スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/28 【Phillies】あかるい選手たち
2008年03月02日 (日) 19:17 | 編集
これはオマケ記事です。
今年はオープン戦メインでなかなかミーハーできるポイントが少ないのはちょっと寂しいのでちょこっと☆。

私が中に入れたときは打撃練習も終盤でメインの選手はほぼ守備についているかいない状態だったんですが、もちろんダンナは先に入って選手練習を撮影していました。

昨年話した選手たちが意外と覚えてくれていて声をかけてもらったようです。変な言い方ですが、たくさん会う人がいる中でたかだか日本のカメラマンひとりを覚えてくれてるなんて…なんてありがたいんだろう…という限りですよ、ホントに( ̄人 ̄)。

中でも陽気なロリンズ選手はダンナも大好きで以前日米野球で来日したときもバッチリ写真をとったりしてたんですが…
IMG_367.jpg
↑あっかるーい(ダンナ撮影)
(すべての写真はクリックで大きくなります)

「SHIBAKUZO」
…と今回会ったら言われたようです(笑)。もちろんニコニコしながら。

実は昨年、審判に頭に来ても英語とスペイン語なら聞こえてしまったらわかるけど、日本語だとわからないからいいんじゃない?と言うことを言ったらナイスアイディアだ!と言われたらしいんですが、そのとき教えた言葉がこれなんだそうで。他にもいろいろ興味を持って知りたがっていたロリンズ選手に希望の英語を聞いて日本語をローマ字で書いてメモを渡したらしいんですが(何を教えてるんだか…コワ←内容は知りません…)。

しばく…ってアナタ( ▽|||)
(思いっきり関西人まるだしやん!)

…σ( ̄∇ ̄)。でも、きっとそういう言葉はしっかりと覚えて忘れないんでしょうね~。あ、でも田口選手にはいわないでね(笑)。


あと、練習場では私も昨年フレディを追っかけたときに見たあの地獄の2マイルランが続いていたんだとか。へ~、練習時期だけじゃなくてオープン戦が始まってからでもやるんですねー。個人的にはキャンプ時期に「しっかりと走るチーム=強い」ってイメージがあるので(後半戦に入ってもバテないチームが多いと思います。自力がここに来てでるのかもしれませんね。)コレが続いているのは今季につながるのかな?とちょっと楽しみだったりしますが…。

IMG_0196_20080302190747.jpg IMG_0202.jpg
↑ノリノリのマシーソン投手とハメルス投手…(ダンナ撮影)。2マイル走ってるのにね(笑)。

ホントどの選手もあっかるいです。

やっぱり接触点は少なくてもフィリーズ、練習から見たかったなぁ~~~~~~~~~~と思いますね(フィリーズはオープン戦が始まると完全ファンは午前練習が見れないんですよね)。来年こそ早めに動けるようにしたいです。


うーん、タイガースはラテンの明るさなら、フィリーズはアメリカンな明るさのあるチームって感じでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
ホント、あかるい選手たちだ!
こん○×は☆(私も真似してみました。^^;)

たくさん読んでて楽しい記事がUPされてたので、どれにコメント書き込もうかと迷いましたーー!

昨年のともともさんの記事からもフィリーズ選手たちの明るさが伝わってきましたが、ホント、フレンドリーな選手ばかりですよね~♪
でも旦那様の取材対象への愛情があるからいい表情をカメラに向かってしてくれると思いますよ~。日本人ばっか追いかけてる○×な取材者にはこんな笑顔いっぱいのショットは撮れませんよね~☆

>「SHIBAKUZO」
私もロリンズ選手に笑顔で言われてみたいなー!!(=´∇`=)
「SONNANO KANKEINAI!!」
とか言い返したりして...(笑)
ハメルス投手のポーズはもしかして「ゲッツ!」ですか?(^◎^)
田口さんの日記にもマニエル監督が「逆ルー大柴」で日本語混ざりの英語をお話しするみたいだから変な?日本語を話す選手が多いかもしれませんね。スネリングやダブス、モイ爺もいるし。

最後に、フレディねたですが.....
ボストンのクラブハウスにはひょっこり現れたみたいですがその後は...行方不明でどこに居るのかわかりません。。。(´△`)
たぶんフロリダにはいると思うんですけど。
怪我からの復帰が6.7月くらいだから優勝争いしてる球団からフラッグ・ディールの目玉選手として引く手あまたになればいいですよね!
2008/03/03(月) 00:19 | URL | ヒロミ #pKWPD12E[編集]
ありがとうございますー
ヒロミさん

あはは!こんにちはとこんばんは…で使えることからダンナがよく使うんです、コレ(笑)。記事楽しんで頂けてよかったです。そしてフレディインフォありがとうございます~。ボストンですか?フォートマイヤーズまで行ってたってことですかねー…それにしてもドライブ三昧だなーそれは。タイガースに来てくれたら会えたんですけどやっぱりドラマティカルな展開は起こりませんでした(って当たり前σ( ̄∇ ̄))。個人的にはちょっとゆっくりしてほしいんですけどね~。怪我あけ…ズタボロだと次に行きにくいですし、自信持って進める状態にしてから出て欲しいんだけどなぁ…でも投げたがりなので難しいかな…(ってなんの心配してるんだか(大汗))。

いえいえ、ウチのダンナが特別なのではなく、フォトグラファーなら誰でも同じことをしてくれると思うんですよ、選手のほうは。選手は結構自分にカメラ向いてるのって楽しんで気にしたりしてますし(笑)。アメリカのメディアの方なんてほんと選手とダベリングしている人もたくさんいますし、結構選手とコミュニケーションを取ってると思うんです。ただ日本のメディアさんはホントに固まりすぎていてすごく違和感があるというか声をかけにくい雰囲気はあるんじゃないかなぁと思います…私が見てても。それは、何かしら決めごと的なこともあってそうしないといけないのかどうかはわかりませんが(ウチは完全フリーランスですのでその辺りの事情はわからないんです…管轄が違うので)、日本人同士…言葉が通じても声をかけにくい環境だったら他国の選手にとってはもっと声かけにくくても当然かな…とは思ったりも。実はコレに関してはこれから書くブレーブス対ドジャースで触れると思いますが(ちょっと個人的に哀しい事件があったので)、もっと選手を知ろうとすればフレンドリーに応えてくれる選手って結構いると思うんですけどねー。うーん。

あはは!言われてみたいですか?
私いきなり言われたらビビルかも(笑)←チキンファン。おおおっ!ヒロミさん準備万端じゃないですか。切り返しもバッチリですね♪ハメルス投手のポーズよく見たらそうですね~。ただカメラにいえーいってやってくれただけだと思うんですが(笑)ホントに明るくて若いだけに元気いっぱい!って感じです。

モイヤー先生は相変わらずコーチングに余念がないようなので育成がんばってもらうとして、ダブス選手頑張ってますよね。そうそうスネリング選手がいてビックリしました。マリナーズ時代、彼はギネスに挑戦するのが大好きだったという記事が載っていたことがありましたが、今でも何かチャレンジしてるんかなぁ?こういうミーハーごとはすぐに考えてしまいますね…オバカだわ~~。
2008/03/04(火) 09:48 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。