スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/1 【Tigers vs Indians】フォトグラファーも必死
2008年03月08日 (土) 00:54 | 編集
スプリングトレーニングの場合、使う球場がマイナー施設なので、必ずしもバッチリ整った環境か…というとそうでない場合というのもあります。

例えば、アトランタ・ブレーブスなんてホントにキチンとしたスタジアムな作りなのでフツーの球場とあまり代わり映えしません。フィリーズもちゃんとフォトボックスがあります。

しかし…ここはフォトボックスがありません。
カメラマンはどこで撮影するかというと…
ベンチの真横にむき出し状態…σ( ̄∇ ̄)。

P3010672.jpg
こっわ~~~~~~っ。
(▲クリックで大きくなります)

しかし足がしびれるので投げ出しOKだそうです(笑)←足をつるカメラマンも結構いるんだとか。なんだかすごいですね。毎度こういう球場にあたるとダンナは万が一を覚悟するらしいんですけどね(汗)…。確かにコワイです。チキンな私には出来ません~σ( ̄∇ ̄)。

ちなみにこの日はマッチアップが良く、さすがにアメリカでは注目株ってこともあって満員御礼状態でした>フォトグラファー。普通こういう状態だと、自分が一番いい場所を取ろうとするものだそうですが(場所取り)、「一番良い場所(ベンチから一番近い場所)=ボールが一番飛んでくる場所(打席も近いわけですから)」ってこともあって、自然と譲り合いが起きるのだそうです(笑)…みんなボールに当たりたくないよね、まーね。

打球が飛んでくることはもちろんですが、セカンドやショートから高めの球を投げられてファーストがとれない…なんてことになったら最悪だとも言ってました。ショートの守備など見せ場的な場面でも、思わず、エラーするなよ~と心の中でいつも願ってしまうと言ってましたが気持はわかりますよ…。ファールが客席に飛んできてもびびるのに(笑)←チキン。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。