スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ウワサと否定と
2008年01月06日 (日) 23:50 | 編集
ひさびさに日曜なのに自宅にいます~。

でも、こちらのニュース。

エンゼルス、Wソックス主砲に2年越しラブコール?

実は私この元記事…昨日読んでました。
読んでいたものの、イマイチ速攻で書く気がしなかった…って感じでしょうか←チキンファンσ( ̄∇ ̄)。ちなみに元記事は↓↓こちら↓↓です。

Angels target Konerko again
この記事によると、エンジェルスのGMに聞いた答えは肯定も否定もせず…という感じでした。

Asked if he has any interest in Konerko, Reagins said: "I definitely can't confirm or deny that."

なので…欲しいけど確定できるところまで行ってないって感じなのかなーって思ってたんですよ。

私としてはこの記事を見た後、ウィリアムスGMはどうしていきたいのかな~というのは気になっていました。エンジェルスが欲しがってるというのは置いておいても、この話をホワイトソックス側が押してるのかどうかが気になったんですよね。

もちろん、MLBを見ていく上で、昨年と同じような顔ぶれ…なんてことはあり得ないですし、大きく変わる年もあるんですが、マイナーから育ってきたフランチャイズのプレーヤーが地元を楽しませるという部分は残して欲しいところはあるわけです>ホワイトソックス(って完全個人的意見)。

ちょっと話は脱線しますが、以前にギーエン監督が、アンダーソン選手が絶不調だった時期でも、彼をマイナーに即落とさず使い続けていることについてメディアから質問をされたときに「彼はウチのスカウトが採ってきたナンバーワンプロスペクトなんだ。簡単に落とすことはできるけど、その可能性を信じてもう少し使ってみたい。これは彼を信じるということだけじゃなく、スカウトの目も信頼するということにつながるんだ」というような話をしていましたが、そうなんですよー。派手なトレードや移籍話がどうしても目につく昨今ですが、スカウトが採ってきたプロスペクトを育ってきた選手がメジャーデビューってやっぱりちょっと楽しいところあると思うんですよね。

一旦ジャーニーしてしまったら、どの選手ももうフランチャイズプレーヤーにはなれないんですよね~。フレディもしかりなんですが。


…なんて悶々とした気分になっていたら、今日にシカゴの地元紙にウィリアムスGMが否定した記事が出てました。

Konerko no Angel, but don't rule it out

ウィリアムスGMによるとエンジェルスのGMとはウィンターミーティング以来話してないとのこと。

"I haven't spoken to [Angels GM] Tony Reagins or anyone with the Angels since the winter meetings [in early December]," Williams said.

別コメントでも現時点でコネルコ選手のトレード話はしていないということはコメントしていました。ホワイトソックスとしては現時点で動かすつもりないってことなんでしょうか。

そうそう、この記事ではこういうくだりもありました。

If Williams is going to listen to trade talks about Konerko, this would be the time to do it.

もしウィリアムスGMがコネルコ選手を動かしたいと思うのであれば今がそのときだということ。

…どういうことかといえば、来シーズンになると、コネルコ選手はノートレード条項を持つことになるので、トレードが簡単にできないからということのようなんですが…コワイ。つまりオフの間だったらまだ無条件に動かせるってことなんでしょうけれどもね。

別に焦って動かす動きじゃないですよ~~( ̄人 ̄)>ウィリアムスGMへ。ってもうこちらは祈るばかり…。オフの動きってホントドキドキしますねー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。