スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:ロリンズ選手、大活躍で逆転勝利!
2007年06月08日 (金) 01:30 | 編集
ロリンズ選手がシェイスタジアムで逆転スリーラン…。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!これ以外にもこの日2本のヒットが出て盗塁も出て…大暴れ状態でした。4打数3安打3打点。

Smiling Rollins sinks the Mets

でもこれ、本人が一番気持ちよかったでしょうね(笑)。
オフやキャンプ期間中に、メッツに対して士気を高める意味でも口撃していたので彼へのブーイングはすごいんですが、前回の遠征ではタイムリーエラーが出ちゃったりしてやじられたりしたんですよね(4月)。今度は逆にその中でパカーンと打てたのだから気分はいいこと間違いなしでしょう。

それにしても6回に良く逆転出来ましたよ~。
イートン投手とエル・デュケ投手のマッチアップ。久しぶりに見たなぁ…エル・デュケ投手のピッチング。2005年が懐かしいな…ってホワイトソックスの状況が状況だけに変にノスタルジーになってもダメなんですが(笑)←現実逃避σ( ̄∇ ̄)。
この試合、フィリーズは序盤からエル・デュケ投手を打てるものの…という感じで試合を進めていく形になりました。つまり逆にいえば、打たれるものの得点を許さないという展開を作られていた感じです。

1回表はロリンズ選手がヒット&盗塁を決めてノーアウト2塁のチャンスだったんですが、得点できず…(  ̄_ ̄)。

2回表には先頭バッターのローワンド選手がファーボールで出塁したものの得点できず(;^_^A 。

4回表にもハワード選手が先頭打者ヒットを放ったのですが、これまたダブルプレーも絡んで三人で攻撃が終わったり( ▽|||)。

…とにかくランナー出せども動かせない…と。
いわゆるもっちゃり状態だったわけですが、そんなことをしていると、当然、流れも浮遊してしまい…4回裏、ベルトラン選手に先制のソロを一発浴びてしまい( ▽|||)。0-1。

さらにデルガド選手にはエンタイトルツーベース、ライト選手にデッドボールとノーアウト1.2塁ですよ( ▽|||)。もー流れ悪すぎ!!って感じでこれはダメかなーと思ってましたが、ワンアウトを取った後、ゴタイ選手のライトフライが犠牲フライにならず…ゲッツー!!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!これはすばらしかったです。ビクトリーノ選手の見せ場着々と増えている感じが♪


これで流れを変えたいフィリーズなのに…
5回表またまたランナー出せども得点ができなかったんですよね~~。

バラハス選手のフォアボールとロリンズ選手のヒット&盗塁でツーアウト2.3塁になるのですが…ビクトリーノ選手がファーストゴロでチェンジщ( ̄∀ ̄)ш。

ううう~~~ん…。

さらに6回表はワンアウトからハワード選手がまたもやフォアボールで出塁するも、ダブス選手がゲッツー…( ▽|||)。

ホームが遠いわ~…


なんて思っていたらまたまた6回表にメッツにチャンスがщ( ̄∀ ̄)ш。
チャベス選手がヒット&盗塁でノーアウト2塁。ベルトラン選手のファーストゴロでワンアウト3塁にすると、デルガド選手のセカンドゴロで貴重な追加点。0-2…。

あきらかに流れ悪そうな展開ですよね~←嫌な雰囲気プンプン。


ところが…勝ち運がある投手の試合は違うのです。
7回表、ブルペン勝負になって流れがちょっと動きます。
ローワンド選手がファーボールで出塁後、ヌニェス選手がセンターへのヒット。これでノーアウト1.2塁でバラハス選手。

おおっ!送りバント!
これでワンアウト2.3塁。

ナリーグの野球の醍醐味がここで…。投手としてはツライところ。でも試合としては面白みでもあるところ…。イートン投手に替えて代打、バール選手。
……( ̄人 ̄)。
……
……
三振щ( ̄∀ ̄)ш(しかもスイング取られて…)。ううう~~ん、投手交代で代打の三振は痛いですよね~~(ちょっとこのときイートン投手が気の毒でした)←明らかに投手目線。これでなんだかまた雲行きあやしいなーとなんだかテンション落ちそうな展開だったワケですが…

ロリンズ選手がドドンとスリーラン!!!!!!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!3-2。

それにしても、この回に逆転しない限り勝ちが付かない展開で逆転しちゃうこのすごさ…。

イートン投手ってすごく勝ち運があるんですが、素直にうらやましいです。勝ち運といえば続くハメルス投手もそうなんですが、このローテの流れ…その後に続くフレディの状態を考えると個人的にはちょっとはフクザツなところはありますけどね(笑)。5.99の防御率でも6勝4敗のイートン投手。かたや5.11でフレディは1勝4敗。…正直なところチームや地元ファンにとっては勝てる投手の方が当然いいわけですから、風当たりも違って来ています(;^_^A 。極端な話、運のない投手は要らない…と言われてもしかたないでしょうし。でもこれは仕方ないところなんですよね…それでも勝たなくちゃ。実は…かつて2003-2004とランサポートリーグ最下位を誇ったことがあるフレディだけに(大汗)そういう運命なのかもしれませんが、自分でなんとか打破していってほしいです。実はフレディについてはまた別途気付いたことがあったので手紙作成している途中なんですよ~もう気になるポイントだらけですね…今年(早く書かなくちゃ)←話それまくりだっつーの。

いずれにしてもこの逆転劇、イートン投手、気分良くシャワーを浴びることが出来たんじゃないでしょうか。ホントこういう運は手に入れたくてもダメなときはダメなもので勝てるときにいかに勝っておくか…というのが大事だと思うし、ぜひ次も頑張ってほしいです。


そして…フィリーズもブルペン勝負へ突入!
まずはギアリー投手がマウンドへ。

逆転直後だけにポンポンと締めて欲しいなと思っていたのですが、ゴタイ選手をギアリー投手のエラーで出塁させてしまうと、続くニューハン選手にツーベースでノーアウト2.3塁。ひええぇぇぇ~~~~{{ (>_<;) }}。

この回同点はなんとしても避けたい…。

フランコ選手をファーストゴロにしとめてワンアウト。
続くレイエス選手を敬遠してワンアウト満塁でチャベス選手…。

…( ̄人 ̄)おさえて~~~~~
ドキドキドキドキドキドキ…
……
粘られたんですけどね~~なんとショートゴロ!

この転がっていった先がロリンズ選手のところというのがまた運が良かったのかもしれません。この試合両軍合わせて最もノリノリの彼がゲッツーを取ってくれてなんとワンアウト満塁のピンチを見事切り抜けました!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!

こうなってくると…
ピンチの後はチャンス有り…というわけで

8回表にはアトリー選手がヒットで出塁すると、ハワード選手のファーストゴロでワンアウト2塁とし、ローワンド選手のレフト前ヒットで貴重な貴重な追加点。これで4-2!!

8回はマドソン投手が、そして9回はアルフォンセカ投手がそれぞれ三者凡退に切り抜けてくれてゲームセット。4-2というタイトな展開で勝てたのは大きいです。フィリーズに必要なところだと思うのでこういう勝ちをどんどん肥やしにしていってほしいですね。


さぁこの流れでハメルス投手。
昨日の記事に書いたように、やっぱり3タテ出来るかどうかってものすごく大きいと思います。ホントメッツの立場的には最悪1勝出来たら1ゲーム差しか縮めないので仕事出来たことになると思いますしね(上位を走るチームはこれが強み…)。

とにかくこの流れで頑張ってほしいです。
良い試合が出来ますように( ̄人 ̄)。


<おまけ>
なんだかブルペン獲得へのウワサ耐えないですね…フィリーズ。引退したパーシバル投手を…なんて話があったのですが、今度はタイガースをリリースされたメサ投手の話が出てました。

Phillies Notes | Mesa to be given look-see in bullpen

1-1 with a 12.34 ERA in 16 appearances…
12.34とはまたドハデな…(;^_^A 。

ただ右投手が多いですね、話に出てくる投手。
左ってやっぱりなかなか出てこないんでしょうね~。どこも欲しいんだろうな。どうなるのかまだまだわかりませんが…動くんでしょうか、ギリックGM…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。