スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies vs White Sox:ローワンド選手も驚きの打線の現状
2007年06月13日 (水) 00:58 | 編集
フィリーズ対ホワイトソックスのフクザツマッチの1戦目…。
3-0でフィリーズが完封勝利でした。試合前のトーミ選手とマニュエル監督の再会シーンも出てましたねー。

実に…フィリーズが自軍得点3点以内で勝ったのって今シーズン初めてのことじゃないでしょうか。おお~~っ。すごい!しかもそれをやってのけたのがイートン投手というのがまたすごい(笑)←オイオイσ( ̄∇ ̄)。

でもねぇ~…。
この3点以内ゲームの相手がホワイトソックスというのが、ホントにこのタイトゲームメイクがホンモノなのか…○×△■※…というのはありますけどね(大汗)。なんといってもチーム打率30球団ワーストですからね~。それにしても期待を裏切らない形にしてくれます、ええ、ホントに…щ( ̄∀ ̄)ш(大汗)。

それにしてもフィリーズ極端な試合を繰り広げてきてます。
KC戦 4-8で負け(先発1回2/3)→4-0で勝ち(先発完投!)→5-17(先発3回2/3)で来て、今日は3-0で勝ち(先発7回)…

となると、明日は崩れる日か?といえば
先発ハメルス投手…なのでそれはなさそうですよね、これ。

でも実際のところ、今のホワイトソックスにハメルス投手を揺さぶれるかといえば、どう考えてもかなりうううううう~~~~~~~ん…って感じがするんですが( ノ ̄∇ ̄)ノ、これこそ裏切ってくれたらすごいですよ。そういう意味でもホワイトソックス的には今日のイートン投手を抑えておきたかったんですけどね。

なので、試合を見終わった後のイメージも、これまでどちらのチームも見てきたわけですが、この試合フィリーズがタイトに決めたね!という印象よりも、ホワイトソックス打てないねぇ~って印象の方が圧倒的に強い試合でした( ▽|||)。ちょっとあの打線の打てなささ…いい加減そろそろどうにかしてくれたらいいんですけどね~←切実。
それにしても…。
あまりの毎日のダメ度にギーエン監督のコメントは日々コメントを考えてるのかなぁと思うほど、おもしろすぎです(面白くなくても良いんですが…(笑))。

"It's like watching ESPN News after 11 at night," manager Ozzie Guillen said. "Same thing over and over and over for 24 hours. That's what I'm seeing right now. "

確かにアメリカのESPNニュースってエンドレスで流れ続けるんですよねー(笑)。ダメ試合のエンドレスはさすがにヘビー…(汗)。

"It seems like a movie where you keep playing and playing and playing. One day you want to erase it and start another one, and you can't because that's the only tape you have."

こちらでは毎日同じ映画を繰り返し見ているようだ…って。このテープしか持ってないから別のが見れないっていうのは嫌かも…コワイ( ▽|||)。

"It's like your girlfriend when you start going out and you start kissing her, and she said she's got to go home because she's got school tomorrow morning," Guillen said. "That happened [Sunday]. I was a little excited. Good, oh, my God, we got it going.

"[Monday], same stuff. The only thing we can do is wake up and keep rooting for those guys. Hopefully the talent starts coming out."

昨日の勝ちでちょっと良いようになってくるかなーと思ったのに…同じだったってことを表現するのに、ガールフレンドを誘って出かけて、いざキスをしようとしたら『明日朝から学校だから家に帰るわ』って帰られて締まったときのような気持ちっていう表現には、なんともせつなーいって感じが(笑)。ギーエン監督、リアル…σ( ̄∇ ̄)。

でも…
何で昨日うまくいったのに井口選手を1番からはずしたんでしょうか>ギーエン監督。マコーウィアク選手ってあまり何かを使用としているように見えないので昨日の1.2番コンビで試して行けたら…なんて思ってたんですがダメなんですかね~(途中からゴンザレス選手がレフト守ってたし…)。

あ、試合後ローワンド選手には打線があまりにも打てないのでビックリしたって言われてました(イートン投手だけに打てると思ってたんでしょうか(汗))。

"There's so much talent over there," Rowand continued. "Between [Jim] Thome, J.D. (Jermaine Dye), Paul [Konerko], A.J. [Pierzynski], everybody, the talent over there is unreal. I'm sure it's surprising they haven't hit the way they were expected to.

いやーホントにびっくしたんでしょうね(汗)( ノ ̄∇ ̄)ノ。でもこういった打てない打線で悩みきっているだけに、どうしてもローワンド選手の.325という打率も魅力的で、外野がケガだらけということもあって取りに行けばいいのに…とシカゴの地元紙もあおるんだと思うんですが…。


さて試合の方ですが…。
フィリーズの3点はいずれもソロホームランという内容でした。

2回にバール選手、4回にハワード選手、6回にロリンズ選手が打ちました。こういう試合ってどういう顔文字を使うのかフクザツですね~。ただ、バスケス投手からするとそんなに連打を浴びることもなかっただけにちょっと気の毒だったことには変わりないですが…ゼロ封されたら勝ちようがないですからね。

Same old Sox script for horror movie

しかもホワイトソックスは初回にツーアウト1.2塁。
5回表に、ノーアウト1.2塁。
そして6回表にはワンアウト1.2塁とチャンスがなかったわけじゃないんです。だから余計に○×△■※…なんですが(汗)。

5回は特にひどかったですね…。
だってノーアウト1.2塁ですよ?なのに

フィールズ選手が三振…щ( ̄∀ ̄)ш
そしてバスケス投手のバント失敗…( ▽|||)
最後はマコーウィアク選手のファーストゴロ

…って( ノ ̄∇ ̄)ノもしもし?

そういえば、フィールズ選手って三振が多いような…。
クリーディ王子のDL入りで急遽メジャーに招集されたわけですが、メジャーの投手への対応に苦しんでいるんでしょうかね。ここは手堅く取りに行って欲しかったんですけどねー。


あとこの試合どちらもブルペンが失点しなかったのはよかったです。どちらのチームもブルペンについてかなり不安があると言われているチームだけに…(ってホワイトソックスの方が比じゃないですが(汗))すごく良い材料になったんじゃないかなと思いました。

ホワイトソックスはバクビッチ投手→ソーントン投手のリレー。
フィリーズはザグルスキー投手→アルフォンセカ投手のリレー。

とはいえホワイトソックスの方がやっぱりかな~りあぶなっかしかったですね(汗)。いや~バクビッチ投手良くダブルプレーがとれましたよ。流れ的にかなり失点しそうだったのでちょっとドキドキしてました(笑)。ソーントン投手も3.4番に連打を浴びてランナーを得点圏に置いてしまう形にはなったのですが、追加点を許さず終わってくれたのはよかったです。ホワイトソックス的にはかなり大きな出来事だったかも(笑)←オーバーでもないんですよねーσ( ̄∇ ̄)。

フィリーズのアルフォンセカ投手はゴードン投手、マイヤーズ投手とDL入りして急遽クロージングしているのですが、すっかりこの役目…落ち着いてこなしている感じがしました。うん、良い感じ。というわけでキッチリ最後まで締められてしまったホワイトソックスでした。うーむ。


なんだか…
明日も似たような展開になりそうですが(汗)、MLB.TVで楽しみにしてみようと思います。


<ホワイトソックスおまけ1>
腰の痛みでDL入りしているクリーディ選手の手術が決定しました。今度の火曜日に行うようです。

Notes: Crede to have back surgery

Crede had talked early last week of a surgery that would drain fluid from around two herniated discs in his lower back, which would cause him one month of pure recovery time and another month of non-baseball rehab.

…と書いてあるので、簡易の手術を行うようですね。回復までに1ヶ月、野球をしないリハビリに1ヶ月…それから動くことになるので来季まで未定になったといっていいかなと思います。

元々クリーディ選手はオフに本人は手術を受けるつもりだったのですが、医師サイドからそのまま様子見を勧められてその方法で今シーズンプレーしていました。でもやっぱりやってみたら…ってことになったんでしょうねー。このあたりの判断って難しそう。良い形になりますように( ̄人 ̄)。

<ホワイトソックスおまけ2>
このオフ発砲事件でどうなるか?と言われていたウリベ選手…実際キャンプに2日ほど遅れただけでしたがその後…この話は取り下げられて解決したようです。

Uribe disputes report he paid accuser

あるソースによれば25000ドルを合計ウリベ選手が被害者に払ったといわれているなんて報道もあったりするんですが、ウリベ選手は真っ向から否定。
『1ドルだって払ってない。だからここまで長引いたんだよ』
とのこと。いずれにしてもこれで気分スッキリ!シーズンのことだけに集中できるのではないかと思います。


<フィリーズおまけ1>
このシリーズの3戦目、フレディが投げることになっていたわけですが、そのローテに入ってきたのは2Aのケンドリック投手でした。22歳の若いプロスペクトピッチャーだそうです。

Kendrick promoted from Reading, will start tomorrow

マニュエル監督もかなりお気に入り&期待の様子です。

"I like this kid," manager Charlie Manuel said. "I've seen him pitch in the minors. He has a fastball in the low 90s. We liked the success he's had and his stuff."

彼が入ってきた背景が背景だけにそれを思うと寂しいですが、それでも彼のピッチングは楽しみにしたいです。

<フィリーズおまけ2>
DLのマイヤーズ投手が着々と…ってところでしょうか。
昨日試合前にトレーナーさんと外野でキャッチボールをしたマイヤーズ投手。数日前までは50-60%って感じだったのが、この日は70%くらいという感じがしたようです。フィーリング良い感じなんでしょうね。

今日マウンドから投げることをしてみるようです。今のところ当初の予定どおり月曜の復帰かなという感じだとか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。