スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:リーバー投手の好投とフレディのDL入り
2007年06月11日 (月) 01:57 | 編集
フィリーズ、今日はリーバー投手の好投でゼロ封!
4-0でロイヤルズに勝ちました。おおっ!すごいすごい。

スパっと気分を変えて前に進めたような気がします。それにしてもベテランが決めるときっていうのはやっぱりカッコイイですね(カオは好みじゃないですがσ( ̄∇ ̄)←失礼な!!)。そして頼れるなぁと思いました。このところリーバー投手は一気に炎上するパターンが多かったのですが、この試合始終安定感があって球も低めに決まってました。アーカイブで後から見たんですが気持ちよかったです。

打線も初回にチャンスを潰してしまったのでわわ!って感じだったんですが、2回にダブス選手のタイムリーで先制。そして4回はローワンド選手のヒットの後、バール選手、ダブス選手、バラハス選手がみーんなツーベースヒット(笑)で3得点。4-0と良い形にしていってくれました。

個人的には4点差ある状態で9回にダブス選手がフォアボールで出塁した後、ボーン選手が代走で登場したのですが、彼が盗塁を決めたりしてアグレッシブネスを出していたのはうれしかったです。こういう試合でも抜かりあれば攻めるところは最後まで攻めるというのは見ていて気持ちいいですね。頑張ってほしいなー。


…と試合は良い形だったんですが。
フレディのドタバタ劇から1日…。
すでにDL入りが決定しました…。
今日はちなみにフレディの誕生日です(現地6/10)。なんともツライ誕生日になってしまったなぁ…(T0T)。

肩を検査するのはフィラデルフィアに戻って月曜になってからなんですがDL入り&ホセ・メサ投手を獲得してささっとコールアップされました。

やっぱり予測通りの動きでしたね。

Phillies Notes | Garcia on DL with strain; club looks to farm for help
Notes: Phils add Mesa; Garcia hits DL

今までの他の選手は検査後→DLって感じの流れだったんですが、そんなの待つまでもないよと問答無用って感じの手際の良さでした。検査結果で悪いってこともあるわけで早く動いたといえばそれまでなんですが、少なくともいろんな記事を見ている限りダメじゃんと思われていても(笑)心配だ~という感じではあまりないです。15日DLですが、他チームの60日DLの選手よりもよほど外され感すらちょこっと(;^_^A 。

ギーエン監督は今回のことを受けて、シカゴの地元紙に

"I'm concerned about him because his velocity is down [and] he said he has soreness in his shoulder," Guillen said. "The thing about Freddy is, don't be a hero. If you have to shut it down for a little while, come back in the second half of the season strong. He has a lot of miles. All you can do is rest and make sure there's no pain."

なんて温かいコメントしていますが、If you have to shut it down for a little while, come back in the second half of the season strong.…これ自体どうなるかわからないというか、厳しい現実にあると思います。フィラデルフィアに行ったとき少し話を聞いてあげてください…( ̄人 ̄)。ホワイトソックスの状態がそれどころじゃないですが(大汗)。

まぁこれはフレディがこれまで結果を出せてないだけに仕方ないことなのですが、すでにフィリーズでは彼を抜いた形で気持ちが進んでいると思っていいでしょう…とりわけ現場は(と私は思ってます)。あとはギリックGMがこの買い物を正当化するために動くかどうかってところですが、長くかかるようであれば戻ってこない可能性が高いんじゃないかなぁと思ってます。まぁ…言葉は悪いですが、正直マニュエル監督からすればひとつお荷物&気になる材料が無くなって気分が楽になったってところかなと(合ってなかったと思います…やっぱり)。もしチャンスを貰えたらラッキーだぐらいに思った方がいいんじゃないかなぁ…うーん。

期待が大きかっただけに、それにすぐに応えられなかったのが失望感につながっていったような。何よりもフレディがキャンプからのらりくらりでピシっと結果を出せなかったために信頼を得る出鼻をくじいたことが一番ダメでしたね。でもちょっと擁護してあげれば、シーズンに入ってからいろんなことを見てきましたが、好投であっても運悪く勝てない時もフォローアップというのはあまり感じなかったなぁとは思います。やっぱりね、しっかり監督とのコミットメントはされてなかったとは思いますし、その分見ていてもチームにはとけ込んでなかったかなと。とはいえ、あくまでもフィリーズはマニュエル監督が束ねるチームですからでも仕方ないです。ここで一旦話聞いてあげて欲しいな…ということもありました…確かにね。でも実際のところ金額的にフォローされる立場じゃないだろというのはあるかもしれません。リー即の結果がすべて。それも解ります。

"My gut feeling? I don't know," he said. "First of all, until we find out what's wrong with him... That is going to determine how long he is out and how quick he is going to come back."
"There's a reason for the dropoff of velocity," Manuel said. "There is no way I would pitch Freddy or anybody else that is hurt or play somebody that is hurt. If he's hurting, I don't want to send him out there. If he's hurting himself and his team as he goes out, I don't want to play that guy."

このマニュエル監督のコメントを見てもいつ戻すかは未定ってところですね。スピードが落ちてる原因が見つかるまでは使う気ナシという感じです。ハッキリ言ってスピードオフピッチでこの数年投げてきているわけですからそこを突かれるというのはかなり痛いわけですが(笑)、少々だったらすぐには使う気ないよってことでしょう。ちゃんとフレディ・ガルシアのピッチングが出来るまでは…ダメというか。

ちなみにフォローついでに。
いろんな記事を見ていると球速のことが良く出ていますが…

A sign something was physically wrong with Garcia was his fastball, clocked in the low 90s in 2006, had declined to 83 mph.

正直なところ…前回は91マイルは出てたし、今回の試合も88マイルとかは一応出てたりしたんですけどね。私の見方が悪いのかなぁと思って旦那にも見せたのですが(汗)オフスピードピッチを今回かなり多く使っていたので、どうしても速球だけの話じゃないと思うんですよ。いずれにしてもまぁスピードは出ているとは言えない状態だったし、全般的に83-85マイルってことでスピードが出ないんだ!って書いたほうが公に納得させられるってところなんじゃないかなと思ってます。ちょっと策略的かな(笑)。ただ下半身つったったままで置きに行ってる感じだったので球は全く走ってませんでしたから球速そのものだけじゃなくてそれ以上にダメだったと思います。どのみちボコボコになる理由はあったと…(大汗)。

ただいつも序盤よりも6-8回の方が体が回ってるので、断然スピードは出ますからしばらくしたらもう少し安定してスピードは出てたんでしょうが、さすがにあれ以上なげるわけにはいきませんから(大汗)←当たり前。こういう部分も私は肩も悪いにしても、実際昨日書いた股関節のことがやっぱり大きいんじゃないかなぁと思ってるんですけどね。

とはいえ、実際悪くて手術を受けなきゃならないんだったらどうする?という話も地元紙には出てましたが、受けなくちゃならないんだったら受けるという話もしてましたが、どうなることやら。仮にそうだとしたら、手をこねくり回していた分が疲労がたまっていたってことになるんでしょうか。それならそれでひとつ問題を解決したってことに自分で整理付けていって欲しいです。

でもどんな形になれどもこれも経験。
辛くても現実。
防御率は自分で積み重ねたもの…。

フレディもひとつまたオベンキョだと思って欲しいかなと。そしてどんなチームにいこうとも成績があれば自分もラクなんだから常に自分のメンテナンスをして実力を出せるようにしていってほしいかなと。

でも、多分今フレディには居場所はないだろうなぁ…( ▽|||)。
仕方ないですね、あれだけダメ仕事したら…(汗)。ぷんぷん。

この状態でクラブハウスにいても正直ツライだろうと思いますがガマンのしどころだと思います。とにかく自分をメンテナンスして今シーズン中フィリーズでというのがどうなるかわからないにせよ、今後のことを考えていって欲しいと思ってます。

…とドコまでもフレディひいき記事ですね、これ(笑)。
すみません~~~。


ちなみにメサ投手をフレディのローテに入れるというわけではないようです。

またマドソン投手もマニュエル監督はブルペンで使いたいと思っているようで、別途マイナーから上げてくるようなことを考えているようです。今のところまだ未定ってことですね。今後マイヤーズ投手もブルペンから出して使うようなこともなさそうなことはアマロGM補佐は言ってましたがそれだけブルペン切実ってことの裏返しってことでしょう。あとマイヤーズ投手に関しては怪我あけなのであまり無理させたくないというのもあるのかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。