スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:たくさんのifを試合前に話し合って…
2007年06月19日 (火) 23:35 | 編集
ホワイトソックス、マーリンズとの初戦勝ちました!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!

このところ打線が戻ってきている感じですが、まだまだこれから←復調したと思ったら何度も裏切られてるため(笑)。

"We're starting to hit the ball better, getting a little more confidence," manager Ozzie Guillen said. "We get more people on base, we score more runs."

ギーエン監督もこのあたりまだまだ!ってコメントを出していますから同じ思いでしょうか。なにはともあれ、どうかこれを続けていって欲しいです( ̄人 ̄)。今度こそリアル連勝を!!!


ところで試合の話の前に…少し。
昨日の記事で、今日からのホーム連戦を前にして、ウィリアムスGMとギーエン監督が話し合いをする予定ということを書きましたが、これが2時間に渡る長いものになったようです。

Sox decide to … ride it out

しかもコネルコ選手も同席。ワオ!
つまり、GM、監督、キャプテンによるミーティングです。
そんなことってなかなかさせないと思うんですが、ウィリアムスGM曰く、選手として現状をどう見ているのか、まだ勝てると思うか正直なところを率直に聞かせて欲しいと思ってコネルコ選手にこのミーティングに出るように頼んだのだそうです。

つまり選手たちは上層部がいないときに本音で現状をどう語っているのか聞かせろと(笑)。もしまだ勝てるという思いがあるのであればもう少し様子を見ようと。そうじゃなければ今年はスパッとあきらめようと。

なかなかストレートですねー、ウィリアムスGM…。
ただ、ここまで託されるというのは、コネルコ選手にとって相当重たいことでもあるとは思いますが…。

でも、ウィリアムスGMやギーエン監督のこういう直球勝負なところ、個人的には結構好きですσ( ̄∇ ̄)。フレディ移籍後、ホワイトソックスの記事を読むようになってチームのこういった部分が気に入って、フレディがここからいなくなっても追い続けて今に至るのかな?という感じがします。いや、本当にわかりやすいんですよね…このチーム(笑)。

で、コネルコ選手の答えは…
「まだ勝てると思う」というものだったそうです。

それを聞いたウィリアムスGMは期限を設定。
もちろんいつまでもその答えを追い続けるというのはビジネス的な部分も含めて不可能だからです。とはいえ、キャプテンの思い、選手の思いを一度尊重してあげるところはなかなか出来ることじゃないんじゃないかなぁとちょっと感心しました。

つまり…昨日の投手の替え時じゃないですが、ワンチャンスを与えようということじゃないかなと思うんですよ。もちろんもうガマンのしどころじゃない時期に来ていると言うことは記事に書かれていましたが、とにかく一度だけ期限を設けてみようじゃないかと。ただ…そうはいっても、実はほとんど期限まで決めてタイムスケジュール持ってるわけですから、選手に選択させたようでしっかり手綱はGMが持ってるわけですが(ウマイですね(笑))。でも選手も一度聞かれてから…というのは気分的に違うかなとは思います。

その期限は、ポドセドニック選手、アースタッド選手の戦列復帰だとか。確かに今シーズンリードオフが次々とケガをしていくのはツライ状況でした…。

"Having two more guys in the lineup, we'll have a better chance," Guillen said. "If we continue to play like [we have], obviously we're not going to go anywhere. I'm not going to say we have a chance if we continue playing like that. Obviously, it's not the way we want to go.

彼らが戻ることで、打線が線になる可能性が強いというのは3人とも思いがあるようで、これにラストチャンスを賭けてみたいという思いがあるようです。彼らが戻ってきてそこで試してみようじゃないかと。これが上手く回らないのであればそのときは覚悟を決めようと。

しかしその間何もしないということではもちろんなく、ウィリアムスGMは動くことも示唆しています。実際にトレードの可能性を持つ選手たちがいることもコネルコ選手は聞かされたようです。なかなかツライですね…。

"Those decisions are made by [front-office] guys," he said. "It's very easy to get off [track] and think about the big picture; are they going to sign this guy or trade this guy, or what we need to do to with this team. I play every day and if I talk about that or think about that, I'm not going to play well."

自分たちが頑張ればその可能性を減らせるという形で良い作用につなげていってくれたら良いんですが、メンタル的に普通考えると相当ヘビーな話題だと思います。頑張って選手一丸となって乗り越えて欲しいです。

フラッグトレード…
ウワサもいろいろありますが、現状でやっぱり気になるのは今季終了後FAになる3人のうちふたり、ダイ選手とバーリー投手です。もちろんどちらもトレードについては考えたくないというコメントをしてくれていることはあらかじめ書いておきます…。ただ同時に自分たちでどうしようもできないことも理解しているようです。なお、同じくFAになる井口選手については先日スカウトも『他のチームから見ればレンタルプレーヤー的(1年とりあえず使ってみる的)な契約になるだろう。ただ今シーズン中に井口をホワイトソックスがトレードに使うとすれば驚きだ。なぜならホワイトソックスほど彼を必要としているチームは他に無いと思うから』というコメントを出していましたからあまり考えられてないのかも。

またバーリー投手が5年契約を望んだため、ホワイトソックスとしてはエクステンションが出来てないこともここには書かれていました。

While Buehrle reiterates he wants to remain with the only organization he has known, general manager Ken Williams admits there is little chance of that happening because Buehrle wants a five-year contract.

でも…フレディと3年のエクステンションをしたんだったら(2004年に)バーリー投手の功績を考えてもロングもある程度いいんじゃないかなぁと思うんですが…。だめなんですかねー。メンタル的支柱がいなくなるホワイトソックス先発陣ってあまり想像つかないんですが…。でもこのあたりはウィリアムスGMからすると長すぎるんでしょうか。うーん。

で、この二人のウワサ…ですが。
ちなみに現段階ではダイ選手とバーリー投手をメッツのプロスペクトと交換するのでは?という話もありましたが、現時点ではまだ現実的ではないようです(わかりませんが)。メッツって…( ▽|||)。ひょええええええ。

とにかくチームの望みをどうするかは実質最終段階に入った…というオフィシャルの声というのは間違いなさそう。この2週間ほどでどんな結果を出すかってところでしょうか。みんな頑張れ!!!


さて試合の方ですが…
ちょっと点の取り合いの展開でしたが、良い形で試合を持っていくことが出来たんじゃないかなぁと思います。コントレラス投手も5/21以来の勝ち星になりました!

ジョンソン投手は今季初先発でしたが、初回から攻めることが出来たのは大きかったですね。とはいえ…満塁でダブルプレーの間に1点という先制の仕方がなんともホワイトソックスチックなんですが…( ▽|||)。この日はピアジンスキー選手が良く打ってくれてタイムリー多かったです。

そして流れ的にも2-0から3回表にアメザガ選手のヒットとアッグラ選手の犠牲フライで2-2と追いつかれるものの、その裏に速攻でまたまた満塁からピアジンスキー選手とダイ選手のヒットで2点を追加して4-2としたところもよかったかなーと。さらに4回にまた追加点で中押しできましたしね。

でもなんといっても、ダイ選手のダイビングキャッチ!!この試合はこれが大きかったです。

これが流れを変えたような気がします。しかも初回と4回に2回のダイビングキャッチ。そのあと攻撃がつながったのもいやな流れを断ち切ってこそでそう。4回はキャッチしてからファーストへ投げてダブルプレー!!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

"Two great ones. That was the fuel of the game," Chicago manager Ozzie Guillen said after a 10-6 win over the Florida Marlins. "He saved a couple of runs. Maybe the game would have gone a different way."

ホントに流れをあちらにやりきらないというのがものすごくよかったですし、めちゃかっこよかったです~~(≧▽≦)。ケガを考えて早めに交替になっちゃいましたが、これはホントに大きかったですねー。

ダイ選手はトレードのウワサが絶えない現状についてこのように語っていました…(涙)。

"Until something happens, I'm still a White Sox and I want to be a White Sox," Dye said. "I've been traded before and it doesn't bother me. I've been around this game long enough to know that every year whoever the free agents are, if your team is not doing as well as you want it to, you're going to be talked about."

MLBってやっぱりビジネスだから仕方ないと思うんですが、こういうコメントを聞くとなんとかならないものなのかな?と思っちゃうのは甘いんでしょうねー(笑)。


ゲームの方は本当に一気に得点するのではなく絶えず攻めることが出来た展開というのも大きかったです。ただしマーリンズのエラーにもちょっと助けられたところはあったんですけどね(;^_^A 。

なんにしても出来ることをひとつずつクリアして、とにかく塁に出てランナーを進める…シンプルなことを繰り返していって欲しいなと思います。

ただ最後9回を任されたマセット投手が抑えきれずジェンクス投手が登場する展開になったのはやっぱり残念でしたけどねー。ツーアウトまで行ってたんですが、やっぱり制球でしょうか。ウィリンガム選手にフォアボールを出したのが大きかったような。そこからハーミダ選手のヒットで追加点を許す展開にしました。得点差を考えるとそんなに追いつかれるというのはないと思いましたが、それでも明日以降を考えてピシっと頑張って抑えて欲しかったんですけどね。


いずれにしても…明日再びチャレンジです。
連勝…という言葉が書けますように( ̄人 ̄)。みんな頑張れ!
コメント
この記事へのコメント
WhiteSox勝ちましたね。
いやー密かにTwinsとWhiteSox4ゲーム差くらいなんですよね。今のTwinsの調子だとWhiteSoxに追い越されても不思議はないと思います。Twinsはとにかく各地区の首位のチームにはほぼ歯が立たないです。昨日もMetsに大敗、その前のミルウオキーシリーズも負け越し、勝ってもぎりぎり、負ければ大敗。とにかく7月初旬All Star前のWhiteSox戦まで3位の位置にいるかどうかも微妙だと思います。

しかしIndians, Tigersは本当に強いですね。特にTigers総得点416点、WhiteSox264点、実に1試合平均2点くらい差があるのはかなりきついです。現状維持+あと3点ほど取らないとTigersには勝てないということになるわけです。どうしましょう?

Twinsファンとしては6-7月にかけてのTigers, Yankees, WhiteSox 戦あたりがPlayOff を賭けてのポイントと思ってるのですが、いい材料が見当たらない。

今日はサンタナ、ここで負けるようだといよいよまずいです。 
2007/06/20(水) 04:11 | URL | Twinsファンの”わし”さん で #-[編集]
おおおっ!
Twinsファンの”わし”さんですさん

こんにちは!
今日はサンタナ投手完投でシャットアウトコンプリートやりましたね!!!!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!サンタナ投手応援してます(対ホワイトソックスにメチャ強いのでしてやられてばっかりですけど…ハハハσ( ̄∇ ̄))。

ちょうどこのコメントを書いている今、5-4で勝ってたホワイトソックスが5-5に追いつかれちゃいましたー(涙)。どうなることやら…です。

確かにツインズ今年は大勝、大敗が結構はっきりしているような気がします。このあたりはやっぱり昨年よりも投手に…ってことになるのかしら?今季リリアーノ投手が戻って来れなかったのも大きかったのかもしれないですね。

今は首位チームに勝てない…という感じでも確実に下位のチームとの対戦に取りこぼしがないとしたらそれは大きいですよ。ホワイトソックスはこれが抜けてるんです…(涙)。でも私のイメージではツインズは後半強いイメージがあって…なんだかこのままずるずるとはいかなそうな気がするんですが…じっくり見てると違いますかね、今年?

おっしゃるとおりです~~~~。インディアンズは今日フィリーズが負かしてましたが、フィリーズは打てるチームだからまだしも、打撃に心配なチームとの対戦だとインディアンズにしてもタイガースにしてもガッツリ勝ちますからねー嫌になるほど強いです(笑)。おおお!総得点のデータありがとうございます。なるほどかなりの差ですね~~。タイガースにしてもインディアンズにしてもやっぱりキープレーヤーがキチンと活躍していると思うんです。それも1.2番あたりの。主力の3.4.5はもちろんですが、インディアンズだとサイズモア選手がやっぱりすごいし、タイガースもポランコ選手が相手にするとやっかいですよね(どちらも好きですが(笑))。1試合平均でそれくらいたたき出すのはホワイトソックスにとってはめっちゃ厳しい…うううう~~ん。

今のタイガース、ヤンクスとあたるのは確かに嫌ですよね~~。ヤンキースってどんなに出だし悪くても調子を整えてくるところがあるので(笑)後半にあたりたくないです←前半ですでにぼろぼろになってたんですが(大汗)。ホワイトソックスは現時点でリードオフ的存在が帰ってくるまでは…という結論になったようですが、逆に言えばタイムリミットを示されたようなもの。ここからは1戦1戦がそのタイムリミットへの階段になっていくのでなんとか踏ん張りどころ…とは思ってるんですが、やっぱり厳しいことにはかわりないです。ドキドキドキドキ…。
2007/06/20(水) 11:44 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。