スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:フレディのMRIの結果&チームとのいろいろ
2007年06月12日 (火) 23:34 | 編集
フレディのMRI検査の結果が出たんですが、
some fraying in the rotator cuff and possible problems with the labrum

右肩の関節唇損傷とルーズショルダーってことになるんでしょうか。

…となるとこの間書いた内容で見れば…(こちら参照

肩の前側・深部,胸(肩に近い部位)
[上腕二頭筋腱炎,関節唇損傷,胸郭出口症候群など]
・ 肘が下がった状態で体が開いている.
・ テイクバックが肩甲骨面より後ろで、肩の前側を支点とした、いわゆる"かつぎ投げ"をしている.
・ 肘のしなりや肩の外旋がうまく使えていない.
上腕の前側,肘の後ろ側,肩の深部
[上腕二頭筋肉離れ,関節ネズミ,ルーズショルダー,腕を上げたときの肩峰下でのクリック音など]
・ フォロースルーが中途半端で、鞭を打つような腕の止め方をしている.
・ 肩甲骨と腕をペアで動かしていない.
・ 前脚に体重がのっていない.

やっぱりそういうことなのね…。手投げ系が蓄積されての結果ってことになるんだろうな、これは。たまたま出たのが今年ってことになるんじゃないかなぁと思うんですけどね。やっぱり下半身鍛えて貰わなくちゃ~~!

…なんて個人的な思いはどうでもいいとして(笑)←オバカ。
実は最初この結果を見たのがフィラデルフィアのニュース関連じゃなくてYahoo!スポーツだったんですが、セカンドオピニオンを求めるとあるので悪いのかな?と思ったらフィラデルフィアの地元紙に最初にのったのがこちらの記事だったんですよ。

Phillies Notes | A Reading fill-in for Garcia

この記事にはフレディのコメントが一番載っています。

The doctor "said it's not really dramatic. It's not a big deal," Garcia said. "I have to take my time - 10 days, two weeks, no throwing. I'll do what I have to do. I'll get treatment; I've got to take time. I don't want to pitch if I'm hurt. That's not good for the team and it's not good for my career."

Garcia said he does not need surgery at this point. He said the injury is different from the one he had in spring training, but he is not sure if he made it worse by continuing to pitch.

そんなに悪くなさそうな感じのコメントなんですよね~。

これを見ていると…

劇的なものではない。大したことではない。
10日から2週間は投げずに休ませてケアする…。
現段階では手術は必要ない。
スプリングトレーニングのときのものとは全く違うケガだと思うけど投げ続けていたから悪くなったのかどうかはわからない。

…という内容。
すべて本人談としてのっていました。
これを受けて、まぁ本人がそういってるのなら、ふーん…大したことなかったのかなって感じで思ってたんですけどね~。


ところが…です。

同じ新聞社なんですが、別の記者が同日の後になって書いた記事ではやっぱりセカンドオピニオンを…という部分を加味すると、絶対手術決定的!!という感じで書かれているんです。これが同じ新聞社で取り上げてるのでなおのことどっちなの?????って感じも(笑)。

ちなみにこちらにはフレディの直接のコメントは出ていません。最悪の場合を想定して…と言う感じでギーエン監督のコメントを引用しています。

Garcia's injured shoulder worse than thought

"Almost always, a second opinion is not too much different," Guillen said. "Hopefully, he won't have to go to surgery, but, from what I hear, he might have to go. That's a shame, because [the Phillies] are missing a pretty good pitcher."

mightがどれくらいの可能性示唆になるのかわからないんですけどね。

ちなみに、前述の記事のフレディのコメントでは春のものとは別のケガ…という感じでしたが、こちらは春からずっと隠していたのを明かしたという感じで書かれてます。これもまた違う見解。

何から何まで違っているのでどうなんだろう?というのが本音です…ワカラン…σ( ̄∇ ̄)。

後者の記事がホントならフレディが隠してそういったってことになるんですが、うーん。まぁセカンドオピニオンを聞きに行くといえばたいてい悪いものなので、後者の記事の見解の方がストレートな見方といえばそうなんですけどね。ただ、前述の記事の方がフレディ自身語っていたコメント込みのために、実際のところってどうなのかなぁ?という部分が残ってしまってるというか。でもこれってどう見ても書いてることが真逆ですよね…(;^_^A 。ほんとどっちやね~ん!!

仮にフレディが言ってることがホントでなおかつそれでもセカンドオピニオンを聞きに行くということであれば、このままでもいいよ…って言われたことが不安だったから念のために…ってことになるのかなぁ。まぁ自分ごとで振り返れば、問題ないと言われたもののセカンドオピニオンを聞きに行って悪い部分を発見できたことがあるのでそれもありかなと思うんですが、でも一般ピープルのようにフツーの病院へ行ってから…とかじゃなくて専門医にハナからかかっているわけなので、どうなんでしょうね。疑問は残ります。

ちなみにセカンドオピニオンを聞きに行く日は未定だとか。

今日ホワイトソックスのクリーディ王子は3つある可能性(手術をしない、穴を開ける程度の簡単な手術をする、完全に切開する手術をする)のうち、最終的に2番目の簡単な手術を選択したようなのですが、彼はシカゴからロス、ダラスに飛んで今回の手術を決定してきました。手術をするにせよやるなら早いほうが来季に備えるにしてもいいと思ってさっさと聞きに行ったんだろうなと思うんですが(その方がいいでしょう)、フレディもどのみちセカンドオピニオンを聞きに行くのであれば早く動いて行けばいいのになーって思うんですけどね。ブツブツ…。


さらにところで…。
フィラデルフィアの大きな地元紙には全くこのことは触れられてなかったんですが、シカゴの地元紙ではギーエン監督がフレディがフィリーズで理解をして貰えてない…ということをいわばちょっとかばってあげているような記事が載っていました(デラウェアの新聞では取り上げていましたが、大きなフィラデルフィアの新聞ではこのことを載せていないようでした…あえて取り上げなかったのかな…)。

Fond of Freddy
Garcia has frayed rotator cuff; status uncertain

この記事を見ていると、ギーエン監督は前回の1回2/3で降りたロイヤルズ戦の後だけじゃなく、結構毎度話を聞いてくれていたようなので、フレディはいろいろあったことを聞いてもらっていたのかもしれません(>_<)。ギーエン監督も自軍のことでもめいっぱいだと思うのに…ご迷惑おかけします…。

"There's a lot of frustration on his part," Guillen said. "He never expected that to happen to him. I told him to shut it down until he is better because he won't help himself and he won't help the ballclub. When he's ready, he should help them come back strong.

"They don't know Freddy. We know Freddy. That's the problem. Freddy is a horse. He likes to go out there no matter what. He doesn't like to sit down and watch games. I know this really bothers him a lot. He wants to be a part of the ballclub. The problem is, Freddy's not healthy. When Freddy is healthy, you're going to see something really special."

"When you play seven years in the big leagues, obviously you're not going to go up," Guillen said. "But I think Freddy would have helped us, because he knows how to pitch and we know him. [The Phillies] saw him pitch this season, and they're like, 'What the [heck] is this?' But they don't know him. The one thing about Freddy is that he doesn't want anyone to take the ball away from him. He wants to pitch.

うーん…。フレディから何かを言うわけじゃないけど、なんとか理解して貰えれば…というギーエン監督の親心的発言だったのかもしれません(大汗)。フレディがフィリーズにホワイトソックスのときようにはわかって貰えていない…と。

後半最後の部分はあの『Let me pitch』の一件についても絡んでるんでしょうか…。この件もフツーに考えれば、フレディがナリーグ野球を解ってないという見方が出来ますが、実際彼の性格を加味すれば『ホントは投げさせたいんだけどね』とか『お前に勝ちをつけてやりたいところなんだけどね』…というところがウソでもいいので表向きでも表現してもらえていたらなぁ…というか、そこが見えないために、マニュエル監督が自分のことをどこまで解ってくれてるのかな…という不安が常につきまとったんじゃないかなと思っていました(多分交替自体よりもそれだけだろうなとも…単純)。言ってみればおこちゃまなんですよね~~~~щ( ̄∀ ̄)ш。でもこういうこともホントはマニュエル監督と向き合ってもっと話せたら違うんだろうなと思うんですけどね。それが出来たらこんなことになってないでしょうが…(-_-;) 。

実は同じようなことが2003-2004年とありました。
ホワイトソックス移籍する前、マリナーズ指揮官:メルビン監督(現在ダイヤモンドバックスの監督ですね)とやっぱり同じようなことでちょっとした確執が。ピネラ監督とはすごく良い感じだったんですけどね。…そう思うと、合う監督って結構激しいタイプ(ピネラ監督、ギーエン監督)…ってことになるんですが(;^_^A 。

それにしてもチームを移籍するというのはいろいろあるんだろうなーとは思います。どっちが悪いとか言う問題じゃなくて合うか合わないか…で。実際フィリーズが悪いチームだとはこれっぽっちも思ってません。楽しいチームだと思いますよ。若い選手も多いし。ただ、フレディって結構人見知りっぽいというか、自分を出すのが下手というか不器用というか(大汗)。でもどうであれ、結果を出せたら今とは違ったはずですからね。そこは自分も悪いのだよということだけは解って欲しいなー。

まぁそうはいっても…。
実際問題、合う・合わないは行ってみないとわからないんだろうなとは思います。チーム全体的に合わないというのではなくとも、チームメートと合っても上層部とはあわなかったりなんてこともあるでしょうし、GMが言ってたことと現場の監督の思いが違ったりなんてこともあるでしょうし。全部が全部バッチリうまくいって万々歳っていうのはなかなか難しい部分はあるのかもしれないですが…。

なんにしてもフレディがフィリーズに来てから結果を出してないので、ある種フィリーズにしてみれば理解したくても無理な話…というのもあるだろうし、こればっかりは解って!といっても仕方ないと私は思っているんですが、やっぱり意思疎通がここまであまり出来てこなかったのはきついんだろうなとは思います。ギーエン監督がここまで言ってくれるってことは結構フレディも辛そうだったのかなぁ。結果が出せていればまた違っていたんでしょうけれどもね←これが一番悪いんです…どう考えても(汗)。


いずれにしても肩をどうするのかについてはしばらく様子見の日々が続きそうです。
コメント
この記事へのコメント
がんばれフレディ☆
ともともさんほんとに優しいですねー!
写真つきの解説は重宝してると思いますよ。
ちゃんとプロの論理で説明してますねー。

わたしは好きな選手がへぼいプレイしてると唖・然(°_°)として呆れかえっちゃってねー
状況とか体の症状とか詳しく調べてあげないといかんですよね。

あーーそういえばフレディ、カブスなんかも良かったかもしれないですね。
ピネラだしあそこも濃い人多そうだし^^

フレディはそんなに調子悪くはなさそうですね。
GAMELOG見てもそこまで酷い内容には思えないんですけど。
チームが求めてるものがそれだけ大きかったんでしょうか?
とにかく手術はしないで済むようにしてもらいたいですね。
2007/06/13(水) 20:55 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
ありがとう!!!
aoiさん

こんばんは!やさしいなんてとんでもない!!!しかもシロウト判断ですからこうかなぁ~ってなところです←かなりアヤシイもんですー。

私もフレディがダメピッチング連発しているとげんなりするのはするんですよー。だ~~っもうっ!!!!って感じだし(大汗)。ヽ(`□´)ノなにやってんねん!!って感じです(笑)。

ただね、あまりにも勝手に腐れ縁を感じてるというか…フレディに(笑)。2001年からだから余計に(笑)。出来る限り長く活躍して欲しいし、そうじゃないと手紙も書けないし←これかい!(ジコチュ~)。

フレディって結構監督さんによってはかなり手を焼くんですよー(大きな子供だわ)。ホントにね…マリナーズ時代のメルビン監督なんてホント困ってそうでした(キャンプでも自分と合わないフレディとフランクリン投手を2軍チームに入れて練習させてましたから(笑))。確かにロコツなんだけど、それに対して真からぶつかってくれるというか監督のホントの思いを言ってくれる方が彼はスッキリするようです…というかその思いをくめないってことなのかもしれないんだけどね~~(鈍感)。ピネラ監督もスペイン語で話してくれていたようなので、やっぱりそういうのが大きいのかな。…でもアメリカ人監督の方が多いんだからそのあたり慣れてくれって思うんですが(困ったチャンだわ)。でも仮にフレディがカブスだったらザンブラーノ投手とフレディで熱くなりまくる投手が2人…だからかなり大変かもよー(笑)。

ありがとう!!
うーん、確かにフレディも運が悪いところはあるんですけどね。でもそうそう、金額が金額だし、求められていたのは17勝出来るエース格ってことだからそれに応えられないというのは大きな失望感になっているんだろうなと。リー即の結果を求めてただろうしね。

だいたいは思ったよりもひどかったという趣旨の記事が多いフレディのケガなんだけど、ここにきて、またフィリーズはフレディが手術しなくて良いと見てるなんて記事も出てたりしてどうなのよって感じでちんぷんかんぷん…( ノ ̄∇ ̄)ノ。とにかくセカンドオピニオン次第なんだろうけどね。なんとかメスいれないでいいといいんだけどなぁ。ホントいつもありがとう!
2007/06/14(木) 00:29 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。