサークルにいるときを押さえることにしました(笑)。

P3010657.jpg P3010705.jpg
↑タイガースサイドのベンチ

P3010719.jpg P3010729.jpg P3010771.jpg
P3010776.jpg P3010817.jpg
↑この日、シェフは白ユニで中をうろうろしてたらしいんですが、表に出てくることはなかったです…残念~。それでも今日のラインナップも豪華ですよ!個人的にポランコ選手のバッティングが気になりました。すごくボールが見えてる感じでした…うーん。

P3010721.jpg
↑この試合インジ選手が登場したんですが、声援が大きかったですよ!やっぱり元々の選手ですからね。ファンも温かいです。こういう声を聞くとやっぱり発奮になるんじゃないかと思います。

P3010722.jpg
↑その声に応えるように初回、インジ選手のタイムリーでポランコ選手が戻って先取点。

P3010761.jpg
↑サンチアゴ選手。

この日ショートのレンテリーア選手がお休みでサンチアゴ選手がショートに入ってました。実は彼、カルロス(ギーエン選手)がマリナーズからタイガースへ移籍するときマリナーズへ交換で来た選手。マリナーズ時代は背番号1だったんですが、そのことを言うと「知ってるのかい??」ととってもうれしそうでした(笑)。再びタイガースに戻ってるんですねー。

それにしても今シーズン、カルロスがショートを守ることはどうやらなかなかなさそうです。感覚を戻したくないのでしょう、レンテリーア選手がお休みでもカルロスはファーストを守ってました。

P3010861.jpg
↑リーランド監督…試合中は厳しいですね。ちょっと気になることがあると、選手は打席後でもコーチを通して呼ばれてました。

「シーズンに打てるということは正しい練習が出来ているということ」という彼のコメントにあるように結果主義…ってことですから、これは結果を出すしかないってことです。ある意味明るいだけじゃなくちょっとさぼりたいなーという気持ちが出てくる選手たちにとっても、また最終的に結果でバッサリ…というのがわかっていると必然的に気が引き締まっていいのかもしれませんね。

そして…

P3010669.jpg P3010832.jpg P3010673.jpg
↑サイズモア選手ですよ!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!

念願です~~~。ホントに念願でした(昨年インディアンズ戦チョイスも見れず…)。いや~今回見て思ったんですが、カッコイイだけじゃなく(笑)やっぱりコワイ一番バッターだと思います。ヒットも打てるし、長打も打てるし、走れるし。エネルギッシュなリードオフで選手としてはめちゃ魅力的♪ですが、敵にするには嫌な人だなーって感じで(笑)←ジコチュ~。スッゴクキレイにヒットを打つんですよねー。

P3010680.jpg P3010820.jpg
↑この人もベネズエラ代表だったビクター・マルティネス選手。WBCの年はなんだかパンパンになってた気がしたんですが、良い感じになっている気がします。ビクターが調子がいいってことはガーコ選手とのつながりを考えるとやっぱり結構やだなーってところもありますね。…とはいえ選手個人としては頑張ってほしいんですが…うー、フクザツ…σ( ̄∇ ̄)。

P3010682.jpg
↑ガーコ選手。昨シーズンは結構良いところで打たれたりしました…。

中継ぎ投手に関しては、タイガースは人によって2回を投げさせたりしていましたが、インディアンズは1回ずつたくさんの投手に回すという感じの調整をしていました。しかし…この試合すごかったのは、スプリングトレーニングにありがちな打って打たれて大騒ぎ~って試合にならなかったことです。

…ということはこの試合に関しては中継ぎが上手く投げていたってことになるんですよね。これだけ強打者が揃ったチームで投手がある程度ちゃんと整えば…この2チームどちらもかなりこわいことになりそうなのは間違いないかも…。うーん、前評判だけじゃないんだろうなーやっぱり…。

ちなみにこの試合のボックススコアはこちらです。


あ、そうそう…
サイズモア選手を熱烈に応援しているギャルギャルは何人か見かけたんですが、Mrs.Sizemore Tシャツなどを着ている人は見かけなかったです。実物見てみたかったから残念ーσ( ̄∇ ̄)。

インディアンズが見れるのは今回この1試合だけなんですが、タイガース同様リズムをもっていかれるとエライ目に遭うのは今年も有り得そうだなーと思った一日でした。タイガースは3/4にアウェイでもう1試合見ます…←ほんとドコのファンなのって感じですね…すみません(笑)σ( ̄∇ ̄)。
コメント
この記事へのコメント
いや~カブレラもウィリスもデトロイトのジャージが似合ってますね~♪

カブレラの調子はどうですか??
アリーグの投手達に順応できそうですかね??

クリーブランドも本当にいいメンバーですよね!
投のベネゼエラと思ってたんですが、こうみると打線もかなりすごいですね。。。汗
来年のベネゼエラ代表が楽しみです!
2008/03/09(日) 23:57 | URL | ま~ROD #-[編集]
いいなー
豪華なメンバーですねー!試合も見応えあって楽しそう。
サイズモア選手も見られて良かったですね~。
やっぱり実物もかっこよかったですか?

それにしてもベネズエラは凄い選手がいっぱいですねー。
WBCが楽しみです♪
2008/03/10(月) 11:53 | URL | Ina-Zimmer #-[編集]
こんにちはー。
>ま~RODさん
結構似合ってますよね?ミゲル王子、このときは頑張って打ってましたがこのチームで背負いすぎる必要がないだけに気楽にやれれば良い成績残せるんじゃないかと思います。プレッシャーが大きすぎると良くないですが、他のメンバーもそろってますしね。アリーグの投手…そうですね。ナと違って投手戦になったとき、調子の良い投手に代打を出されることはないので打てないときにでも対処しきれるかどうかというのがコレからの課題になるかもしれませんね。

…でも思えば、ミゲル王子、パッジ、D-Train投手…ってマーリンズが優勝したときのメンバーですよね?なんだかすごーい。

インディアンズ不気味です…やっぱり。
打ち出すとコワイし、やっぱり今年も4月にこのチームとどう戦うかは大事かなと思いますねー。クリフ・リー投手がちょっと不振みたいですが、サバシア投手は良い感じに仕上げてきているような気がしました。存在感…すごかったです。

確かにラテンチームで打といえば圧倒的にドミニカ!というイメージが強いし、投手は揃っているので投手のチームって感じですが>ベネズエラ、打つ方も意外と揃ってるんですよね。ただつなげるバッティングが出来るメンバーというのはなかなか…なんですが(そういうポランコ選手みたいな選手がいればベネズエラWBCでもかなりコワイと思うんですけどねー)。今度はベネズエラKing Felixの出場もOKもらえるかな?楽しみですねー。


>Ina-Zimmerさん
こんにちはー。試合見ごたえありました。スプリングトレーニングでは徐々に投手はイニング数をのばしていくところがあるのでこの時期短いイニングしか見れないのは残念なんですが、それでもワクワクしましたよ。

サイズモア選手は実物も格好良いです♪←ミーハー。しかも筋肉質で良い感じのボディでした(ってドコ見てるんだか…(笑))。なにしろ長打も打てて走れる一番バッターですからコワイ…ってやっぱり思いましたよ。ホワイトソックスがボコボコになるとき彼にはしっちゃかめっちゃかやられてますからねー(苦笑)。念願叶ってナマでみれたのはホントうれしかったです~~。

私自身のミーハーポイントチーム、ベネズエラもすごいですが、ドミニカも楽しみですよね。ベネズエラチーム…前回追っ掛けたときもホント陽気ですっごくやさしかったです(涙)。キューバの選手はなかなか近づけなかったんですが(セキュリティ的に)スッゴク純粋な目をしていたのが印象的でした。WBC楽しみです~~~っ!。
2008/03/11(火) 12:32 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。