スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はつかいち縦断宮島国際パワートライアスロン
2007年06月18日 (月) 17:46 | 編集
はつかいち縦断宮島国際パワートライアスロンの撮影補助で16.17日は朝から動いてました。

16日は下見でず~っとゴールからコースを見てまわりました。それを元に撮影ポイントの中でも細かい構図をチェックしてここぞというところをいろいろ見つけておいたり問題点をあらかじめ洗い出したりしていました。また開会式もこの日ありましたが、私はその間はマクドナルドでネットしてました(旦那は撮影中)。

070617IMG_2566.jpg
↑フラッグも登場。コース脇に設置されていました。
070617IMG_2571.jpg
↑前日の準備されているところです。

070617IMG_2568.jpg
↑ゴール地点の女鹿平にはこのようなグッズも販売されていましたよ。

実は私、トライアスロンを生で見たことない上、パワートライアスロンという名前になっているということはハードなんだろうなーと何となくは思っていたんですが…人に聞けば聞くほど相当過酷なコースだということでした。

まずコースが通常よりも断然長いそうで…しかもワンウェイ(スタートからゴールまで行きっぱなし)。

スイム:瀬戸内海を宮島から本土まで横断するワンウェイコース(2.5km)
バイク:中国山脈を縦断、高低差約850mのワンウェイコース(55km)
ラ ン:標高約700m地点から900m地点まで登って降りる坂道コース(20km)

合計77.5km…すごい、すごすぎる。

また、ゴールできればいいってものじゃないんですよ。
ちゃんとした大会なのでそれぞれに足きりタイムも設けてあります。
最終的に朝10時に出て夕方5時までにゴール地点に到着しなければ記録自体もないんですが、途中の足きりもあります。ここでその時間内に入ることができなければその時点でも終わり。厳しいですね。…なのに、これ若い人ばかりじゃなくて60代や71歳(最高齢)の人も参加してたり、女性も20名強参加してたり…すごいですよ。ホントに。

070617IMG_2580.jpg
↑関門にはこのような看板が設けてありました(前日の下見で撮影)

スイム:スタートから1時間25分
バイク:スタートから4時間35分(途中にも関門あり) 
ラン:スタートから7時間
トータル:7時間(夕方5時)

またコースも、普通どこかに折り返しがあったりして選手も感覚がつかめたりするようですが、これはすべてが違う道を行くことになります。その上、この大会は第1回なので誰も知らないコース…というのだから一層キツイですよね。

また、バイクコースがもろ山の中の狭い道…。標高差900メートルを55キロ。沿道で地元の人とかが応援していたりするんですが、バイクコースがすごく狭い山道で完全に完全に通行規制があったりしたのできっと選手の人たちも孤独に過酷と戦っていくのは大変だったんじゃないかと思いました。実際試合後のインタビューでもコースのきつさは伝わってきましたが、私達は前日下見で回ってその過酷さが実感できて(車で回ってもすごかったです、この山道…( ▽|||))ここを越えてゴールされたんだなーと思うとホントどの選手もあっぱれ!!です。すばらしい。ホントに私からすればトライアスロン自体が過酷でチャレンジしている人すべてを尊敬しちゃいますけどね。野球をメインで見てきている自分が、こういう知らない分野を見てまた違うスポーツの魅力をひとつでもしれたらいいなぁと思ったりしました。


そして当日…。
朝6時すぎに家を出発…。同じ広島県と言ってもちょっと遠いですね~宮島は。しかも宮島は父が亡くなる前、最後に一緒に行った場所でなんとなくそれから行ってなかったんですが今回良い機会になったような気がします。

070617IMG_2581.jpg 070617IMG_2582.jpg
↑宮島口からフェリーでスタート地点の宮島へ。

070617IMG_2585.jpg
↑こんな看板が出てました。

070617IMG_2586.jpg
↑しかもあちこちにいます。ただし観光客やものを持っている人をよ~~くわかってるので、えさをもってなかろう私には目もくれませんし寄ってきません(笑)。

宮島は境内の外をぐる~~っと回っていかないと(中を通過するには拝観料が必要)いけないのでかなりスタート地点までは歩きます。

070617IMG_2589.jpg 070617IMG_2590.jpg
↑歩いている途中で撮影。

070617IMG_2603.jpg
↑レスキュー隊も準備していました。万が一に供えてるんですね。

070617IMG_2606.jpg
↑更衣室となるテントには水温がはってありました。曇りだし寒そうです…。

最初選手たちは集合場所(スタート地点)でストレッチしたり談笑したりしていました。完全なスイムスーツに着替えるまではTシャツやウィンドブレーカーなどでうろうろされてたんですが、それを見ていても結構個性があっておもしろいです。

070617IMG_2604.jpg 070617IMG_2605.jpg 070617IMG_2611.jpg
↑チームのものが多かったですが…

070617IMG_2601.jpg 070617IMG_2599.jpg
↑中にはメッセージ的なものなども…おもしろいです。

070617IMG_2597.jpg
↑過去のレースでフィニッシュした記念Tシャツなどを来ている人もいました。おお!

070617IMG_2614.jpg
↑そしてスイムスーツに着替えて海の中へ…皆さん筋肉がキレイです。もこもこしてる筋肉ではなくなんだかしなやかな筋肉って感じでムダがないボディだなーと感心←ムダだらけの体型の私σ( ̄∇ ̄)。

070617IMG_2618.jpg 070617IMG_2629.jpg
↑少し泳いだり、体をならしたり…という感じのようでした。

070617IMG_2631.jpg
↑そしてスタート地点は鳥居を越えたところなのでそこで一列になって一斉スタート!(288人参加)

070617IMG_2633.jpg
↑水しぶきが立ってます。


鉄人レースのスタートです!
…と悠長なことはいってられません。スタートを見たら速攻移動。実はスタートの段階でも相当移動しながらだったんですが、10時スタートで10時10分の高速船でまた本土へ戻って来るまでバイクポイントまでいどうしなければならないのです。もう走る走る!!!!!

スタートするまで2時間ほど宮島にいたわけですが、土産物を見る時間もなく嵐のように宮島を後にしました。ゼーゼー←ダメダメ。

070617IMG_2634.jpg
↑高速船から撮影。さよなら~宮島。


あらかじめ決めていたバイクポイントへ到着。
先回りしてトップを撮影するためには常に時間との勝負で移動していかなければならないんですが…ちょっと待っているとすぐにトップの選手がやってきてひえぇぇ~~すごい早い!!と改めてビックリ。

070617IMG_2665.jpg 070617IMG_2667.jpg
↑頑張れ~~~。カッコイイです。

ここでも時計片手に…です。
旦那はずっと撮影ですが、私は予定をチェック。ここでもすべてをカバーするわけではなく、ある時間になったらランポイントへ移動する必要がありました。しかもランポイントへ行くにも選手たちのコースを追随することは出来ず、高速道路を使って車で60キロの道のりをぐる~~っと大回りしていかなければならないのでこれがまた大変。選手たちは直線距離をバイクでランポイントまで行くわけなのでホント時間との勝負です。この移動の間に作ってきたお弁当で昼食。

070617IMG_2684.jpg
↑ランで最後!頑張って!!

070617IMG_2671.jpg
↑ランポイントのエイドステーション

070617IMG_2672.jpg
↑給水だけじゃなくてバナナや岩塩というのがいかにも…です。


ここである程度撮影を終えたらまた時間を見て最終ゴール地点へ移動し先回りです。

070617IMG_2690.jpg 070617IMG_2686.jpg
↑ゴール前…選手たちを待ちます。

070617IMG_2696.jpg
↑ダントツで福元選手が勝利!2週間前に韓国でもアジアチャンピオンになられているのだとか。来週もレースがあるそうです…すごい!!!!!!

このゴールシーン…ホントに感動するものがあります。

070617IMG_2722.jpg
↑上位選手はやっぱりタイムが気になるのか一人でゴールする人がほとんどでしたが…。

タイムよりも完走目標の方などは…

070617IMG_2728.jpg
↑奥様か彼女とゴールされたり(直前で待っていて一緒に走ります)

070617IMG_2722.jpg
↑結構多かったのがお子さんとゴール。家族っていいなーという感じです。こういうパパって尊敬されるんでしょうねー。


それにしても…
合計77.5kmも泳いで、バイクこいで、走って…してきたとは思えないほどみんな元気!それにまたビックリ&すごいと思っちゃいました。みんな倒れ込むとかないんですよね~。なんだか平然とゴールして歩いてたりインタビュー応えてたり…それが結構年配の方でもそうなんです。みんなすごい!私なんてあれだけ走っただけでゼーゼーハーハー言ってるんですからダメダメ度炸裂ですねーハズカシイ…

そしてこのコースを走りきったことをあちこちでお互いにたたえ合ってました。何かを達成している人の姿って素敵だなぁ~と思いながらその場にいたんですが、私ももっと頑張らなくちゃ。

実はこの大会、片足義足でチャレンジされた方もいらっしゃったんです。しかもすべての足きりをクリアして規定時間内にゴールですよ!すごすぎます。もちろん会場みんなで拍手喝采でした。私なんて五体満足なのに…なんだか中途半端だなぁー…なんて思ったりして。何か熱い気持ちを頂いたような気がします!勝手に感動しちゃったんですが、ホント素敵なチャレンジを見せて頂いてありがとうございました。


また、5時まで続々とゴールしている中、それと並行して4時からは上位選手の表彰式も行われていたので、そちらにもついていきましたよ。

070617IMG_2688.jpg
↑ゴールの女鹿平は木の街ということもあって、メダルも木製、さらにけん玉をモチーフにしたちょっと変わったトロフィーでした。

070617IMG_2746.jpg 070617IMG_2753.jpg
↑表彰式の様子。

070617IMG_2757.jpg
↑この大会上位6人の記念撮影!おめでとうございます!!!


私はそんなわけで、あくまでも補助ですから、自分で仕事用の撮影をしたわけじゃないのですが、終わってみると怒濤のスケジュールで昨日は戻ってきてからご飯を食べて寝る…って感じになってしまいました。でもなんだかすばらしい戦いを見せてもらったという感じですごく気持ちよく休めました。またいろんなスポーツを見に行く機会があると楽しいなと思ったりします。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
トライアスロンの、楽しさというか醍醐味が伝わってきました。
いいですよねー。
ゴールしたことを称えあえる。誇れる。

恥ずかしながら、トライアスロンに憧れて、たった数ヶ月ですがトレーニングしたことがあります。
昔々です(^.^)

ともともさんのお話を読んでいて、やっぱりもう一回やりたいなあと思いました。
でも、明日になったら「無理・・・」で終わるに違いないのですが。。。。
2007/06/18(月) 22:38 | URL | えあとん #kwzMfkEo[編集]
すごいすごい!!
えあとんさん

お久しぶりです~~。
見るものすべて初めてだったのでワクワク&ビックリがあちこちで…という感じでした。

>>恥ずかしながら、トライアスロンに憧れて、たった数ヶ月ですがトレーニングしたことがあります。

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!
かっこいいです、えあとんさん。もうトライアスロンに挑戦だなんてすばらしいです。私からすれば最初のスイム2.5キロだけで( ▽|||)…という感じなのでホントにこれを完走するために努力されて、ゴールを目指しているみなさんに感動しきりだったんですよ。

ホントにね、完走した方だけにわかり得ることってあるんだろうなーって思いました。そしてそれを見ているだけでも勇気をもらえる。すばらしい機会を頂けたなぁと思ってます。これからもっと興味を持ってみなくては…と思いました。

>>やっぱりもう一回やりたいなあ
おおおおおおお!頑張ってくださいね~~。もしチャレンジされるときはもう全力で応援させて頂きます(^^)。

スポーツって確かに種目が違えば見所も違うんですが、感動を貰えるという意味ではどのスポーツもすばらしいですね。私もいろんなことをもっと頑張らなくちゃ!ってしみじみと思いました。
2007/06/19(火) 20:23 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。