スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yankees:井川投手4度目の3A登板はシャーロット戦…2勝目
2007年06月15日 (金) 22:50 | 編集
井川投手着々と3Aでの登板をこなしているようですね。
このところフレディのしっちゃかめっちゃかもあってなんだか他があまりゆっくり見れてないんですよね~~。バリーもしかり(大汗)←明日のレッドソックス戦です。

井川、3Aで2勝目=米大リーグ

実はこの試合ホワイトソックスの3Aシャーロット・ナイツとの対戦だったので知ってる選手が結構出てるんですよね~~。今年ホワイトソックスのメジャーでもお目見え選手がチラホラ…。
1番ポドセドニック選手←マイナーリハブ中
2番アンダーソン選手←シーズン当初はメジャー
4番スウィーニー選手←トーミ選手のDLでメジャーへ
9番モリーナ捕手←ホール捕手のDLでメジャーへ

リリーフとしてマクドゥガル投手も登場。

こちらGamedayです。

なので井川投手には結構いい意味で自分の感覚を掴む試合になったのではないかと。ううーん、でもなんだかすごい。ちなみにポドセドニック選手は盗塁指令が出てきますが(戻るためには)今日も試みはなかったようです。井川投手からは走りにくいだろうな(笑)。

映像で見たかったなーこのゲーム。
昨日のうちに今日先発だということはチェックしていたし、奇しくもホワイトソックスもフィリーズも試合がないので、マイナーのGamedayを見ながらラジオをライブで聞こう!と張り切っていたのですが…結局聞き流しって状態でイマイチじっくり聞くことが出来ませんでした…うううっ(仕事が…(-_-;) )。

それにしてもシャーロットの先発ヌニェス投手って1勝8敗( ▽|||)でしかも5回2/3で被安打9で失点6ですか?なんかマイナーも壮絶ですね、ホワイトソックス…。あまりマイナーって詳しくないんですが、どうなんでしょうか…(-_-;) 。

井川投手は6回を投げて被安打4で失点1…防御率も2.88と良い感じです、うんうん。井川投手の後に投げたブリットン投手って昨年オリオールズにいた投手ですよね?ジェンクスくん級の…σ( ̄∇ ̄)。

そういえば、ホームページの更新のお知らせメールが来て即見に行っちゃいましたが、3Aのタフな生活にも慣れてきているような感じもします(詳しくはK's selfで)。自分で何時間も車を運転してアウェイに行って試合に出るってホント大変ですよねー(野手なんてそれが日々…なんてことになるのでこういうところでタフネスが作られるんだなぁ…って思いますね)。

このところ好調なヤンキースに彼が絡んでいないのは残念ですが、とにかくひとつずつ登板で自分の感覚を掴んでいって欲しいなぁとは思います。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
先日は丁寧なコメント返しありがとうございました!

私も、今日、マイナーのGamedayをチェックしていました(ほんとに映像見たかったです)。

初回は制球がいまいちで、ちょっとハラハラしてしまいましたが
まずまずの結果でほっとしているところです。
でもちょっと球数が多かったかな。7回か8回はいってほしかったですね。

今、ヤンキース9連勝で、みんな井川投手のこと忘れているんだろうなー。TVも新聞も取り上げてくれないし。最近、話題にしてくれたのって、夕刊フジと大阪読売ぐらいでしょうか。不良債権なんてひどいこと書かれても、まだ話題にしてくれるだけいいのかななんてことも思ったり(苦笑)
http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_06/s2007061211.html

大阪読売の記事によると、調整方法・フォームを阪神時代のものに戻したとか。
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/igawa/ig70613a.htm
結果が伴ってくれば、変に改造されることもないと思うので、この調子で調整していってほしいですね。

あと2~3回は3Aで調整必要かなと思うけれど、できれば来月ぐらいからメジャーで見たいです。まあ、他の投手の状況にもよるでしょうから、そんなに簡単にはいかないかもしれないですが。

どんな状況の中でも、前向きに考えて、今できることを精一杯やろうとしている井川投手。いまは静かに見守りたいと思います。

※私も、ホームページの更新のお知らせメールが来て、K's selfすぐ見に行きました。マイナーの選手ってほんとに大変なんだなーて思います。井川選手も慣れないアメリカで車運転して、それから試合で投げて、また運転して家に帰って。。。でも、とてもスローではあるけど着実にステップアップしていて嬉しく思いました☆
2007/06/16(土) 00:34 | URL | タンバリン #-[編集]
がんばれ!井川投手!
タンバリンさん

こちらこそ熱いコメントありがとうございます!気持ち伝わってきますよ~~。ホント話題にでることが少ないのは悲しいですよね。仕方ないことだとは思うんですが、それでもいつ先発だったっけ?って自分でチェックしなければうっかりスルーしちゃいかねないですし(大汗)。今回はホントにちゃんとチェックしていたので逃さなかったんですが(とはいえ映像みたいですよね~~~~~~ホントに!!!!)

そうですね、毎度おなじみ夕刊フジ(笑)。
あそこは独特ですよね~~。でもあの毒舌に絡めてもらえるというのは大きいですよ。活躍していても斉藤投手や大塚投手が書いてもらうこともないですし。ホワイトソックスなんてネタにもならないですから…なかなか(笑)。

なるほど大阪読売の記事は見逃してました!
ありがとうございます~~。やっぱりやってきたことがやりやすいんでしょうね。井川投手、早くなじもうとアメリカ式をいち早く取り入れて一生懸命やってきていただけにそれが逆に回り道になっているのはなんだか皮肉だななんて思ったりしますが、これも一つの糧にして後々の役に立ててくれることを期待しています。調整方法もブルペンの入りかたもやっぱり日本流でいければ…また彼らしいピッチングが見えるのかしら?そう思うだけでわくわくしますねー。ホントちょっとのことですごく変わってしまうこともあると思うので、いい形を作り上げていってほしいです。周囲は違いを指摘できても、井川投手のベストは最終的には彼しかわからないでしょうしね。

私も2回まではじっくり見れていたんですが、初回はちょっとはらはらしました。でも失点をどどどっとすることがなくなってきて、きっとポーカーフェイスでしれっときりぬけていけるようになってきているのかな?と想像したりして(笑)←楽しんでます。でも球数は彼自身も課題にしているところですよね?なのでやはり今回6回というのは本人も気になっているかもしれないですね。ひとつひとつ…クリアにしていけるようにがんばってほしいです。

そうですよね~。確かにヤンクスの状態が今すごくいいので、どうしてもそういうときはあえて変えないというのはあるかと思いますし、厳しいのもわかっているんですが、でもでも、私もタンバリンさんと同じく見たいですね~~個人的には!静かに見守るのみですが…がんばってほしいです~~。

そういえばマイナーリーグのHPでもアジャストできてきてることが特集記事になっていたりしていましたが、ステップアップを期待したいですね。K's selfのお知らせメールがあると思わずうれしくなって見に行っちゃいますよね。彼の目線で現状を的確に冷静に書いてくれているので状況が一番見えるんですよね。移動がホントに大変だと思うので、練習して試合もあって、移動して…で記事を書くことは大変かと思いますが、ぜひぽろぽろとだけでも続けてくれるとファンとしてはありがたいな~と思っちゃいます(笑)。

次もいいピッチングを期待したいですね。
2007/06/16(土) 18:22 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
こんばんわ
井川ネタの時にしか書き込みませんが、ともともさんの毎回の発言、楽しく拝読していますよ。しっかし、すごいテキスト量ですねー。

井川投手、自身もいっていように好調で、調整法も掴みかけているようで何よりです。なんか2004、2005年あたり阪神時代よりもいまのほうが安定しているような気がしまうね。生まれ変わったのでしょうか。

それなのに、朝日の記事によれば、トーリ監督は「イガワがメジャーに復帰してもロングリリーフで使う」と明らかにしたとか。

http://www.asahi.com/sports/update/0616/TKY200706160033.html

現在のところクリッパードを除いて、先発4人が安定しているということなのでしょうか。でもクレメンスだって、毎試合いいとは限らないだろうし、連勝中だからいまはいいとして、シーズンの中後半になって、必ず先発陣には疲れや故障が出てくると思うのですがね。もう、今シーズンは井川投手は先発復帰なし、といまから決めるのは、いくらなんでも早計なんじゃないかと思うんですけどねぇ。

だいたい、阪神時代にほんの数試合しかリリーフ経験がない、ということは知っているはずなのに。制球難を理由にマイナー調整を命じておいて、戻ってきたら制球が求められるリリーフを命じるなんて、矛盾してません?

メジャーの野球って、わかりませんわ、私には。ともともさん、教えてください。なんで、井川投手がリリーフなのですか?
2007/06/16(土) 23:42 | URL | suzydiamond #-[編集]
えええっ!
suzydiamondさん

こんばんはー。
いや~~おはずかしいですー。でもこれ、まとめ下手なんですよ~。ついつい長くなっちゃうんです(笑)。でも書いてるときはあまり気付いてないんですが←ビョーキ、後から見るとやっぱり長かった…σ( ̄∇ ̄)と思うことが多いですね…私の文章量(笑)。あはは。

おおおっ!2004.2005あたりよりも…というのはなんとなくわかります。それだけ自分と向き合って自分と勝負してきているってことなのかもしれませんね。突き詰めていく…いい意味でのストイックさを持っている彼なので今チャンスとばかりにここ数年の分以上に自分のピッチング、調整法、いろんなことを見直しているのかもしれませんね~~。これますます楽しみです。

…え???????
そんな記事が出てたんですか?今日は一日家から出てたもので全く知りませんでした。ありがとうございます。えええっ!いやだなぁーそれ。

ヤンキースがクレメンス投手を戻すにあたって、どれくらいの内容の契約がつけられているのかはわからないのですが、彼をシーズン通して使っていくというのは恐らく契約の中に入っているような気はします。井川投手がマイナーに落とされたとき、日本のメディアではヤンクスではマイナー行きのオプションをどの選手も付けないんだということが書かれていましたが…なんだかクレメンス投手とかはありそうな気もしないでもないですよね(想像ですが)。

それにしても今後セカンドハーフ(オールスター明け)も含めて考えるにはまだ早いと思うんですが、もう決めてしまっているとしたらちょっとツライですね。確かにここのところのヤンクスの調子がいいので、あまり替えたくないというのはあるのかもしれませんが、今回のことは、メジャーの野球そのものというよりもあきらかにヤンキースのチーム事情って感じがします。まぁヤンクス…ロングリリーフはいないですから、明らかにチームのスポット的にはそうしたいところなんでしょうけどね…うーん。厳しいなぁ…。

井川投手、ヤンキースじゃなかったら今もメジャーで投げれていると私は思っています。なんだかそういう意味でちょっと気の毒なところはありますね。うーん、でも昨日だったかなぁ…巨人の尾花コーチを取り上げた特集をテレビ見たんですが、立ち上がりの悪さを回復させるために先発だった投手にリリーフをさせて1球の重みを勉強させたというようなことをやってました。ヤンキースが井川投手にも球数をセーブすることを定着させたくてそういうリリーフから勉強を…なんてことを考えているのだったらおもしろいかもしれませんが…どうもあまりそういう気もしないですよね(涙)…そうだったらゴメンナサイ…なんですが。

ただ彼がヤンクスで現状やっていかない…そして仮にそれが再びメジャーに戻るためのスタート台だとしたら、そこからまた先発を勝ち取って欲しいですね。もちろん出来れば先発でやってほしいんですけどね~~。応援してたいですね。
2007/06/17(日) 00:25 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
メジャー復帰だそうです
前日とは打って変わって、先発5番手の起用だそうです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2007061700039

通算2000勝の殿堂入り間違いなしの人物なんでしょ、トーリ監督って…この人、ほんとに名監督なんですかねー。

それはともかく、井川投手には頑張ってもらいましょう。
2007/06/17(日) 17:35 | URL | suzydiamond #-[編集]
おおおおおおおおおお!
suzydiamondさん

こんばんは!!
夜になってからお家に帰ってきたのでもうビックリですよ!コメントでお知らせくださってありがとうございます。…あの記事のコメントはなんだったんでしょうね~ほんとにそうですよ(-_-;) 。

トーリ監督…。
うーん、ヤンクスファンからも評価は○×▼□※…ですよね、結構。

そういえば、ツインズのキャンプを見に行ったとき、ツインズのファンは育てるということを誇りに思ってる人が多くて(見に来ていたファンがそんな感じでした)、監督論を語る人が多かったのが印象的だったんですがその人たちも『ガーデンハイヤー(ツインズの監督さん)はすばらしい!そういう意味ではリーランド(タイガースの監督さん)もいいね。でもトーリは違う。ヤンキースだから彼は勝ててるんだ。育ててなんとかしてるんじゃないな』なんて話で盛り上がっていたので、そう思っている人が多いのは確かなのかもしれません…。ただ育てる必要がない選手を揃えてくるチームなのでそれは必要な力量かといわれるとわからないんですけどね。でもどうなんでしょうね…うーん。勝ってきてるからそれはそれでいいのかなぁ。

井川投手ホント何はともあれ頑張ってほしいですね!特に初戦が大事だと思うので、このあとの1戦目は是が非でもボール少なめで長く投げるピッチングが出来るんだと言うところを見せていって欲しいです。期待したいですね!!
2007/06/17(日) 23:49 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
メジャーの監督ってマネージャーなのね
以前、マイケル・ルイスの『マネー・ボール』を読んで、メジャーは結局、チームのボスはGMだと思い知りました。

ご存知のように同書は、セイバーメトリックス理論に基づいた独創的なスカウティングで貧乏チーム、オークランド・アスレチックスを常勝軍団に育てたGMビリー・ビーンを描いたものです。アステチックスはヤンキースと対極にあるチームなわけですが、それですら監督は、自分の野球観とは関係なくGMがそろえた選手を、GMの指示する傾向の起用法で使うことを強要されてるんですね。たとえばビリー・ビーンは、セイバーメトリックス理論に基づいて、相手にアウトカウントを与えるリスクが大きい盗塁のサインを禁じているんです。だから監督は盗塁のサインを出せない。監督にできることは、自軍の選手が試合で最高のパフォーマンスを発揮できるようにマネジメントするのがほとんど唯一の仕事なんです、ビリー・ビーンのチームでは。それには、たとえばピッチャーならば先発投手の球数を制限することが含まれるわけです。

トーリ監督も、ある意味では同じような立場におかれているのかもしれませんね。自分の采配とは関係なく、キャッシュマンGMはじめチーム編成が、このポジションが薄いとか先発に若手の左腕がほしいとかいう判断のもとに金にあかせた集めた選手を任されて、「これを使って優勝せよ」と命令されているわけですからね。そういわれたら、自分の目指す野球なんて実現できるわけがなく、ひたすら好結果だけを求めて好調な選手だけとっかえひっかえ使っていくしかないのかもしれません。先発陣にしたって、代わりはいくらでもいるとばかりに、不調ならマイナーから代わりを上げる、その投手の調子が落ちたら、また新しいのと取り替える、というような起用法になってしまうのでしょう。

このあたりが、初心者の私がメジャーリーグベースボールを大雑把だと感じた所以なのかもしれません。広島カープはスピードがある、西武ライオンズはソツがない、など監督は代わっても色濃く残っている試合運びの個性のようなものは、そもそもメジャーではあまり成り立たないのかもしれません。選手は個性的なのにね。

あ、もっともヤンキースの選手は、生え抜きはなんだか個性がないですね。ジーターなんて能面みたいな顔しているもん。理想的なチームリーダーで永久欠番間違いなし、らしいけど、見てて彼ほど花がないスター選手も珍しいですよ。なかなか品行方正にならないロドリゲスは面白いけど、よそからきてもみんな個性を失っていくね、デイモンやジオンビーなんか。松井もつまらない選手になっちゃったし。

井川投手もその意味で、フォーム修正ってのは、ヤンキースの「脱個性」の通過儀礼ってわけですかねー。あーいつのまにかヤンキース嫌悪論になってしまいました。

あ、でもクレメンスだけは、日本でいえば野球漫画的人物ですね。超個性的です。自分を高く売る術に長けたタレント。まあ結果を出すから救われてますけど。

私がいいたいのは、トーリ監督、方針がコロコロ変わるんじゃなくて、もともとないんですね、ってことだったんだ。そう思うと、あのいつも楽しくなさそうな仏頂面も理解できます。

まあいいや、とにかく井川投手、今度はクリッパードなんぞとはモノが違うぞ、という安定感を示してほしいものです。
2007/06/18(月) 01:35 | URL | suzydiamond #-[編集]
こんにちはー。
suzydiamondさん

こんにちは~。たくさん書いてくださってありがとうございます。

おおお!マネーボール読まれましたか~。この本ちょうど私が入院しているとき原書だけで発売されていたんでそこから入って日本語訳も読みましたが(どう訳されているのか楽しみにしてたんですが結構訳されてますね…)、恐ろしく実名で細かにかいてありますよね(笑)。日本だと手腕をこんなに書くってあり得ないと思うので作れないだろうなーという気がします。ははは。

これはあくまでもずっと大リーグを見てきて思う私の個人的主観ですが、マネーボールは一般的な大リーグを表している部分とビーンGMだからってところとあると思います。すべてのGMがここまでやり手ではないんじゃないかなぁ~と思うし、でもえぐくないとGMなんてやってられないとは思います。GMと監督の関係もコミットメント次第というところもあると思います。相談してそういう選手を取りに行くチームもありますしね。チームの特色って意外と日本でメインで放送されているチーム以外の方が(笑)あるかなという気はしますねー。

そしてちょっと私が書くのも変ですが…
とっかえひっかえ…という部分、マネーボールを書かれたアスレチックスでは、メジャーレベルでの高額のとっかえひっかえってそこまでひどくないと思うんですよ。寄せ集めしまくりというよりもちゃんと下からも育ててきてると思うし、このチームは。そこがアスレチックスをすごいなと思う部分であるところじゃないかなぁなんて思ったりもします。このチーム、え?と思うようなトレードでも後からみれば育てやすい選手を取ってくるというのが多いと思うんですよ。あとメジャーレベルでも再生出来る選手を拾ってくるのが上手です。そこにはマネーボールでしきりと書かれている選球眼というもの、出塁率というものをしっかり見ていき、選手のうわべの成績で判断しないというところが光ってくるんでしょう。必ずしも大物を高額で取りに行くということはこのチームはなかなかないような気がします。

このあたりはヤンクスやレッドソックス的な契約とはまた違ってるんじゃないかな~なんてシロウトながら思ったりするんです。こういうチームは即戦力を高く買ってくる傾向がありますから。だから値段とあわないってことがロコツに出てくるわけですが…。意外とマリナーズもそういうところがあるかな。

ツインズや私が良く書いているフィリーズも自分のところでとった選手を育ててくることが多いように感じます。フィリーズなんて普段がそれがデフォルトだけに、思い切ってフンパツしたのにフレディのようなことがあると余計に散々だ!って感じになっちゃったとは思います。これは気持ち解りますね。

あ~でも、もちろんマイナーの組織が日本と違う程すごくピラミッドになっていてすごいたくさんかかえているところがあるだけにとっかえひっかえが日本に比べて激しく感じるところはありますねー。

またGMがすべてしきってるだけじゃなくてチームオーナーの思いも結構強いですよね~大リーグって。GMも監督もオーナーにやとわれていますし。このあたりは日本のG軍団の元オーナーが最たるもので身近にいるのでわかりやすいですが(笑)。ただGMの能力というのは大きく作用するんだろうなーとは思います。マリナーズが叩かれてしまうのは多くでこの部分のような気もします(地元メディアは叩きませんが、アメリカの多くのメディアはバベシGMを相当○×▼□※…なGMとして見てますね…。ファンもそうですが(汗))。

それから投手の球数制限…。
選手の契約内容として…ですよね。これは「選手サイドが強い」大リーグの特色だと思います。GMが決めてくるというよりもどうしてもその選手をとりにいくのならその選手サイドの要望を取り入れざるを得ないところも出てくるというか。クローザーロールの選手なんかも1イニング以上は投げないという契約がある投手もいるそうです。アメリカの場合代理人が契約してくるというのがあるが故、ものすごく選手が強いように私は感じています。これがマイナーへ落とせないという契約もつくってしまっていて、ダメダメな成績なのになんで使い続けるの?とかキャンプでこっちの方が全然成績いいのに、なんで落とされちゃうの?とかそういう部分のストレートな疑問につながって『解せない~~』ってところになったりしますよね。

なので、これは私自身が思う部分ですが、GMが…というよりも選手サイドの要望が飲まれてしまうから…ということのほうが大リーグを大雑把にしているところのひとつのような気がしています(まぁそれをのんじゃってるわけですが(笑))。つまり日本だと書かれていらっしゃるように監督・コーチの色が出やすいんですが、それは監督・コーチ>選手という力関係が確実に成立していないと無理なんじゃないかなぁーと。アメリカの場合、以前のコメントでもどこかで書いたことがありますが、コーチってある程度までしかそこまで教えられないってところがある気がします。井川投手に今回フォーム指示されたというのは新人でアメリカに慣れてないというファクターがあったからじゃないかなと(笑)。メジャーでこれだけやってきたんだ!って感じの実績ある投手であればなかなかそれは言えないコーチも結構いるし、選手が聞いてこなくては…という部分もありそう。私も毎年キャンプでいろんな場面に遭遇したんですが、実際そういうのを何度も見てきましたし。もちろん普段のコメントを追えば、監督・コーチと選手の関係ってもちろんリスペクトの上で成り立っているんですが、いざとなると選手の立場の方が強いような気はしますね(笑)。

脱個性…うーん。でもこれは以前の日本の方が大きいかも。
今でこそ日本もいろんな選手がいるなぁと思うんですが、かつては日本は投げ方、打ち方…も治したがるコーチ(プロ以前にも)のほうが多くて、一般的に…という部分で結構修正をかけられているような気がします。フォームや打撃フォームも日本だったら絶対これ治されてるだろうなと思う選手がいますよ(笑)…大リーグ。それがいいかどうかは別ですが…。

ジーター選手のすごいところはあのヤンキースであって活躍できるところと、誰が入ってもリーダーであれるところかもしれません。あのヤンキースで誰が入ってもリーダーになれるのってそれはすごいことじゃないかなぁと私は思ってるんですよ。あれだけ大物を取ってくるチームですしね。リーダー資質もすごいんだろうなーと。

例えば今シーズンも井川投手がタンパに入るときにはすでにアメリカで練習を先にして井川投手をキチンと向かえていました。さりげないけどこういうところがやっぱりキャプテン…だなーというか、こういう細かいところの配慮ってやっぱりすごいと思います。野手の練習の日はまだまだ後なのにね。

ジーター選手の花ですが…これからかな?
プレーオフがかかってくると俄然彼のすごさが出てくると思います。これは今まで見てきて思うんですが、ここぞでのやってくれかたはすごかったですよ~。だから相手チームとしてはやっかいなんですよねー(笑)。よそから来る選手は確かに面白くなくなる傾向はあるかもしれないですね。ヤンキースの中で自分を出していくというのは難しいんでしょうかね。ジアンビ選手なんてアスレチックス時代おもしろかったですけどね。それだけヤンキースという看板って重たいというかすごいものってことなんでしょうか…選手にとっても(汗)。クレメンス投手はヤンキースの看板に負けてないってことかな。

まぁそうおもえば…
トーリ監督も大変なところはあるかもしれませんね。あのチームで監督をしようと思えば…それなりの実績がないと言うこときいてくれなさそうだし(笑)。

でも彼の場合は采配的に気になるところが多いのでそればかりでは見れてないんですが…σ( ̄∇ ̄)。今日もしかり…でした(投手ファン的にはツライかな。これはマニュエル監督も同じですが)。

井川投手はホントに昨日も書きましたが初戦が大事だと思うので、絶対ここは魅せてほしいですね。そう、安定感が大事だと思います。頑張ってくれることを期待したいです。

長々とすみません~~←やっぱりまとめ下手σ( ̄∇ ̄)。
2007/06/18(月) 11:30 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
いやー、感激です
シロウトの暴論につきあっていただいて。

あの、選手をとっかえひっかえ、というのはアスレチックスのことを言ったのではないです。ヤンキース、というよりトーリ監督を揶揄しただけです。

アスレチックス、独創的ですよね。よその球団が見向きもしない選手を、野手なら出塁率とか、投手なら与四死球の少なさとかいったセイバーメトリックス理論の基準値でドラフトしていくなんて。それが何年かたつとyちゃんとマイナーからメジャーに育ってくるというんですからね。阪神タイガースに見習ってほしいですよ。

うーん。ジーターの花はポストシーズンですかー。どうしても私は、ちょい悪?のロドリゲスのほうに惹かれるな。クレメンスはやっぱりマンガですね。滑稽だもん、自己演出が臭すぎて。

いろいろ解説していただいて、勉強になります。だいたい私が見るのはNHK-BSで中継がヤンキースとかレッドソックスとか、アメリカンリーグの金満球団に偏ってますからね。アラばっかり探してしまう。
2007/06/18(月) 20:14 | URL | suzydiamond #-[編集]
こんばんは!!!
suzydiamondさん

こんばんはー。
シロウトの暴論なんてとんでもないです!!!私こそミーハーの権化ですよ(笑)。いろいろといつもありがとうございます。
なるほどそうでしたか~~はやとちりもすみません。

マネーボールはホントにアメリカの野球をビジネスの視点からすごく書いていておもしろいですよね。そしておっしゃるとおりなんですよー。ほんと書いてるところがすごくわかりやすいんです…論点として。ひとつ独創性があって良いと思います。それぞれのチームの独創性は先日suzydiamondさんも書いていらっしゃいましたが、ホントはあったほうが楽しいですからね~~。アスレチックスはホントに取ってくる選手のここが大事!ということが明確でそういうところがホントに良いと思います。阪神ね~~ホントに(笑)。でも逆にジャン投手やダーウィン投手は日本に来て激震的に下半身を鍛えられて今アメリカにいたころよりも安定感はあるんじゃないかなぁと思ったりしてます(笑)。

あはは!気持ちわかりますよー。
A-ROD選手はマリナーズ、レンジャースにいたときの方がもっとのびのびとしててそのころを是非見て頂きたかったですねー。今よりも個性的だったような気がします。ジーター選手はね、確かにスマートにさらっと来るのでかっこいいなと思うんですが、かわいげというところはA-ROD選手ありますよね(笑)。

いえいえとんでもないです!解説なんて~~。私なんてホントあちこちミーハー隊なのですっとんでるしっちゃかめっちゃか記事の方が多いんですが、こちらこそヤンクスをメインで見てないのでそうか、やっぱりそうなのか~~とお話を聞いていて思ってます。日本にいるメインどころがどうしてもアリーグ東地区ないしマリナーズとなるので偏ってますよね。私からすれば活躍的に安定感ある斉藤投手がいるドジャースなんてもっとプレーオフに放送をすることを見越してたまに放送してくれたらいいのになーって思ってますよ。日本人選手って意外とあちこちにちらばってるのにめちゃ偏ってますよね~~。

あら探し…見えちゃうんですよね…ふふふ。
私もなんでやねん!!!とつっこみ入れたくなるときあります~~。ジコチュ~ポイント炸裂ですが(笑)。井川投手の活躍ホント楽しみですね!!!ワクワクしてます。
2007/06/19(火) 20:19 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は、プロ野球の試合がないので、岡田彰布不信任案でも上程しようかなとふと思ったんですけど(←すでに、こっち[人気ブログランキング]にあったりして)、日曜日に千葉マリンまで逝(←明らかに漢字間違ってますけど、感字なら正解になりそうな悪寒が)くので、その
2007/06/16(土) 06:17 | 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。