スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:フレディのときと似ている出来事…?!
2007年06月19日 (火) 01:41 | 編集
今日作業をしながらヤンキース戦を流し見してたんですが、最後の最後に8-2で勝っていてしかもツーアウト。ランナーも出してない状態なのにトーリ監督が王投手を替えているのを見て、確かに113球だったものの、ナゼニ???と思いました。解説の梨田さんもこれは理解できない…という感じで相当言われていましたが、あとワンアウトでコンプリートゲームになるのに…ホント個人的にはちょっと不思議でした…。

確かに勝ち負けにはあそこで替えてももう関係ないところだと思うんです。6点差でワンアウトを取れば試合終了ですからほぼ勝てるでしょう。

でも、投手の記録を考えたときCGのところにもうひとつ数字が入るんですよ。メジャーリーグにおいて完投ってなかなかチャンスすらないと思うんです。で、あとひとつでその権利が来る…。無理しなくてもいいところにそれがあるのに…、ここまで投げさせたのに…って、個人的にはちょっと不思議でした。これって自信にも記録にもなるので大きいと思うんだけどなぁ…というのは投手びいきの見方をしているからなんでしょうか。でもこういうところが細かいところで監督の先発への信頼度につながっているような気がしますが…そんなことないのかな。


そしてフィリーズ。
常々、マニュエル監督はトーリ監督と采配的に似てるところあるなぁと思うわけですが…。
フレディがDL入りする前、チャンスが貰えず早めに降ろされてしまうことをクラブハウスで爆発してしまった一件があったのですが(個人的にLet me pitch事件と呼んでます(笑))、今日はイートン投手が試合後にちょこっと試合後に苦言的発言。確かに前回ノーヒッターだったバーランダー投手とのマッチアップで踏ん張ってくれて勝ち投手の権利もあっただけにねー…残念でした。


流れとしては、2-1から6回裏にイートン投手自身がタイムリーを打って3-1とした後の7回表…。

ワンアウトを取った後、インジ選手がツーベース、ギーエン選手がヒットで1.3塁の状態で向かえるバッターはシェフィールド選手。球数は91球。確かに流れ的には連打の後なので気になります…。でもここまで1失点で切り抜けてきた上、このところ安定したアウティングを見せて連勝してきていたイートン投手だけにこのピンチも信頼して貰えるかと思っていたんじゃないかと。しかしここで…交替に。

そしてギアリー投手が打たれてしまい、さらにザグルスキー投手、ヘルナンデス投手と使っていってこの回一挙5失点( ▽|||)。完全に3-6と試合をひっくり返されてしまったのでした。

Eaton pitches well, but 'pen falters

"Any time you start an inning, you always want to finish it," Eaton said. "I faced Sheffield quite a few times in the past, and I feel pretty comfortable with him at the plate and I have a good idea [how] to get him out. But obviously they had seen enough and took me out. Obviously if things had turned out differently, it would be a moot point. But, you have to respect their decision."

で、この発言…。

うーん(-_-;) 。
ほんとにまーったくフレディと同じ展開って感じが…。
あれだけフレディがキレたのに…単に反抗してきた使いにくい選手って感じでとらえられただけで終わっちゃったのかなぁ(DL入りしたし( ▽|||))…と思わざる得ない感じも。せめて先発の気持ちが伝わっていればうれしかったんですが…トホホ。イートン投手の今後が変な感じにならないといいんですけどね(ちょっとフレディのことがあっただけに関係が心配)。

ただしウマイのは最後にそれをリスペクトしなければならないというコメントを入れているところ。フレディの言いっぱなしとは違うところはさすがアメリカ人です(笑)。


結局、監督の考え方…という気がしますね~ちょっと。
ピンチの状態にころっと替えるというところ…。

こういうのを見ると、先発とブルペンとどっちを信用するのか?という風にとられてしまうかもしれないですが、私的にはドコまで自分を信頼してくれるのか…ただ純粋にそれだけを問うているのだと思うんですよ。

流れは悪かったかもしれませんが、イートン投手からすればやっぱり一度はまかせてほしかったなじゃないでしょうか。1点を入れられても3-2とまだリードの展開ですし。それを任せず球数的にもいけるのに交替になったのはちょっと確かにフクザツというのわかります。

"I wanted Geary on Sheffield," Manuel said. "I had [Mike] Zagurski ready for the leadoff hitter, and the seventh inning kind of did us in."

過去のマニュエル監督はといえば…実績でギアリー投手を入れたというのがあったようですが、イートン投手に一度チャンスをあげてからやっぱり交替させて欲しかったかな。でもこういう形になるのであれば、絶対不得意な相手だと判断されれば…ピンチでもリベンジ機会貰えにくいってことですよね。


でもねぇ…
ここまで続くとシロウトにこんなことを言われたくないとは思うんですが、さすがに逃げの采配って私的には感じます。先発との心中はごめんって感じも…しないでもないですね(ただしハメルス投手は別って感じがします。マニュエル監督の彼に対する期待と信頼感は別物だと思いますから)。

でもやっぱりフレディだけじゃなくてこういう発言が出てくると言うことは…なぜか?ってところだとは思うんですけどね。いっそのこと、メディアももう少しつっこんでイートン投手の発言はフレディの一件と同じだと言ってくれたらいいのになぁなんて思っちゃいますが…(笑)←ちょっとイジワル。

あくまでも先発びいきな考え方ですが、やっぱりせめてその試合をキープしてきた先発投手に対しては、そのゲーム内については、自分である程度までは責任をとらせてあげて欲しいという気持ちは個人的にはあるんですが甘いんでしょうか。先発投手って毎日打てなくてもチャンスが来るレギュラーの野手のようにはいかないですし…。もちろん、先発と常に心中する必要は無いと思うし、試合の勝ち負けは大事ですが、数字で見られるからこそ先発に勝ちを付ける意識を出来る限り見せていってあげる、お前に任せるぞという信頼感…こういうものって口で言わなくても伝わると思うんです。それが見えてこないと先発との関係ってやっぱり厳しいものになるんじゃないかなぁと思うし、いつまで経っても逃げの采配になるんじゃないかなぁとも思うんですよ。そして先発は自分を信頼して貰えてないという不信感につながっていくんじゃないかなぁと。

お前に賭けた!という試合が何度かあったのに打たれてしまった…という感じならチャンスを貰ったことがあるという積み重ねになって納得させていくことが出来ると思うんですが、対戦成績と試合そのものの勝ち負けだけを見られて前もって失敗する前に杭を打つじゃないですが、アブナイから交替って形にしていたら、いつまで経ってもその状態になると常にブルペンに頼らざるを得ないわけで、ブルペンの過度使用につながるかもしれないし、ブルペンが崩れれば先発とブルペンの信頼関係にもつながってくると思うんですけどね~…ってこれはあくまでもシロウト心配ですけどね。


その他、この試合は8回にルイス選手がボールの判定を巡って退場になったりしてましたが、何よりもこの部分がちょっとひっかかりましたね。勝てる試合を勝てなかった…というだけじゃなくて、こういう部分が妙に気になった試合でした…。


明日からはインディアンズとのマッチアップです。
調子いいチームとあたってしっかりいいところを見ておくのが今このチームに必要かなと思うのでしっかりと戦って形を作っていって欲しいです。
コメント
この記事へのコメント
わたしも~
ワンの使い方にトーリを見ました。
同じようなこと書いたんですが記事が反映されないですーー;

点差開いてるんだから王は温存したらいいのに。
でも9回まで投げさせたなら最後のアウトまで取らせるべきじゃないですか。
あのビビった采配見てて気持ちよくないですね。

マニュエル監督もそんな感じですか。
どっかにいい監督落ちてないですかね~~。。。
2007/06/19(火) 13:27 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
やっぱり!
aoiさん

こんばんはー。記事はもう反映されるようになったかな?
ホント何とかしてくれないと困るよね…(涙)。

やっぱり王投手の件そう思われました?
なんだかもったいないですよねー。そうなんですよ、どうせあそこまで投げさせるのなら…投げさせてCG付けてあげないと単なる9回途中まで投げたことなんて何も残らないというか。王投手のキャリアにもなるんだからあとワンアウトとらせてあげてほしかったかなと。それまでにもっと早く降ろすんだったらわかるんだけどね。先発の球数がやっぱり気になるんですかね>トーリ監督。ちょっと気になるよね~こういうのって。

そうなんですよねー。マニュエル監督も結構この傾向が強いかなと。
フレディもかなりこれには苦しみました。ただ彼の場合はここぞでビシっといくのが出来なかったから余計に関係が悪化したんですが(笑)←だめやん!

でもねー正直こういう場面を見ると先発への期待感というのが感じられないんです。チャンスを与えてくれる機会というのがものすごく限られていて、このゲームを誰で抑える…ってことしか考えてないというのは強く感じるというか。監督の男気みたいなものをもっと感じたいなぁって思うんですけどね。どちらかというと、先発に勝ち星ということはあまり固執されてないかなぁと。まあ確かにゲームに勝てればいいんですが…それだと監督の心証とチームの勝率だけしか考えてないってことになるような気が…これって先発ファンとしては見ているのはかなりしんどいかも~~。

このゲームもここでイートン投手をひっぱっても勝てたかどうかはわからないってことになるんだろうけどね。でもね~結果論的なことはどうでもいいんじゃないかなぁと思うんです…私からすれば。ホントにaoiさんが書かれてる「あのビビった采配見てて気持ちよくないですね」というこれです、これ。

>>どっかにいい監督落ちてないですかね~~。。。
( ノ ̄∇ ̄)ノこれ、笑いました(笑)。あはは、レッズも監督に苦労しているみたいだものね。マニュエル監督については特定の選手からは好かれ度が大きいし、ギリックGMもそのまま行くというコメントをしているのでとりあえずこのまま行くことは間違いないとは思います。

あっ!今思えば、私と合わないってことなのかな…(笑)。マニュエル監督ってキャンプでお会いしたときもいい方でしたし嫌いじゃないんですが、戦略的な部分で合わないのかなという気がします。うーん、今書いてて自分でこの可能性も…(笑)←遅い…σ( ̄∇ ̄)。
2007/06/19(火) 20:37 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。