スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:耐えて頑張った!久々の勝利
2007年06月26日 (火) 19:29 | 編集
勝つって楽しいですね~(笑)。
それがたとえ今の厳しい状況の中でも…ほろっ。

なにはともあれ、ホワイトソックス…ようやく勝ちました!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!

5-4で勝利。しかもおもしろいことに…あの究極の最後に残された勝ち方『先発が抑えてタイトに勝つ』という形ではなかったんですよね。
先発ダンクス投手は5回4失点で降板だったんです。
88球だったんですが…やっぱり球数多め。
やっぱり投げ方的に安定がしにくいのでしょうか。課題が明らかに見えているというのは逆に言えばポイントがわかっているということなので、徐々に良い形にしていってほしいと思います。

で、この後ブルペンが失点をせずに頑張ったんですよ!
やれば出来るんじゃないですか~。
ナゼニ早くから…やってくれなかったんですか?( ノ ̄∇ ̄)ノ。

マセット投手、ソーントン投手、バクビッチ投手、ジェンクス投手のリレーで無失点。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!ジェンクス投手は19セーブ目(意外と勝ってない割りにはセーブ多いんですよね…なんともすごいかも(笑))。この日打つ方ではホントにイマイチだった井口選手が最後ナイスフォローをしてくれていました(最後のフライもどきっとしましたが(笑))。

そして、打てない打線も実に12安打。
これもまたイレギュラー(笑)でうれしいです。
ただ~し、三振も15個だったんですが( ▽|||)。多い…。

ちなみにトロピカーナフィールドでデビルレイズの投手陣が相手チームから10個以上三振をとったらピザがただになるチケットが配られるそうで…これについてギーエン監督は

"If we play here more often, there's going to be a lot of fat people eating pizza for free," said Guillen, referring to a promotion in which fans receive coupons for free pizza if the opponent strikes out at least 10 times.

ホワイトソックスがここでもっとプレーしたらここのファンはたくさんピザがただで食べられて太らせちゃうねなんてジョークを飛ばしていました。ハハハ…。

実際この試合、とりつとられつのもちゃもちゃっとした試合だったんですが、ホワイトソックスが6回にツーアウトからここぞで出たゴンザレス選手のヒットで同点、さらにはコネルコ選手のタイムリーで逆転できたのは大きかったですね。だいたいああいった場面で同点になれども逆転しきれないシーンが今シーズン多かったわけですが(いわゆるクラッチが出ない…)、特にここ4試合では23回得点圏にランナーを送りつつ1度だけですからね…ヒットが出たのって( ▽|||)。だからこそ、こういうことがひとつひとつなにかしらのきっかけになっていけばいいんじゃないかなとは思います。特にデビルレイズは荒削りですが、塁になんとか出ようと9回なんかでもスライディングしたり、積極的に走ろうとしてみたり…そういう選手が多いので(若いというのもありますが)いい意味で刺激を貰ったらいいと思うんです。何でも使えるものは使って(笑)自分たちの復調のカギにしていってほしいなと思ってます。このシリーズがいいキーとなってくれるといいんですけどね。

なお、本日はルーキーのゴンザレス選手がダイ選手の替わりにライトに入り、打っては5打数4安打の大活躍。とにかくチャンスなのでここはいろんな形で頑張りを見せて欲しいと思います。

"I [got four hits] in the minor leagues, but it was a long time ago," Gonzalez said. "I'm just happy we won."

ゴンザレス選手は4安打なんてマイナーでもかなり昔に打って以来だけど、それよりも勝てたことがうれしいとコメント。ううう、かわいい~~(笑)σ( ̄∇ ̄)←単なるミーハー。


なにはともあれ、白旗宣言の翌日、唯一の勝ちパターンを一番無視した勝ち方で勝てたというのも(笑)、なんとも皮肉なものですが、それでも勝ちは勝ちで素直に喜びたいです♪

そうそう、昨日ギーエン監督はブレーブスのコックス監督からテキストメッセージ(携帯メール)が送られてきたそうです。

"[The Braves'] Bobby Cox sent me a message to keep believing in myself, don't worry about [losing]," Guillen said.

自分を信じて負けを恐れず思うようにやって行けと言うことですね(涙)。コックス監督のような長くやっている監督さんにこういうことを言ってもらえるというのはものすごく有り難かったのではないでしょうか。

そして昨日の試合後ピネラ監督に挨拶に行ったときにもこのように言われたのだとか。

"Even [the Cubs'] Lou Piniella stopped by my office two days ago and said, 'Don't worry about it. Just keep doing what you're doing. Don't second-guess yourself.'

もしかしてこうかもしれない…といって替えず自分が思うようにやり続けなさいということですね(涙)。

このことにについて感謝とともにすごくうれしかったと語っていたギーエン監督でした。ホントありがたいことですよね。

自分がやっていきたいこと…
最後まで戦い続けること…
負けが混むとホントに厳しいですよね。

"It was the same stuff I told my players. Believe in yourself; you did it before. That's a learning process. Continue to fight."

自分が選手に言い続けていることを今回、他の監督さんたちから言ってもらえたことが本当に励みになったようで、自分も戦い続けると宣言。

新たな形を模索して頑張ってほしいです。
明日はガーランド投手とシールズ投手のマッチアップ。
さぁ5月以来の連勝を是非とも実現今度こそ!( ̄人 ̄)。


<おまけ>
今日のBSでのマリナーズ対レッドソックスの試合も後から見たんですが、解説の長谷川さんと与田さんがおもしろかったです。

それはさておき…
『レッドソックスのようにイイ選手がたくさんいるとオールスターに選ぶのも困りものなんですよね(そんなに1チームからたくさん選べないため)』…なんてことを言われていましたが、ホワイトソックスは真逆です( ▽|||)。

実際誰を選ぶんだろう?という状態になっているのは…確かに(汗)。

一人は必ず各球団から選ばなければならないんですが、人気投票でも食い込んでないホワイトソックス戦士(涙)。…となると投手かリザーブメンバーを選ぶようになるんですが、これまた成績的に野手は辛いわけです(大汗)。普通、チームがどん底でも、誰か一人くらいは飛ばしている選手がいるものですが、ホワイトソックスみんなで仲良く停滞してしまっていたので…(涙)。

All-Star? Ha-ha

ギーエン監督はマスコットの「サウスポー」でも連れて行くしかないんじゃないか?なんて笑えない冗談を言ってましたがщ( ̄∀ ̄)ш、もしリーランド監督から誰を…という推薦の意見を聞かれるのであれば、今のところ今季ノーヒッターもやっているバーリー投手か、あるいは安定して頑張っているジェンクス投手を押す意向を話していました。まぁそうかな。


<おまけ2>
7/6にホワイトソックスはミネソタでダブルヘッダーがある予定になっているんですが(雨天順延分)、そのうち1試合はマセット投手が先発する予定になるようです。


<ウワサ>
(うれしくない)新コーナーです(苦笑)。

バーリー投手は昨日書いたようにレッドソックス、メッツ、ブレーブスのウワサの他にブリュワーズも出てきていました。

Buehrle to Brewers?

また、ブレーブスの興味はメッツよりも大きいという記事も出ていました。

Braves more interested in Buehrle than Mets

プレーオフが狙えるチームならば、計算できる彼を加えたいという気持ちあるでしょうね。個人的にはホワイトソックスには出して欲しくない選手なんですけど…(涙)。ビジネスなので仕方ないんでしょうか。

ちなみにフィリーズも電話したみたいです>バーリー投手の件で。

Trade talks fizzle

The Phillies called the Chicago White Sox to ask about left-hander Mark Buehrle and discovered the price tag is way too high.
They phoned the Florida Marlins to inquire about lefty Dontrelle Willis and were told he's not available.

交換するにしても値段が高すぎて決裂したようですけどね。この記事によると、ホワイトソックスサイドがマーリンズに電話してD-Train投手と交換しようとしたようですが、マーリンズに断られたみたいですね。実はウィリアムスGM、かなり動いてますね…(汗)。


またメッツはバーリー投手以外にもコントレラス投手にも興味があるようです。

According to the Newark Star-Ledger, the Mets also are interested in right-hander Jose Contreras as the rumor mill continues to churn for the fading Sox.



あとトーミ選手のウワサも出てきています。
エンジェルス…ただレッズのアダム・ダン選手にも興味を強く持っているようなのでどうでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
ともともさん、こんばんは!
とりあえず久々の連勝に乾杯です。
ホワイトソックスは白旗宣言の後に急に調子がでてきましたね^6
プレッシャーが軽くなってのびのび出来るようになったんでしょうか。

アンディ・ゴンザレス、いいですねー。去年までシャーロットの監督をやっていたシャインズコーチも彼のことを高く評価していますし。あのどこでも守れる守備、そしてアプローチがよくってこれからの伸びしろを期待させる打撃、クールな物腰、とてもいいかんじです。

噂の紹介、とても興味深く読ませていただきました。バーリーのトレードはどうやら相当濃厚なようですね。悲しい・・・。
でもDトレインとのトレードを持ちかけたっていうソースはどうも信じられませんね。フロリダ側にメリットが無さ過ぎますから、こんな交渉は常識的にしないと思うのですが。
でもトレード自体は覚悟を決めておかなくちゃなと自分に言い聞かせています。
バーリーが去るのは戦力的にも、感情的にもすごく痛いですが、ホワイトソックスには来年以降補強していかなければならないポジションが多いですからね。特にSSとブルペンかな。どうせトレードするならできるだけ良いプロスペクトを獲得してもらいたいです。

ウリーベは来季の$5Mは高すぎるのできっとバイアウトするのではないかと。守備はすばらしいんですが、複数年契約してから攻撃面で期待に応えられてませんからね。井口はFAで移籍しそう。個人的には、野手陣を思い切り若返らせてもいいと思います。二塁手はこの前獲得したダニー・リチャー、それとAAにはクリス・ゲッツという期待大の選手がいます。だから獲得するなら優秀な遊撃手が欲しいです。

メッツがコントレラスに興味を持ってるんですか?ミナヤGMはやっぱりラテン選手好きですね。
コントレラスはとても好きですが、でも、このディールはローテーションの若返りを考えると選択肢としては一番いいかもしれませんね。それで浮いた資金でまだ若いバーリーと再契約する、という展開にならないかなあ・・・。

昨年に引き続きこれからワールドチャンピオンチームのメンバーがかなり去っていくかもしれませんね。思い入れのある選手たちが去るのは寂しいですが、諸行無常はこの世の真実ですしね、新たな若い力がこのチームの次の時代を作っていくところを楽しみにすることにします。

再建モードについては山ほど書きたいことがあるのですが長くなりましたのでこの辺で^^
それでは失礼します。
2007/06/27(水) 14:04 | URL | ろびん #M0XK8BU2[編集]
祈りモードです( ̄人 ̄)
ろびんさん

こんばんは~。レスが遅くなってしまってすみません。遅ればせながら今度は3連勝に乾杯です~~~♪

そしてたくさんコメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、白旗あげられちゃう…という変な焦りがチーム内にあったんでしょうか。今日なんて逆転勝利ですものね。今までだとあまり考えにくい形だったので(笑)正直すごくうれしかったです。バーリー投手もピンチをしのいで耐えるピッチング頑張ってくれましたよね。

バーリー投手…そうなんです。
この記事を書いていた時点では私もろびんさんと同じ気持ちでしたよ。やっぱりいなくなってしまうんだろうな~と諦めていたらなんと!ですね。この2日で一気に情勢が変わってきていてドキドキしています。良い形になりそうな感触ですが早く決まるとうれしいなーと思ったりしています。決まったときはそれこそ乾杯ですね!!!

フロリダの話はフィラデルフィアの地元紙が勝手に書いてることなのかもしれませんねー。この時期はとにかくそういう話がジャンジャン出ていて、バーリー投手自身も『知り合いに自分とパリス・ヒルトンの名前が今新聞に一番出てるって言われたんだ。それは良い状況じゃないよね』って話してました(笑)。

なるほど~~。私の方が興味深くコメントを拝見していました。
是非ともこれからもいろいろ教えていただきたいです。そうですね。ウリべ選手は守備が良い時ってホントにすばらしいんですが、$5Mのバイアウトは確かに高いですよね。打撃不振…も考えるとそう思われても仕方ないと思います。いいショート見つかるでしょうか。ウィリアムスGMも腕の見せ所ですねー。

リチャー選手は先日ARIから獲得したマイナー選手でしたっけ?獲得されたとき来季を見据えているのかな?と思いましたが、井口選手もいつだったかスカウトのコメントでFAになってから動くだろうと言われていたし、ろびんさんもそういわれるのであればまさにそうなのかもしれませんね。

コントレラス投手のメッツの話は結構いろんなところで見かけた上、バーリー投手の獲得もアヤシイ形になってきたとあれば積極的にラティーノのコントレラス投手獲得に動く可能性ありますよね>ミナヤGM。コントレラス投手もホワイトソックスに来て良かった投手ですし、私も彼は好きですし、いなくなっちゃうのはすごく寂しいし嫌ですが、もし誰かを動かすことが必要…となれば今彼が一番チームにとってはいいのかもしれません。コントレラス投手にしてもぽーんと出しちゃうというよりも、メッツにはエル・デュケ投手もいるのでメンタルサポートもありそうですし、移籍するならいいのかもしれません。フレディのことを見ていると、フィリーズが悪いというわけじゃなくて、合う合わないという意味で、ラティーノが働きやすい環境というのはあるのかな?とやっぱり思えてしまうので、どうしてもこれ以上好きな選手にはそういうことであまり悩まないで欲しいというのがあります。もしメッツなら適任かもしれませんね。

どんどんワールドチャンピオンのメンバーがいなくなっていくのを見ていると、本当に大リーグというのが同じチームで毎年やっていくことが不可能な団体なのだなぁとしみじみ思っちゃいます。ただこういった世代交代もしっかり見据えていかないとチームとしても衰退を向かえてしまうのでやっぱり考えていかないといけないことなんですよね…難しいですねー。

再建モード…私は見だして浅いのでろびんさんやKAZZさんのお話を聞いてはなるほど…と思うばかりです。またいろいろ教えてくださいね。そしてバーリー投手のエクステンションが良い形で早く決まることを祈ります。
2007/06/28(木) 22:12 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。