スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:フレディ、手術を受けず回復させていくことに
2007年06月15日 (金) 18:26 | 編集
070611letter1.jpgKC戦を見終わってこれはヤバイと急ピッチで作成し、6/11の夜8時ごろに中央郵便局に走り込んで出したフレディへの手紙…。

なんと現地6/14の午前(今日ですね)に到着してました。わわわ!早い!!クラブハウスにどれだけの頻度でやってくるのかは解らないのですが、早く読んでくれたらうれしいなー♪と思ったりしています。うーん、DL入りしている間どうなるのかなぁ…ポドセドニック選手が3Aリハブを始まる前のような感じだったらホームだけ帯同して、アウェイはお留守番って形になるのかな~という感じもしますが…でも完全にチームと離れてクリアウォーターとかにいるのも有り得るような…どうなんでしょうね。


ところで…。
いろんな憶測が飛ぶ中…セカンドオピニオンを聞きに行っていたフレディですが、結局手術をしないことになったようです。
手術すると今季どころか来季そのものもどこから出れるんだろう…って感じになるだろうなと思いましたしちょっとホッとしました。でも徐々に出てきた話を見ていると、どちらかというと手術しないんじゃないかなぁとは思っていたんですけどね…(それでも不安を感じていたチキンファンσ( ̄∇ ̄))。

というのも、実はこの話が出た当初…。

ケガが思っていた以上に重たく手術を勧められた

セカンドオピニオンを聞きに行く

…ってことだろうと予測されているところが多かったフレディですが、実際徐々に出てきたニュースでは実はだんだんと違った形で言われていました。

手術はあくまでも最終手段であり、それを受ける必要はない。
2-3週間で投げられるだろうという説明だったと言われてます。
なお、チームも本人も手術は希望していない

しかし今後を考えてベストは何かを知るためにセカンドオピニオンを聞きに行った(もし将来を見据えていつかは手術したほうがいいとあれば今シーズンする可能性は示唆)。

…という感じです。


地元紙の記者さんもセカンドオピニオン=手術というのがだいたいの定説なので、ちょっとビックリした様子ではあったよう。ブログの中でも

I spoke with somebody today and he said there is nothing clear-cut in the MRI that says Garcia absolutely must have surgery. I found that interesting.

こんな感じで書かれていました。


さて…。

Garcia will not have surgery on shoulder
No surgery for Phils’ Garcia
Garcia shut down; no timetable for return

手術はしないフレディですが、フィリーズのメンバーとしていつ戻ってこれるのかはあくまでも未定です。

タイムテーブルは決めず、まずは数週間は投げないってところから始めるようです。でも個人的にはその間投げれずともぜ~ったい下半身を鍛えて欲しいんですが…股関節。じゃないとどっちみち肩がヒーリングしてもまた痛める可能性もありそうだし、球が重たくないという形になって…またボコボコとまではいかないまでも厳しいことになってしまうのではないか…と私は危惧しているんですよ。…ドキドキ。肩はしっかり休ませても、良い機会だと思ってもう出来ることはやってほしいなぁ…と思ってるんですけどね~~。頑張ってよーフレディ。

そして戻ってこれるかどうかというのは、怪我のヒーリング如何というのはもちろんなんですが、そのころチームとして出来上がっていたらやっぱりわからないんじゃないかなぁという部分はぬぐえないというところはまだあるかなぁとは思います。

もちろん、今回のフレディのケガで、オフのビックトレードは失敗に終わった…とメディアにも散々言われているだけに、上層部(GMサイド)からすれば一度でもいいから使って結果を出して欲しいでしょうけどね(笑)。でも、現場としたらどうかなぁ…。うーん…なんとなく、ビミョーというか、この上層部と現場でフレディに対しての思いに温度差はありそうな気はしますね…ちょっと。…あくまでもなんとなくなんですが。


実はフレディ、前にカブス戦でシカゴのメディアに会ったときは『シカゴには感謝しているし大好きな街だけど、今はもうシカゴのことは考えてないよ。今年はフィラデルフィアで頑張るんだから』という感じでコメントをしていたんですが、今回、ホワイトソックスがフィラデルフィアにやってきて再びシカゴのメディアと再会すると今の気持ちぽろっと見え隠れさせてたんですよね(今はいっぱいいっぱいなのかなと思います(笑))。

とはいえ、本人よりも具体的にはむしろギーエン監督の方がフレディをかばってあげるようなコメント("They don't know Freddy. We know Freddy. That's the problem…")をしていたりしたんですが、やっぱり本人もふがいない成績でフィリーズのチームに入り込めてないことに苦しんでいる今というのはあるのかなというのは感じていました。でもこのコメントはちょっと確信部分かも…。

"Big-time frustrating for me,'' Garcia said. ''I want to show them, especially in this town. They've been really rough. I feel like they rip me because I cannot pitch.''

うーん。あまりこういうことを言わなかったんですが、やっぱりいっぱいいっぱいなのかな。

金額が高い上の不振だからきつく当たられるのは仕方ないと思います。でも現状…今はちょっと居場所がないってことなのかも。それも受け入れるべし…自分が力を出せてないのだし、試練、試練。

つまりはそこからの再スタートってことだと思うんです。
もちろん待ち望まれての復帰が一番好ましいんですが、現状はそうはいえないのは確かなんだとしたら、最悪ブーイングからの再出発でもいいじゃないかと思うんです。そうはいっても、メンタルが強くないほうだと思うので(汗)大丈夫かなぁっていうのはあるんですが、でもだからといってここではもう投げたくないというんじゃなく、この街で、彼らに(自分が出来ることを)見せたいんだ…ということを言ってくれてるのは救いです。そうだよ、自分で良いピッチングを見せていくしかないんだってば、フレディ。逃げちゃダメ。

でもこのフレディの思いが叶う日がくるかどうか…。
リベンジ出来るといいんですけどね~、うーん。

仮にチャンスがあるとしても、もうフィリーズでの失敗は許されないという状態であるのは確かなので、なんとしても万全にしてほしいです。少々の結果だと(例えば6回3失点はQSですがこれでもヨシとは言ってもらえなさそう…)納得はしてもらえないでしょうし←それだけ期待をさせた上でがっかりさせたってことだってことは解って欲しいんですが(>_<)。もう絶対dominate pitchingが必須じゃないかと。どうであれ、結果がすべて。それは自分の肝に銘じてしっかりトレーニングして準備してほしいです( ̄人 ̄)。

そうじゃなくても若手のピッチャーはこのチャンスを虎視眈々とものにすべく狙ってるわけですからね(それはそれでいいんですよ…要はフレディがそれに勝てるかどうかなのでお互いに頑張っていくしかないですからね)。

とにかく…頑張れ、フレディ。
コメント
この記事へのコメント
気がつけば…
どうもです。
しばらく前に「電子レンジのリコール」の手続きをして忘れかけていた今週中旬自宅に返信TEL。
結局「新製品」と交換ということで、まんまと“せしめた”なんて思っていたら新品には電光の時計表示がなくて思わぬ不便さ炸裂。
現在の心境=やっぱり修理して下さい!

恒例(?)の閑話休題。
高額年俸だけに妙な心配をしてしまいます<フレディ
ともともさんの心中察するに余りある状況というか。
やっぱりホ軍が合っていたというか…ユニフォームも。
ホゼ・コントレラス若しくはハビアー・バスケス+金銭で何とかなり(略)


気がつけば迫るナッツのマー軍ネタ。
開幕から不安定ながらも勝ち星だけは増えていったD-トレインでしたが
気がつけば勝ち負けの差は僅かひとつ。
一方の打線では開幕からミゲル(株)王子とハンリー・ラミレス遊撃手が好調をキープ。
前者はいわゆる「週間MVP」獲得で相変わらずの打棒を発揮し、後者についてもマイク・ジェイコブス一塁手離脱とジェレミー・ハーミダ右翼手の伸び悩みもあって
気がつけば不動の3番打者。
おかげでトップに起用されているアルフレッド・アメザガ&レジー・アバークロンビー(←名前長い)のツープラトーン起用中堅手ふたりの出塁率が予定通り(?)今ひとつなのでチーム全体の得点力にモロに影響出てたりしますが(汗)。
2007/06/16(土) 05:15 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
わかります~~~~
ぱっくん!さん

こんばんはー。無事リコールの手続きお疲れ様です。
あらら、ラッキーかと思いきや…なんですね~(涙)。
でも新製品の方が使い勝手が悪いって…( ▽|||)。嫌ですよねぇ~~~ホントに。ただでさえ元々使っていた方が慣れてるのに。気持ちわかります。お!これなかなかやるやん!って機能があるといいですね~( ̄人 ̄)。

フレディのことも気にしてくださってありがとうございます~~(涙)。そうなんですよ、やっぱりねーあの$10Mって金額とフロイド投手とゴンザレス投手というプロスペクトを出したのに!というこの2つ…必ずフレディとセットで出てきます…地元紙(笑)。相当書かれるのでいい加減もう略語作ったらいいのに…と思うほどです(簡単にこの内容が示唆できるような略語…(笑))。でも言われるのも仕方ないんですけどね~それだけ期待感があったのですし。でもフレディのフォームを見れば見るほど…股関節気になってます…(;^_^A シロウトながらも…。

ホント日本にいるファンが勝手に口内炎をつくったりしてるのはともかく…良い形でヒーリングして魅せてくれたら治るんですけどねー。ははは。

ありがとうございます~~~。フレディもホントにFAでもお金ばかりのことを考えて欲しくないんですよね。こうなってくると合うか合わないか結構大事なわけだから(汗)。

ホ軍にあってたのは確かです。実際一番今までで居心地ヨカッタの間違いなしでしょうね。監督はもちろんなんですが、結局精神的支柱でバーリー投手がいてくれて自分が気楽に出来るのがよかったのかもしれません。あとは結構多国籍軍団だったのも彼にとってはお気楽だったかも。フィリーズは3塁にヌニェス選手が入らない限りは内野にひとりもラティーノがいません。そんなことをいっても仕方ないことなんですが、でも意外とピンチの時気分的に違うんじゃないかなと思ってます。もちろん今季リベンジは目標なんですが(勝手に(笑))、もしFA…ということでもこういうこともしっかり自分自身勉強出来たなと思って欲しいですね。フィリーズが悪いわけじゃないんですよね~、ただ彼に合うか合わないかって部分でいろんなことを勉強したかなと。

マー軍ネタもありがとうございます!!!!!
ぬぬぬ、そうなんですかー。D-Train投手も結構…気になりますねー。個人的には書けてないですがミゲル(株)王子の週間MVPはめっちゃ喜んでましたよ!!!!!もううれしい~~~彼にはこれからも活躍して欲しいです。カワイイカオと声のギャップがまたいいんですよね~←どこまでもミーハーσ( ̄∇ ̄)。ラミレス選手も調子良いですね。うん。ハーミダ選手はまだこれからってところなんでしょうか…。このチーム上がってくると一気って感じがしないでもないです…ドキドキ。

そうそう、アーバクロンビー選手…P軍戦でも見ました!英語で書いても長いんですよね~~。まだプラトーン起用は続いているのですね。う~ん、確かにこれもどちらかがインプレッシブになってくるとまた変わってくるんでしょうけれども…気になるところですね~。
2007/06/16(土) 23:51 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。