スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:もっちゃり炸裂…100勝はまたおあずけに
2007年06月06日 (水) 22:49 | 編集
またもや100勝目が…(>_<)。

昨日の勝ちにあやかるべく?ノースリーブユニで試合に臨んだんですけどね~~。それにしてもこの10試合で2勝8敗なんですよね~ホワイトソックス( ▽|||)。なかなか上がって来れないですね~調子。このところ連勝という文字が使えず…恋しいです。

Yankees foil Buehrle's bid for 100th win

バーリー投手は、4月はノーヒッターなんかあったりしてホントにさいさきいいスタートだったんですが、4/23にロイヤルズ戦で99勝目をあげてから、実は彼に勝ち星がついてないんです。フレディと似たものを感じますね…(フレディは4/22のレッズ戦以来勝ち星がついてません)。不憫…( ▽|||)。

特に前回は8回完投で2失点(しかもソロ2本)という内容で負けがついてしまい(0-2で負けました)…ホントに気の毒だったんですが、今回は5回までは踏ん張っていたものの6回に集中打を打たれてしまいました(>_<)。
ただ、1-5となった段階でもそのイニング終わりまで投げさせるところはその裏万が一の逆転…を考えて彼に勝ち星を付ける最善を尽くしてくれている証拠なんじゃないかなと思ったりします(まぁブルペンに任せるよりもその方がいいという見方も出来ますが…現状( ▽|||))。

"He should have won before. Today, he didn't have the stuff. He made a couple of mistakes and left a couple of pitches up and they got him."

こういう感じで単に今日悪かった結果だけを反省されるんじゃなくて、前回勝たせてやりたかった…ということを言ってくれるのもまた投手からするとうれしいんじゃないかな…細かいところなんですけどね。でも、この気持ちがわかっているからこそバーリー投手も次のようなコメントをしている気がします。

"For me, personally, yeah, I like to win. But we are 7-4 in my starts," said Buehrle, who fell to 99-69 as part of the White Sox eighth loss in 10 games. "I'm trying to hold us in there. I'm sick of saying [winning No. 100] is going to happen. Let's hope it does some time this year."

個人的にはもちろん勝ちたいものの、自分の先発でチームが7勝4敗ということを重きを置いているセリフ…。チームのためにゲームをホールドして行ければいいと言うスタンス(もちろん本音は勝ちたいでしょうけれども(笑))。こういうところがやっぱりこのチームの精神的支柱になってくれているところの気がします。やっぱりバーリー投手がいてくれるのって大きいな…。

そうそう…。
余談ですが、ギーエン監督はバーリー投手と100勝を祝おうと4月にシャンパンを購入して自宅で保管しているのだそうです。

"Now, it's frozen," said Guillen with a laugh of the champagne for Buehrle, who is 0-3 with a 4.73 ERA over seven starts since picking up his 99th victory on April 23 at Kansas City. "I think I'm going to drink it tonight. It's been sitting in my freezer for a little while.

すっかり凍っちゃってるね…と笑いながら言うギーエン監督。もう変なプレッシャーの中で冷やされ続けてきたそのシャンパンは一旦飲んでしまおうと。験担ぎで新たなシャンパンを用意するんでしょう。次のシャンパンを二人で美味しく飲めますように( ̄人 ̄)。


ところで、今日の試合の流れですが…。

"Every time Jeter makes a perfect bunt, the floodgates open," said Buehrle, who yielded a season-high five runs on 11 hits. "Things pretty much went bad from there."

このバーリー投手の言葉通り…6回にデーモン選手がツーベースヒットで出塁した後のジーター選手のバントがやっぱり大きかったんじゃないかなと思いますね。ここから打線がつながってたたみ掛けられたわけですが、アグレッシブなバントでした。タイゲームなんとか早くイニシアチブを取りに行きたいというチームプレーへの思い…ジーター選手がこのチームのキャプテンでずっと来れているところが解るななんて思いながら見ていました。

そしてこの試合はバーリー投手が6回で降板した後、7回にはブクビッチ投手(NHKではバックビックか何かという表記になっていましたけどホントはどうなんでしょうか?)のホロ苦お披露目もあったり、8回には松井選手のピッチャーゴロをローガン投手が気の抜けた送球で出塁させちゃったり、9回はデイ投手がA-ROD選手にソロを打たれてダメ押されちゃったり…なんてこともあったんですが、私的にはこのことよりも今日は打線の方が○×△■※…でしたねー( ▽|||)。

まぁホワイトソックスの打線のもっちゃりは今更ながら驚くほどではないんですが(- -”)、打ててないというわけじゃないのがまたやっかいですね。

ハッキリ言ってあとひと押しだったような…。
先発のクリッパード選手に対しても、ブルペンにも。
押し切れないんですよね~~~~( ノ ̄∇ ̄)ノもしもし?。

1回裏…
ワンアウト1.2塁で押せ押せだったのにダイ選手がダブルプレーで先制のチャンスを逃す。

2回裏…
ツーアウトながら2つのファーボールで1.2塁になったのに…得点できず。

6回裏…
ワンアウトからコネルコ選手がヒットで出塁するもマコーウィアク選手がダブルプレー。

7回裏…
ウリベ選手が先頭打者ヒットで出塁しノーアウト1塁もその後が三者凡退…。

8回も9回もワンアウト満塁だったわけですが、それぞれ1点ずつ…ゴロや犠牲フライでのみでの得点しか出来ず…。完璧クラッチ欠乏症ですね、これ。かなりもったいなかったなぁ…と思います。うーん、流れを掴めなかったなぁ…。特に今日はダイ選手がストッパーになってしまってました(>_<)。まぁここ13試合で得点圏18打席で2回しか打ててないので、今日に限った事じゃないですが…明日は打ってね(切実~~)。

ただ、昨日に続き、今日もヤンキースに結構投手を使わせたのは大きいかなと思ったりはしますが…。しかもそれぞれがピシっと抑えられたわけじゃないのもマル。ただ、中途半端だったというか、打線がもっと打ち崩しておいて欲しかったですけどね~、負けるにしても…次につなげる意味で…(-_-;) 。


ところで、個人的にはクリッパード投手って89球だったのに降ろしちゃったのは個人的にはちょっとあら?って感じではありました。NHKの解説では安定感で不安があるからここで降ろすんでしょという感じで話していましたが、ブルペンに余裕が出てきているってことなんですかね(すみません、あまりヤンクス見てないので…(汗))。…というのも、以前見たときブルペンがあまりにも酷使されているような感じで炎上して結構大変そう…なんていうイメージがあったちょっと気になったんです。

もし仮にそうだとしたら、先発に行けるところまで行って貰う日を作れるだけ作っていかないと、目先の勝ち負けだけじゃなくて、ブルペンが疲れてしまって後々もしんどいんじゃないかな…なんて個人的に気になったりしたんですが、それはシロウト考えなのかな。確実にとりにいかねば…というか、不振のホワイトソックス相手にどうやっても落としたくないという感じなのかもしれないですね。でもこのあたりシーズンを戦うビジョン的にどうしていくのかなというのは気になりました。

ちなみに、ホワイトソックスの場合…このあたり切実です。
昨日書いたようにブルペン総入れ替えで新人さん勢揃いチックになっているのもひとつですが(汗)、交替以前もブルペンがリーグ最下位の防御率だったわけですから、もう出来る限り先発をひっぱって先発さまさまのゲーム展開を作らないとキツイという台所事情だったりします(笑)←笑えない~~。出来れば1回でも多く先発には投げて欲しいという感じですね…( ̄人 ̄)。いやほんとに。もちろんブルペンもインプルーブメントしてくれることを祈ってます!頑張ってほしいですけどねー。


それにしてもおもしろかったのがギーエン監督のコメント。

The White Sox late rally, but lack of production, left Guillen wondering about his team's offense and the state of the AL's bullpens,

"I don't know what's wrong with baseball," Guillen said. "They have a 7-2 lead and they have to bring in the closer, too. That's not just the White Sox. That's everyone. I told my kids to quit playing second base. If you're a pitcher, you have a chance because you see the same thing everywhere you go."

一体全体どうしちゃったんだ?どこもかしこもブルペンが(汗)…という話。

…ええ、ホントにσ( ̄∇ ̄)。

ホワイトソックスもブルペンが切実な話は上述通りなんですが、ドコも似たような悩みを持っているんだなぁと改めて思ったそうです。ヤンキースが7-2という展開であるにもかかわらずクローザーを投入してきたということ…痛いほど気持ちは解るというところなんでしょうか。あ、でも、ギーエン監督…それはアリーグだけじゃなくてナリーグも同じですよ(笑)←と言いたかったりしてщ( ̄∀ ̄)ш。

投手難…で困っているチームが多い今、良い人材だったらドコも今は欲しがるぞという意味で、自分の息子にもセカンドをやるのをやめさせて投手になったほうが今は需要がありそうだってことを話したということ…なんだか実感が伝わってきます…(笑)。でもなんで今年こんなに見ているチームでブルペン炎上が多いのか…ちょっと不思議な気も…。なんでかなぁ。


バーリー投手の勝利で弾みをつけておきたかったのですが、明日は最大の難敵王投手です。ゴロをうまくとってくるだけにどれだけ相手のリズムにならせないかだとは思いますが、こう言うときこそ闇雲に打つのではなく、何かしら仕掛けていって欲しいですね。明日はこちらが仕掛けられるといいのですが…うーん不安←単なるチキンファンσ( ̄∇ ̄)。ホワイトソックスは明日バスケス投手の先発です。


<おまけ>
腰の状態…またまた気になる状況になってきたクリーディ王子。

Back trouble could land Crede on DL

この日はラインナップからはずれて様子見という感じになったのですが、バッティングプラクティスの間も腰のケアをしていたようです。クリーディ選手は先日腰は大丈夫だということを言っていましたが、ギーエン監督は現時点であまり結果が出せてないのもこの腰をかばっている可能性を示唆。このまま続けて悪くなり、3-4ヶ月離脱するくらいなら15日のDL入りも…ということをウィリアムスGM共々考えているようです。確かに元々ヘルニアを持っているだけに爆発的に何かをきっかけに悪くなるのはコワイですね…。そしてこわごわプレーするのもツライでしょうし。

様子を見て…どうするかを決めるということが書いてありました。

もしDL入りということになれば、フィールズ選手をコールアップすることになるようです。このところウィリアムスGMは地元紙でもフィールズ選手を未来のオールスター選手の器と大絶賛していたのですが、彼を上げてこないのは外野手としての空きしかないからという理由だったから…ということも併せてのっていました。

いずれにしてもクリーディ選手の状態、気になるところです…。


<おまけ2>
さぁ、こちらはGOOD NEWSですよ(^o^)/。

Notes: Podsednik ready for rehab stint

検査を行い、ギーエン監督も今日ポドセドニック選手のバッティングプラクティスに球を投げてチェックしたりしたようですが、スイングはOKだったようで、明日から3Aでリハブを行うようです。いよいよ始動ですね。

"I'm excited; I'm really excited," said Podsednik of his rehab assignment. "One, to get out there and run around a little bit, and two, to get the legs strengthened up. I'm excited to eventually get back and join these guys out here."

ものすごくプレーできないまま座って試合を見ているしかできないことにストレスを感じて爆発させていたこともあるだけに、ホントにこの日を待ちこがれていた!という感じでしょうか。頑張ってほしいです。

なお、あと、彼の場合気になるのは足の状態…レッグ・レスポンスだそうです。実際、ポドセドニック選手自身、ギーエン監督やシュナイダー・トレーナーにも盗塁が出来るようになるまでは戻ってこさせないということを言われているようですね。良い形になりますように( ̄人 ̄)。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは☆
ともともさん、お久しぶりです~♪

White Soxの打線はどうしたんでしょうか?
昨年まで、あれだけ強力だったのに...今年は貧打ーズ打線になってませんか?

それよりも、レッズ関連の記事あさってたら、気になる記事を発見したんで、早速ともともさんにお知らせしなければと、飛んできましたー!^^

”Relief ERA since 5/7  Chicago White Sox 9.11”

http://jinaz-reds.blogspot.com/2007/06/white-sox-bullpen.html

9.11って数字がスゴイと思いませんか?
テロ行為にでもあったよーな・・・^^;
5/7以降ブルペンに何が起きたのでしょうか?
って...あまりいいお知らせではないのですが(お節介スミマセン)

2007/06/07(木) 00:22 | URL | ヒロミ #pKWPD12E[編集]
ばれちゃいましたか…(笑)
ヒロミさん

こんにちは。お久しぶりです。
♪マークなのでグッドニュースかと思っちゃいましたよ(笑)。

そうなんです。打てないんですよね。ヒロミさんが応援されているマリナーズのリーグ上位に位置する打線からすればヒドイものです、ホワイトソックス。うらやましいですよ~。

それもメンバーがねーという感じならともかく、揃っているあのメンバーで打ててないというのがつらいところなんですが(大汗)、ギーエン監督がやりたい野球をこのメンバーでやりきれるかどうかなんですよね。けが人がほぼ機動力メンバーで(汗)なかなか思うようにゲーム運びは出来てないです。どのみち、機動力野球をしたくとも、クリーンナップは足が遅いメンバーが多いので、そのため彼らについては打てなければそのままダメになるパターンが多いと思っています。クリーンナップは打つしかないですから(笑)。そこで2割前半がごろごろしていたらそれは打線にはならないですよね、どう考えても。井口選手にバスターでもしかけてもらいたいなぁ、もういっそのこと(笑)。

でもよくよく考えてみても昨年シーズン通して比較的打ちまくっていていたにもかかわらず終わってみればプレーオフに出れなかったわけで(だから昨年フレディも防御率4.59なのに17勝出来てるんですが)、そう考えるとどちらかといえば打てないこと以上に後半に書いてくれているブルペンメタメタ…の方が絶対的にヤバイかなと思ってます。それにも増してもちろん打てなさすぎなんですがщ( ̄∀ ̄)ш。

あら9.11ですか~。ちょっとよくなりましたね(笑えない~)。
レッズのファンのところでも引き合いに出されてるんですね(笑)。

実はこのところのブルペン防御率は11点台だったんですよ。だからこれでもましになってるんです。ほんとどないなっとんねん状態でしょ?(笑)。先発がリーグ4位なのでここまでもってるようなもので、このブルペン状態と打線で先発が○×△■※…だったらおそろしいことになってますよね…ドキドキ。

ええ~っとぉ…
日々書いてる支離滅裂記事を見て頂いても流れは解って頂けると思うんですが(;^_^A 、前回のインターリーグ前くらいからブルペンは炎上状態で、そりゃもーヒドイものなんです。で、カブス戦の後まずシスコ投手を3Aへ、そして今回のヤンクス戦の前にはアーヅマ投手とマクドゥガル投手を3Aへ…という形になってて、現在ブルペンはほぼ新人が揃ってる状態なんですよ。ソーントン投手とジェンクス投手くらいしか年間をとおしてのメジャー経験がありません…。でもある種ドンのようなベテランリリーフがいないからこそこういう組み替えが出来ているんですけどね(そうじゃなければシブシブ使うかリリースってことに…MLBの場合は契約も絡みますものね)。

とにかくなにかしら形を作っていく必要がありますがどうなることやら…。
2007/06/07(木) 11:32 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
ハジメマシテ。
aoiさんのとこでよくお名前を拝見してましたが、
初コメント致します。

>ブルペンに余裕が出てきているってことなんですかね(すみません、あまりヤンクス見てないので…(汗))。

マッタクそんなことは。。。
単にトーリの我慢が利かないだけです。

きょうはその反動か今季初の完投ということですが、
ホントに無駄な継投が多すぎて。。。

10月までブルペン陣が持つはずが無いと
思ってしまいますが、
ある意味プロクターとか丈夫なんだなと
感心してしまいます。

申し訳ありませんがあしたも勝たせていただきます!

2007/06/07(木) 20:42 | URL | 樹里亜 #sw2Z.TAw[編集]
こんにちは
>シャンパンを購入して自宅で保管しているのだそうです。

んー、ますます好きになりました。

>ジーター選手のバントがやっぱり大きかった

ジーターの場合、完全な送りバントはあまり記憶にないです。
小技が不得意な選手なら分かりますが、
そうでないのでよほど信頼してる証拠ですね。

>Bukvich

YESではバクビッチと発音していたと思います。

>打ててないというわけじゃないのがまたやっかいですね。

確かこの試合、全て単打ですよね。
打線が繋がらないというのもありますが、
やはり長打不足が原因でしょう。
以前これについて書いた記事があるので、
よかったら読んでみて下さい。
http://kmfis.blogspot.com/2006/09/september1306-vs-tb-w8-4.html

>クリッパード投手って89球だったのに降ろしちゃったのは

樹里亜さんもコメントしてますが、
トーリの信用がないんだと思います。
今までも同様のケースが何度かありました。
ともともさんのことではないですが、
チキンというのもありますね。
信用していない投手で5回1失点。
早く降ろして勝ちパターンにしたかったんだと思います。

>シーズンを戦うビジョン的にどうしていくのかな

トーリにビジョンはありません。
決め事も苦しくなれば簡単に破る。
ようするに何でもありなんです。
壊れても何しても勝ちにいくというのなら賛成できるんですが、
勝てる試合も曖昧な采配でよく落としてます。
結局やりたいようにやってるだけの人ですね。

見苦しい話ですが、ヤンキースは調子が上向きで借金5。
ホワイトソックスのがまだ上です。
明るい材料が少ないのは分かりますが、
ヤンキースの方がよっぽど醜いですよ。

長々と失礼しました。
2007/06/07(木) 23:58 | URL | KMFIS #TAkoOFao[編集]
信頼ですかーふむ
>樹里亜さん
こんばんはー。すごい試合でしたね…今日も(いやホワイトソックスが地雷分だみたいな展開でしたが(笑))。こちらこそよろしくお願いしますね☆。

…わわわ!やっぱりトーリ監督のガマンがきかないだけでしたか…。無駄な継投というのは見ていて心配になりますよね。ファンの間では相当問題になってるんでしょうね…こういうのって。昨日の王投手の完投はそういう意味では大きかったでしょうね。中継ぎ陣も実際に投げなくてもブルペンで投球するだけで疲労はしているので準備させられるだけでも結構疲れちゃうってあると思うんです…連日だと。ケガのしない投手はホントありがたいですよね~~。

そういえば以前は見るたびにビスカイーノ投手ばかり投げてたことあって大丈夫なのか?と思ってましたが…なんだか2005年のホワイトソックス戦士だけにモップアップも出来なくなってる彼をトホホな思いで見てましたけどね(ホントに…)。


>KMFISさん
こんばんはー。
ギーエン監督はどの選手へも同じように愛情を注いでくれていると思うんですが、中でもバーリー投手への信頼は絶大でホントに何が何でもお祝いしてあげたいんだと思います(笑)。きっと昨年はフレディも100勝だったので一緒に祝って貰ったかなーと思うんですが…ちょっとしたことだけどうれしいですよね、選手からすると。

なるほどー。やっぱりジーター選手への信頼はあるでしょうね。
わかります。

バクビッチ投手の発音ありがとうございます。
NHKってひそかにこそっとあるときから表示を変えてるので時期に替わるとは思うんですが(その前に彼がまた3Aに戻ってしまう可能性もあるにしても(大汗))これで自信をもって書けます(笑)。

単打についての記事楽しく拝見しました。
しかもホワイトソックスの場合、これに加えて足がないというのもあるんです。たとえばクリーンナップの場合、3連打で満塁ってパターンが結構あるんですよね…(- -”)。これまた長打不足にオンされるので痛いのかもしれないですねー。うーん。

クリッパード投手の信頼…そうですかー。
いや~これで3勝目ってことは2勝しているわけですからそんなに早く降ろさなくてもいいんじゃないかなぁなんて勝手なことを思ってたんです。でもまだまだ…ってところなのかな。

なぬ?チキン監督ですか?それはいか~~~ん!ですよ。ファンはチキンでも見たくないシーンは見ないで…なんてことできますが、監督はやっぱり選手を束ねる人ですから…選手との信頼関係を密にしていってほしいですよねー。

何でもあり…は勝てる術として徹底されるのならまだいいのですが、おっしゃるように苦しくなるとポイとされるとちょっと…気になるかもしれません。策という部分が加味されればヤンキースはメンバーが揃ってるので勝てると思うんですけどね。今までももったいない試合が結構あったように思うので(そこまで毎日見てなくても…)これからの課題になるのかな。

そうそう信頼という意味では今日のムッシーナ投手ちょっとかわいそうだったような気がしたんですが…。私は決着を彼でつけさせてあげたかったような気がしました。

ホワイトソックスはこれからどう動くのか…かなりドキドキですねー。しかもあれがデフォルトなのがコワイ(笑)。
2007/06/08(金) 22:01 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
&lt;b&gt; <第1戦> NY Yankees     1 0 0 0 0 0 0 0 3  4 9 1  Chi White Sox   0 3 0 2 0 0 1 0 X  6 10 2  W: J. Garland (4-3, 3.61); L: M. DeSalvo (1-3, 5.87); SV: B. Jenks (16)  HR: CWS: P. Konerko (8), J. Thome (8).  h.
2007/06/06(水) 23:57 | ♪ち~こっさんのいろいろ観戦記♪
今季最多の17安打も最後はリベラ。野球において先取点を上げることは、一般的に有利とされている。詳細なデータがないので断言はできないが、おそらく6割ぐらいの勝率はあると思う...
2007/06/07(木) 16:06 | Invisible
「なんでもないような守備が、ポイントだったと思う♪」ということで そういえば懐炉がイタジャン! 初
2007/06/07(木) 20:44 | きょうの○○
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。